誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    UFO

UFO

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「UFO」のブログを一覧表示!「UFO」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「UFO」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「UFO」の記事を新着順に表示しています。(5ページ目)

<自然を所有することはできない>・ホピ居留区から南に数時間車で走った所にセドナという赤い岩で囲まれた癒しの地がある。アメリカ人が住みたい町として常に上位にあがる、美しい町。観光案内で配られている町の地図を見ると、ボルテックス・スポッ ... » more
テーマ UFO

<「地球の上空に浮かぶ町に2週間滞在しました」>・「最初に連れていかれたときのことを教えてください」「それが、あまりよく覚えておらんのじゃ。まばゆい光に包まれて、空へ連れていかれたのは覚えておる。そのときはわし1人じゃった。ほん ... » more
テーマ UFO

永久機関の原理がすでに見つかっていた『フリーエネルギー、UFO、第3起電力で世界は大激変する』井出治ヒカルランド2011/10/24<船井幸男[序文・解説・推薦]>・井出さんの研究は本当にたいしたものです。原 ... » more
テーマ UFO

・「死後のトンネルはアルクトゥルスの次元の扉の通過」なのでしょうか。臨死体験は、古今東西共通した事項が記録されています。死後、光のトネンルに向かって飛行すると言うのも共通しています。このトンネルこそ、5次元のアルクトゥルス星の次元の扉と ... » more
テーマ UFO

・「太陽系の運行を管理する代表者のことをオリンポスの一族と言って、その代表がサンヘドリンだ」そうですが、昔から「ゴールデン・ドーン」(黄金の夜明け団)や英国情報部とコンタクトがあったのでしょうか。・異星人情報や神人・異人の情報は ... » more
テーマ UFO

『{宇宙人と地球人}の超真相!』(深野一幸)(徳間書店)1997/10 <地球人と関係の深い宇宙人の情報> <1、 琴座(リラ)星人> ・琴座は、地球が存在する銀河系宇宙における人間型生命体の発祥地とい ... » more
テーマ UFO

『プリズム・オブ・リラ』(リサ・ロイヤル/ キース・プリースト共著)(星雲社)2004/4(銀河系宇宙種族の起源を求めて)<銀河系宇宙種族に関するチャネリングも色々ある。死後、人の意識は、アルクトゥルスの領域 ... » more
テーマ UFO

『地底王国』 (超科学が明かす黄金極秘大警告)藤本憲幸(徳間書店)1992/4<グレイの母船には種々の宇宙人が乗っている> 1、 ラージノーズグレー=アメリカの空軍高官と仲がよく、このため秘密保持が守られている。 ... » more
テーマ UFO

『赤の書』C・Gユング創元社2014/8/21 <赤い男>・私は自分がある城の一番高い塔の上に立っているのに気づく。それは空気からわかる――私は時間的にはるか昔に戻っている。畑と森とが交互に現れる寂しげな起伏 ... » more
テーマ UFO

『地球一切を救うヴィジョン』超予測2012白峰徳間書店2008/12 <実際にメーソンを動かしているのはもっと古い系統のイルミナティです>・イルミナティは歴史の中では日本の天皇家ともつながりがある。・ ... » more
テーマ UFO

『心の復活』 人類の再生と救済への道 大山純一文芸社2001/5 <ゼウスとアポロ>・ギリシアでは、今から約3500年前に、光の大指導霊である、ゼウスが降臨いたしました。ゼウスは、アモンやクレオ・パリ ... » more
テーマ UFO

『新しい宇宙時代の幕開け』A地球はすでに友好的宇宙人が居住する惑星だった!ジョン・B・リースヒカルランド2012/12/28シャンバラ・惑星連邦・地球内部の知られざる新事実<息子のヒトラー2世が地球内部の ... » more
テーマ UFO

・ヒトラー自身は、霊媒で宇宙人に「人格転換」されていたという説もあるようです。金髪碧眼アーリア人の「超人」、金髪碧眼のゲルマンの神々は、アルデバランの異星人だったようです。金髪碧眼のマスター・レイス(支配人種)が火星より地球へとやって来 ... » more
テーマ UFO

・ヨーロッパは、昔から宇宙人の伝承が多く、金髪碧眼のウンモ星人も一般人に溶け込んで普通の生活をしているそうです。・ティルムン王朝(シュメール)が日本の超古代文明と関係あることは、私たち一般人には、訳の分からない奇説だそうです。 ... » more
テーマ UFO

・またAmazonに『シャスタ山』と入力すると64件が分かります。そして「洋書」にMount Shastaと入力すると741件が検索できます。米国でもパワースポットとして注目されており、今ではシャスタ山近辺に住む日本人も少なくないようで ... » more
テーマ UFO

________________________________________■■■私が思うこと、聞いたこと、考えること■■■・「他惑星から来たサーペント・ピープル(蛇人)に追われて、地下に逃げ込んだのが始まり」といわれて ... » more
テーマ UFO

『天皇のスパイ』高橋五郎学習研究社2009/8<天皇のスパイ>・“天皇のスパイ”と呼ばれる男がいた。第二次大戦中、二重三重スパイとして、世界を股にかけた男、アンヘル・アルカッサル・デ・ベラスコだ。<今 ... » more
テーマ UFO

『宇宙人との対話』地球で生きる宇宙人の告白 大川隆法幸福の科学出版2010/6/14 <レプタリアン(マゼラン星雲ゼータ星人)との対話>・レプタリアンは、爬虫類のような姿をした宇宙人。レプタリアンにも複数種類 ... » more
テーマ UFO

『神々の予言』(ジョージ・H・ウイリアムソン)(ゴマブックス)1998/9/1<はるか彼方の銀河系からやってきた『黒い軍隊』の影響>・「地球は、これまで、はるか彼方の銀河系からやってきた『黒い軍隊』の影響を受 ... » more
テーマ UFO

『もののけの正体』怪談はこうして生まれた原田実新潮社2010/8 <「辺境」としての蝦夷地>・『源平盛衰記』などを通じて義経の生涯に同情した人々は、彼が奥州で死なず、密かに逃げ延びたという伝説を語りはじめた。京の ... » more
テーマ UFO

『シンクロニシティ・サーフィン』(藤九朗)(たま出版)1996/2偶然は人生に打ち寄せる宇宙からの波<シンクロニシティは時空を超えてやってくる。>・不思議な偶然のことをシンクロニシティといいます。これは、心理 ... » more
テーマ UFO

『北極の神秘主義』(ジョスリン・ゴドウィン)(工作舎)1995/9(局地の神秘・科学・象徴性、ナチズムをめぐって)<アーリア主義と神智学>・ブラヴァツキーの「ベールを剥がれたイシス」には、かってヒマラヤ山 ... » more
テーマ UFO

・異星人は、コンタクティの過去を知っていることが多く、あの世でコンタクティを選んで、この世でコンタクトするようなのです。もちろん、他の事例として、グレイなどの小柄な宇宙人と偶然に遭遇することも多かったようです。「平家がプレアデス星人の末 ... » more
テーマ UFO

『分裂する未来』ダークサイドとの抗争坂本政道ハート出版2009/3/14 <バシャールとの交信>・バシャールとの交信により、次の知見を得た。 1、地球外生命体(俗にいう宇宙人)には、ポジティブな存在 ... » more
テーマ UFO

『あなたからあふれ出すアセンションの超パワー』シリウスの超叡智1パトリシア・コーリ徳間書店2011/5 <UFOはマカバ作動原理を活用している>・伝説のTVシリーズ、『スタートレック』のホログラフィー・ク ... » more
テーマ UFO

『プレアデス新聖なる流れに還る』 (アモラ・クァン・イン)(ナチュラル・スピリット) 2007/7<クリスタルの光の都市> ・現在地球の地表レベルにしっかりと固定されているクリスタルの光の都市はただ、二つだけ ... » more
テーマ UFO

『カルト・陰謀・秘密結社大辞典』アーサー・ゴールドワグ河出書房新社2010/10/9<コレシャニティなどの地球空洞化説>・サイラス・ティード(1839−1908)が設立した宗教・政治・疑似科学カルト。 ... » more
テーマ UFO

おが(男鹿)くずを照らす→転じてアマ(海女)テラスくず→葛(かずら)→カツラ→ヅランプ(トランプ)発火→客家(異星人)あるいはハッカー(ウィキリークス、アノニマス)なのかもね? ... » more
テーマ ヒラリー大統領 予言 UFO

このネタは少年ジャンプw連載用に取っておきたかったのだが、もう時間が無い。しょうがあるめえ。無料公開じゃ!持ってけドロボ〜!!青森県三沢市の米軍(自衛隊共用)三沢基地から日本海に抜ける(ロシア機インターセプトスクランブル)最短コース ... » more
テーマ ヒラリー大統領 予言 UFO

・「ヴリル・ソサイエティーのチャネラーたちによると、シュメール語はアルデバラン星人の言語であり、その音は、「不可解なドイツ語」のようであり、そして、ドイツ語とシュメールーアルデバラン語は波長が同じであるとも彼らは、信じていた」そうです。 ... » more
テーマ UFO

 

最終更新日: 2017/10/12 13:12

「UFO」のブログ関連商品

» 「UFO」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る