誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    儒教

儒教

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「儒教」のブログを一覧表示!「儒教」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「儒教」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「儒教」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

台南孔子廟 台南孔子廟所在地:台南 台南孔子廟1665年に鄭成功の息子の鄭経が創設した台湾最古の孔子廟。鄭成功とは1624年8月27日に日本の平戸で生まれた明代の軍人。撮影日時:2016年1月1日 ... » more
テーマ 台湾 儒教

桃園孔子廟 桃園孔子廟所在地:桃園 旧・桃園神社近くの比較的新しい孔子廟。日本や中国、台湾で見た孔子廟はどこも歴史的建造物として扱われるものばかりだったので興味深い。が、中国語の情報ばかりで縁起は不明。境内?には絵馬ではなく ... » more
テーマ 台湾 儒教

旧閑谷学校 聖廟 所在地:岡山県備前市 / Bizen-shi , Okayama旧閑谷学校 聖廟閑谷学校は、備前藩主池田光政が庶民の教育を目的として寛文10年(西暦1670年)に設立した学問所。池田光政は藩政の目標を儒学の教える ... » more
テーマ 岡山県 儒教

日本史の「デジャヴ」15 日本版?”アーミッシュ” 信仰・宗教というものは、その部外者にとってはなにかしらのシュールさ?違和感?を覚えるものです。たとえば牛を神聖な生き物として、その殺生を禁じているインドの人たちからすれば、あちこちに「牛丼屋」が立ち並ぶ日本の町並みは、違和感 ... » more
テーマ 文明開化 アーミッシュ 儒教

日本史の「世界標準」17 ”死んだら神様よ”の文化 沖縄民謡「安里屋ユンタ」の歌詞の一節にある、“マタハーリヌ チンダラ カヌシャマヨ”※の部分は、日本語の“死んだら神様よ”という言葉に似た響きがあります。そして、多くの日本人もまたこの“死んだら神様よ”という言葉自体に特段の ... » more
テーマ 怨霊信仰 清水次郎長 儒教

日本史の「言葉」18 ”不徳の致すところ”物語 孔子さんの「儒教」には、徳治主義ともいうべき独特の政治理念・思想が持ち込まれています。簡単に言うなら、統治者が「有徳者」である世の中は上手く運ぶけれど「不徳」の統治者の場合はそうはならないという考え方で、この理念?の迫力は施 ... » more
テーマ 政権党 原発事故 儒教

江戸時代の皇室の権威回復現象についての政治学者・渡辺浩氏の見解。しかし、何故、禁裏の権威が、いつの間にかそれほど上昇したのだろうか。@外国を意識するほど、皇統の連続が貴重に思えてくるという事情は確かにあった。無論、それ ... » more

思想問題としての開国、そして文明開化 (その一) 西洋諸国への「開国」は「外圧」によって強いられたものだ。従来、しばしばそう語られてきた。一時声高に「攘夷」を叫んで徳川政権を苦しめ、その後一転して「開国」を容認した明治新政府の指導者にとっても、それが自己正当化しやすい物語だったから ... » more

西郷隆盛昭和の日
四月二十九日は「昭和の日」と呼ばれる祝日である。この祝日の意義は、昭和天皇の御誕生日であるくらいのことは誰でも知っているが、過ぎ去りし昭和の御代を偲ぶ、くらいの意義しか、多くの人は感じていないのではないだろうか。戦前、天皇の ... » more

「儒学は、人類がこれまで築いた、おそらく最強の体系的政治イデオロギーである。それは、孔子によって大成されて以後、他の諸思想潮流との抗争に徐々に勝利し、紀元前から二千年以上の永きにわたり、ほぼ一貫して、世界屈指の大帝国の正統思想として君臨した ... » more

日本史の「謎解き」16 ♪伸びた月代寂しく撫でて 昭和歌謡曲の名曲のひとつ「侍ニッポン」の中にこんな言葉が見えます。(作詞:西条八十/作曲:松平信博)♪人を斬るのが 侍ならば♪恋の未練が なぜ斬れぬ♪伸びた月代 寂しく撫でて♪新納鶴千代 にが笑いでは、ここにある「月代」 ... » more

日本史の「迷宮入り」11 どっちが若い?釈迦と孔子 歴史の二択クイズです。問)次の二人は、どっちが若い?@インド・釈迦A中国・孔子少なからぬ影響を与えた人物ということもあって、お二人の日本での知名度は、確かに高いものがあります。ですが、どうです、いきなり正面から、こんな風 ... » more
テーマ 孔子 釈迦 儒教

文廟 - 巍山古城 所在地: 中国・雲南省・巍山 / wēi shān , Yunnan , China巍山古城にあった寺院。魏宝山が道教で重要な場所だから道教寺院かと思って撮ったけど文庙の文字が見えるので孔子 ... » more
テーマ 中国 - 雲南省 儒教

上海城隍廟 所在地: 中国・上海 / Shanghai , China施設名:上海城隍庙 / City God Temple of Shanghai撮影日:2013年08月16日 ... » more
テーマ 中国 - 東部 儒教

上海文廟 所在地: 中国・上海 / Shanghai , China施設名:上海文庙Shanghai Confucian Temple沿革:元朝至元三十一年(1294年)に建造。4度の移転を行い清朝咸豊五年(18 ... » more
テーマ 中国 - 東部 儒教

孔子廟 - 足利学校 所在地: 栃木県足利市 / Ashikaga-shi , Tochigi-ken沿革:足利学校は平安時代初期もしくは鎌倉時代に創設。室町時代から戦国時代にかけて関東における最高学府であったが、明治5年(1872年)に廃校 ... » more
テーマ 儒教 栃木県

多久聖廟 所在地: 佐賀県多久市 / Taku-shi , Saga-ken教育振興を目的として多久茂文が発願。1699年(元禄12年)に学問所を建設し、1708年(宝永5年)に椎原山の麓に拝殿(恭安殿)が完成。撮影日:201 ... » more
テーマ 佐賀県 儒教

至聖廟 - 那覇 所在地: 沖縄県那覇市 / Naha-shi , Okinawa-ken沿革:約340年前に久米に建立されたが沖縄戦で消失して若狭の地に移転。平成25年(2013年)6月15日に久米に遷座。訪問したのは若狭の旧地。撮 ... » more
テーマ 沖縄県 儒教

湯島聖堂 所在地: 東京都文京区 / Bunkyo-ku , Tokyo施設名:湯島聖堂 / Yushima Seidou写真は大成殿。沿革:寛永九年 (1632)、幕府儒臣林羅山が、上野忍ヶ丘の邸内に孔子廟を建てた。 ... » more
テーマ 東京都 儒教

孔子廟 - 長崎 所在地: 長崎県長崎市 / Nagasaki-shi , Nagasaki-ken1893年清国政府と在日華僑が協力して建立。奥の赤い建物は大成殿 。撮影日:1992年8月18日 ... » more
テーマ 長崎県 儒教

寺社・教会・モスク・その他諸々孔廟
孔廟 所在地: 中国・山東省・曲阜 / Qu Fu , China孔廟Temple of Confucius曲阜市は春秋時代(紀元前770〜前403年)に魯国の都が置かれていたところ。儒学の祖である孔子の生誕地であり没 ... » more
テーマ 中国 - 東部 儒教 世界遺産 - アジア

日本史の「アレンジ」06 将軍家は親戚頭に過ぎぬ! 外国のものが日本人にうまく受け入れられようとするなら、それなりの工夫が必要になることは言うまでもないことで、たとえば、「本場・ピッツァ」(pizza)が「アレンジ」されて「日本風・ピザ」に姿を変えているのもその一例でしょう。 ... » more
テーマ 天皇家 儒教 徳川光圀  コメント(2)

日本史の「トホホ」05 鼻をへし折られた大学者 このエピソードには現代にも通じるものを感じましたので、ちょいと皆様にもご紹介します。お話の主は江戸中期の儒学者・荻生徂徠(おぎゅう・そらい)(1666−1728年)という方で、「赤穂事件」の折に「浪士」の処遇を巡って幕府内部 ... » more
テーマ 中華思想 荻生徂徠 儒教  トラックバック(1)

レイプ大国の韓国は儒教国家 「困った隣人韓国の急所」 井沢元彦/〔著〕呉善花/〔著〕 祥伝社 2013.3.10逆説の日本史の著者井沢元彦と韓国人で「スカートの風」の著者して知られている呉善花が、韓国という国の病状について対談したもの。なお知日家の呉善花は現在 ... » more

日本史の「謎解き」11 ”美容整形”は儒教違反ですか? 国家の体制が変ったからといって、人間の心の方はそう”パッと切り変われる”ものではありません。その意味では、現代の日本も韓国もまだまだ、長く歴史を共にしてきた「儒教」の影響下にあることは否定できないようです。そして、その儒 ... » more

日本史の「アレンジ」01 発明より改良が好き 日本史を眺めていると、外国から取り入れた文化を「日本人仕様」にアレンジ(改良)?して利用してきたことに気がつきます。このことは、歴史的に見て日本人は昔から発明よりその改良作業の方が好きな民族で、その上結構器用な腕前を持ってい ... » more

独行録 曲阜・泰山旅行
曲阜・泰山旅行 11日夜から15日夜にかけて、4日間の日程で友人たちと曲阜と泰山に行ってきた。曲阜――行きたくても腰が重いせいで今まで行かないできた場所である。孔子の生まれ故郷であり、見所としては孔廟、孔府(孔子直系の子孫たちが代々住んできた邸宅) ... » more
テーマ 儒教 旅行 登山

日本史の「発明」01 気配りされたアリバイ工作 実際には遺言?という体裁で残したのではなく、自らの態度で示したもののようですが、ワンマンだった創業者社長が二代目・社長選んだ際にはハッキリとその意向が示されていました。「時代も変わってワシのようなワンマンはもう過去のものに ... » more

日本史の「忘れ物」09 歴史学者のミスリード? ばっちりネクタイは決めたのに、ズボンを履き忘れている。けっこうチグハグな姿ですが、現在使われている「歴史用語」の中にも、この姿を連想させるモノがあるような気がします。気になる事例として・・・たとえば江戸時代の「三大改革」と ... » more
テーマ 田沼意次 三大改革 儒教  トラックバック(1)

日本史の「世界標準」04 神君孫の歴史書 なにしろ1657年に着手し、完成したのが二十世紀に入った1906年(明治39年)のことですから、その間なんと250年!ウムム!やはり、この徳川(水戸)光圀の「大日本史」は「大事業」と言っていいのでしょう。ところで、なんでもま ... » more
テーマ 大日本史 儒教 徳川光圀  トラックバック(2)

 

最終更新日: 2016/11/19 16:00

「儒教」のブログ関連商品

» 「儒教」のブログレビュー をもっと探す

「儒教」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る