誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    薬丸岳

薬丸岳

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「薬丸岳」のブログを一覧表示!「薬丸岳」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「薬丸岳」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「薬丸岳」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

【友罪】薬丸岳 ★★★ 最近完全に書評ブログと化した気配濃厚の本ブログ【言いたいことがある】だが、”言いたいこと”がたいぶたまってきてはいるので、そのうちブログの趣旨に添った記事を書こうと思う。と、いいつつ、今回もやはり書評だ。明らかに神戸連続児童 ... » more
テーマ 書評 友罪 薬丸岳

ふくろうの読書記録『友罪』薬丸岳
『友罪』薬丸岳 薬丸岳の『友罪』(2013年5月刊)を読みました。読書メーターによると、<「凶悪犯罪を起こした過去を知ってもなお、友達でいられますか?」─ミステリ界の若手旗手である薬丸岳が、満を持して「少年犯罪のその後」に挑む、魂の ... » more
テーマ 薬丸岳

『刑事の約束』薬丸岳 薬丸岳の『刑事の約束』(2014年5月2刷)を読みました。内容紹介によると、<椎名桔平主演で連続ドラマ化された短編集『刑事のまなざし』に続く、夏目シリーズ最新作!植物状態の娘を持つ東池袋署の刑事・夏目信人(なつめ ... » more
テーマ 薬丸岳

ふくろうの読書記録『逃走』薬丸岳
『逃走』薬丸岳 薬丸岳の『逃走』(2012年10月刊)を読みました。読書メーターの紹介によると、<早期解決を確実視された殺人事件。容疑者の若者は何のために逃げ続けるのか?驚愕と感動のラストが待つ、乱歩賞作家による逃亡劇。 ... » more
テーマ 薬丸岳  コメント(3)

薬丸岳氏の新作は14歳で男児を殺めた少年事件がカギとなる話 (週刊ポスト2013年6月7日号) 薬丸岳氏の新作は14歳で男児を殺めた少年事件がカギとなる話NEWSポストセブン2013.05.27 16:00http://www.news-postseven.com/archives/20130527_190484.html ... » more
テーマ 著者に訊け NEWSポストセブン 薬丸岳

ふくろうの読書記録『死命』薬丸岳
『死命』薬丸岳 薬丸岳の『死命』(2012年4月刊)を読みました。BOOKデータによると、<榊信一は大学時代に同郷の恋人を絞め殺しかけ、自分の中に眠る、すべての女に向けられた殺人願望に気づく。ある日、自分が病に冒され余命僅かと知り、 ... » more
テーマ 薬丸岳

『ハードラック』薬丸岳 薬丸岳の『ハードラック』を読みました。図書館の内容紹介によると、<闇の掲示板で募った仲間と金持ちの屋敷に押し入った仁。だが彼は何者かに殴られて昏倒。屋敷は全焼し、他殺体が発見される。仲間にはめられ、殺人放火犯にされた ... » more

ふくろうの読書記録『悪党』薬丸岳
薬丸岳の『悪党』(2009年7月刊)を読みました。図書館の内容紹介によると、<老夫婦から探偵事務所への依頼。それは息子を殺し、今は社会復帰している男を捜し出し、その男を赦すべきか、そうでないかの判断材料を見つけて欲し ... » more

『刑事のまさざし』薬丸岳 薬丸岳の『刑事のまさざし』(2011年8月2刷)を読みました。図書館の内容紹介によると、<笑顔の娘を奪われた男は、刑事の道を選んだ。その視線の先にあるのは過去か未来か-。表題作はじめ全7編を収録。『小説現代』掲載に書 ... » more

「天使のナイフ」(薬丸岳)を読み終えて 「天使のナイフ」(薬丸岳)を読み終えてさすがに「第51回江戸川乱歩賞」を獲っただけのことはありましたね。サクサク読み進んで、「あっ」という間にエンディングへ。<あらすじ>(アマゾンより転記)生後五ヶ月 ... » more
テーマ 読書 天使のナイフ 薬丸岳

薬丸岳 『悪党』  被害者遺族はどうしても殺人者を赦すことはできないのだろうか。 裁判員制度がスタートしたからなのかどうか、最近の判決は被害者遺族の感情に寄り添う姿勢が色濃く反映されるという。このために従来よりも量刑が重くなる傾向があるのだそうだ。実際、被害者家族が裁判の席などで「極刑を望みます」との訴える報道を見聞 ... » more

天使のナイフ [薬丸岳] 天使のナイフ薬丸岳江戸川乱歩賞受賞作。殺人事件で必ず存在するのが加害者側と被害者側。その加害者本人と被害者家族の心の傷を描いた意欲作。ただ、現実の光市母子殺害事件などで報道されている影響もあり、知識として斬新に思えた ... » more
テーマ 【江戸川乱歩賞】 薬丸岳

■空蝉草紙■『虚夢』 by 薬丸岳
『虚夢』 by 薬丸岳 虚夢・・・事実に合わぬ夢、実際には起こらないことの夢(岩波「広辞苑」)そもそも「夢」自体アンチリアルであり現実でも事実でもないが、夢にも色々とあるからややこしい。1つは寝てみる夢、もう1つはまだ見ぬ未来に思いをはせる願望の夢。そ ... » more

薬丸岳著、「天使のナイフ」を読みました。あらすじ≪生後五ヶ月の娘の目の前で惨殺された妻・祥子。夫・桧山貴志は耳を疑った。犯人は、十三歳の少年三人。四年後、犯人の少年の一人が殺され、桧山は疑惑の人となる。少年たちの事件後を追う桧山 ... » more
テーマ 読書 薬丸岳

夢幻U闇の底/薬丸岳
犯人がわかった最後、思わず唸りました。見事にだまされました。最初から、コレ犯人だと思わせるような書き方で展開していく事件。幼女殺人事件が起こる度に、過去に性犯罪を犯した犯人が殺されていく。サンソンと名乗るその犯人は、犯行声明を送りつ ... » more
テーマ 薬丸岳

薬丸岳 『闇の底』 とてつもなくショッキングなラストにあっけにとられた。 このところ悲惨な事件が連続している。小中学生のイジメによる自殺、肉親による幼児虐待と殺傷。幼い命の非常事態宣言であろう。これという対応措置がないままに狂気だけが蔓延しつつあるようで不安と焦燥感が日本全体を覆っている。そして『闇の底』で薬 ... » more

闇の底 薬丸岳 講談社 「闇の底」というタイトルにふさわしい、ほんとに闇を覗き込むような小説・・・。幼い子に対する性犯罪という非常に重いテーマを、重いままに書ききったところに、「天使のナイフ」で見られた社会性の強さが、また打ち出されてますね。しかし・・ ... » more

薬丸岳の『天使のナイフ』という本。この本は第51回の江戸川乱歩賞を受賞した作品である。イロイロなサイトの感想を読んでいると、なかなかに好評のようである。だから自分も前々からチェックしていたのだが……あっさりと読めた。図書館に普通にあった…… ... » more
テーマ 読書 薬丸岳

薬丸岳 『天使のナイフ』最近の 江戸川乱歩賞にはなかったひさびさの傑作だ 刑事罰の対象にならない少年たちに妻を惨殺された桧山貴志。「殺してやりたい」と思わず憎しみの叫びをあげる。殺人者に対する怨みを晴らすすべがない、少年法の保護主義に対するやりばのない怒りが読者の共感を誘う。東野圭吾『手紙』は加害者側 ... » more

 

最終更新日: 2016/11/19 13:54

「薬丸岳」のブログ関連商品

» 「薬丸岳」のブログレビュー をもっと探す

「薬丸岳」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る