誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    小説家

小説家

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
親テーマ: 小説
子テーマ: 松本清張
テーマ「小説家」のブログを一覧表示!「小説家」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「小説家」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「小説家」の記事を新着順に表示しています。(3ページ目)

No herb will cure love. 皆、畠に作り給へ。(陰陽師有宗)(8) カマキリの緑色の体色というのは、これは当然植物の中に紛れるための保護色なんでありましょうけれども、今や紅葉しかけているドウダンツツジの中にいたのでは、隠れるどころか存在をアピールするような物であります。ひょっとすると日向ぼっこをしていたのか ... » more
テーマ 植物 昆虫 小説家

Le passe-tempsけものみち〔松本清張〕
けものみち〔松本清張〕 割烹旅館で働く31歳の成沢民子は、脳軟化症で回復の見込みのない夫・寛次に縛られた暮しを若さの空費と考えていた。彼女は赤坂のホテル支配人・小滝にそそのかされ夫を焼殺し、行方を絶つ。直感で民子を疑った刑事・久恒はその行方を追ううち、民子 ... » more
テーマ 松本清張 小説

We are in trouble! 困ったことになりましたね。(フィルチ)(3) 台風は一過、人類は皆被害でありまして、西と東と言いますか、愛知と福島が水浸しでありまして、縁のあるところ、暮らしたところ、なじみ深いところがやられてしまいました。あっちへこっちへ電話を掛けまして、同情したり、同情されたり、忙しいと言うのか暇 ... » more

You can't take it with you. 何も持たでぞあらまほしき。(兼好)(2) 本日のヤブランであります。ここの庭にはヤブランが八株あるようで、ぱっと見に見えているのは二株なんですが、私が整備しようとした哲学の小径(てつがくのこみち)を歩くと、至るところにヤブランが待ち構えていて、うるわしい紫の花の穂を突き立ててお出迎 ... » more
テーマ 植物 昆虫 小説家

Le passe-temps水の肌〔松本清張〕
水の肌〔松本清張〕 平凡な日常に潜む、黒い転機!!周到な合理主義のエリート会社員はなぜ転落したのか。傑作短編5編。妻の実家の金で留学した男が旅先で資産家の娘と知りあい、妻の前から蒸発する。妻に落度があれば離婚は成立する。私立探偵を雇い、秘かに動向を ... » more
テーマ 松本清張 小説

時代をしっかりととらえた作家3人がフジTV「ボクらの時代」に登場した。何と3人合わせて860万部を売り上げる人気作家である。3人の共通点は、関西にある。湊かなえ・・広島県出身、2008年デビュー作「告白」がいりなり300万部の大ヒッ ... » more

Le passe-temps黒革の手帖〔松本清張〕
黒革の手帖〔松本清張〕 7500万円の横領金を資本に、銀座のママに転身したベテラン女子行員、原口元子。店のホステス波子のパト ロンである産婦人科病院長楢林に目をつけた元子は、元愛人の婦長を抱きこんで隠し預金を調べあげ、5000万円を出させるのに成功する。次に彼 ... » more
テーマ 松本清張 小説

映画『ゼロの焦点』に登場するナゾの消印 松本清張の『ゼロの焦点』は2009年に映画化され、数ヶ月前にはテレビでも放映されたので、ご覧になった方も多いのではないでしょうか。ごく小さな事件を発端として、昭和30年代という、新しい時代に変わりつつありながら戦争の傷跡が残っていた日本の姿 ... » more

桃源児の桃源郷日乗本音 (True hearts)
本音 (True hearts) 社会派推理小説の大家、松本清張が他の推理小説作家とは決定的に異なる点があります。それは、Matsumoto Seicho was famous as a social mystery novelist. He was differe ... » more

ゼロの焦点 [松本清張] ゼロの焦点松本清張見合いで結婚したばかりの夫が赴任先で行方不明となり、その足取りを追うことになった妻。調査を進めるうちに、謎めいていた夫の生活は明らかとなってゆくが、同時に夫を探していた仲間が次々と殺されてしまう。映 ... » more
テーマ 松本清張

eva忍び寄る琴美ちゃん!
忍び寄る琴美ちゃん! おかもと(仮)がここの所ずっと家にいるので琴美はお兄ちゃん(かっこ仮のこと)が気になってしょうがないらしく可愛いストーカーになってます「あっ、ミッカッチャッタ ... » more
テーマ 息子 小説家

ゼロの焦点 松本清張 ★★★ 読みました!松本清張!『ゼロの焦点』松本清張はいつか読みたいなと思っていたので、期待大で読み始めました。『点と線』と並び称される代表作らしいので、その一作ということで選択してみました。さすがに40年前に発行された本なので、時 ... » more

今日の「スタパ」のゲストは小説家の町田康さんだった。町田さんの名前はとっても良く目にするのですが、今まで関心がありませんでした(スミマセン^^;)。でも、パンクロック歌手、詩人、俳優でもあって、しかもバンド名が「INU」だったって、何だか親 ... » more

eva琴美ちゃん お散歩の後は
琴美ちゃん お散歩の後は 今日の札幌は最高温度ですら-4℃ぐらい寒がりのくせに若さのなせる業お散歩に連れて行けとうるさいので出かけましためちゃめちゃ寒くて顔が痛い{%最悪w ... » more
テーマ 息子 小説家

eva謹賀新年
謹賀新年 あけましておめでとうございます無事に元旦を迎えることができましたおかもと(仮)も仕事がひと段落して午後には戻りそうです今年はも ... » more
テーマ 息子 小説家

eva年末に、家出か!
年末に、家出か! 「伝説兄妹!」の作者おかもと(仮)が消えた小樽に帰るのやめたとお昼ごはんの時は言ってたのにこの母がソファーでウツラウツラしてる間に何処行った{%足跡webry ... » more

松本清張 『天保図録 下』 現代を髣髴とさせる権力群像に瞠目! 『天保図録上』で登場し、鳥居耀蔵の手下どもを散々やり込めた颯爽の旗本・飯田主水正とその仲間たちの活躍はなりをひそめる。中核は天保改革そのものに絞り込まれる。天保の改革とはなんであったか?それがなぜ失政に終わったか。水 ... » more

magnoria33歳で親を亡くした森茉莉
森茉莉の年譜を見ると、二度の離婚、父鴎外を19歳で亡くし、母志けを33歳で亡くしています。息子が二人いて、異母兄と妹弟がいましたが、40代から84歳で亡くなるまではアパートで独居生活をしながら作家として生計を立てていたわけで、そういうこと ... » more
テーマ 小説家 森茉莉

‘黒革の手帖’、マジスゲー、マジコエー。とつい、本音から入りました。今回は松本清張スペシャル‘黒革の手帖’です(笑)。ある日、仕事一筋に生きてきた女性銀行員が仕事や人生に嫌気がさしある計画を考えます。その計画が、 ... » more

松本清張 『天保図録 上』 鳥居耀蔵がたくらむ天保の改革とは、清張初期の本格歴史小説 『天保図録』は1962年(昭和37年)から1964年(昭和39年)まで「週刊朝日」に連載された作品である。『天保図録』は水野忠邦がいわゆる天保の改革を着手する前夜(1841年)に政敵となる中野石翁・水野美濃守一派を追放した『かげろう絵図 ... » more
テーマ 松本清張 歴史小説 江戸歴史

松本清張 『かげろう絵図』 清張初期の長編大衆時代小説 仔細な江戸の描写 『かげろう絵図』は昭和33年〜34年に「東京新聞」に連載された清張初期の長編時代小説である。初めて読む作品だが森村誠一『悪道』に物足りなさを感じたところで手に取った。寛政から文化・文政、天保と長期政権を執った十一代将軍徳川家 ... » more
テーマ 松本清張 江戸歴史 時代小説

創作途中の小説を送っていただき、大変興味深く読ませていただきました。私の小説とは文体も内容もテーマも大きく違っているため、小説には色々な表現方法があるものだと認識を改めたところです。耳の聞こえない天才少女月穂が肥溜めに落ちたシーンは紙面から ... » more

マリオ・バルガス・リョサ 映像化作品リスト&ビブリオグラフィー! マリオ・バルガス・リョサ(Jorge Mario Pedro Vargas Llosa)(1936-)。中南米からのノーベル文学賞受賞はちょうど20年ぶりで、ペルーからは初めてです。1945年:ガブリエラ・ミストラル(チリ) ... » more
テーマ 小説家

点と線と面 (Dots and lines, pictures) 説明の必要がない程に有名な松本清張の代表作”点と線”何度も映画化、ドラマ化されていますが、3年前にビートたけしさんが鳥飼刑事を演じたドラマが印象に残っています。I guess many Japanese know Matsumo ... » more

松本清張「事故」 松本清張人気、再燃して久しいですが何故か手を出さずにいたんです。でもたまたま家にあったので、頁をめくったらもう止まらない!ノンストップでイッキ読みしてしまいました。「事故」と「熱い空気」という二編が収められていますが、「事故」は二つ ... » more

Le passe-temps巨人の磯〔松本清張〕
巨人の磯〔松本清張〕 松本清張 生誕100年記念復刊第3弾。巨人と見紛うほどに膨張した死体に隠された驚愕のトリックとは!?大洗海岸に巨人と見紛うほどに膨張した死体が流れ着いた。警察は苦心の末に、海外旅行中の県議会議員と特定したが、その腐爛状態には驚き ... » more
テーマ 松本清張 小説

松本清張 ‘砂の器’ ‘砂の器’のストーリーは蒲田の操車所で死体が発見されるところから始まります。ちなみに、第一の事件の被害者の死体が発見された操車所は今もあります。‘砂の器’の第一の事件の舞台となった場所は自分の実家の近所だということがすぐ ... » more

これから始まるのは、落ちこぼれ中学生三人組が、江戸時代にタイムスリップし、現代の知識を持って、江戸時代の友達を助ける物語を作るものです。三人組みの名前、性格、特技等を決めた後、江戸時代での事件と解決策をみなさんに考えてもらいます。一 ... » more
テーマ 小説家

「軍師の境遇」松本清張 を読む 20代〜30代、松本清張の推理小説を夢中になって読んだ時期がありました。その後他の作家の本を読むようになり、また数回の引越しでこの人の本を処分したりで、今は数冊残っているだけです。この本も時代小説は珍しいと購 ... » more

1冊で何度もおいしい短編集『運命のボタン』 主人公ミリセントは、憎きテレーゼの爪と髪の毛を手に入れ、ヴードゥーの呪いを実践する準備を整えていました。これで、テレーゼを模した人形を作り、針をさせば、自らの手を汚すことなく、テレーゼを始末してしまうことができるに違いない……。しかし、 ... » more

 

最終更新日: 2016/11/19 13:34

楽天市場のおすすめ商品

「小説家」のブログ関連商品

» 「小説家」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る