誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    刑事事件

刑事事件

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「刑事事件」のブログを一覧表示!「刑事事件」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「刑事事件」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「刑事事件」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

名古屋高等裁判所平成29年(ネ)第205号警察官等不法行為慰謝料請求控訴事件について平成29年7月13日に名古屋高等裁判所民事一部裁判長永野圧彦、裁判官田邊浩典、裁判官大久保香織の言い渡した判決は弁論主義違反と裁判の脱漏があり憲法第32条に ... » more
テーマ 罷免 刑事事件 司法改革

*:.。..。.:*・*:.。..。.:*・*:.。..。.:*・*:.。..。.:*・*:.。..。.:*・*:.。..。.:*週刊 法会労メールマガジン*:.。..。.:*・*:.。..。.:*・*:.。..。.:*・* ... » more
テーマ 手続運用情報 刑事事件

平成一刻は平成28年12月9日、岐阜県警察本部長竹内浩司を有印公文書偽造で 最高検察庁に告発したが岐阜地方検察庁の玉置俊二検事正、加藤和宏次席検事、石飛大輔検事は、岐阜県警察本部長竹内浩司を不起訴訴分にした。平成一刻は竹内浩司が明らかなに偽 ... » more
テーマ 公安委員会 刑事事件 警察

被告の岐阜県知事古田肇の主張はお笑いである。1明らかに1.5mmのずれがあるのにないとする主張が4ページにある。2岐阜県公安委員会の公印や岐阜県警察本部長の印が押してある甲3号証の2や4を軽易な文書として扱ったとしている主張が5ペー ... » more
テーマ 公安委員会 刑事事件 警察

岐阜地方検察庁の玉置俊二検事正、加藤和宏次席検事、石飛大輔検事は、偽証した岐阜県警石川直和を不起訴訴分にした大悪党である。平成一刻は石川直和が明らかなに偽証した証拠を提出したが岐阜地検はそれを無視する判断をした。岐阜地検と岐阜県警は癒着して ... » more

岐阜地方検察庁(玉置俊二検事正・加藤和宏次席検事)の石飛大輔検事は、偽証した岐阜県警石川直和を不起訴訴分にした悪党である。平成一刻は石川直和が明らかなに偽証した証拠を提出したが石飛検事はそれを無視する判断をした。岐阜地検と岐阜県警は同じ穴の ... » more

平成28年(ワ)第395号虚偽公文書作成罪等慰謝料請求事件の原告第5準備書面を提出しました。原告は被告指定代理人の松浩之、小島寿一、上野美帆、小泉達也、中野玲、澤之向淳、橋本真志、野田美栄に対して反論をしました。岐阜家庭裁判所高山支部の上 ... » more

岐阜県警察本部警務部監察課は偽造公文書作成の証拠第2弾 平成一刻は岐阜県警察本部岐阜県警察本部長 竹内浩司、警務部長井上悦希、主席監察官安田憲司、監察課長大坪道明、上席監察官沢井孝明らが岐阜県公安委員会を冒用して偽造文書を作成したと確信しました。別紙1は文書番号より上の余白が38mm、別紙2と別 ... » more

岐阜県警第2捜査課長 告発状不受理違反 岐阜県警察本部第2捜査課長長良寛は告発状の受理義務違反でないですか。検察庁は同じ告発状を受理していますよ。詳しくはhttp://blogs.yahoo.co.jp/okiyuda/56280572.html ... » more
テーマ 公安委員会 刑事事件 警察

平成29年3月9日、平成一刻は岐阜地方検察庁の検察官に以前提出した告発状の説明をし、検察官の作成した調書に署名捺印してきました。事件は被告発人岐阜県警察本部刑事総務課石川直和の偽証罪と被告発人岐阜県警察本部長竹内浩司の偽造公文書の2件です ... » more

岐阜県警察本部捜査第二課長の文書は意味不明 岐阜県警察本部捜査第二課長は平成一刻が当本部出した告発状を犯罪が成立しないとして返却しましたがその説明がよくわかりません。皆さんこの説明で分かりますか。いずれにしても刑事と民事裁判で真相を究明 ... » more
テーマ 公安委員会 刑事事件 司法改革

電通の過労死事件。過労だけでなく、上司の度重なる言葉によるパワハラが自殺に追いやった。この上司の刑事責任をなぜ問わないのか。厚労省の処分など、誰も痛みを感じない。刑事事件にしないと、効果的な再発防止策にもならない。言葉の ... » more
テーマ パワハラ 電通事件 刑事事件

告発状1.告発人平成一刻2.被告発人岐阜県岐阜市薮田南2−1−1岐阜県警察本部本部長竹内浩司3.告発日平成28年12月9日4.告発先最高検察庁検察官様5.告発の趣旨被告発人は刑法155条公文書偽造 ... » more
テーマ 公安委員会 刑事事件 警察

山本有一岐阜県警察本部長は岐阜県警を刷新できるのか警察庁の人事異動が平成28年8月2日内示され、新しい岐阜県警本部長に警察庁警備局付の山本有一警視長(52)の就任が決まった。異動は10日付。 就任早々、岐阜県警察本部の大掃除をしなけ ... » more
テーマ 罷免 冤罪 刑事事件

岐阜県警察本部の腐敗と堕落は底なし沼状態であることを古田肇知事は認識しているのでしょうか。岐阜県知事古田肇は4期目の知事選に出馬するそうですが、岐阜県警察本部がこんな状態で出馬できるんですか。古田肇知事は岐阜地方裁判所平成27年(ワ)第 ... » more
テーマ 公安委員会 刑事事件 警察

最高裁判事、大谷直人、櫻井龍子は独裁者 最高裁判事、大谷直人、櫻井龍子、池上政幸、小池裕、木澤克之は平成一刻の特別抗告を棄却した、史上最悪の判事である。そして、最高裁判所は伏魔殿である。 なぜならば高山警察署石川直和刑事課長は平成一刻が高山警察署に提出した告訴状を平成一刻の上 ... » more

岐阜県警察本部は偽造文書作成 岐阜県警察本部長竹内浩司は甲64号証のとおり偽造公文書を作成している。これは、岐阜県警察本部が作成した書類であるが、作成者が岐阜県公安委員会となっているから権利もなく岐阜県公安委員会を冒用しているのである。 岐 ... » more
テーマ 公安委員会 刑事事件 警察

岐阜県警察本部は偽造文書作成 平成27年(ワ)第433号警察官等不法行為慰謝料請求事件 原告平成一刻 被告岐阜県 準備書面18 平成28年10月3日 岐阜地方裁判所民事第1部合議係御中 平成一刻 頭書事件につ ... » more
テーマ 公安委員会 刑事事件 警察

岐阜県知事古田肇は岐阜県警察本部の情報を公開せよ岐阜県警察本部高山警察署員及び飛騨警察署員は嘘を付き、石川直和刑事課長や飛騨警察署員は虚偽公文書文書を作成し、さらに石川刑事課長は平成一刻の告訴権とプライバシーを侵害した。警察官の堕落 ... » more
テーマ 公安委員会 誤審 刑事事件

最高裁判事 大谷直人、櫻井龍子は暴君である 最高裁判事、大谷直人、櫻井龍子、池上政幸、小池裕、木澤克之は平成一刻の特別抗告を棄却した、テロリストである。そして、最高裁判所は伏魔殿である。なぜならば高山警察署石川直和刑事課長は平成一刻が高山警察署に提出した告訴状を平成一刻の上司 ... » more

被告の国から答弁書が来ました。 被告の国から答弁書が来ました。内容は原告の主張を棄却するとの回答でした。今回は詳しい回答はありませんでした。平成一刻は訴状と答弁書を次の文書を同封してマスメディア31社に送付しました。勝敗はマスメディアの如何によって ... » more

岐阜県飛騨警察署は虚偽公文書作成する 岐阜県警の腐敗はとどまるところが無い。底なし沼である。 警察を取り締まる岐阜県公安員会や岐阜地裁や岐阜地検が腑抜けだから仕方がないか。 平成一刻は県民や国民の為、巨大権力に一人で立ち向かいます。 皆さんの応援をお願い ... » more
テーマ 公安委員会 刑事事件 警察

名古屋高等裁判所は絶望の裁判所 名古屋高裁刑事第1部の裁判長裁判官山口裕之裁判官出口博章同大村陽一は平成一刻の不審判請求の抗告を棄却したので最高裁へ特別抗告した。名古屋高等裁判所は刑事訴訟法(第230条、同242条、第189条 ... » more

名古屋高等裁判所は絶望の裁判所 名古屋高等裁判所は絶望の裁判所 名古屋高裁刑事第1部の裁判長裁判官山口裕之裁判官出口博章同大村陽一は平成一刻の不審判請求の抗告を棄却した。裁判所と岐阜県警察本部の癒着はとどまるところが無い。全国の警察官が、石川直和刑 ... » more

岐阜地裁の山下博司判事は大悪党 岐阜地裁の山下博司判事らは刑事事件である不審判請求を1年4カ月保留したので、平成一刻はこのことを訴訟物の一つとして国を相手に岐阜地裁に訴訟を起こしたらようやく不審判請求を棄却する判断をしたものである。次の資料は高山警察署刑事課長石川 ... » more

警察官が暴力団のような言葉を使い、犯罪を犯すのはそれを取り締まる検察庁や裁判所が警察官を厳しく処罰しないからである。更に岐阜県公安委員会(委員長 石井成一委員古田善伯水谷邦照)も民主的な公権力の行使を指揮監督していないからである。今回も、高 ... » more
テーマ 公安委員会 刑事事件 司法改革

裁判官 山下博司は悪党 岐阜地方裁判所は犯罪者を罰せず真面目に働いて生活している者を無実の罪に陥れる最悪の集団である。年寄りや、病人や、弱い者をいじめるの恐ろしい集団である。高山警察署刑事課長石川直和は地方公務員法の秘密漏えい違反と、公務員職権濫用罪を犯し ... » more

岐阜地方裁判所は悪の巣である。正義や真実探求など微塵もない。非道な妖怪の集まりである。罪人を処罰せず、年寄りや、病人や、弱いものをいじめる最悪の集団である。警察官が犯罪を犯すのは、それを取り締まる、検察庁や裁判所が警察官を厳しく ... » more

平成28年8月9日、岐阜地方裁判所刑事部裁判長裁判官山下博司、裁判官四宮知彦、裁判官西脇典子は平成一刻の請求していた不審判請求を棄却した。平成一刻は平成25年11月初旬告訴状を高山警察署に提出した。高山警察署は郵便で告訴状を返却した ... » more
テーマ 罷免 刑事事件 司法改革

唐木浩之判事の訴追状受理 さいたま家裁悪党高木健司裁判官 高松地方検察庁悪党篠田和邦検事 名古屋高等裁判所国賊唐木浩之判事本日、裁判官訴追委員会から受領書が届きました。唐木浩之判事と平山俊輔判事の訴追状は受理されました。 ... » more

 

最終更新日: 2017/09/02 11:03

「刑事事件」のブログ関連商品

» 「刑事事件」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る