誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    種田山頭火

種田山頭火

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「種田山頭火」のブログを一覧表示!「種田山頭火」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「種田山頭火」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「種田山頭火」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

木守柿 〜素人俳句が気に食わない俳人〜 人間サマの取り分はすでに確保して、今年の柿のシーズンは終りました。後は鳥や虫たちの分で、越冬のための栄養となるよう、このままにしておきましょう。他にも、再び大収穫できるようにとか、来年の五穀豊穣を願うとか諸説あるよう ... » more
テーマ 俳句 時雨亭 種田山頭火

すすきのひかりさえぎるものなし 人肌ほどのぬくもりをもたらしてくれた陽が沈む。よい小春日だった。残照は刻々とグラデーションを変化させ、私を立ち止まらせる。すすきのひかりさえぎるものなし山頭火の句が浮かび、まことにその通りだと眺め入る。 ... » more

時雨亭往還石に腰を、墓であったか
石に腰を、墓であったか 今日は秋の彼岸の入り。庭でコスモスを摘み、それだけではあまりにも寂しいので、途中で花を買い足して、三ヵ所へ墓参に出掛けた。我が家は二ヵ所、それに親友の墓所へ向かった。遺された家族はどうしているのだろう。親友が ... » more

時雨亭往還ミヤコホテル論争
ミヤコホテル論争 京都にはオフシーズンがなく、いつも宿が取りにくい。やっと東山のホテルに部屋を確保できたが、単に運が良かっただけと感じている。市内の幹線道路も慢性的な渋滞で、観光インフラ整備が極端に遅れている。実験的に県外車な ... » more

明日は明日の風が吹かうではないか 沼津から第二東名に乗って西へ向かう。一本道だからナビを見る必要もない。トンネルの多さが気になるところだが、これだけ空いていれば、仮に逆走車が来たとて、かわすこともできる。ボリュームを上げて静岡県の民謡を聴きながら、道は快 ... » more

時雨亭往還夜は秋にして昼は夏なり
夜は秋にして昼は夏なり 「行けたら行くよ」は「行かないよ」の同義語というのが世間の常識ですが、万が一、来てしまって何も準備していなかったら立場がありません。もし来るとしたら、戻った残暑に汗まみれになって息も絶え絶えだろうと予想し、麓のスーパーで特大の西 ... » more
テーマ 俳句 時雨亭 種田山頭火

A Day in the Life文人悪食 (嵐山光三郎)
今年最初のエントリは,嵐山光三郎の「文人悪食」について書いてみたい.なお,この本については以前このブログで少しだけ触れたことがある(参照: 嵐山光三郎の本).「文人悪食」は,37人の小説家について,それぞれの人生や作品と,食とのかか ... » more
テーマ 嵐山光三郎 種田山頭火

お水揚げ 20160416(土) 昨日の大風もやんで、”花曇り”の一日でございましたよ。9時〜23時の予定でしたが、「江刺甚句まつり」の町内の”事務所びらき”が、夕方、行われたものですから早退して ... » more
テーマ お水揚げ 種田山頭火

お水揚げ 20160311(金) いい天気でしたなあ。震災から5年が経ちました。午後2時46分には、江刺総合支所前の道路を走っていました。{%車webry%}大き目の地震の時には、さも、パンクをした時の ... » more
テーマ お水揚げ 種田山頭火

陽射し遮断ネット 20150722(水) こんにちは・・・。今日もあっついです。昨日、ベランダに、陽射し遮断ネットを張ってみました。(農作物用)きのうは、ネットを張った時には、ベランダも、相当暑かったので、効果は、あまりかんじられま ... » more

八幡神社の総本宮 宇佐神宮 15日は、宇佐神宮を見学。早朝に別府駅のレンタカーを借りて、一般道を走った。軽自動車だが見晴らしもよく、適度にスピードも出る。高速道路でなくとも空いている道路で走る車が多いため、つられてアクセルを踏んでし ... » more

種田山頭火の平戸入りの下り、1932(昭和7)年3月31日から4月4日の日記です。行乞記(二)種田山頭火三月三十一日晴、行程八里、平戸町、木村屋(三十・中) 早く出発する、歩々好風景だ、山に山、水に水 ... » more

松尾芭蕉、河合曽良、井上井月、そして種田山頭火。----------------------------------これらの俳人は、旅先で亡くなっている。旅先で亡くなる若しくは異国で亡くなることを「客死」と言う。 ... » more
テーマ 井上井月 松尾芭蕉 種田山頭火

詩集 彼岸花「つくる」の否定
種田山頭火は「私は漸く句を作る時代を通過して句を生む時代に踏みこんだのであります、私は上手に作られた句よりも下手に生まれた句を望みます、たとへ句は拙なくとも自己の生命さへ籠つて居れば、それだけで存在するに足ると信じて居ります・・・」と手紙に ... » more
テーマ 種田山頭火

 

最終更新日: 2017/12/13 11:12

「種田山頭火」のブログ関連商品

» 「種田山頭火」のブログレビュー をもっと探す

「種田山頭火」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る