誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    三崎亜記

三崎亜記

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「三崎亜記」のブログを一覧表示!「三崎亜記」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「三崎亜記」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「三崎亜記」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

『ターミナルタウン』三崎亜記著(文藝春秋 1785円) 『ターミナルタウン』三崎亜記著(文藝春秋1785円)まったく新しい「町興し」小説、ここに誕生。ターミナルタウンとして鉄道とともに発展してきた町、静原町。しかしあるとき、乗り換え路線の廃止により、ほとんどす ... » more

明日から 隣町との 戦争です となり町戦争三崎亜記(集英社)「廃墟建築士」は短編集でしたが、こっちは長編。相変わらず、不思議な設定がてんこ盛りですとなり町との戦争が始まることになり、市から辞令{%ノートwebry% ... » more
テーマ 三崎亜記 戦争

ONEPIECE やってるけどあれ? 今日、日曜?? 廃墟建築士三崎亜記(集英社)思いっきり、ジャケ借り本装丁のこのスタイリッシュなデザインと「廃墟建築士」という、聞きなれない言葉にとっても興味を惹かれたのです。そんな直感{%注意 ... » more
テーマ 新月 三崎亜記

『失われた町』by 三崎亜記 「町」とは何だろうか?前作「となり町戦争」では隣り合う町同士が、ある日突然「戦争」をはじめ、ただ静かに不気味に戦争が続いていくという不思議な物語だったが、町そのものの存在はあまり描かれていなかった。それに比べて今回の町はまるで意識を持っ ... » more

海に沈んだ町 三崎亜記 写真・白石ちえこ 朝日新聞出版 三崎さんのモチーフである、失われた町のシリーズに連なる短編集。夢の中の遊園地。海を漂流する団地。海に沈んだ町。眠りから覚めない町・・。少しずつ現実とずれるパラレルワールドが積み重なって、独特の磁場を作っている。妙に郷愁を誘う写真がいい味を出 ... » more

コロヨシ!! 三崎亜記 角川書店 凝りに凝った長編。いつもながらの、この世界とは少しずれた感じの仮想空間が舞台なんですが、三崎さんの描き出す異次元は何だか、いつも懐かしい。これまでの三崎さんの作品を読みこんできた読者には軽くデジャブも誘う、彼ならではの世 ... » more

廃墟建築士 三崎亜記 『廃墟建築士』、タイトルの響き、寂寞とした美しいイメージにまずは惹かれますが・・・・実は、廃墟後進国である日本という、ロマンのかけらもない設定に、やはり、ただのファンタジーで終わらない三崎マジックの本流が手ぐすね引いて待っています。 ... » more

『廃墟建築士』 三崎亜記 タイトルからして不思議なものを発している。廃墟を建築する人、その字面から想像するにゴミを進んで作り出す人、意味の無いもの必要とされないものをわざわざ作り出すという仕事を生業とする人が最初、浮かび上がった。本書に収められた4編はど ... » more

刻まれない明日 三崎亜記 祥伝社 8月も終わります・・って。これを書いているうちに、9月になってしまうかもしれない(笑)ENDLICHERI☆ENDLICHERIのライブ後、お決まりのように体調を崩してました(笑)あまりにその時が楽しすぎて、受け止めるものが ... » more

ひげらっきょさんの平日【となりまち戦争】三崎亜記 今日は花粉がすごいらしい。会社では調子の悪い人が多かった。しかし花粉症シーズンも終わりゴールデンウイークが近づいてきた。連休は旅行にいく予定だが、旅行中に読む本はなぜか面白く感じる。となりまち戦争は旅行中に読んだ本だが、30を超えたおっ ... » more
テーマ 紹介 三崎亜記

バスジャック  三崎亜記 三崎亜記さんの本は『となり町戦争』を読んで以来なので、ものすごく久しぶりでした。まず、一言、とてもおもしろかった花火が上がるぐらいの衝撃度です・・・(^_^)v以前このブログに書いてるんですが、雑誌「料理通 ... » more

廃墟建築士 三崎亜記 集英社 廃墟は好きです。積極的に廃墟めぐりをしたりはしませんが、今にも崩れそうな家や建物はとても気になります。廃墟も色々ありますが、私は、そこにかって住んでいた人や店の気配を包み込んだまま、建築物がたそがれていくのが好きですね。 ... » more

風のない場所となり町戦争/三崎亜記
となり町戦争/三崎亜記 ある日届いた「となり町」との戦争の知らせ。だが変わらぬ日常に、僕は戦時下の実感が持てないまま。それでも“見えない”戦争は着実に進んでいた。第17回小説すばる新人賞受賞作。□となり町との戦争が始まります。そんな ... » more
テーマ 読書 三崎亜記

となり町戦争 読み終えた感想は、「んーーー………???」。今までに体験したことのないような読後感だった。服のボタンを掛け違えたような何かおかしな感じ。『となり町戦争』三崎亜記(集英社文庫)舞坂町に住む「僕」は、ある日、町の広報誌〔 ... » more
テーマ 三崎亜記

風のない場所バスジャック/三崎亜記
バスジャックブームの昨今、人々はこの新種の娯楽を求めて高速バスに殺到するが…。□感想□『二階扉をつけてください』『しあわせな光』『二人の記憶』『バスジャック』『雨降る夜に』『動物園』『送りの夏』収録。短編集。表題 ... » more
テーマ 読書 三崎亜記

鼓笛隊の襲来 三崎亜記 光文社 三崎さんの短編集。なかなか切れ味よくて、どれも三崎さんならではの味わいの短編ばかり。日常の中に、ふっと一つ、架空の設定を混ぜてある。台風の変わりに、鼓笛隊がやってきたり。公園の滑り台に、本物の象がやってきたり。美しい ... » more

ふと立ち寄った書店では、この本が、ワゴンいっぱいに山積みされていた。となり町戦争最初、あまり興味も無かったのだが、そのワゴンに近寄り、本を手にとってみた。ちょっと面白そうだったので、購入してみた。読み始めると、そ ... » more

失われた町 三崎亜記 集英社 三崎さんの本を読むのは、これで三冊目かな。この「失われた町」、がっつり長編なんですが、彼の力量が伺える力作やな、と思います。設定がね、面白いですね。「バスジャック」も設定がピカ一でしたが、この一つの町が丸ごと失われるという発想が ... » more

三崎亜記著、「となり町戦争」を読みました。あらすじ≪ある日届いた「となり町」との戦争の知らせ。だが変わらぬ日常に、僕は戦時下の実感が持てないまま。それでも“見えない”戦争は着実に進んでいた。第17回小説すばる新人賞受賞作。≫ ... » more
テーマ 読書 三崎亜記

バスジャック 三崎亜記 集英社 前作「となり町戦争」で直木賞の候補にもなった三崎さんの短編集。このタイトルだけで「面白そう」な匂いがぷんぷんしてたんですが、内容も文句なく面白かった!どれも「う〜ん」とうなるような設定で、しかも多彩です。日常にぽん、 ... » more

 

最終更新日: 2016/11/19 12:40

楽天市場のおすすめ商品

「三崎亜記」のブログ関連商品

» 「三崎亜記」のブログレビュー をもっと探す

「三崎亜記」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る