誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    有名人

有名人

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「有名人」のブログを一覧表示!「有名人」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「有名人」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「有名人」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

2016年、年末のディナーショーを開催するお馴染みの顔ぶれ肌寒さを感じるようになり、あっという間にクリスマスディナーショーの季節が到来。今年のチケット料金の最高額はどの芸能人? ランキングを見る前に今年、ディナーショーに復活するというニュー ... » more
テーマ ディナーショー チケット料金 有名人

返却前の本より。期限をとうに過ぎ、ろくに読んでないまま返却する前にぱらっとめくると――。『ブラディ・ダーウィンもうひとつのパール・ハーバー』はオーストラリア人による本の翻訳。ここでのダーウィンは同国北部の港湾都市で、表題は邦題が示す ... » more
テーマ 有名人 戦争

金曜の夜、佐藤秀明『日本の作家100人三島由紀夫人と文学』(勉誠出版、2006)を買った。以前に同じ三島由紀夫論コーナーで見かけた同じ著者による分厚い三島研究書を買うつもりだったが、それが見当たらず、この一般向け作家評伝シリーズの1冊を買っ ... » more

「親の七光り」ではないけれど、親が芸能人や有名人であることがキッカケで芸能界入りをするタレントは多い。ここでは、大っぴらには公表していないものの、実は親が有名人である意外な人物を紹介したい。まずは昨年9月に福山雅治(47)と電撃 ... » more
テーマ 二世タレント 有名人

2016年04月11日06:001カ月前の寺島実郎氏の講演会資料120ページに目を通した。後半は岩波「世界」への連載の一部転載。寺島氏を採用、育成、活用、提供する三井(物産)グループの懐の深さを感じる。(04月09日) コメント ... » more
テーマ 世界 日本 有名人

先日、寺島氏の講演を聞きに行った。TBSの『サンデーモーニング』やテレ朝の『報道ステーション』での限られた時間と制約での断片的なコメントを拝聴するが、今回は2時間以上ぶっ続けでのレクチャーを聞いた。講演後の懇親会では、何代か前の日銀総裁を見 ... » more
テーマ 歴史 世界 有名人

2月23日付の朝日新聞に柄谷行人の「津島祐子さんを悼む」という文が載っていた。津島祐子については太宰治の娘であることを含め昔から知っていたが、作品はほとんど読んだことがなく、今月18日に肺がんで亡くなったことも知らなかった。68歳だった。 ... » more
テーマ 文学 新聞 有名人

同じ紙面からばかり引用するのも能がないのでためらっていたが、やはり気になるので記録しておくことにする。ここ数日の紙面全体を通じて、注意を引かれた記事が同じページに集中していたのだ。b3下段「ことばの食感『日本語のはにかみ』」という、 ... » more

元プロ野球選手・清原和博の逮捕をめぐって、藤原新也がブログで、清原のかつての盟友・桑田の清原逮捕を受けてのコメントと共に鋭い指摘をしていた。二人は極めて対照的だった。 桑田が新聞やテレビで発表したのは、「野球はピンチになれば、代打や ... » more
テーマ 肉体 有名人 言葉

写真家兼物書き・藤原新也のサイトを見てみると、意外にも甘利大臣辞任騒ぎについて書いていた。さらに内容は以下のように、自民党実力者か保守系政治評論家に近いような見方なので、反権力の一匹狼というイメージ(恐らく実際もそうだろう)にしては意外の観 ... » more
テーマ 日本 政治 有名人

――その顔を見て、めったに出てこないこの言葉が自然に浮かんだ。 だが、その相手は女ではない。 35歳にもなる男なのだ。 (男でもそう思うことがあるのは、普通は20代前半までだ) テレビを見てそう思ったのは、去年の暮れ ... » more
テーマ 有名人 アジア

奇人偶人すまっぷのお詫び放送を見て
がっかりしたというか、情けないというか、そんなもんかというか、何のためにというか、ばかばかしいというか、つまらないというか、恥ずかしというか、呆れたというか、くだらないというか・・・。すまっぷのみならず、日本の芸能界やらテレビ局やら、あまり ... » more

鶴見俊輔の関川夏央との対談本に出てきて気になった箇所。 <鶴見イチローはコンビニが好きでしょう。 関川宮古島へキャンプに行ったとき、「コンビニがあったらなあ」といったそうですね。 鶴見イチローが取材に答えて「コンビニがあれば ... » more
テーマ 人間 有名人 文明

読みかけた鶴見俊輔と関川夏央の対談本に出てきて、「へー」と思ったこと二つ。昔は卒業式になると定番で歌った「仰げば尊し」の中の「今こそ分かれめいざさらば」を関川は「分かれ目」と思っていたと言うが、僕も含め戦後生まれなら皆そうだろう。「 ... » more
テーマ 日本 有名人

の本が二冊見つかった。ともに講談社学術文庫(『中世再考』『中世の非人と遊女』)。 10年、20年前に買ったのは処分していたから、ここ1、2年位のうちに買ったものと思われる。 あらためて拾い読みしたが、渡辺京二が著書で批判して ... » more
テーマ 歴史 有名人

図書館から借りている本の1つが『沢木耕太郎ノンフィクションVII 1960』。 後半に収載された「テロルの決算」は既読だが、前半の「危機の宰相」については知らなかった。池田勇人は、60年安保反対運動が高揚し岸信介が退陣した後の196 ... » more
テーマ 歴史 日本 有名人

23日の午後、たまたま途中から見たのが、「フジテレビの女子アナとして初めて定年まで勤め上げた益田由美をたたえる」番組だった。 何より、まずもってあの益田由美が満60歳を過ぎていた!ことに驚いた。僕は特に彼女のファンだったわけではない ... » more
テーマ 有名人 テレビ

読みかけの渡辺京二『幻影の明治』の中に司馬遼太郎批判の文がある(2010年4月号『情況』「坂の上の雲」特集収載)。 引いてみると、 <「明治初年の日本ほど小さな国はなかったであろう。産業といえば農業しかなく、人材といえば三百年の ... » more
テーマ 歴史 日本 有名人

野坂昭如:先日訃報が流れたが、1930(昭和5)年生まれの85歳だった。渡辺京二:今、気になっていて、氏の著作のうち本屋の棚にあった何冊かを買って読んでいる(うち『民衆という幻像』と『近代の呪い』は読了)。熊本在住。小田島雄 ... » more
テーマ 人生 有名人 世代

返却前の本の一部:全て飛ばし読みだが…。1田中浩編『思想学の現在と未来現代世界――その思想と歴史@』(未来社、2009)2仲代達也『遺し書き』(主婦と生活社、2001)3大滝秀治『長生きは三百文の得』(集英社、2013) ... » more
テーマ 人生 有名人 思想

というようなことを、産経新聞部長の記事を見て思った。 この部長は僕より11歳年下。 僕自身は野坂昭如氏の作品でまともに読んだのは、小説家デビュー作「エロ事師たち」が文庫になって読んだ高校生の時くらいかもしれない。(この「如」とい ... » more
テーマ 人生 日本 有名人

訃報が流れて数日が経つ。 恐らく小学生の頃、亡き母に連れられて映画館で見た幾つかの映画に引退の数年前の原節子が出ていた気がするが、記憶は鮮明でない。 僕が実際に原節子が出ている映画を見たといえるのは、女優引退後、過去の名作と ... » more
テーマ 有名人

最近、電車内などでちびちび読んだのが山本七平の陸軍体験をめぐる2つの本、『一下級士官の見た帝国陸軍』と『私の中の日本軍』上・下(共に文春文庫。原著は前者が1976年、後者が1975年の刊)の計3冊だが、詳しく引用したりコメントしたりする気に ... » more
テーマ 歴史 日本 有名人

北の湖は同年のニッパチ(昭和28年)生まれで最初の有名人だった。その後も同年生まれから彼を超えるヒーロー(アンチヒーロー?)は出なかっただけに、その急死にはひときわ大きなインパクトがあったが、『ピンピン、コロリ。』という本で次のような箇所に ... » more
テーマ 有名人 年齢

先日、横浜(神奈川近代文学館)でやっている「生誕140年柳田國男展」に行った。そこでスタジオジブリの鈴木プロデューサーを見かけた(話しかけなかったが)。宮崎駿は見かけなかったが、すでに来たか、これからか。 宮崎駿が民俗学や人類学に多 ... » more
テーマ 日本 有名人 思想

『靖国戦後秘史A級戦犯を合祀した男』の巻末にナベツネこと、読売新聞グループ本社会長・主筆、渡辺恒雄の『文藝春秋』2014年9月号への寄稿文の主要部分が掲載されている。読売新聞も『文藝春秋』もほとんど読まないので、僕にはナベツネの靖国や東条英 ... » more
テーマ 歴史 有名人 思想

・斎藤(隆夫)のリアリズムでは、たとえば天皇制は大きな力をもって現実にあるものだから、日本の立憲政治の中ではそれを使っていくしかない、と考える。近代の国民国家は植民地を手に入れるという戦略をとって帝国主義戦争をおこなってきたのだから、われわ ... » more
テーマ 日本 有名人 思想

・日露戦争の後、「日本国民は天皇のために戦ったのだ」という考え方が広がることで、キリスト教徒に対する批判が強まっていた。(中略)そのような流れのなかで、加藤弘之は、その著書『吾国体と基督教』(1907年)の中で、こう指摘した――キリスト教徒 ... » more
テーマ 日本 有名人 思想

先日、松本健一『日本のナショナリズム』(ちくま新書、2010)を読んだ。 松本氏の著作については、1970年代の北一輝ブームの中でデビュー作(『若き北一輝…』(1971))を買って持っていたが、読了しないままに終わった気がする。その ... » more
テーマ 日本 有名人 思想

知れば知るほど奥が深い「釣り」というスポーツ。芸能界には釣り好きで有名な男性芸能人がたくさんいると言われていますが、もしあなたが釣りに行くなら一緒に行きたいのは?2位以下に1万票以上の差をつけて1位に輝いたのは嵐の《大野 ... » more
テーマ 大野智 有名人 釣り好き

 

最終更新日: 2016/11/19 12:53

「有名人」のブログ関連商品

» 「有名人」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る