誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    民法

民法

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「民法」のブログを一覧表示!「民法」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「民法」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「民法」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

これまでに何回か取り上げてきた、夫婦別姓を求めて提訴した件、東京高裁でも一審の東京地裁の判決を支持して原告の控訴を棄却しました。◇夫婦同姓は合憲「家族の一体感確保に正当性」(読売新聞平成26年3月28日)夫婦同姓の民法の ... » more
テーマ 夫婦別姓 民法

特別法の消滅時効についてです。身近な法律で調べてみました。・健康保険法保険料の徴収・還付・保険給付を受ける権利 2年で消滅・国民年金法年金を受ける権利5年で消滅保険料の徴収・還付及び死亡一時金を受ける権利 2 ... » more
テーマ 民法

第167条1.債権は、十年間行使しないときは、消滅する。2.債権又は所有権以外の財産権は、二十年間行使しないときは、消滅する。とあります。所有権については、取得時効の反対効果として喪失することはあっても、そのものが ... » more
テーマ 行政書士 民法

「無権代理」の場合、本人に契約の効果は帰属しません。では、相手方が取り得る手段はといいますと@催告、A取り消し、B無権代理人の責任追及、C表見代理の主張があります。B無権代理人の責任追及できる要件として・ ... » more
テーマ 行政書士 民法

前回に引き続き、非嫡出子の相続格差を定めた民法の規定を、平成7年の合憲判決を覆して違憲とした最高裁の判断理由について考えてみたいと思います。前回は、「婚姻、家族の形態が著しく多様化しており、これに伴い、婚姻、家族の在り方に対する国民 ... » more
テーマ 家族 国連権利委員会 民法

前回ご紹介した、非嫡出子の相続格差を定めた民法の規定を、平成7年の合憲判決を覆して違憲とした最高裁の判断理由について考えてみたいと思います。非嫡出子の相続格差を規定しているのは民法第900条の次の規定です。民法第九百条同 ... » more
テーマ 家族 民法

拙ブログでは、これまでに何度か非嫡出子の相続に関する民法の規定の合憲性について、平成7年の最高裁判決などを紹介しながら取り上げてきましたが、昨日、最高裁において、この平成7年の判決を覆して違憲とする判断が下されました。この違憲判断は ... » more
テーマ 家族 民法

こんばんは。台風が近づいているということですのでみなさん気を付けましょう今日は無権代理について少しふれておきます。「無権代理とは、 代理人によって代理行為がなされたにもかかわらず代理人に ... » more

今年の2月に、非嫡出子の相続を嫡出子の半分と定めた民法の規定が違憲かどうかについて争われた2件の裁判で、最高裁の小法廷が審理を大法廷に回付した、というニュースがあり、報道各社は、最高裁が平成7年に合憲とした判断が見直される可能性があると報じ ... » more
テーマ 家族 民法

民法改正のための法務省の法制審議会では、「契約締結過程における情報提供義務」というのも話し合われているようです。これって、行政書士、司法書士の委託とかにも影響するかな?以下、中間試案のたたき台 ... » more
テーマ 茂木事務所 民法

民法改正/民法改正のための法務省の法制審議会の中間試案 のたたき台に関する法務省のページです。http://www.moj.go.jp/shingi1/shingi04900178.html民法(債権関係)の ... » more
テーマ 茂木事務所 民法

民法改正/民法改正のための法務省の法制審議会の中間試案が2月17日、明らかになったそうです。連帯保証人制度は経営者などを除き廃止の方向で検討とのことです。 ... » more
テーマ 茂木事務所 民法

女性にだけ6カ月の再婚禁止期間を定めた民法の規定は違憲であるとして、20代女性が岡山地裁に提訴したというニュースを以前お伝えしましたが、岡山地裁で再婚禁止180日は合憲であるとして女性敗訴の判決が出ました。民法の再婚禁止180日規定 ... » more
テーマ 家族 民法

私は団塊の世代1:無戸籍者
第二次世界大戦が1945年(昭和20年)に終わると、徴兵されていた諸国の男性が戦場から一斉に帰国し、世界的なベビーブームが起きた。日本のベビーブームのピークは47年から49年の3年間で、その間に生まれた者を、『団塊の世代』と呼ぶ。47年3月 ... » more
テーマ 戸籍 住民票 民法

かなり特殊なことが起こって、面白くなりそうです。 ... » more
テーマ 生きる 民法 刑法

先日の記事で非嫡出子の相続に関する民法の規定の合憲性について取り上げましたが、拙ブログで何回か取り上げてきた児童の権利条約の個人通報制度(第三選択議定書)との関係について、毎日新聞に記事が掲載されていました。非嫡出子の相続に関する民 ... » more
テーマ 選択議定書 民法 児童の権利条約

昨年8月に大阪高裁が非嫡出子の遺産相続を半分と定めた民法の規定が違憲であるとの判決を下したことについて、以前拙ブログでも取り上げましたが、非嫡出子の相続に関する民法の規定の合憲性今度は名古屋高裁で違憲判決が出されました。 ... » more
テーマ 家族 民法

以前拙ブログで取り上げました民法の300日規定に関する訴訟で、11月30日、最高裁第2小法廷が原告側上告の棄却を決定したというニュースがありました。この問題は、300日規定に止まらず、非嫡出子の相続規定にも関係してくる問題で、今年8 ... » more
テーマ 家族 民法

非嫡出子の遺産相続を嫡出子の半分と定めた民法第900条第4項の規定について、今年8月に大阪高裁が、憲法第14条第1項が定めた法の下の平等に違反し無効との判決を下していた、というニュースがありました。◇婚外子の相続差別違憲…大阪高裁決 ... » more
テーマ 家族 民法

@私権は、公共の福祉に適合しなければならない。A権利の行使及び義務の履行は、信義に従い誠実に行わなければならない。B権利の濫用は、これを許さない。 ... » more
テーマ 民法

行政書士試験短期合格術 小野敬人 口コミ 民法 詳細はこちらをクリック行政書士試験の中で、民法は行政法に次いで大きな点数配分です。しかし、上述したとおり民法は行政法と大きく異なり、記述問題に半分以上の40点の配点がなされています。 ... » more

女性にだけ6カ月の再婚禁止期間を定めた民法の規定は違憲であるとして、20代女性が岡山地裁に提訴したというニュースがありました。◇「再婚禁止6カ月は違憲」=20代女性、国を提訴−岡山地裁(平成23年8月4日時事通信)女性にだけ ... » more
テーマ 選択議定書 家族 民法

こんにちは、コイソです。本来、民法では、「相続の開始があったことを知った時から3箇月以内に、相続について、単純若しくは限定の承認又は放棄をしなければならない」と規定しています。何も申立をしないまま3カ月が過ぎ ... » more
テーマ 民法

選択的夫婦別姓制度について 選択的夫婦別姓制度について民法第750条(夫婦の氏)に「夫婦は、婚姻の際に定めるところに従い、夫又は妻の氏を称する」として、「夫婦同氏」の原則が定められている。夫婦同氏の習慣は、1898年(明治31年)公 ... » more
テーマ 夫婦別姓 民法 姓名学

前条の場合において、占有物が盗品又は遺失物であるときは、被害者又は遺失者は、盗難又は遺失の時から2年間、占有者に対してその物の回復を請求することができる。「期間について」→「盗難または遺失の時から」という部分が起点に ... » more
テーマ 民法

取引行為によって、平穏に、かつ、公然と動産の占有を始めた者は、善意であり、かつ、過失がないときは、即時にその動産について行使する権利を取得する。「占有」→自己のためにする意思で物を所持すること。所持とは物を事実上支配 ... » more
テーマ 民法

民法を理解する上で、大切なことは、「利益衡量」という感覚を習得することです。法律学を理解する上で大切なことは、真理は2つあるということを理解することです。「利益衡量」→法的判断において当事者間の相対立する利益を比較し ... » more
テーマ 民法

試行錯誤養子縁組
養子縁組 法務省民事局から,「養子縁組の届出に関する取扱い等について」,という通達が発出されています。今回の通達は,「縁組意思がないにもかかわらず,氏を変更することを目的とする養子縁組制度の届出」を未然に防ぐために,市 ... » more
テーマ 司法書士 民法

「民法入門ゼミ」 「契約法」勉強会に続き、より深く「民法」について学ぼうということで、「民法入門ゼミ」を開催します。◆毎週月曜日午後6時〜午後8時◆自由参加制◆受講対象者民法の基本をじっくり勉強したい方その他、法律に興味が ... » more
テーマ 法律 民法 勉強会

☆代物弁済債権は弁済によって消滅します。例、本来は金銭をもって弁済しなくてはいけないのに、他のものを給付することによっても債権が消滅する場合です。☆482⇒債務者が、債権者の同意を得てその負担した給付 ... » more

 

最終更新日: 2017/05/11 22:45

「民法」のブログ関連商品

» 「民法」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る