誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    民法

民法

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「民法」のブログを一覧表示!「民法」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「民法」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「民法」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

即時取得 ・ipadロック おはようございます。非常に強い台風10号が近づいてきています。30日から31日にかけて東日本に上陸する恐れが高まっていて注意が必要です。ipadのアクティベーション・ロックになってしまったという件ですが、アップルサポートに電話をしま ... » more
テーマ 民法

こんにちは。暑い日が続いています。真夏ですね。蝉の鳴き声を聞いていると、なぜか受験勉強をしていた高校時代を思い出します。さて、パソコンの方はどうやらHDDが悪いみたいです。リカバリディスクはというと、どうやらそのHDDの中にあるみた ... » more
テーマ 民法

こんばんは。先日、ノートパソコンが突然起動しなくなりました。昨日まで使えていたのにどうして起動しないの!?困っています。まだ、修理には出せていません。さらに、ipadはアクティベーション・ロックになってしまいまし ... » more
テーマ 民法  コメント(1)

こんばんは。参議院選挙投票日がとうとう近づいてきました。もちろん私も選挙に行きます。法律の改正により、選挙権年齢がこれまでの「20歳以上」から「18歳以上」に引き下げられています。18歳、19歳の皆さんも、選挙で投票できることになり ... » more
テーマ 民法  コメント(1)

民法 有益費について 九州は熊本地震で大変なことになっています。熊本地震の被害がこれ以上、大きくならないよう、早く余震が収まることを願うばかりです。 さて、以前、ニュースで「マイナンバーカードの交付時、裏面のICチップが使用不能になるトラブルが各地で相次 ... » more
テーマ 民法

民法 債権について マイナンバーカードの交付が今年1月から、開始されています。マイナンバーカードは、本人の申請により交付され、個人番号を証明する書類や本人確認の際の公的な身分証明書として利用でき、また、様々な行政サービスを受けることができるようになるICカー ... » more
テーマ 民法

さて、今回は「賃借人による費用の償還請求」について取り上げます。(賃借人による費用の償還請求)第608条1.賃借人は、賃借物について賃貸人の負担に属する必要費を支出したときは、賃貸人に対し、直ちにその償還を請求することが ... » more

日本国民の良識の勝利!最高裁、「夫婦別姓を認めない」とする民法の規定を合憲と判断す 反日ハンター・神功正毅です。最高裁判所が「夫婦別姓を認めない」とする民法の規定を合憲と判断しました。産経ニュース/夫婦同姓規定は合憲再婚禁止6カ月は違憲最高裁が初判断http://www.sankei.com/affairs/n ... » more

賃貸借契約について 急に寒くなってきましたね。師走に入り、年内1ヶ月をきりました。1年って早いと感じるのは私だけでしょうか。今日は「賃貸借契約」からです。問)Aは、B所有の甲土地上に乙建物を建てて保存登記をし、乙建物をCが使用してい ... » more
テーマ 民法

制限行為能力者制度 *被補助人 今日は、パソコンをWindows10にバージョンアップしてみました。Windows8にバージョンアップした際、トラブルが少々あったので不安でした。今回は、プリンターのスキャナが使えなくなり、無線から有線になってしまいました。 ... » more
テーマ 民法

制限行為能力者制度 *被保佐人 平成27年度本試験でも出題された、制限行為能力者制度について取り上げます。未成年者・成年被後見人・被保佐人・被補助人とあります。今日は「被保佐人」です。 問1)Aが、被保佐人であり、A所有の動産を譲渡する意思表示を ... » more
テーマ 民法

「夫婦別姓」、「再婚禁止期間」年内にも最高裁憲法判断へ 「選択的夫婦別姓」「再婚禁止期間」年内にも最高裁憲法判断へ家族のあり方関わる民法規定、慎重論根強く産経ニュースより。http://www.sankei.com/affairs/news/151104/afr1511040024- ... » more
テーマ 時事ネタ 民法

こんばんは。今日も暑かったですね。本当に暑いです!学生さん達は夏休み中でしょうか。宿題大変だったのを思い出します。ヤフーでニュースを確認していると「郵便開封や火葬手続き…成年後見人、権限拡大へ」という記事がありました。 ... » more
テーマ 民法

時効中断の効力 こんにちは。今日も暑いですね。最近TVで、熱中症対策について、よく取り上げられています。気を付けないといけませんね。今日は「時効中断の効力」からの出題です。問1)要役地である甲地をA・B・Cの3人が共有しているが、承役地 ... » more
テーマ 民法

債権 契約上の地位譲渡 こんにちは。今日はいい天気で気温が上がりそうです。久しぶりに民法からの出題です。民法は重要な科目なんだけど、苦手です。長文が多いからかな。それじゃあいけないですよね^^;;問)売主の地位や買主の地位の譲渡は、当該売買 ... » more
テーマ 民法

こんにちは。最近、気温が高くなってきました。みなさん、熱中症に気を付けてください。今日は、おいしいパン屋さんを教えてもらい、行ってきました。生地がパリッとしていて美味しかったです。さて、占有権からの問題です。問) ... » more
テーマ 民法

小学校の校庭から蹴り出されたサッカーボールが原因で交通事故が起きた。ボールを蹴った小学生(当時)の両親に賠償責任はあるのか――。そうした点が争われた裁判の判決が9日、最高裁であり、第一小法廷(山浦善樹裁判長)は「日常的な行為のなかで起きた、 ... » more
テーマ 損害賠償 不法行為 民法

こんにちは、コイソです。民法の債権関係の規定がおよそ120年ぶりに改正される、そうです。大きく変わるのは、債権の消滅時効が、権利を知った時から5年、権利を行使することができるときから10年に統一されること ... » more
テーマ 民法

こんばんは。最近、ようやく涼しくなってきましたね。虫の音が聞こえ、秋だなと思います。本試験も近づいてきました。みなさんは順調に進んでいますか。私は計画通りに進んでいません^^;;でも、最後まであきらめず頑張ります^^では、質 ... » more
テーマ 民法

「民法第772条 改正案その7(その5の訂正)」で、当時の東京高裁判決をもとに、次のように書きました。嫡出の推定が排除されるのは、今のところ次の二つの場合であるようです。 1妻が懐胎した当時において、夫が長期不在(その原因として ... » more
テーマ 法律 民法 親子

こんにちは。今日はいい天気です。昼からは近くのスーパーへ買い物にいくつくもりです。では、遺留分減殺請求権について見ていきます。被相続人は、遺言により遺産を遺贈することができるが兄弟姉妹以外の法定相続人には、相続できる最低 ... » more
テーマ 民法

これまでに何回か取り上げてきた、夫婦別姓を求めて提訴した件、東京高裁でも一審の東京地裁の判決を支持して原告の控訴を棄却しました。◇夫婦同姓は合憲「家族の一体感確保に正当性」(読売新聞平成26年3月28日)夫婦同姓の民法の ... » more
テーマ 夫婦別姓 民法

特別法の消滅時効についてです。身近な法律で調べてみました。・健康保険法保険料の徴収・還付・保険給付を受ける権利 2年で消滅・国民年金法年金を受ける権利5年で消滅保険料の徴収・還付及び死亡一時金を受ける権利 2 ... » more
テーマ 民法

第167条1.債権は、十年間行使しないときは、消滅する。2.債権又は所有権以外の財産権は、二十年間行使しないときは、消滅する。とあります。所有権については、取得時効の反対効果として喪失することはあっても、そのものが ... » more
テーマ 行政書士 民法

「無権代理」の場合、本人に契約の効果は帰属しません。では、相手方が取り得る手段はといいますと@催告、A取り消し、B無権代理人の責任追及、C表見代理の主張があります。B無権代理人の責任追及できる要件として・ ... » more
テーマ 行政書士 民法

前回に引き続き、非嫡出子の相続格差を定めた民法の規定を、平成7年の合憲判決を覆して違憲とした最高裁の判断理由について考えてみたいと思います。前回は、「婚姻、家族の形態が著しく多様化しており、これに伴い、婚姻、家族の在り方に対する国民 ... » more
テーマ 家族 国連権利委員会 民法

前回ご紹介した、非嫡出子の相続格差を定めた民法の規定を、平成7年の合憲判決を覆して違憲とした最高裁の判断理由について考えてみたいと思います。非嫡出子の相続格差を規定しているのは民法第900条の次の規定です。民法第九百条同 ... » more
テーマ 家族 民法

拙ブログでは、これまでに何度か非嫡出子の相続に関する民法の規定の合憲性について、平成7年の最高裁判決などを紹介しながら取り上げてきましたが、昨日、最高裁において、この平成7年の判決を覆して違憲とする判断が下されました。この違憲判断は ... » more
テーマ 家族 民法

こんばんは。台風が近づいているということですのでみなさん気を付けましょう今日は無権代理について少しふれておきます。「無権代理とは、 代理人によって代理行為がなされたにもかかわらず代理人に ... » more
テーマ 行政書士 民法

今年の2月に、非嫡出子の相続を嫡出子の半分と定めた民法の規定が違憲かどうかについて争われた2件の裁判で、最高裁の小法廷が審理を大法廷に回付した、というニュースがあり、報道各社は、最高裁が平成7年に合憲とした判断が見直される可能性があると報じ ... » more
テーマ 家族 民法

 

最終更新日: 2016/11/19 03:24

「民法」のブログ関連商品

» 「民法」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る