誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    福岡伸一

福岡伸一

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「福岡伸一」のブログを一覧表示!「福岡伸一」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「福岡伸一」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「福岡伸一」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

「ちっちゃな科学」(中公新書ラクレ) 加古里子, 福岡伸一著(中央公論新社 864円税込) 「ちっちゃな科学好奇心がおおきくなる読書&教育論」(中公新書ラクレ) 加古里子, 福岡伸一著(中央公論新社864円税込)90歳の人気絵本作家と、生命を探究するハカセが「真の賢さ」を考察。・「子どもの理科離れ」の原 ... » more
テーマ 加古里子 福岡伸一

続・読書日記(177)福岡伸一著『 できそこないの男たち 』 光文社新書2008年10月第一刷820円+税ぼくは、どんな内容の本なのか?よく分からない場合、本の「あとがき」(本書の場合は「エピローグ」だが)から読み始めることが多い。 著者の狙いみたいなものが分ることが多いし、「何が期 ... » more
テーマ できそこないの男たち 福岡伸一

青山学院大学の福岡伸一教授の研究のお話です。『生物と無生物のあいだ』や『動的平衡』の書籍でも著名な先生ですね。科学系の本としては、ベストセラーといって良いのではないでしょうか。「生命ってなんだろう」の研究といってもよろしいのではない ... » more

福岡伸一先生の著作やエッセイは、専門の生物学にまつわるテーマを取り上げながら、ビジネスやひとの生き方などを考えさせられることが多く、この連載も楽しみに読んでいます。人間がモノを作るときはまず中心軸をはっきりさせ、そこから周囲に広げていく ... » more
テーマ 中心軸とは 福岡伸一

福岡伸一「できそこないの男たち」strong>福岡先生の生き方や考え方に共鳴している。「生物と無生物の間」「動的平衡」「ロハスの思考」など読みあさった。福岡先生は結婚しているのかいないのか?スタイリストかだらしないのか?最先端科学者な ... » more
テーマ Y染色体 読書感想 福岡伸一  コメント(1)

哲学者・西田幾太郎の「円相図」を動的平衡という持論で説明した分子生物学者・福岡伸一氏に共感 1月20日 22:00〜23:30の間NHKのEテレビで放送された「日本人は何を考えてきたか第11回近代を超えて〜西田幾太郎と京都学派〜」の中で出演者の分子生物学者・福岡伸一氏が全く異分野である西田幾太郎の哲学について語ったことはとても興味 ... » more
テーマ 西田幾太郎 高山辰雄 福岡伸一

先週、青学の福岡伸一教授を迎えてのおはなし。まずは、ルリボシカミキリの鮮やかな青色の胴体が魅せられたとのコメント。この青は、100倍くらいの顕微鏡でみると、透明にみえる。青は色でなく「効果」であると。先生は昆虫オタク。学者よ ... » more

内田樹、川上弘美、朝吹真理子、養老孟司と福岡伸一の対談集 せいめいのはなし  絶好調福岡伸一氏の対談集。1 グルグル回る―内田樹さんと2 この世界を記述する―川上弘美さんと3 記憶はその都度つくられる―朝吹真理子さんと4 見えるもの、見えないもの―養老孟司さんと5 「せいめいのはなし」をめぐっ ... » more
テーマ 読書 せいめいのはなし 福岡伸一

福岡伸一著「できそこないの男たち」を読み生物学的に男は女のできそこないと知る 分子生物学者・福岡伸一氏はこの本「できそこないの男たち」の中で「アダムはイブから作られた」として旧訳聖書とは正反対の説を展開しています。著者によると「地球に生命が誕生してから10億年の間生物の性は単一ですべてがメスだった。生物の基本 ... » more
テーマ 生物と無生物のあいだ できそこないの男たち 福岡伸一  コメント(2)

ずるいよ福岡さん!フェルメール光の王国 福岡伸一 福岡さんあなたはいったい何をする人ですか、羨ましい!生物学者であり、動的平衡などの著作でも有名な福岡伸一さんが、フェルメールを探しに世界中の美術館を訪ねてはエッセイを書くという、思いっきり贅沢な本。憧れるなぁこういう旅。 ... » more
テーマ 読書 福岡伸一 フェルメール光の王国

福岡伸一著「世界は分けても分からない」に登場する2枚に分けられた1枚の絵は何を示唆するのか? 写真上(クリックして拡大可)は15世紀末〜16世紀初頭のイタリア人画家ヴィトーレ・カルパッチョが画いたもともと1枚の絵ですが強欲な画商によって真ん中から上下に切断され2枚の絵として売りさばかれました。2枚の絵はその後流れ流れて数奇な運命の末 ... » more
テーマ コルティジャーネ 世界は分けてもわからない 福岡伸一

動的平衡2 福岡伸一 DNA、二酸化炭素 この人は、普通に書けば面白くない遺伝子の話を、実に生き生きと、楽しいものに描いてくれる。文才のある化学者。貴重な存在。見た目はぱっとしないのだけれど、、失礼。おたくであることを自認しながら、我々に、ふだんイメージできない世界をわかりやす ... » more
テーマ 動的平衡2 読書 福岡伸一

福岡伸一著「生物と無生物のあいだ」を読み“生命”の本質は自己複製と動的平衡と知る 本書は、2007年5月に講談社現代新書から出版された分子生物学者・福岡伸一氏による科学エッセイで2007年のサントリー学芸賞と2008年の新書大賞を受賞しています。知的レベルの低い私には難し過ぎると思い敬遠していましたが読み終えた愚息から面 ... » more
テーマ 生物と無生物のあいだ 福岡伸一 自己複製  コメント(5) トラックバック(1)

“生命とは何か。生命をモノとしてみればミクロな部分の集合体にすぎない。しかし、生命を現象として捉えると、それは動的な平衡となる-------”遺伝子の中に含まれる「産めよ殖やせよ」という命令の他に、「自由であれ」という命令が含ま ... » more

「生物と無生物のあいだ」福岡伸一著 生物と無生物のあいだにあるのは、たえまない流動性とゆるぎない一定性という、一見矛盾するふたつの性質が同居することで、それがあれば生物である。あー、まとめてしまった。しかしまとめただけでは魅力が薄れないのが本書のベストセラーで ... » more
テーマ 講談社現代新書 福岡伸一

寺岡伸章のブログ美しすぎた仮説
売れっ子科学者、福岡伸一著の『世界は分けてもわからない』を読んだ。この本の結論は、タイトルと同じだった。「分けてもわからないと知りつつ、今日もなお私は世界を分けようとしている。それは世界を認識することの契機がその往還にしかないからである ... » more

9月27日安田生命ホールで18時半から・・・・もっと広げようコミュニケーションの輪特別企画責任ある消費行動、それは<動的平衡を守ること>講師福岡伸一さん(青山学院大学理工学部化学・生命科学科教授)福岡ハカセのお話を聞 ... » more

福岡伸一さんにしてはいつになくお気楽 ルリボシカミキリの青  生物と無生物の間にや動的均衡など、名著を数多く書かれている福岡ハカセの最新著。今回はなんだかお気楽だった。週刊文春に連載中のコラムが元になっていると書かれていて納得。今回は、福岡さんの著作を読んでいつも得られるような、新しい知識 ... » more
テーマ 読書 福岡伸一 ルリボシカミキリの青  コメント(2)

生物とは何か、ということを面白く考えさせてくれる本でした。ウイルスと細菌の違い、DNAと自己複製能力、変な科学者たち、発見と発表を巡る科学者の闇・・・・・・・・・DNAってほんとすげえです。 ... » more
テーマ 福岡伸一

世界は分けてもわからない 福岡伸一先生の「世界は分けてもわからない」(講談社現代新書)を読むと、著者は分子生物学者として卓越しているだけでなく、まさに詩人だと唸ってしまいます。イタリアのパドヴァで開催された国際トリプトファン研究会に出席するところから始まった物語は、 ... » more

福岡伸一さんの「難しいことをやさしくわかりやすく文学的に伝える」文章にはいつも感心している。今回もそういう雰囲気で書かれている。いくつかの福岡氏の著作を読んで疑問だったことがある。福岡氏の理論からすれば、「なぜ切れた指は ... » more
テーマ 読書 世界は分けてもわからない 福岡伸一  トラックバック(1)

生物の神秘を文学的に表現できる福岡伸一さんって 動的平衡 生物と無生物の間にで一躍有名になった科学者、福岡伸一さんの本。最新刊は「世界は分けてもわからない」。これはその前の作品。なんとも凄い。生物の持つ神秘的な世界を、非常にわかりやすく、それでいて文学的に、芸術的に表現してくれる。生命をこ ... » more
テーマ 動的平衡 読書 福岡伸一

この本って,ちょっと前に流行ってましたよね.サブカバーを見ますと,新書大賞とサントリー学芸賞のダブル受賞となっています.さて,本題ですが,生物と無生物を区別するものは何でしょうか?その一つの答えは,「自己複製を行うシステムで ... » more

動的平衡 生命はなぜそこに宿るのか 動的平衡 生命はなぜそこに宿るのか福岡伸一おすすめ平均 『教祖』に化ける可能性は杞憂か?生命に感じる諸行無常生命について、今一度考え直してみる良い機会をくれた良書啓蒙的良書学者の役割をよく果たしている本 Amazonで詳しく見る by G- ... » more
テーマ 福岡伸一

「生物と無生物のあいだ」で一躍新書界(?)の寵児となった感のある福岡伸一さんの待望の新作、、、というにはだいぶ時間がたったが、ようやく読むことが出来た。できそこないの男たち (光文社新書)光文社 福岡伸一 Amazonアソシエイト ... » more
テーマ できそこないの男たち 読書 福岡伸一

読書 生物と無生物のあいだ 福岡伸一 講談社現代新書 こんなにダイナミックなミクロな話があったなんて!という印象の本でした。尊敬する先輩が、「この本はいい」といって貸してくれたのがこの「生物と無生物のあいだ」。想定が変わっているが、昔よく読んだ講談社現代新書あった。そういえば最近はこれや岩 ... » more
テーマ 生物と無生物のあいだ 読書 福岡伸一

 

最終更新日: 2016/11/19 08:36

「福岡伸一」のブログ関連商品

» 「福岡伸一」のブログレビュー をもっと探す

「福岡伸一」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る