誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    山田詠美

山田詠美

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「山田詠美」のブログを一覧表示!「山田詠美」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「山田詠美」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「山田詠美」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

「賢者の愛」山田詠美著(中央公論新社 1,620円税込) 「賢者の愛」山田詠美著(中央公論新社1,620円税込)父と初恋の人を奪った親友。その息子に「直巳」と名付けた日から復讐が始まったーー。山田詠美が『痴人の愛』に挑む絢爛豪華な愛憎劇。賢者の愛中央公論新社 山田 ... » more
テーマ 賢者の愛 山田詠美 小説

大人の恋  あなたにあげる  好きな本 ずっと大好きだった本をお餞別にしようと思って、ずっとベッドの下にしまってあったのを久しぶりに取り出しました。山田詠美さんは大好きな作家さんです言葉の使い方と、描写の美しさに、いつも溜 ... » more

制約の中で書かれるBL小説の熟練度に気付かされる『ジェントルマン』。 人気作家ほど読まない、と言うのは昔からで、特に話題性の高い作家には触手が動かず、『ぼくは勉強ができない』が物凄く話題に上っていた時に、本屋で手に取って冒頭をチラ読みした時から、山田詠美は自分には合わないな、と思った時から ... » more
テーマ ジェントルマン 山田詠美

山田詠美 村上春樹 〜のんびり読書したいなぁ 先日本屋さんで山田詠美の新作をみつけた。読む時間がないな、と思ったので結局買わなかったが、ちらっと立ち読み。読みたい!と思わされたが頑張って耐えた。明日死ぬかもしれない自分、そしてあなたたち山田 詠美 幻冬舎 2013- ... » more

良太の部屋「放課後の音符」を読む
「放課後の音符」を読む 「放課後の音符」山田詠美著新潮文庫を読みました。女子高生ものの短編集です。何ヶ月かかけてちょっとづつ1話1話読んだので内容はよく覚えていません。でも山田詠美さんにしてはそれほどエロエロではなく純な感じで良かったで ... » more

本作は、ブラック・アメリカンたちによる、オトナの恋の物語。出てくるオトコたちの描写はとても粋でセクシー。オンナたちも情熱的でカッコいい。8つの恋物語のどれもが、濃厚で優しくて甘くてクールで激しくて、そ ... » more

『はじめての文学』と銘打たれたこのシリーズ。浅田次郎さん、村上春樹さん、宮部みゆきさんをはじめ、数々の著名作家さんの作品が、作家さんごとに集められています。本シリーズは、タイトルからしますと、文学をはじめて体験しようとする青少年 ... » more

さみしがりやのひとりごとA2Z
A2Z 山田詠美これはストーリ的に受け入れにくい話でした。旦那さん当然結婚しているんだけど。ほかに好きな人、若い愛人がいると打ち明けられたにもかかわらず、そのまま共同生活としていくというどうなん?? ... » more

ぼくは勉強ができない マイサンが買った本です。この人は初めて読みましたが、ところどころ引き込まれましたが、いまいち主人公に感情移入できなかった。。トシ?女の人が考えるかっこいい高校生というか。。ぼくは勉強ができない (新潮文庫)新潮社 山 ... » more

学問 山田詠美 新潮社 本を読んでいると、自分の経験のように、あるワンシーンが脳裏に焼きつくことがある。この物語の冒頭、主人公の仁美が、運命の男の子である心太の前でおしっこを漏らしてしまうシーンは、なかなか忘れ難いものになってしまうかもしれない。 ... » more
テーマ 山田詠美 や行の本 小説

読書メモ(本) 『ぼくは勉強ができない』 やっぱり僕には、山田詠美の小説は読めないと感じました。読みやすくて分かりやすいけど、好きにはなれないです。登場人物たちがみんな一辺倒な性格を押し付けられていて、しかも高校生とは思えないような単純な思考回路、そしてヒーローとやられ役が ... » more

『ベッドタイムアイズ』 by 山田詠美 私はこれほどいともたやすく恋に落ち、愛におぼれ、それが全てとなった物語を知らない。たった一瞬交わされたアイズ(視線)で始まりながら、あっという間に先の見えない深海・・・いや泥沼へと溺れるように深みにはまりゆく二人の愛は、切ないと ... » more
テーマ 日記 山田詠美

マティーニを一気に飲み、オリーブを口に放り込んで、急ぎ足でバーを後にする。氷とバーボンの入ったグラスを回しながら、ひとすすりし、眼下の夕闇を眺める。ズブロッカをチェイサーと交互に飲みながら、頬杖をつきながらえいひれをほおばる。 ... » more
テーマ 読書 山田詠美

詠美さんらしいストレートな表現の文体が、とても心地よい作品だった。ただ、これまで読んできた作品よりも粗削りな印象を受けたのは僕だけだろうか。タイトルになっているPAY DAYをキーワードとしているものの、体裁を整えるための手 ... » more

タイトルどおり本当にせつない話ばかりだった。刹那的なものだけが持つ、他の人は瞬きしている間に見過ごしてしまうほどしかし本人にとって、時には永遠よりも永きにわたり捕らえられてしまう心にささった一本の楔とも言える痛みが、 ... » more
テーマ 読書 山田詠美

今まで山田詠美さんの作品が気になっていながら、なかなか手が出せなかったのは、ベッドタイムアイズの間違った認識が邪魔していたからだと云うことがよく分かった。当時話題になった時は、官能的な側面だけがクローズアップされ過ぎていて詠 ... » more
テーマ 読書 山田詠美

山田さんの作品に共通する、背筋がピンと伸びたような凛とした感じは山田さん自身の「正しさ」に対するこだわりによるものと思う。山田さんがこだわる正しさは、道徳的な意味での正しさとは必ずしも一致しない。そこが「若者たちよ、正しく生きよ ... » more

男も女も上辺だけの軽薄なものを追い求めず自分だけのスタイルを求めることは、何時の時代にも共通した普遍的なテーマなんだよね。僕なんか集団に属しているよりも、独りの方が落ち着くし自分らしいと思えるんだけどね。やっぱりこう考えてい ... » more

詠美さんの作品は前から興味があったのだが、ちゃんと読むのは今回が初めてだった。ストレートな主張と読みやすい文体にとても好感が持てた。「はっ」とさせるエピソードが綴られているが、一番印象に残ったのは山野舞子とのやりとりかな。互 ... » more

風味絶佳(山田詠美著、文藝春秋刊) 山田詠美さんの作品は初めて読みます。なにかとっつき難い感じがしていまして敬遠していましたが、大変評価が高く、谷崎潤一郎賞も受賞されたとのことで思い切って読んでみました。間食、夕餉、風味絶佳、海の庭、アトリエ、春眠という6つの短編からなる作品 ... » more

突然ですが、男のからだの美しさって何なんっすかね。「このブログはいつも突然だよ」、と全宇宙に散らばりまする違いのワカル貴兄&貴姉のツッコミがTCP/IP経由で聞こえてきそうな書き出しではありますが、損はさせません。しばしお付き合いを。 ... » more

無銭優雅 山田詠美 幻冬舎 森茉莉さんの「贅沢貧乏」という作品を思い出す、このタイトル・・。あの作品は、自分の世界で、一人を楽しむ物語だったけれど、これは、人生を重ねた男女が、自分達だけの恋愛を楽しむ話。都会的でも、おしゃれでも、なんでもない二人。どっ ... » more

風味絶佳 山田詠美 文藝春秋 なぜかこの本を読み損ねていた。図書館に予約をいれたつもりでしていなかったらしい。発行されてから日がたってしまったけれど、ちゃんと私が読むのを待っていてくれたような安心感があったなあ。やはり彼女は小説の手練れで、この短編集もなかな ... » more

 

最終更新日: 2016/11/19 08:56

楽天市場のおすすめ商品

「山田詠美」のブログ関連商品

» 「山田詠美」のブログレビュー をもっと探す

「山田詠美」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る