誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    量子力学

量子力学

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「量子力学」のブログを一覧表示!「量子力学」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「量子力学」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「量子力学」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

本書は量子力学の哲学的問題を解説した素晴らしい本である。こういう新書が一冊出るのを待っていたのだ。一時期話題になった『理性の限界』では波束の収縮や二重スリット実験、EPR実験などの基本的なものしか取り扱わず面白みに欠けて ... » more

前回に引き続き、「第一章エネルギー量子の発見§2比熱の理論」を読んでいきます。今回は、エネルギー等分配則を用いて、結晶体の比熱を求めてみましょう。前回までは1原子理想気体、2原子理想気体の比熱を求めてきました。( ... » more

朝永振一郎博士の『量子力学T』を読もう4 今回も引き続き「第一章エネルギー量子の発見§2比熱の理論」を読んでいきましょう。前回は、エネルギー等分配則を用いて1モルの1原子理想気体の比熱を求めてみました。今日は、2原子理想気体の比熱を求めていくことにします。 ... » more

朝永振一郎博士の『量子力学T』を読もう3 それでは、今日は昨日の続き、「第一章エネルギー量子の発見§2比熱の理論」の続きを読んでいきましょう。昨日はエネルギー等分配則を導くところまで読んだので、今日はそれを使って具体的な物体の比熱を求めていくことにしまし ... » more

朝永振一郎博士の『量子力学T』を読もう2 今日は「第一章エネルギー量子の発見§2比熱の理論」を読んでいくことにしましょう。博士はこの節の冒頭で次のように述べています。Boltzmannによって完成された統計力学の大きな成果は、物体の熱とか温度とかいうものを、その ... » more

朝永振一郎博士の『量子力学T』を読もう1 我が国の代表的な量子力学の教科書としてまず最初に挙げられるのが朝永振一郎博士の『量子力学T』であると思います。他にも、ディラックやJ.J.サクライあるいは小出昭一郎博士のの本もよく読まれますが、朝永振一郎博士の『量子力学 ... » more

電子物性概論-量子論の基礎(電子・情報工学講座7) 物理学を学んでいるとついつい工学系の人たちが書いた本を忘却したり、分野が違うからと言って避けたりしがちだが、中には物理を専門としている人が書いた教科書よりも分かりやすいものもある。本書はその典型で、隠れた良書であると私は ... » more

見て楽しむ量子物理学の世界 もう10月だが、もっともっと本を読んでいきたいと思う。10月最初に紹介する本(↓)は一年ちょっと前に買った本だが量子力学の基礎的な事を頭の中で整理したいときに必ず読む本だ。見て楽しむ量子物理学の世界 ... » more
テーマ 量子力学

犬でもわかる現代物理学 小難しい量子力学の教科書を読むより、本書を読んだ方がよっぽどためになるのではないだろうか。犬でもわかる現代物理早川書房 チャドオーゼル Amazonアソシエイト by 量子力学の教科書を読むことは現代物理 ... » more

量子力学は、物理学でありながら「観測」という意識の領域が論理の中に組み込まれている。一部の物理学者は、この観測問題を純粋に物理的な過程として解釈が可能であると信じて研究を進めようとしている。しかし、その研究方針ではおそらく観測問題の解決は不 ... » more

すべての時間の流れをつなぎとめ、共通認識を得るために創られた物理的時間の本質は、この物理的宇宙の物質に込められている。量子力学によれは、時間の最小単位がプランク時間として規定されており、時間を無限に短くすることはできない。プランク時間よ ... » more

「物質のすべては光」というタイトルに惹かれてノーベル物理学賞を受賞したウィルチック氏の一般解説書を読ませていただいた。解説書と言っても、専門家ではない者にとっては、ちんぷんかんぷんな部分が多く、かなりの努力を要して最後まで読み通した。 ... » more
テーマ 量子力学 宇宙

量子力学を本当に理解するためには、アリストテレスの思想が必要となる。アリストテレスの現実態と可能態という考え方は、一見あたりまえのことを言っているに過ぎないが、深い真理を表現している思想である。ルドルフ=シュタイナーは、アリスト ... » more

脳は高次元の意識波動を、物質粒子に変換し、物質粒子を意識波動に変換する器官である。量子力学によって、脳の機能の一部分を説明することはできるが、まだその機能の全貌を明らかにすることはできない。哲学的な新しい認識が、脳の機能の秘密を明ら ... » more
テーマ 量子力学 哲学

7ヶ国語で遊ぼう光は粒?
光は粒? 鉄で出来た箱の中を真空にして1部分に穴を開け、箱を熱していくと、鉄は光を出し始めます。穴からその光が出てくるので、これをプリズムによって分光し、そのスペクトルの分布を調べた結果・・・それまで、波として扱われてきた光と異な ... » more

量子力学 (おおまか) 今から100年くらい前、光や原子(電子)について研究を進めていたら、それまでのニュートン力学が使えない世界であることがわかってきました。まず、光はそれまで、「電磁波」であり、振動数が高い領域の「電波」の一種として考えられてき ... » more

とうとうエネルギー保存の法則が証明されました。ということは、エネルギーを放出し続ける天体は質量がどんどん減少していってます。消えたエネルギーは何処に行ったのでしょうか?無限の宇宙がどんどん質量を失って有限の宇宙になる ... » more

大学の物理学科では、力学から始まり、電磁気学、さらに量子力学、統計物理学と学んでいきますが、どれもしっかり勉強しなくてはならない分野であり、大学では演習を行なう講義が多かったものでした。量子力学も例外ではなく、大学2年次、3年次に量 ... » more
テーマ 量子力学

大学2年次より、本格的に量子力学の講義が始まりましたが、そのときに使った参考書が「坂井典佑 著、基礎物理学課程 量子力学 I(培風館)」です。講義の先生が、この本を教科書と指定し、この本を基に講義をしたので、この本が量子力学の講義に ... » more

LaTeX メモ - ディラックの記法と cases 環境 先日の記事 (上極限の記法 (LaTeX)) に引き続き,LaTeX の使い方についてメモしておきたい.ディラックの記法量子力学で,量子の状態や内積を表現するために便利なディラックの記法(ブラケット記法,Bra-ket_no ... » more

以前,「数学者の言葉では (藤原正彦)」というエントリにも書いたのだが,大学院生だった一時期,いろいろと研究者のエッセイなどを読み漁ったことがあった.その中でも,朝永振一郎の「量子力学と私」(岩波文庫)は強く印象に残っている.朝永振 ... » more
テーマ 朝永振一郎 量子力学

 

最終更新日: 2018/04/17 16:35

「量子力学」のブログ関連商品

» 「量子力学」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る