誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    高村薫

高村薫

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「高村薫」のブログを一覧表示!「高村薫」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「高村薫」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「高村薫」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

高村薫 『新リア王』上 シェークスピア『リア王』との関連 ところで福澤榮はなぜリア王に見立てられたのか、リア王が悲劇であるならば福澤の悲劇とはなんなのか、勝手に推測してみた。シェークスピアの戯曲『リア王』の概要については安直であるが平凡社世界大百科事典から「リア王」を引用する。 ... » more

高村薫『新リア王』上 感想 その2 彰之は語る 尋常ならざる修行、心身を苛む苦行の日々のなかでいまだ悟りを得られぬ己への煩悶が繰り返し繰り返し告白される。仏教の専門用語が解説抜きで氾濫するのだが、読み手としてはここは無理に深く理解しようとせず、、大雑把に感覚だけで消化してしまうのも方 ... » more

高村薫 『新リア王』上巻の感想その1 『新リア王』の冒頭は血のつながりがある父子とはいえ、因業ただならぬ男同士の初めて交わす対話なのです。そして福澤榮。ところが「対話」というよりもまず榮という政治的人間の半生が「独白」で延々と綴られる。この話し言葉になっていない、まるで ... » more

高村薫『新リア王』読書中の感想 『晴子情歌』との結節点 「この雪の昏さなんだろう」「この真闇は人も獣もない原始のように暴力的だ」まるでこの作品を象徴するかのように混迷の深奥から立ち上がる冒頭の第一節である。時は1987年11月、場所は雪に埋もれた西津軽、曹洞宗の草庵・普門庵。衆議院議員、 ... » more

十月に新潮社から上下二巻だそうです。十月の本の話題はこれで決まりかもしれません。とにかく日経紙連載中から話題が絶えませんでした。おそらく読んでおられた方はほとんどいなかったでしょう。私もそうでした。面白くないというこ ... » more
テーマ 日記 文学 高村薫

大沢在昌、北方謙三、志水辰夫、高村薫、船戸与一の短編作品を納める、ハードボイルドアンソロジー。中でも高村の「日吉町クラブ」はのちの合田シリーズの長編「レディジョーカー」の前身。四人の男たちが唯一の合流点である競馬場で出会い、とある企 ... » more
テーマ 読書 高村薫

以前にも紹介した高村氏の作品。こちらも根強いファンがついている作品である。主人公・島田はロシア人との混血である元原子力発電所設計者。しかしそれは表の顔。彼はその立場を利用し、原発の情報を他国に売り渡すスパイ活動を長年続けていた。 ... » more
テーマ 神の火 読書 高村薫

「白熱の警察小説」「警察小説の金字塔」と銘打たれ、映画化もされたので、ご存知の方も多いかと思いますこの作品。「かるかや」の共同管理人の一人・にまめちゃんが薦めてくれなければおそらく手に取ることもなかったでしょう。……まさか、こんなに面白 ... » more

その後、高村はミステリー最後の最高傑作、犯罪兼企業小説『レディ・ジョーカー』を発表する。ここでは事件に巻き込まれた大企業の経営者たちの真剣な対応姿勢が実にリアルな筆致で描かれていることに驚かされた。次の作品、非ミステリー大作『晴 ... » more

日本の権力構造をとらえる高村薫の視点に関することである。初稿を読んでもう10年近くもたつのかと、私自身この間の時の経過、その凝縮された濃度を実感する。バブルという魔物に日本の全体構造は窒息状態に追いやられた。その魔物の周囲で数多 ... » more

03/02/23 高村薫の直木賞『マークスの山』 その2「10年後の印象」 実は1993年に初稿版を読んだときには直木賞受賞とはいえ、退屈だった記憶を除いて印象が薄い作品であった。『黄金を抱いて翔べ』『神の火』『リヴィエラを撃て』著者のこれまでの作品である一連の大型犯罪小説、国際謀略小説の規模と娯楽 ... » more

このほど改訂版が発刊された。帯には「警察小説の金字塔」とある。まさに文字通りの傑作である。マークスと名乗る二重人格の青年の狂気と仲間の秘密を共有しあった政・財・官・法曹界のエリートたちの狂気、二つの狂気が交錯する暗闘に警察組織が ... » more

2002年7月20日 高村薫『晴子情歌』 高村はどこへむかうのだろうか ?日本ミステリー史上、屈指の傑作『レディ・ジョーカー』を発表して後、創作活動がとまっていた高村薫の大河小説「晴子情歌」が刊行されて早速に買い求めた。最近は政治評論家になったかと思われるばかりの言論活動が目について傍目でいらいらしてい ... » more
テーマ 文学 大河小説 高村薫  トラックバック(4)

真琴の解体新書試験当日(3月5日)
どうあがこうと月日は着実と進んでいく。ままならぬ日常に苛立ったり、疲労困憊に諦めてしまったりしても。と、いうわけでここしばらく真琴をブルーにしていた出来事の1つ。某資格試験の受験日がやってきました。しかし試験自体に不安を感じ ... » more

真琴の解体新書映画鑑賞(1月22日)
まぁ、元からあまり真琴にその映画に対して「観たい!」という衝動が薄かったのからかもしれませんが、気付いたら課題映画「レディ・ジョーカー」は公開終了。劇場に行けなかったことを残念がっているのは原作ファンというよりも「義兄弟ファン」 ... » more

浦安に吉川晃司氏のコンサートに行った熊猫さんがお土産を持ってきてくれました。もうすぐ公開される「レディー・ジョーカー(映画版)」の人物関係とあらすじがさっくりとわかるチラシです。吉川氏は半田役で出演していますからね〜。以前、熊猫 ... » more

2000年2月21日 高村薫大好き!論・続 (無題)投稿者:うさ 投稿日:02月21日(月)11時23分17秒 >よっちゃんさん、マモルさん高村薫、私も好きです。私の中では『リヴィエラを撃て』と『レディ・ジョーカー』が双璧です。もちろん他の作品も好きではありますが。先日 ... » more

2000年2月20日 高村薫大好き!論 >よっちゃんさん 投稿者:とも 投稿日:02月19日(土)16時10分03秒高村薫ですが、『レディ・ジョーカー』未読なのですよ。残念。(ハードカバーに弱い…)しかし1〜4の事項は実に分かりやすい進め方で気に入りました。こ ... » more

リアルタイム 高村薫「新リア王」の日経連載の中止 高村薫と日経の間でなにやら揉め事があったようですね。未完のままで本日分590回で連載が終了します。今日の最後には「本作品は加筆の上2005年に新潮社より刊行されます」「本社は10月19日付から原稿11回分を作者の了解を得ずに13回に ... » more

和室リヴィエラを撃て(高村薫著)
リヴィエラを撃て(上下巻)をついに読み終わった。http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/410134714X/cherrygirl-22「マークスの山」「黄金を抱いて翔べ」に続く第3弾。 ... » more

和室黄金を抱いて翔べ(高村薫著)
「黄金を抱いて翔べ」を読み終わった。http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4101347115/cherrygirl-22アクション映画のようで面白かった。さすが日本推理サスペンス ... » more
テーマ 読書 高村薫

 

最終更新日: 2016/11/19 08:28

「高村薫」のブログ関連商品

» 「高村薫」のブログレビュー をもっと探す

「高村薫」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る