誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    有名人

有名人

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「有名人」のブログを一覧表示!「有名人」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「有名人」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「有名人」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

スマホでマイケル・ジャクソンの『ThisIsIt.』を見ていたら、勝海舟と西郷隆盛のことが想起され、目頭が熱くなり涙があふれた。 我ながら気が狂いそうになる組み合わせだが、もちろんM・ジャクソンから勝や西郷を連想したのではない。 ... » more
テーマ 過去 芸術 有名人

『ペリー提督日本遠征記上・下』をやっとこさ読了した。電車の中などでちびちび読んでいたので時間がかかった。 ペリーは海軍一家に育った生粋の職業軍人で既に海軍高官に栄達していたが、アメリカ国家にとって必要となった、補給基地確保等のため日 ... » more
テーマ 歴史 近代 有名人

今はまっているのが画集の類。その1つで最も最近買った『北斎漫画1〜3』(青幻社、2010〜11)は、江戸時代のベストセラー、ロングセラーを画題別に再編集した文庫サイズの3巻本。 これを見ると、葛飾北斎は満90歳近くで倒れるまで探求と ... » more
テーマ 芸術 有名人

蜷川マクベスのチケットが「まだ間に合うかも」とサイトを見ると、今まさに上演中。だが価格が少なくとも1万数千円から2万円!なので、早々に断念。 ふだんほとんど演劇など見ないから相場感が分からないが、こんなものなのだろうか。 あらた ... » more
テーマ 演劇 有名人 女優

かと思ったら、ウィキペディアによれば、一時期D・ベッカムがしていたような、頭頂部の中央を前後にもっと長く、鬣(たてがみ)のようにしている髪型を言うらしい。 タイトルは、地下鉄の駅構内で、最近よくテレビ、特に報道ステーションで見る顔が ... » more

人は夕日や月や雪景色などの自然を見て感動することがある。 石川啄木みたいに、「雲は天才である」と言ったりもする。人間とは無関係に存在している自然物に、人は勝手に感動してしまう。そして啄木のように、不遜にも、大自然を人間の「制作物」で ... » more

クリムトの画集をめくり、惹かれる絵に見入っているうち、ほとんど泣きそうになる瞬間が何度かあった。芸術作品による感動。絵を見ていて泣きそうになった経験は、ほとんど記憶にない。 その後、グスタフ・クリムト(1862〜1918)その人や作 ... » more
テーマ 絵画 芸術 有名人

昨日、『クリムト作品集』(東京美術)を買った。 画集などほとんど買わなかったが、今回のきっかけは先日、「エリック・サティとその時代展」を見に行き、ショップでクリムトの絵葉書5枚(「接吻」「ダナエ」「ユーディット」など)を買ったこと。 ... » more
テーマ 絵画 芸術 有名人

先日、嵐の櫻井翔の父親が官僚のトップである総務省事務次官に就任したというニュースが報じられた。しかし実は意外にも、親がスゴイ有名人は、まだまだ芸能界にたくさんいるのをご存じだろうか?そこで今回は、まさに少女漫画『花より男子』を地 ... » more
テーマ スゴイ 有名人

たまたま幾つか見たNHK「ドキュメント72時間」。 「六本木のケバブ屋」「浜松の中古車ディーラー通り」「新宿のカプセルホテル」「神戸の駄菓子屋」など。ある場所に72時間の間に出入りする人たちそれぞれの、悲喜こもごものドラマの一端を知 ... » more

安丸良夫『現代日本思想論歴史意識とイデオロギー』(岩波現代文庫、2012。元は2004年に岩波から)全6章のうち、興味を惹かれた3つの章を読んでみた。 そのうち、丸山をそれほど読んでいない僕が思っただけでなく、丸山の著作と思想に詳し ... » more
テーマ 有名人 思想

日本人力士の優勝も、日本人横綱も見なくなって長い年月が経つ。相撲界の中に白鵬をはじめとするモンゴル人力士を脅かす存在がいないのは証明済み。 そこで相撲界の外の人材に目を向けると、思い浮かんだのが日ハムの投打両刀遣いで活躍する大谷翔平 ... » more

昨日たまたま見た地中海に浮かぶマルタ島やマルタ騎士団を紹介する番組。 へエーと思いながら見たが、ナレーションが単調で下手糞なため、時としてぶっきら棒にさえ聞こえる。わざとのはずはないのに、故意にぶっきら棒にしていると疑いたくなるほど ... » more

朝のバラエティ系討論番組で、松本人志が言っていた。日本の少子化は「SMAPが悪い」と。 極論だが、一理ある、と言えるかもしれない。 平均年齢が40歳強でいまだに国民的人気グループ5人組のうち、既婚で子供もいるのはキムタク1人 ... » more
テーマ 日本 政治 有名人

嵐・桜井翔を兄に持つ慶応義塾大学・ラグビー部3年の桜井修さんが、にわかに注目を浴びている。櫻井の家族がエリートなのは有名な話で、父の俊さんが総務審議官なのを筆頭に、母の陽子さんは駒沢大学文学部の教授。妹の舞さんは日本テレビの元キャスターで、 ... » more

今さらこんなことを言うのもタイムリーでなさ過ぎるが、アギーレ前サッカー日本代表監督はずっと「悪人顔」だと思っていた。 前任のザッケローニが少なくとも悪人顔ではなかっただけに。 これは八百長疑惑が問題になる以前の、人相に対する ... » more

NHK『ためしてガッテン』を見ていて、司会の立川志の輔の師匠で数年前に死んだ、立川談志の気になっていた言葉を思い出した。 「志の輔は『ためしてガッテン』をやっているうちはダメだ」 何となく、談志の言っていることがわかった気が ... » more
テーマ 芸風 有名人 落語

シンガポールの初代首相リー・クアンユー(1923年生まれ)が23日に死去し、29日の国葬には世界中の要人が弔問に訪れる。 隣国マレーシアのマハティール元首相(1925年生まれ)は、リー元首相を2008年に死んだインドネシアのスハルト ... » more
テーマ 世界 有名人 世代

○少年少女のためのスッタニパータ<817>・・・アイドルやヒーローも性スキャンダルあれば人気が落ちる。恋愛は御法度だそうだ。第3八つの詩句の章7.ティッサ・メッティヤ経4.○毎田周一先生訳817. ... » more
テーマ ティッサ・メッティヤ経 有名人 スキャンダル  コメント(4)

ということに、今さら気づいた。電車の中で『美の呪力』(新潮文庫)を読み始めてから。 昔はテレビに出てくる、独特なキャラの変なおじさんであり、また、高度経済成長のピークを象徴する国家的イベント、1970年の大阪万博で「太陽の塔」制作な ... » more
テーマ 世界 芸術 有名人

最近読んだ本: 1下斗米伸夫『アジア冷戦史』(中公新書、2004) 2『食の政治学』(産経新聞出版、2005) 3『探訪日本の美味名産』(学習研究社、2003) 4『世界地図から食の歴史を読む』(河出書房新社、200 ... » more

著者は、今もテレビのコメントで独自の存在感を発揮する野村克也(角川、2014)。 内容は日本プロ野球史上の歴代強打者たち。野村自身が王貞治に次ぐと言ってよい、数々の記録を残す強打者であり、長年監督も務めて実績を残した(生涯勝率はほぼ ... » more

○バレンタインチョコをあげたい有名人TOP10"バレンタインチョコをあげたい有名人"について調査した結果、堂々の1位に輝いたのは、人気爆発中の「福士蒼汰さん(254票)」だった。真面目でピュアな姿が女性のハートをつかんだようで、「か ... » more

マクロな状況(イスラム国による後藤健二さん殺害)にもかかわらず、時局とは無関係な返却前の本について書いておく。 松本健一『評伝斎藤隆夫孤高のパトリオット』(岩波現代文庫、2007。元は2002年の東洋経済)は、日本近代の政治史、政治 ... » more
テーマ 歴史 日本 有名人

昨夜、TV東京の実録バラエティ番組で見た。 番組で取り上げられた数奇な運命を生きた近現代史上の女性3人のうち、「アナタハンの女王」とは、太平洋戦争末期から昭和25年まで絶海の孤島に、31人の男たちの中で唯一人の女として生き抜いた、後 ... » more
テーマ 人生 有名人

松本健一以外の本で日本近現代史に関する返却前の本: 桧山幸夫編著『近代日本の形成と日清戦争―戦争の社会史』(雄山閣、2001)と 高田明和「『坂の上の雲』の群像と二・二六事件、日米開戦をつなぐ歴史の謎」(主婦の友、2010) ... » more
テーマ 歴史 日本 有名人

klaxons(クラクソンズ)と大阪で飲み あけましておめでとうございます。2015年初のアーティストはクラクソンズでした。 大阪に来てたので一緒に飲んだ♪みんなめちゃくちゃいい人ばっかりで楽しい時間を過ごせた。いつものようにTバックにサインをと気が ... » more

昨夜、本屋の棚で、ある本の背表紙を見て、目を奪われた。二つの名前がスラッシュを挟んで続いていたのだ。 吉本隆明と同級生が対談し、本になっていたのだ。 僕自身、二十歳前後に傾倒した、「戦後最大の思想家」という人もいる、あの吉本 ... » more

平野敬和『丸山眞男と橋川文三「戦後思想」への問い』(教育評論社、2014)を読んだ。 書名には二人の名が併記されているが、この本のページ数の大部分は丸山論が占めている。 その中で、僕にとって最も刺激的だったのが、丸山自身の広島で ... » more
テーマ 有名人 思想

宮嶋繁明『日本浪漫派の精神』(弦書房、2014年)を読んだ。 この本、思想史家・橋川文三が三十代半ばでデビュー作を書き上げるまでの半生の、初の本格的な伝記を読んで、なぜか「橋川さん」と呼びたくなった。有名人や歴史上の人物を呼び捨てに ... » more
テーマ 有名人 思想

 

最終更新日: 2016/11/19 12:53

「有名人」のブログ関連商品

» 「有名人」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る