誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    山崎豊子

山崎豊子

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「山崎豊子」のブログを一覧表示!「山崎豊子」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「山崎豊子」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「山崎豊子」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

山崎豊子の秘書を長く務めた著者が、山崎豊子の思い出と、各作品において山崎豊子と一緒に資料を収集した時の思い出を綴っている本であり、興味深い。山崎豊子の執筆に対する姿勢、秘書に接する態度、その他、日常の仕草なども書かれていて興味深い。もち ... » more
テーマ 山崎豊子

この頃、山崎豊子の長編を読んでいるが、この本も全4巻である。題材は外務省機密漏洩事件である。ご承知のように沖縄返還時のアメリカとの交渉の中で、密約があり、それを掴んだ新聞記者とその情報を漏らした外務省女性事務官が有罪となった事件である。 ... » more
テーマ 沖縄 山崎豊子

これを読み終わったことで、山崎豊子の戦争関連三部作を読み終えたことになる。「大地の子」http://mirakudokuraku.at.webry.info/201510/article_3.html、「不毛地帯」http://mi ... » more
テーマ 山崎豊子

山崎豊子の大阪商人ものの一冊である。これで直木賞を受賞している。この小説は戦前に大阪において、寄席、演芸場の経営で財をなした女性を主人公にした小説である。吉本興業の創業者がモデルと言われている。頼りない旦那に死に分かれた時、船場商人の妻 ... » more
テーマ 大阪商人 山崎豊子

戦前の大阪商人の生き様を描いている。主人公は母からもらったわずかなお金を持って、淡路島から大阪に渡る。頼るべき所も不明となり、行きくれている所で、昆布問屋の隠居に拾われる。そこで丁稚から奉公する。その間の苦労を書いている。仕事の単調 ... » more
テーマ 大阪商人 山崎豊子

表題の作品も含めて、山崎豊子の短編集である。他に「晴着」、「へんねし」、「醜男」が納められている。ムッシュ・クラタとは、山崎豊子が新聞社時代に出会った記者の逸話を、学生時代、会社時代、パリ特派員時代、軍属時代、ご家族などにインタビューす ... » more
テーマ 山崎豊子

一度は読みたいと思っていた不毛地帯を読んだ。文庫で全5冊の長編である。山崎豊子の言によると、シベリア抑留におけるシベリアの「雪の不毛地帯」、商社マンとなって砂漠において石油を発掘する事業を支えるが、その時の砂漠という「砂の不毛地帯」の両方が ... » more
テーマ 山崎豊子

山崎豊子はセンセーショナルな話題を取り上げているように感じられるが、そうではなく、彼女が小説の題材に取り上げたことで世間が認識して、その結果、世間の話題になるということだったと思う。実に偉い作家である。この本は、山崎豊子が自作の執筆 ... » more
テーマ 山崎豊子

山崎豊子全集に所載されている「大地の子」を読む。上下2冊である。文庫だと4冊に分かれている。山崎豊子の小説はどれも長編であるが、長編を一気に読ませる筆力は凄い。この小説の場合は、戦争直後の満州開拓団の凄惨な悲劇、その後の中国残留孤児の想像を ... » more
テーマ 大地の子 山崎豊子

大地の子(四) とうとう最終巻。何だか読み終わってしまうのが寂しいなあ。『大地の子(四)』山崎豊子(文春文庫)思い返せば最初の頃は、人名や地名の中国語読みに辟易としていたんだった。北京(ペイチン)←普通に「ぺきん」て読みたい! ... » more
テーマ 山崎豊子

大地の子(三) いよいよ一心が日本の地を踏む!『大地の子(三)』山崎豊子(文春文庫)宝華製鉄建設の準備が進む中、日本への工程考察ミッションのメンバーとして、一心は日本へ行くことになった。最新鋭の製鉄所やコンピューター制御の新幹線など ... » more
テーマ 山崎豊子

大地の子(二) (一)では、苛められ蔑まれ暴力を振るわれ、牛馬のごとく働かされている一心を、うるうるしながら震える気持ちで見ていた。寒さと飢えと痛みが、読んでいるこちらまで伝わってくるようだった。しかし、一心の運命は、ここから大きく動き始める。 ... » more
テーマ 山崎豊子

作家・山崎豊子さん、朝日を憎悪 元日航会長・伊藤淳二氏が月刊「テーミス」に特別寄稿 作家・山崎豊子さん、朝日を憎悪元日航会長・伊藤淳二氏が月刊「テーミス」に特別寄稿ZAKZAK2013.12.02http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20131202/dms13 ... » more
テーマ ZAKZAK 山崎豊子 伊藤淳二

A Day in the Life暖簾 (山崎豊子)
小説家の処女作にはその作家のすべてが含まれるといったことは,よく言われることだ.もちろんすべての小説家にあてはまることではないけれども,そのように考えてみると,何人かの小説家のことが思い浮かんでくる.ここでは,そうした小説家であろうと私が考 ... » more

【本】読み始めたら止まらない!おすすめ小説(5)山崎豊子の力作いろいろ! おすすめ小説の第(5)回は、「白い巨塔」や「沈まぬ太陽」などで有名な、山崎豊子の作品を紹介したいと思います。あるときは、「大学医学部」、またあるときは、日本最大の「航空会社」、またあるときは、「巨大銀行」等々、山崎豊子の作品には ... » more
テーマ 山崎豊子 小説

運命の人(二)  ☆山崎豊子 運命の人(二) (文春文庫)山崎豊子 文藝春秋 2010-12-03売り上げランキング : 526Amazonで詳しく見る by G-Tools内容(「BOOK」データベースより)強大な国家権力とジャーナリズムの全面戦争に沸 ... » more
テーマ 山崎豊子

運命の人(一)  ☆山崎豊子 運命の人(一) (文春文庫)山崎豊子 文藝春秋 2010-12-03売り上げランキング : 1006Amazonで詳しく見る by G-Tools内容(「BOOK」データベースより)毎朝新聞政治部記者、弓成亮太。政治家・官僚 ... » more
テーマ 山崎豊子

民族を 感じたことが ありますか??? はほとんどないな、自分が「日本人なんだ」って思うこと海外にでも行ったら、意識するのかしらん高い技術力とか、戦後のあの焼け{%火w ... » more
テーマ 文化大革命 大地の子 山崎豊子

沈まぬ太陽(会長室篇)  ☆山崎豊子 沈まぬ太陽〈4〉会長室篇(上) (新潮文庫)新潮社 2001-12売り上げランキング : 3169おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools沈まぬ太陽〈5〉会長室篇(下) (新潮文庫)新潮社 2001-12売り上げ ... » more
テーマ 山崎豊子

沈まぬ太陽(御巣鷹篇)  ☆山崎豊子 沈まぬ太陽〈3〉御巣鷹山篇 (新潮文庫)新潮社 2001-12売り上げランキング : 4076おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools内容(「BOOK」データベースより)十年におよぶ海外左遷に耐え、本 ... » more
テーマ 山崎豊子

山崎豊子著 女系家族 ミステリーではありませんが、『女系家族』面白かったです。以前から一度は読んでみたいと思っていた山崎豊子氏。しかし作品がどれも長編でなかなか手がでなかった。やはり、すごいなと思いました。それで、最近ミステリーで読みたいものが見つからな ... » more
テーマ 山崎豊子

一気に読んだ。山崎作品はおもしろい。おもしろいというのは、もちろん笑えるというのではない。惹きつけられ、夢中にさせる、ということだ。山崎作品は、娯楽作品ではなく、一本線がきちんと貫かれている。その線とは、ある種の正義感である。正義を ... » more
テーマ 沖縄密約 山崎豊子

山崎豊子 『運命の人 四』 歯切れの悪い幕切れ 山崎豊子の作品の『二つの祖国』と『大地の子』。それまでの業界内幕ものから大きく視点を変えた新ジャンルへの挑戦だった。二作とも「愛国心」が中心テーマだったが、無理強いされるそれではない。日本人であるがゆえに過酷な境遇にある者が祖国に抱く素 ... » more

山崎豊子 『運命の人 三』  国家権力への怒りか?著者はいったいなにを訴えたかったのだろうか。 この小説に従って裁判の流れを追うと次の通り1972年5月沖縄復帰。1972年6月佐橋総理退陣、田淵内閣誕生1972年10月東京地裁、外務省機密漏洩事件初公判1972年12月佐橋元首相、ノーベル平和賞候補としてノミネート ... » more

山崎豊子 『運命の人 二』 これはモデル小説ではないとおっしゃるが……… 毎朝新聞の弓成亮太は、昭和46年春、大詰めを迎えた沖縄返還交渉の取材中、ある密約が結ばれようとしていることに気づいた。弓成は外務省安西審議官の秘書・三木昭子事務官と「情を通じ」、彼女より極秘電文を入手、この事実を知る。公式にはアメリ ... » more

山崎豊子 『運命の人 一』  10年ぶりの大作に飛びついた。 山崎豊子の作品はいつごろからか、新刊が出るたびに読むようになっていたから、この作品も内容はまったく知らないまま手に取った。昭和46年、毎朝新聞政治部、外務省詰キャップ・弓成亮太。今でもそうだろうが新聞社では出世街道をトップで走る役職 ... » more

初めて山崎豊子さんの原作を今回読みました。今までは、彼女の作品のテレビドラマ化されたものから、現代社会の隠れた闇の部分や権力抗争の描写、そして新聞記者であった彼女ならではの緻密な取材に裏付けられたドラマ展開などを、毎回緊張しながら食い入るよ ... » more

その1回目今回の、都知事選で私の為になった情報は、丸山弁護士情報である。以前、投資ジャーナル事件で芸能界追放になった「倉田まり子」さんである。倉田さんは、事件後行方をくらまし、OLをやっています。が・・数年後、ある法律事務所 ... » more

華麗なる一族のモデルは、万俵家こと岡崎家の事である。阪神銀行頭取こと神戸銀行頭取は岡崎忠雄であり、息子は今ニッセイ同和損保の名誉会長の岡崎真一である。作家山崎豊子が「華麗なる一族」を出版後に「太陽神戸銀行」が誕生したので、大同銀 ... » more

「「沈まぬ太陽」映画化絶対反対声明。」についてよくぞいってくれました前からおかしいと思ってました僕チャーズ読みました明らかに山崎さんが盗用してますよねそれより大地の子に出てくる登場人物が全員善玉か悪玉かのどちらかなんです主人公も美人に思 ... » more

 

最終更新日: 2016/11/19 14:32

「山崎豊子」のブログ関連商品

» 「山崎豊子」のブログレビュー をもっと探す

「山崎豊子」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る