誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    高村薫

高村薫

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「高村薫」のブログを一覧表示!「高村薫」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「高村薫」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「高村薫」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

【書評】  空海 高村薫 著(新潮社・1944円) 【書評】空海高村薫著(新潮社・1944円)東京新聞2015年11月1日http://www.tokyo-np.co.jp/article/book/shohyo/list/CK2015110102000182.html ... » more
テーマ 空海 書評 高村薫

【ベストセラー早読み 】 「空海」高村薫著(新潮社 1800円+税) ベストセラー早読み 「空海」高村薫著(新潮社1800円+税)日刊ゲンダイ2015年10月27日http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/book/167548「空海 ... » more
テーマ 空海 ベストセラー早読み 高村薫

「空海」 高村薫著(新潮社 1,944円税込) 「空海」 高村薫著(新潮社1,944円税込)【内容情報】(出版社より)空海は二人いた。民間信仰に息づく弘法大師を含めると、つまりは三人か。劇場型宗教リーダーとして、国土経営のブルドーザーとして生き、死しては民間信仰の ... » more

「四人組がいた。」 高村薫著(文藝春秋   1,620円税込) 「四人組がいた。」 高村薫著(文藝春秋 1,620円税込)「高村薫、ユーモア小説に挑む」この村では、何だって起きる――。元村長、元助役、郵便局長、そしてキクエ小母さん。古ダヌキのような四人の老人が関わると ... » more
テーマ 四人組がいた。 高村薫 小説

「四人組がいた。」 高村薫著(文藝春秋 1,620円税込) 「四人組がいた。」 高村薫著(文藝春秋1,620円税込)「高村薫、ユーモア小説に挑む」この村では、何だって起きる――。元村長、元助役、郵便局長、そしてキクエ小母さん。古ダヌキのような四人の老人が関わると、 ... » more
テーマ 四人組がいた。 高村薫 小説

やっと品川区立図書館で順番が回ってきました。って買えよという突っ込みが入るのはわかっているけど、ドン・ウィンズロー、コニー・ウィリスと原書でバタバタとかって、さらに「昨日までの世界」を原書で悩んだ挙句に買ったらその2週間後に翻訳が出るという ... » more

【憲法改正論議】 高村薫氏 「憲法改正に断固反対。安倍政権は支離滅裂」談 高村薫氏「憲法改正に断固反対。安倍政権は支離滅裂」談NEWSポストセブン2013.05.20 07:00http://www.news-postseven.com/archives/20130520_188779.htmlに ... » more
テーマ 憲法改正論議 NEWSポストセブン 高村薫

高村薫 『冷血 下』 思索の人・合田刑事に真実は見えたのか?人は虚無の世界にどう生きるべきか? 井上克己と戸田吉生は歯科医の一家四人を惨殺し、キャッシュカードと貴金属880万円相当を強奪、ATMにて現金12百万円を窃取した。取調べに対して、事実関係は認めるものの、殺意と動機については「殺すつもりはなかった」「金が欲しかった ... » more

高村薫 『冷血 上』 あの合田雄一郎はさらに深まる闇の中になにを見るのだろうか? 飾り帯には「この身もふたもない世界は、なにものかがあるという以上の理解を拒絶して、とにかくある。俺たちはその一部だ。」となにやら難しそうであって、それはいかにも高村の作品らしく、硬質の存在感を主張するがごときで、端からゾクゾクさ ... » more

My Favorite Booksマークスの山  高村薫
マークスの山  高村薫 久々の更新です高村薫の名作「マークスの山」上下巻と合わせて700ページちょいなかなか長編でしたが、後半に行くほどのめり込む面白さでした。高村薫は他に1 ... » more
テーマ 読書 高村薫 小説

「マークスの山」(上)(下)高村薫著 いくつも殺人事件が起きて犯人を追う過程と謎解きが描かれるという意味では、カテゴリーは間違いなく推理小説なのだが、むしろ焦点は、オビにも書かれている通り、「警察小説」である。そのくらい、警察の内部、刑事たちの描写が多い。ていうか大部分。 ... » more

読書日記「新リア王」 スーパー行政マンや研究者と話し、登場人物の政治的ニヒリズムを思い出す 高村薫が、保守王国、青森の政治家福澤榮を主人公に据え、その息子や甥などの親族との葛藤と、冷徹なまなざしで国家政治や地方の経済、政治状況を語らせることで、現在の政治状況を予感させている政治小説。 父と子。その間に立ちはだかる壁はかくも ... » more
テーマ 読書 原子力政策 高村薫

照柿(上) (講談社文庫)講談社 高村 薫 Amazonアソシエイト by 年下の女友だち集英社 林 真理子 Amazonアソシエイト by 「照柿」。幼少期を供に過ごした合田雄一郎と野田達夫。二人はそれぞれ ... » more

piyopiyo48のブログ照柿 をもう一度読む
本はまあ普通に読むが、ケチなので文庫本ばかり。こう見えて結構ハードボイルドなのが好きだったりする。高村薫の「照柿」。だいぶ前に一回読んだが、そのときは正直ピンとこずでした。で、思いたって、もっかい ... » more

李謳 高村薫 ★★★ 2010/09/18 李歐高村薫読みました高村薫の本は集中して読まないと入り込めないので、(どの本もそうですが)集中して読み始めました。率直に言って、面白いところと、だらだらしてるところが有ったように思われます。が全体的には読み ... » more
テーマ 李歐 読書 高村薫  コメント(2)

地を這う虫 高村薫 ★★★ 2010/08/27 読みました!『地を這う虫』高村薫高村薫は大好きな作家のひとりで、『マークスの山』なんか最高ですね!Butこの本は、表題の他に短編が全部で4編有ったのですが、やはり短編では物足りなく正直大好きな高村薫だっただけに残念でした{%下降webr ... » more
テーマ 地を這う虫 読書 高村薫

レディ・ジョーカー〈下〉 正直な感想は。。ようやく読み終えた。面白いんだけど、おもしろいんだけど。。ちと重いな。レディ・ジョーカー〈下〉毎日新聞社 高村 薫 ユーザレビュー:高村さんは、優しい高 ...塗り盛られた油絵のよ ...傑作ゆえの、最悪の読 ... » more

レディ・ジョーカー〈上〉 面白いんだけど、なかなか進まない。。読書自体がスランプか。。レディ・ジョーカー〈上〉毎日新聞社 高村 薫 ユーザレビュー:苦悩、虚無、狂気、そ ...ときめく哀愁おっさん ...誘拐事件を背景に日々 ...Amazonアソシエイ ... » more

地を這う虫 (文春文庫) 元刑事が主人公の短編ですが、非常に地味です。。本当に刑事ってこんなに恵まれないというか、報われないというか、、大変なのはわかるけど、そんな仕事なんだろうか。地を這う虫 (文春文庫)文藝春秋 高村 薫 ユーザレビュー: ... » more

自由の活字 挑戦の汗 感性の音 今日の午前中は、まったり読書高村薫の「レディー・ジョーカー」昼は強烈な日ざしを浴びながら、夫婦でテニスボレー等のドリル・ストローク・試合…とこなしていく試合はほとんど僕が惨敗。。。「体中が痛い」と彼女 ... » more
テーマ レディージョーカー 高村薫

結局(下)もはまりませんでした。機会があれば読み直したいです。太陽を曳く馬〈下〉新潮社 高村 薫 ユーザレビュー:またも立ちすくみまし ...高村薫の三部作の感動 ...Amazonアソシエイト by ... » more

太陽を曳く馬〈上〉 「た行」対策で読み始めるも、年末年始ということもあってかなかなかハマらない。なんとか下巻に突入します。太陽を曳く馬〈上〉新潮社 高村 薫 ユーザレビュー:まず直感で読む本芸術 ...理解しがたい対象への ...時と共に歩むア ... » more

高村薫 『太陽を曳く馬 下』 高村が挑む21世紀の宗教改革 「だれでもいいから殺したかった」この現代の闇に伝統仏教は光明を与えられるのか?そして高村は21世紀の宗教改革を求めているのか?この物語のメインにあたる第二の事件。赤坂の一等地に開山している曹洞宗・栄劫寺の別院は彰之の提唱 ... » more

高村薫 『太陽を曳く馬 上』 あの合田雄一郎の復活。 高村薫文学の一つの到達点 『晴子情歌』は母・晴子と福澤彰之の対話であった。『新リア王』は父・榮と彰之の対話であった。そして『太陽を曳く馬』では子・秋道と彰之の対話があり、三部作の一貫して中心人物であった福澤彰之が歩んできたところの究極に見えたものがある。さらに実 ... » more

風のない場所李歐/高村薫
惚れたって言えよ――。美貌の殺し屋は言った。その名は李歐。平凡なアルバイト学生だった吉田一彰は、その日、運命に出会った。ともに22歳。しかし、2人が見た大陸の夢は遠く厳しく、15年の月日が2つの魂をひきさいた。□ ... » more
テーマ 読書 高村薫

過去と未来の間本の整理とコイズミ
連休を利用して本の整理をしている。活字人間の私は、次々と本を買うために、とにかく本が増える。雑誌以外はあまり捨てないため、たまる一方である。さて整理中、高村薫の『作家的時評集』(朝日文庫)を見つけた。この本は、このブログでも紹介した ... » more
テーマ 高村薫 言葉

今日の「中日新聞」夕刊に、作家高村薫氏の「社会時評医療制度崩壊の元凶」という文が掲載されていた。そのなかに「とくに小泉政権以降、社会保障費の上限が決められ、療養型病床の削減や診療報酬の切り下げ、そして国民保険料値上げと窓口負担増が進 ... » more

高村薫は作家である。高村の政治等に関する批評が、「中日新聞」夕刊に月一回ほど掲載される。私はそれを読み、なかなかきちんとした正鵠を射る発言をしていると思っていた。それらの文が文庫になるというので購入した。これも良い本だ。内容的には、 ... » more
テーマ 高村薫

風のない場所照柿(下)
照柿(下) 著:高村薫出版:講談社文庫初版:2006/08/11本体価格:619P329ISBN:4-06-275259-X□あらすじ□難航するホステス殺害事件で、合田雄一郎は一線を越えた捜査を進める。平 ... » more
テーマ 読書 高村薫

読了! 高村薫 『新リア王』上・下  圧倒された読後感をつづる どうやら高村は福澤榮を戦後の本来的保守政治家を総合して割ったような抽象的政治人間として登場させたようだ。政治論、権力構造論、民主主義の現実、国家論、世界観など、政治的個体であると同時に、一族の頭領であり、父であり、夫である人間・榮が思索をつ ... » more

 

最終更新日: 2016/11/19 08:28

「高村薫」のブログ関連商品

» 「高村薫」のブログレビュー をもっと探す

「高村薫」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る