誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    オキナワ

オキナワ

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「オキナワ」のブログを一覧表示!「オキナワ」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「オキナワ」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「オキナワ」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

過去と未来の間社民党の政権離脱
社民党が、今回の普天間基地閉鎖・辺野古新基地建設問題で、政権を離脱することになった。党首である福嶋さんが罷免されたのであるから、これは致し方ないことだ。ここで政権にぶら下がっていることになると、何のための連立政権であるか。少しでも、自らの政 ... » more

【戦後世代が沖縄戦の当事者となる試み】同じ歴史でも、歴史を見る眼は、その時そのときで変化する。沖縄戦についても、今まで自治体史をはじめ、様々な書物・研究で公開されている。自治体史にいくつか関わったがあるので、ここではいくつか ... » more
テーマ オキナワ 屋嘉比収

私は、「朝日新聞」はかつて良心的なメディアだと思われていた。だが、決してそうではない。私はそう思っていて「朝日」を購読し続けていた。ところが、小泉選挙の時、なんと「朝日」は社説で、小泉もと首相の演説を聴いていると音楽を聴いているよう ... » more

過去と未来の間自立と連帯
鳩山政権が、対米従属的な姿勢を維持していくことが明確になった。「対等な日米関係を」なんて言っていたのに、「そんなことを言ったか」というように、いとも簡単に投げ捨てた。日本の政治家や官僚諸君は、長年の対米従属思考に凝り固まって、何でも ... » more
テーマ オキナワ

これも『琉球新報』の、昨日の社説だ。昨日の『琉球新報』が今日届き、社説を読んだ。これも日本国民はじっくりと読むべきだ。かくも屈辱的な日本のあり方に、怒りを覚えるのは私だけではないはずだ。アメリカに問う/民主主義の王道を普天間 ... » more
テーマ アメリカ合州国 琉球新報 オキナワ

『沖縄戦、米軍占領史を学びなおす』(世識書房)を読んだ。大変良い本だ。沖縄について考えなければならないこと、考えるべきであったことなど、多くのことに気づかせてくれた。沖縄問題に関心を抱いている人々は、この本を読むべきだと思う。この本 ... » more
テーマ オキナワ 屋嘉比収

過去と未来の間全く同感だ!!
今日の『琉球新報』の社説「普天間と民主主義/県内移設は権力の暴走だ「改革」の原点に回帰を」を万人に読んでいただきたい。 鳩山由紀夫首相が27日にもオバマ米大統領と電話会談し、米軍普天間飛行場のキャンプ・シュワブ沿岸部(名護市辺野 ... » more

「琉球新報」の24日付けが届いた。政治面、社会面など、ほとんどが鳩山首相の沖縄訪問の記事で埋められている。壮観である。この問題はまた振り出しに戻った。日米政治権力が進めようとする暴挙を、沖縄県民はもちろん、本土のひとびとも積極的に阻 ... » more

過去と未来の間卑怯な鳩山政権
今日『琉球新報』の5月21、22、23日の三日分が届いた。21日の一面は、「普天間移設辺野古埋め立てだと・・ジュゴン餌場壊滅」とある。たとえ桟橋方式であっても、光を遮断してしまうというのだ。当然だと思う。辺野古の美しい海を破 ... » more

これは必読。http://blog.goo.ne.jp/tokyodo-2005/e/af75eb3887d8f295760674188da73618このブログで紹介された関連する資料。http://blog.goo ... » more
テーマ オキナワ

沖縄に新しい基地を建設するために、何にもしないハトヤマくんが沖縄に行った。沖縄のひとびとは、決して受け入れないだろうし、我々も沖縄の闘いを支援していきたい。なによりも、沖縄問題は、我々の問題でもあるからだ。ところで、沖縄自動車道を通 ... » more

過去と未来の間動く沖縄
鳩山首相が普天間基地「移設」=新基地建設を、辺野古に戻すと言明してから、この問題に関する本土の新聞報道は、少なくなってきた。しかし沖縄の新聞は頑張っている。「琉球新報」の購読をはじめてもうじき一ヶ月である。ほぼ毎日送られてく ... » more
テーマ クラスター弾 琉球新報 オキナワ  コメント(1)

過去と未来の間沖縄の闘い
今日、「琉球新報」の14日、15日が届いた。そのなかに屋嘉比収氏の「沖縄の自己決定権」という文章に心を動かされた。「何となく明日はよき事」があるかのように思った、私も。鳩山首相の「国外、最低でも県外」という言明に期待をもった。だが、 ... » more
テーマ 琉球新報 オキナワ 屋嘉比収

今日の「中日新聞」の社説、“「抑止力論」の呪縛週のはじめに考える”は、説得力ある、内容的にもよいものである。全国紙が軒並み、自公政権が決めた内容で辺野古に新基地の建設を促すようなことしか言えないとき、そのために鳩山首相を非難するとき ... » more

今日届いた『琉球新報』13日付の第一面は、「嘉手納外来米軍機クラスター弾訓練」である。アメリカ海兵隊岩国基地所属のF18戦闘爆撃機が嘉手納に来て、クラスター弾を装着して飛び立ち、帰還したときにはなかったという。ということは、どこかに落とした ... » more
テーマ 琉球新報 オキナワ 沖縄タイムス

この表題は、ダグラス・ラミスが『琉球新報』(5月12日付)の「復帰38年基地を問う日本を問う」という連載記事に書いたものである。ラミスは、沖縄は米軍にとって「戦利品」であると指摘する。「第二次世界大戦で、米軍が勝ち取り、連合軍に渡さ ... » more
テーマ ダグラス・ラミス 琉球新報 オキナワ  コメント(1)

過去と未来の間札束がまた動くのか
昨日の「中日新聞」で、半田滋氏が「空席がち海兵隊「抑止力」なるか」という記事を“核心”欄で書いている。半田氏は、「在沖縄海兵隊はイラクやアフガニスタンへ派遣され、相当数が不在。「抑止力」になっているか」と問う。そして、辺野古の案なら「抑止力 ... » more

過去と未来の間犯罪的な鳩山内閣
「普天間問題」について、政府案が決定したようだ。なんとばからしい「腹案」だ。公約破り、ジャパンハンドラーに操られている外務・防衛の官僚たちの意見をもとに、沖縄県民や徳之島の住民たちの民意をふみにじる暴挙である。鳩山内閣の支持率が低下 ... » more

過去と未来の間幕臣たちの外交
最近岩波新書で、シリーズ日本近現代史全10巻がすべて刊行された。その第1巻は、井上勝生による『幕末・維新』である。その第1章は、「江戸湾の外交」である。そこで井上は、幕末期、ペリーやハリスなどと交渉を行った幕臣たちを大いに評価している。この ... » more
テーマ オキナワ

今回の普天間問題の展開を見つめながら考えたことがある。はたして日本は、本当に独立国なのか、ということだ。私は沖縄問題をおいつつ、他方で今年が韓国強制併合100年ということから、植民地支配の問題を考えている。つとに沖縄はアメリカの「軍 ... » more

タイトルは、今日の「中日新聞」の社会面の見出しである。どの面下げて沖縄に行けるのか。県民が怒るのは当然だ。ふざけんな!と叫びたい。今日の「中日新聞」社説に、その通りと賛同する。首相沖縄初訪問今さら「県内移設」とは鳩山 ... » more

海兵隊は抑止力か。この点については、まともな軍事評論家の意見は、抑止力ではないという。日本の対米従属意識に凝り固まった外務省や防衛省の役人は、沖縄県民の意見など無視しても、米軍の言うことを聞きたがる。私は『朝雲新聞』を購読しているが ... » more

過去と未来の間奇怪な対応 歴博
歴博が新たに展示を開始した第6展示室の沖縄戦の記述が問題になっている。沖縄戦の記述に問題があるこては、すでにこのブログでも紹介した。このたび、「琉球新報」が、なぜそういう記述になったのかを検証しようと、議事録の開示を求めたが、拒否さ ... » more
テーマ 歴博 琉球新報 オキナワ

過去と未来の間沖縄の声を聞こう!!
もうひとつ、作家の目取真氏のブログである。沖縄の最大公約数の声がここに集約されていると言ってもよいだろう。これも読んでいただきたい。http://blog.goo.ne.jp/awamori777/e/3056cb9d2ee0296 ... » more

過去と未来の間沖縄の声を聞こう!
私は今『琉球新報』を購読している。一日遅れで郵送されてくる。本土の新聞にはもう消えてなくなったジャーナリズムの精神が脈々と波打っている。こういう新聞は、今沖縄にしかない。今までインターネットで『琉球新聞』や『沖縄タイムス』を読んでいたが、実 ... » more

過去と未来の間信じられない鳩山政権
鳩山民主党政権の本質が、沖縄普天間問題を通して徐々にはっきりしてきている。なんと、鳩山政権は、普天間「代替施設」を辺野古に建設するために、くい打ちを強行するというのだ。4月25日、沖縄県民が、明確に県内移設はだめ!!と主張したの ... » more

過去と未来の間まったく言語道断
鳩山首相がやっと腹案を発表したと思ったら、なんだ「復案」ではないか。もとにもどって、やっぱり沖縄、それも辺野古。沖縄の痛みを全くわかっていなかった。小泉といっしょで、公約は守るためにあるのではないということだ。先日沖縄に行ったとき、 ... » more

これだけじらして、じらして、何だこんな案か。鳩山くん、君はだめ男だ!普天間基地の「移設」案がだされた。とにかく辺野古沖合に基地を新設して、訓練は徳之島?「読売新聞」によると、政府案は、〈1〉日米が2006年に合意した ... » more

過去と未来の間琉球新報
4月25日の沖縄の県民大会をインターネットで見続けた。その後、「琉球新報」のHPにアクセスしたら号外がPDFファイルで添付されていた。それを開いてみたら、欲しくなった。そこでメールで「琉球新報」を4月25日から号外も含めて欲しいと連絡し ... » more

県民大会決議基地なき島へ新たな始動/未来に誓った約束の重み2010年4月26日 「民主主義は与えられるものではなく、奪い勝ち取るもの」。日本の教科書にはないが、そんな歴史を沖縄県民は先人から学んだ。その教えと教訓が2 ... » more

 

最終更新日: 2016/11/19 03:03

「オキナワ」のブログ関連商品

» 「オキナワ」のブログレビュー をもっと探す

「オキナワ」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る