誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    山本周五郎

山本周五郎

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「山本周五郎」のブログを一覧表示!「山本周五郎」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「山本周五郎」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「山本周五郎」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

山本周五郎「花も刀も」(人間は条件によって、左右されるものではない) 新潮文庫「花も刀も」252頁「人間は条件によって、左右されるものではない・・・だが、この地位にとどまろうと去ろうと、そこもとの本質には関係がないだろう、もしこれによって、そこもとが失望したり、自暴自棄になったりするとしたら、それは辞任という ... » more

「青べか物語」の著者・山本周五郎が下宿した浦安の釣船宿「吉野家」周辺を散策する 浦安に移り住んで30年になる私ですが山本周五郎著「青べか物語」を初めて読みました。この本は大正15年の春から昭和4年の春まで当時23歳から26歳まで浦安で暮らした山本周五郎がその時の体験を基に書いた小説で昭和35年に刊行されたものです。 ... » more
テーマ 浦安 青べか物語 山本周五郎

仙台藩・伊達騒動で通説だった悪人・原田甲斐を忠臣として描いた山本周五郎著「樅の木は残った」を読む 伊達騒動加賀騒動黒田騒動の三つを「三大お家騒動」と呼ぶそうですが江戸時代前期に仙台藩伊達家で起きた「伊達騒動」を題材にした山本周五郎著「樅の木は残った」(新潮文庫上中下巻)を読みました。この本は日本経済新聞に連載され講談社から1958年に刊 ... » more
テーマ 樅の木は残った 伊達騒動 山本周五郎

こりゃま日記「雨あがる」映画と原作
「雨あがる」映画と原作 映画「雨あがる」とその原作黒澤明チームの製作映画「雨あがる」は1999年、製作・公開だから相当ふるい。故・黒澤明監督の1周忌に製作された、という。もともと、黒沢監督が「雨あがる」の映画化に熱心で、その脚本がいわば絶筆になった ... » more

テレビ朝日系列で山本周五郎氏の「樅の木は残った」をドラマ放映していたのに触発されて、海音寺潮五郎さんと山本周五郎氏の絡みについて少し書きます。現在まで続くNHK大河ドラマですが、シリーズ放送開始当初のその昔、年々低落する視聴率に「シ ... » more

大手町を散歩していて、将門首塚に行ったのだけれど(http://pu-u-san.at.webry.info/200910/article_4.html)、ここは酒井雅楽頭の屋敷跡だとの表示がある。ということは、「伊達騒動」で、伊達藩の ... » more

A Day in the Life才能と時代
ちょっと時期を外したのだけれど,以下の記事と,ネットでのその反応が興味深かった.手塚治虫はそんなに凄い人じゃないと思うhttp://anond.hatelabo.jp/20090821204803私は手塚治虫の作品につい ... » more

先日、新聞の広告欄で見つけたのですが、「小説新潮」という雑誌で「時代小説温故知新」という特集があり、そこに海音寺潮五郎さんの作品が収録されているということです。調べて見ると、それは何と!あの「阿波の屋形」ではありません!!海音寺潮五 ... » more
テーマ 海音寺潮五郎 杉本苑子 山本周五郎

山本周五郎 の短編 < 城中の霜 > を初めて読んだ時の感動が、近頃は頻繁に胸に蘇える。死に直面した時・・・( 獄中作 ) 正気の歌橋本左内二十六年夢の如く過ぐ顧みて平昔を思えば感滋多し天祥の大節嘗て心折す土 ... » more
テーマ 橋本左内 山本周五郎 城中の霜

長い坂(山本周五郎著)を読んで 何十年か振りに山本周五郎の「長い坂」を読み返してみました。そもそもの動機は部屋の本棚を整理していて、たまたま目に入ったのが山本周五郎の著作集でした。当時、私は歴史小説や時代小説に、はまっていまして、山本周五郎を始め司馬遼太郎 ... » more
テーマ 読書 経営の心 山本周五郎  トラックバック(1)

おっちゃんの備忘録高山珍道中
年のせいか最近眠りが浅い。。というか早く寝ると早く目が覚める。昨夜は23時頃就寝。起きたの3時。起床予定は5時半。1時間ほどはもう少し寝ようと模索したが諦め、4時から携帯音楽プレイヤーの中身を見直し、い ... » more

道化師の独白「山本周五郎」
きっかけが何だったのか、もう忘れたが、「山本周五郎」を読んでいる。なかなか良い。ストーリーはテレビドラマの原型のような雰囲気だが、内容が違う。誠実で優しくて暖かい。文庫で3冊目である。司馬遼太郎氏の作品は幾つか読んだが、「時代小説」は少 ... » more

息を吐いて山本周五郎 続々
若い頃の作品は奇想天外な展開が多く、物語としては面白いが深みは無い。でも読んだ。中毒になっていた。その後もう一度読んだろう。そして4日前からまた読み直し始めた。たぶん5回目。初めて読んだときの感動 ... » more

息を吐いて山本周五郎 つづき
山本周五郎はずいぶん読んだ。本になった作品はすべて読んだと思う。高校3年か大学に入ってからか忘れたが柳橋物語と出会ったのが最初だった。「おせんちゃん、おめえだけは死なせねえ、おいらが絶対に守り通す。」柳橋 ... » more
テーマ 山本周五郎

息を吐いて山本周五郎
バッグに本を一冊、必ず持っている。昼食のとき、休憩のとき、電車やバスで移動するとき、何もないと実に手持ち無沙汰な気になる。たまに専門の知識がないと読みこなせないようなものにぶつかって、「しまった」と思う場合がある。こ ... » more

山本周五郎 は代表作 「樅の木は残った」 が有名である。歌舞伎 <伽羅先代萩> などで、今まで極悪人とされてきた原田甲斐 を藩を幕府の陰謀から守る高潔な士として描き、多くの読者の共感を得た。しかしぼくは、「五辧の椿」 が周五郎作品の中では一 ... » more
テーマ 五弁の椿 読書 山本周五郎  コメント(13)

柳橋物語・むかしも今も 山本周五郎 新潮文庫 急に時代小説です。しかも、新しいものではありません。この文庫本の発行は昭和39年。生まれてない?・・・いや、生まれてたけどね。しかし、全く古くならない名作です。今年は新刊に交えて、こういう自分の好きな作品も書いていきたい ... » more

何度かドラマ化されましたので、ご存知の方も多いと思います。いやしかし、「瓣」の字を探してくるのが大変でした(^_^;)主人公のおしのは、父の喜兵衛が無念のうちに死んだ後、母から、実はおしのは喜兵衛の子ではなく、不義の子であったと聞き ... » more

 

最終更新日: 2016/11/19 15:58

「山本周五郎」のブログ関連商品

» 「山本周五郎」のブログレビュー をもっと探す

「山本周五郎」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る