誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    小説家

小説家

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
親テーマ: 小説
子テーマ: 松本清張
テーマ「小説家」のブログを一覧表示!「小説家」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「小説家」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「小説家」の記事を新着順に表示しています。(4ページ目)

Le passe-temps巨人の磯〔松本清張〕
巨人の磯〔松本清張〕 松本清張 生誕100年記念復刊第3弾。巨人と見紛うほどに膨張した死体に隠された驚愕のトリックとは!?大洗海岸に巨人と見紛うほどに膨張した死体が流れ着いた。警察は苦心の末に、海外旅行中の県議会議員と特定したが、その腐爛状態には驚き ... » more
テーマ 松本清張 小説

松本清張 ‘砂の器’ ‘砂の器’のストーリーは蒲田の操車所で死体が発見されるところから始まります。ちなみに、第一の事件の被害者の死体が発見された操車所は今もあります。ちなみに、第一の事件の舞台となった場所は自分の実家の近所だということがすぐにわかったので、妙なリ ... » more

これから始まるのは、落ちこぼれ中学生三人組が、江戸時代にタイムスリップし、現代の知識を持って、江戸時代の友達を助ける物語を作るものです。三人組みの名前、性格、特技等を決めた後、江戸時代での事件と解決策をみなさんに考えてもらいます。一 ... » more
テーマ 小説家

「軍師の境遇」松本清張 を読む 20代〜30代、松本清張の推理小説を夢中になって読んだ時期がありました。その後他の作家の本を読むようになり、また数回の引越しでこの人の本を処分したりで、今は数冊残っているだけです。この本も時代小説は珍しいと購 ... » more

1冊で何度もおいしい短編集『運命のボタン』 主人公ミリセントは、憎きテレーゼの爪と髪の毛を手に入れ、ヴードゥーの呪いを実践する準備を整えていました。これで、テレーゼを模した人形を作り、針をさせば、自らの手を汚すことなく、テレーゼを始末してしまうことができるに違いない……。しかし、 ... » more

松本清張『昭和史発掘』から『佐分利公使の怪死』の紹介です。(初出昭和40年9月-12月週刊文春、単行本昭和41年9月文芸春秋刊、今回は平成17年4月刊の新装版文春文庫『昭和史発掘2』をテキストとしています。)様々な昭和史の謎とさ ... » more

”吾輩は猫である”の猫を見つけた 上野へ買い物に行くのでついでに今朝の新聞に載っていた文京区の光源寺「駒込大観音」に立ち寄ってみた。近間にこんな大きな観音様が在るとは知らなかったが本当にでかいので驚いた。ここから根津神社を経て不忍池へと歩くと日医大の近くで塀の上に猫 ... » more

Le passe-temps霧の旗〔松本清張〕
霧の旗〔松本清張〕 殺人容疑で捕えられ、死刑の判決を受けた兄の無罪を信じて、柳田桐子は九州から上京した。彼女は高名な弁護士・大塚欽三に調査を懇願するが、すげなく断わられる。兄は汚名を着たまま獄死し、桐子の大塚弁護士に対する執拗な復讐が始まる……。そ ... » more

追悼、でも脱線? (For memorial and another thing?) 藤田まことさんが亡くなりました。子供の頃からテレビで馴染みがあった俳優さんが一人、またいなくなったのが寂しい。藤田さんが生み出した様々なキャラクター、あんかけの時次郎、安浦刑事、秋山小兵衛等々。やはり、筆者にとっての藤田さんは必 ... » more

太閤殿下の寝言松本清張
日本独自の社会派推理小説の巨匠・松本清張。その作品のおもしろさは、事件そのものに加え、事件の背景を社会世相などに絡めて描き出すところにあります。代表作としては、『点と線』『眼の壁』の2長編はベストセラーとなります。こ ... » more

歴史小説家 清張 (Seicho was a historian) 陸軍軍医、森林太郎。それが明治の文豪、森鴎外のもう一つの顔でした。軍都だった小倉に赴任した鴎外、その居宅の跡を示す石碑が、JR小倉駅の前にあります。An army surgeon, Mori Rintaro, he was fa ... » more

桃源児の桃源郷日乗Happy birth month
Happy birth month 今年も間もなく終わりですが、12月5日は松本清張、100歳の誕生日でした。この記事、本当はその日にUPしたかったのですが、例によって遅筆ブログなので、2週間程、遅れました。This year will be end soon. ... » more

しのぶとうとう師走
12月ですね〜早いものです毎年、そんなことを言ってますが、1日が、8時間くらいしかないんじゃないかと思いますね。昨日、今日は、久々お昼の仕事は、オフなので今日は、美容院に行って午後は、映画を観に ... » more

Silvy & me映画「ゼロの焦点」
映画「ゼロの焦点」 中島みゆきさんの「愛だけを残せ」を聴くために(笑)、映画「ゼロの焦点」を見に行きました。ほとんど期待していなかったのですが、なかなか良い映画でした。まず、中谷美紀さんと木村多江さんが素晴らしい。この2人が夜の断崖で向き合 ... » more

桃源児の桃源郷日乗元祖 断崖 (Cliff)
サスペンスなドラマなどで、よく舞台に断崖絶壁が使われますね。最初に、それをやったのが松本清張の”ゼロの焦点”作品に登場するのは、石川県金剛のヤセの断崖。下を覗くと、恐怖でヤセ細るということから、そう呼ばれているそうです。松本 ... » more

点と線〔ビートたけし×松本清張〕 今夜21時から再放送するんですね。2年前の11月24日、25日で二夜連続で放送されたドラマで、なかなか見応えありました。が、二晩放送だとだれる部分が出てきたように思いました。こういうサスペンス系は謎が明らかになる前の ... » more

清張なんて関係ねえ (Seicho? It's not a big deal) 山口百恵さんのザ・ベストテンの出演場面を収録したDVDが発売されるとか、噂で聞きました。引退して何十年と経つのに、根強い人気がありますね。その百恵さんと三浦友和さんのゴールデンコンビが松本清張原作映画に主演していました。霧の旗 ... » more

いろいろな「週刊○○」を出しているデアゴスティーニから、今度は、何と、「週刊松本清張」が出るとの広告を発見。そりゃあ、すごい!!ってんで、さっそく、収録作品を見てみました。http://deagostini.jp/msc/点と線 ... » more
テーマ 松本清張

ウルトラマン以前 (Before Ultraman) でも、松本清張の話です。「何じゃ、そりゃ}と引っ繰り返る音が聞こえるようでございます。まあ、落ち着いて最後まで読みなされ。せっかちなのが、現代人の悪い癖。Although the title says Ultraman, I ... » more

黒、黒、黒 (Blcak, Black, Black) JR日豊線、城野駅から国道10号線を挟んだ向かいという一等地が現在、空き地となっています。此処は昔から軍事施設として使われていた場所で、敗戦前には陸軍の小倉補給廠がありました。敗戦後は米軍のジョウノ・キャンプ。米軍が撤退後、陸上自衛 ... » more

第9夜で『蒼い描点』を紹介した松本清張さんの箱根もの第2弾、『箱根心中』の紹介です。(昭和31年「婦人朝日」5月号掲載、今回は平成20年12月光文社刊『松本清張短編全集04 殺意』所収のものをテキストとしています。)今年平成21 ... » more

桃源児の桃源郷日乗Changed
Changed 別にオバマ大統領の話ではありません。彼のキャッチフレーズは”change”と現在形ですが、この記事のタイトルは過去形。50年程、過去の白黒映画を観ました。”影なき声”松本清張原作、鈴木清順監督作品。I don't m ... » more

凡人でも、ビビルでもなく (Not Bonto, not Bibiru) と言えば、何のことか、おわかりでしょうか?答えは”大木”ですね。大木実という俳優、ご存知でしょうか?今年の3月に亡くなられましたが、若い頃は精悍な二枚目スター。と言っても、筆者も最近、彼の主演映画を見たのですが。50年前の白 ... » more

タイトル倒れ? (It was not so hard one) 自身の作品の映像化にも積極的に関わっていた松本清張。野村芳太郎監督と共に霧プロダクションを設立。ということもあり、清張原作、野村監督の映画は多いのですが、そんな一本に”鬼畜”があります。Matsumoto Seicho was ... » more

知の巨人の住処 (A house in a museum) 生きていれば、100歳。松本清張がです。以前、彼のことを和製ミック・ジャガーなどとふざけて紹介していた雑誌を見たことがあります。似ているのは、唇だけやんけ。If a man lived now, he would be ... » more

本の読み方、味わい方、転じて文章の書き方、名文とは何ぞやと云った作文技術、小説家の美学に基づいたお作法が書かれた本である「文章読本」。特に、文豪谷崎潤一郎と、名評論家でもある丸谷 才一の「文章読本」は、物書き修行の人や小説家志望の方など、こ ... » more
テーマ 文学 小説家

陸行水行―別冊黒い画集〈2〉〔松本清張〕 私が宇佐で出会った不思議な男は、篤学の士なのか、詐欺師なのか?古代史の謎と推理の面白さが見事に結晶した傑作「陸行水行」。口数の少ない女が、一途に男を思う故に疎まれて悲劇に至る女心が哀しい「寝敷き」。誠実の仮面を被り、女から女へと渡り ... » more
テーマ 松本清張 小説

Le passe-tempsゼロの焦点〔松本清張〕
ゼロの焦点〔松本清張〕 前任地での仕事の引継ぎに行って来るといったまま新婚一週間で失踪した夫、鵜原憲一のゆくえを求めて北陸の灰色の空の下を尋ね歩く禎子。ようやく手がかりを掴んだ時、“自殺”として処理されていた夫の姓は曾根であった。夫の陰の生活がわかるにつれ ... » more
テーマ 松本清張 小説

松本清張生誕100年記念展へ 私は、あまり本を読む方ではないのですが、たまたま『点と線』や、松本清張本人が「私は自分のことを滅多に小説には書いていない。いわゆる私小説というのは私の体質に合わないのである。・・・55歳を過ぎると少し気持が変わってきた。」と、<あとがき ... » more

レイモンド・チャンドラー 没後50年! 村上春樹がまたレイモンド・チャンドラーを訳したと思ったら(『さよなら、愛しい人』)、今年は、レイモンド・チャンドラー没後50年だったんですね(3月26日)。没後50年記念で、原作小説の映画化・再映画化の話でもあるかと思ったら、全くな ... » more

 

最終更新日: 2018/04/03 15:51

「小説家」のブログ関連商品

» 「小説家」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る