誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    民法

民法

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「民法」のブログを一覧表示!「民法」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「民法」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「民法」の記事を新着順に表示しています。(3ページ目)

☆債権の消滅>弁済>債権の準占有者に対する弁済☆476⇒債権の準占有者に対してした弁済は、その弁済をした者が善意であり、かつ、過失がなかったときに限りその効力を有する。・真実の債権者でないのに、債権者らしい外観を ... » more

債権の消滅・弁済 ☆債権の消滅>弁済☆474第三者の弁済(債務者でないものが債務者の債務を弁済する場合)○債務の弁済は、第三者もすることができる。ただし、その債務の性質がこれを許さないとき、又は当事者が反対の意思を表示 ... » more
テーマ 民法

☆甲は、乙から100万円を借用していた。ある日、丙なる人物が現れ、乙から債権を譲り受けたので丙に弁済するよう請求を受けた。甲は、どうすればいい?☆指名債権の譲渡の対抗要件467指名債権(債権者が特定している債権) ... » more
テーマ 民法

連帯保証 ☆連帯保証⇒保証人が主たる債務者と連帯して債務を負担する特約のある保証○連帯保証の場合、連帯保証人は催告の抗弁(452)、検索の抗弁(453)の権利を有しない。454○連帯保証人には、分別の利益がない。数人の ... » more
テーマ 民法

連帯債務について ☆連帯債務者の1人について生じた事由の効力☆連帯債務者の1人に対するの請求は、他の連帯債務者に対してもその効力を生ずる434.・連帯債務者乙丙のうちの1人乙に対して、債権者が履行の請求をしたなら直接請求を受けなかった ... » more
テーマ 民法

連帯債務について ☆連帯債務☆432数人が連帯債務を負担するときは、債権者は、その連帯債務者の1人に対し、又は同時に若しくは順次に全ての連帯債務者に対し、全部又は一部の履行を請求することができる。○連帯債務とは、次のよ ... » more
テーマ 民法

詐害行為取消権 ☆詐害行為取消権424○甲は乙に300万の債権を有している。乙には唯一の財産たる土地があったが、これを丙に無償で譲渡してしまった。乙は無資力となった。甲の取りうる措置として、詐害行為取消権があります。・乙丙間の取 ... » more
テーマ 民法

☆甲は乙に土地を売却した。乙はさらに丙に転売した。登記名義はいまだ甲にあるが、丙は早く自己名義に登記したい。だが、乙は登記について無関心である。○このような場合に、丙は、自己の乙に対する登記請求権を保全するために乙の甲に ... » more

☆債権者代位権の行使債権者は、・・・債務者に属する権利を行使することができる(423).・債権者は、自己の名で行使します。・物の引渡しを要する場合には、債権者は、自己に引き渡すよう請求できます。(債務者が受取を拒否し ... » more
テーマ 民法

☆甲は乙に対して貸金債権(100円)を有している。返済期日をすぎたのにいっこうに返済しない。他方、乙は丙に金銭債権(50円)を有しているが、放置したままで取り立てる気配が全くない。乙に他に財産はない。上の例のような場 ... » more
テーマ 民法

☆債務不履行による損害賠償415債務者がその債務の本旨に従った履行をしないときは、債権者は、これによって生じた損害の賠償を請求できる。・債務不履行があった場合の効果のうちのひとつが損害賠償です。(他の効果=解除、現実的履 ... » more
テーマ 民法

☆債務不履行とは、債務の本旨に従った履行をしないことをいう。例えば、0年0月0日までに履行すると約定しておきながら履行しない場合(履行遅滞)などがあげられます。履行期と履行遅滞について412があります。☆412( ... » more
テーマ 民法

☆債権の目的が、特定物(特定の車など)の引渡しである場合において、その特定物に損傷が生じた場合、そのままの状態で引き渡してもいいの?☆483債権の目的が特定物の引渡しであるときは、弁済をする者は、その引渡しを ... » more
テーマ 民法

債権の目的 ☆債権の目的(給付の内容)(○債権=特定の人に対して一定の行為を請求できる権利です。・・・請求できる人が債権者、給付義務を負う人が債務者です。)○金銭債権402・一定額の金銭の支払を目的とする債権です。・債務者は ... » more
テーマ 民法

☆時効の中断157には、中断した時効は、その中断の事由が終了した時から新たにその進行を始める、とあります。ということは、時効の中断とは経過してきた時効期間が効力のないものになること、をいうといえます。(時効の ... » more
テーマ 民法

消滅時効 ☆消滅時効についてです。権利を行使しない期間が長く続くと権利を失うのが消滅時効です。○債権(例えば、貸金債権)は、10年間行使しないときは時効によって消滅します167.○債権又は所有権以外の財産権は、20年間行使 ... » more
テーマ 民法

所有権以外の財産権の取得時効 ☆甲は、隣地であるA土地を、毎日、通勤等日常生活の為に通行していた。(通行)地役権の時効取得は認められる?☆283地役権は、継続的に行使され、かつ、外形上認識することができるものに限り、時効によって取得するこ ... » more
テーマ 民法

取得時効 (占有を奪われた場合) ☆甲は、A土地について取得時効に必要な占有を続けていたが他人により占有を奪われた。甲は、どうする?・占有権は、占有物の所持を失うことによって消滅する203(=継続的な占有の中断)が、占有回収の訴えを提起したときはこの ... » more
テーマ 民法

取得時効 ☆取得時効ー占有の承継ー187甲は、占有の初め、善意無過失で不動産を8年間占有している。一方悪意の乙は、該土地を甲から譲り受け3年間占有した。乙は、時効取得を主張できる?☆187占有の承継占有者の承継人は、その選 ... » more
テーマ 民法

取得時効 ☆162所有権の取得時効所有の意思をもって、平穏にかつ公然と他人のものを20年間占有したものは、その所有権を取得する。占有開始のときに、善意でありかつ過失がなかったときは10年間占有すればその所有権を取得する。・繰り ... » more
テーマ 民法

☆時効の制度甲は、A土地に建物を建て20年間居住している。その後、第三者乙が現れ、A土地はその所有者Aから自分が買ったものだから返して欲しいと言って来た。(買ったのは甲がA土地を占有してから15年後)甲は乙の請求に対してどう ... » more
テーマ 民法

☆追認122〜125未成年者甲は、親権者の許可を得ないまま、所有するパソコンを第三者に売却した。親権者(父母)は、この事実を知った後その売却行為を取消そうかとも考えたが、代金が高いことも魅力であったので、代金の支払を第三 ... » more
テーマ 民法

☆無効と取消の違い○取消取消されるまでは、一応有効として扱われる。取消して初めて、その行為ははじめからなかったことになる。・詐欺による取消などがその例。○無効取消など何らの行為をしなくても初めから当然に効力を生じ ... » more
テーマ 民法

☆未成年者のA君は、第三者からバイクを購入する契約を締結した。Aは、親権者の同意を得ていないことを理由にこの契約を解約したい。取り消しとは?☆取消す事ができる行為各法律に規定あり。例制限行為能力者の行為、詐欺、錯誤に ... » more
テーマ 民法

☆無権代理と相続・・・どの参考書にも載っていると思います。判例の結論を理解します。☆無権代理人が本人を相続したした場合は、本人と無権代理人の地位が同化して無権代理行為は当然に有効となる、でした。では、逆に本人が無権代 ... » more
テーマ 民法

☆子甲は、何らの代理権を有しないのに父乙の代理人と称して、丙との間で乙の所有する土地を売る契約をした。甲は、無権代理なので本人乙には効力生じない。乙には無権代理を追認することも追認を拒絶することもできる。ところが、その意思表 ... » more
テーマ 民法

◆代理権がないのに代理人として契約をしたものが負うべき責任について、です。◆117他人の代理人として契約をした者が自己の代理権を証明することができずかつ本人の追認を得ることができなかったときは、相手方の選択に従い、 ... » more
テーマ 民法

◆甲は、乙が無権代理であることを知らずに乙と取引をした。無権代理だから原則、本人に対して効力生じない。甲の取りうる手段は?◆114(催告権)相手方甲は、本人に対し、相当の期間を定めて、その期間内に追認をするかどうかを ... » more
テーマ 民法

◆無権代理113○代理権を有しないもの(無権代理人)が、他人の代理人として契約をしても本人に対してその効力を生じない。・本人が追認をすれば本人に対して効力生じる。・追認又はその拒絶は、相手方に対してしなれば、相手 ... » more
テーマ 民法

◆代理行為の瑕疵101◆甲はA動産の購入を代理人乙に委託した。乙は丙からA動産をを購入した。ところが、A動産は丙が丁から預っていたものだった。そのことを乙は知らなかった(甲は知っていた)甲はA動産を取 ... » more
テーマ 民法

 

最終更新日: 2017/06/11 13:39

「民法」のブログ関連商品

» 「民法」のブログレビュー をもっと探す

「民法」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る