誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    国際関係

国際関係

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
親テーマ: 国際
類似テーマ: 国際関係 国際情勢 国際政治 国際問題
テーマ「国際関係」のブログを一覧表示!「国際関係」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「国際関係」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「国際関係」の記事を新着順に表示しています。(6ページ目)

重要影響事態の設定を前提とする集団的自衛権の行使は、地理的な周辺事態や物理的な武力攻撃事態にこだわらずに、アメリカや親密な国からの要請や支援のニーズに応じて、特定秘密条項も勘案しながら臨機応変に政府の判断によって『いつでも・どこにでも自衛隊 ... » more

安保法制改革の主眼は、自国が攻撃されなくても日本と密接な関係にある外国が攻撃を受けた場合に武力行使で支援できる『集団的自衛権の行使』、外国からの侵略やテロ、騒乱、大規模な自然災害、原子力発電所の事故など『重大緊急事態における政府の命令権の強 ... » more

大本営とは? 戦前の国策決定システム <大本営とは?戦前の国策決定システム>昭和の戦前史を理解するためには、大本営を中心にした当時の国策決定システムを理解しておくことが欠かせません。現在の政策決定システムとは根本的に異なります。諸外国(中国)のそれとも比較しました。併せてお ... » more

安保法制に関する党首討論を聞いていて国会議員に対して改めて情けなくなった。日本国を代表する首相がリスクが高まるかどうかという質問に対してまともに答えない。普通リスクは高まるが、それに対してこういう対策を取るとか、リスクは高まらないので対 ... » more

中東の液状化に対して日本はどのような戦略を持つべきか?というタイトルのくせに、その前段の「液状化」だけで長くなってしまった。戦略についてはこれから対米国、対中国と合わせて考える。日本は中東からの原油・天然ガスに輸入エネル ... » more

<年表シナ事変〜日米開戦まで>シナ事変(37年7月7日)から日米開戦(41年12月8日)までの重要な出来事を年表にしました。歴史事実は、原因→結果で繋がっていますので、時系列で理解するのが基本だ。日米開戦までの年表に限れば決定版と自負す ... » more

<5月分雑記開始>このコーナーでは、雑記・小ネタを、備忘録風に書いていきます。説明を要するテーマは独立スレッドとし、記事表題にはリンクを貼り記事インデックスを兼ねます。なお当サイトは、コメントフリー、リンクフリーです。どなたでも ... » more

一般の人々は誰も進んで戦争などしたくないのに、戦争をさせられたり戦争に巻き込まれたりするとしたら、それは『政治・国家・集団・軍需産業(ロビイスト)が無理やりに強制したり誘導したり教育しているから』という因果関係があるからというのは無理筋な推 ... » more

“憲法改正の是非”と“歴史を踏まえた立憲主義の理想”2:9条は空想的な平和主義か? 自民党の安倍政権が最も改革したい憲法は、『9条の平和主義・戦争放棄』と『3章の国民の権利及び義務』だと考えられるが、これらの一連の条文を改正することで、日米同盟・欧米主導の世界秩序における日本の安全保障上(軍事の後方支援)の協力と貢献を深め ... » more

“憲法改正の是非”と“日米同盟へのコミットメント”1:戦争含む緊急事態条項の強い権利制限 GWの憲法記念日には、政治家や識者、メディアを中心に改憲議論が盛んに行われた。今年は政府・自公政権が“改正国民投票法”を前提とする“憲法改正推進運動”を行っていることもあり、マスメディアの憲法に対する報道姿勢も従来のものとは変わってきている ... » more

安倍首相はアメリカの議会で得意満面にスピーチをした。歴代首相では初めてのことだそうだが日本ではまだ法案さえ提出されていないことをなんとアメリカの議会で言及し成立を力強く宣言した。これが何を意味するかを皆さんよくわかると思うのだがこれは日 ... » more

歴史 満州事変からシナ事変へ <歴史満州事変からシナ事変へ>1(満州事変の原因と背景)前回は、<歴史張作霖爆殺事件の背景>で満州事変直前の張作霖事件(28年6月)を紹介し、満州事変の背景を説明しました。満州事変の原因は、蒋介石の「北伐」によって、当時中華民国を代 ... » more

タイトルは刺激的だが私は安倍首相の言動、政府の動きを日本の将来のためにとても心配している。前回も集団的自衛権問題で触れたが日本にとって今回の再改定した「日米防衛協力の指針(ガイドライン)」は日本にとってはメリットがない。アメリカ ... » more

<歴史統帥権の独立とは>先日は、<歴史陸軍大臣と参謀総長どっちが偉い?>を書ました。読者(会社員30さん・うさぎ屋さん)のかたからの投稿で、やはり戦前の国家運営システムでの無視できない問題点は、「統帥権の独立」にあるように感じました。い ... » more

私は国際貢献のために日本人の血を流す必要はないと考える。安倍首相が勧める安保法制において、自衛隊は軍隊であり積極的平和主義のためにアメリカや国連などの要請があり国会の承認があれば世界中の戦地に出かけるとしている。以前と違って、戦 ... » more

ISISの極悪非道さを私は許せない。人類の遺産である文化財も偶像崇拝禁止(特にスンニ派が厳しい)を盾にとって壊し放題である。ムハンマドが生きていたらこれらの非道を許すだろうか。ISISに処刑された湯川遥菜さん、後藤健二さんに何の罪が ... » more

ちなみにこれは。 映画でも特撮でもない。とはいえ、一瞬終末物の映画の一場面かと思ってしまうような。これはチリ南部で40年以上ぶりに噴火したカルブコ火山が噴煙を吹きあげている様子。http://www.dailymail.co.uk ... » more
テーマ 国際情勢

回転猫目歴史儀英国製ようやく。
ようやく。 ヒラリー・クリントンさん、再来年の大統領選挙に正式出馬表明。http://www.bbc.com/news/world-us-canada-32275608?ocid=JP_NewsTWしかし、何かよほどのことでもな ... » more
テーマ 国際情勢

歴史 陸軍大臣と参謀総長どっちが偉い? <歴史陸軍大臣と参謀総長どっちが偉い?>副題)海軍大臣と軍令部総長どっちが偉い?1(先ず陸軍から)陸軍大臣は、大日本帝国陸軍の軍政機関・陸軍省の長官で、閣僚・国務大臣として天皇を輔弼しました。天皇によって現役※の陸軍大将または中将か ... » more

またまたEU内で火種というか。 しかしこれは何というのか、微妙にイヤガラセじゃないのかと思わないでもない。経済危機に陥ったギリシャでは、EUからの支援と引き換えに財政緊縮を求められていたのだが、それを巡ってのすったもんだの末に選挙が実施されたのだが、内閣が ... » more

「プーチンはアジアをめざす 激変する国際政治」(NHK出版新書) 下斗米伸夫著(NHK出版 799円 「プーチンはアジアをめざす激変する国際政治」(NHK出版新書) 下斗米伸夫著(NHK出版799円税込)プーチンはアジアをめざす―激変する国際政治 (NHK出版新書 448)NHK出版 下斗米 伸夫 Amazonアソシ ... » more
テーマ 下斗米伸夫 プーチンはアジアをめざす 激変する国際政 国際政治

歴史 華北分離工作とは!? <歴史華北分離工作とは!?>(総説)前回は、満州事変〜日米開戦までの歴史企画・第1弾として、満州事変の前提知識としての<歴史張作霖爆殺事件の背景>を書きました。第2弾は<歴史満州事変からシナ事変へ>、最終回として第3弾<歴史シナ事変 ... » more

<4月分雑記開始>このコーナーでは、雑記・小ネタを、備忘録風に書いていきます。説明を要するテーマは独立スレッドとし、記事表題にはリンクを貼り記事インデックスを兼ねます。なお当サイトは、コメントフリー、リンクフリーです。どなたでも ... » more

NPO法人マイスターネットにて、「ソフトパワー外交に向けて―日中関係における文化外交の役割と将来―」(2015年1月17日)と題し講演した http://meisternet.sakura.ne.jp/hp2/lecture/281-2 ... » more

<歴史対支二十一カ条要求とは!?>前回は、昭和戦前史第1弾として<歴史張作霖事件の背景>を書きましたが、この条約も、基礎知識として重要です。なお、最近は「対華二十一カ条要求」(1915年5月25日に条約として成立)といいます。この条約の ... » more

広島・長崎への核兵器攻撃から今年で70周年を迎えます。東西冷戦が終結して四半世紀となります。ところが依然として核爆弾がいつでも現役兵器として実戦配備を続けていることに、暗澹たる悲哀と失望を抱いています。核兵器は毒ガスや細菌兵器あるいは対人地 ... » more

歴史 張作霖事件の背景 <歴史張作霖爆殺事件の背景>(総説)日本史において、最も重要な時代とはどこだろうか!?それは、満州事変(1931年昭和6年9月)〜日米開戦(1941年昭和16年12月)までの歴史であることは疑いがありません。日米開戦〜終戦(昭和20 ... » more

『日本国と国際社会の平和と安定』のために活動する(米国以外の)他国部隊に対して、後方支援を行うための法整備の中心は『周辺事態法の改正』になってくる。IS(イスラム国)の人質事件と日本の安全保障の転換点1:テロとの戦いにどこまで関与す ... » more

IS(イスラム国)の人質事件と日本の安全保障の転換点1:テロとの戦いにどこまで関与するか 後藤健二さんと湯川遥菜さんが犠牲となるIS(イスラム国)による『邦人人質事件』が起きてから、日本の中東地域における安全保障政策と憲法解釈・自衛隊派遣の指針が大きな転換点を迎えつつある。一つはアメリカ以外の他国軍隊への後方支援の拡大であり、も ... » more

『地政学の逆襲 「影のCIA」が予測する覇権の世界地図』 ロバート・カプラン著(朝日新聞出版) 『地政学の逆襲「影のCIA」が予測する覇権の世界地図』 ロバート・カプラン著(朝日新聞出版3,024円税込)国際情勢を読み解くカギは'地理'にある!米情報機関「ストラトフォー」の主席アナリストによる、地政学分析の決定版。 ... » more
テーマ ロバート・カプラン 地政学の逆襲 国際政治

 

最終更新日: 2016/11/19 02:52

「国際関係」のブログ関連商品

» 「国際関係」のブログレビュー をもっと探す

「国際関係」ブログの人気商品

このテーマでブログを書く人がよく紹介している商品をチェックしよう!

そうだ難民しよう!  はすみとしこの世界 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル そうだ難民しよう! はすみとしこの世界
青林堂 はすみとしこ

Powered by ウェブリブログ商品ポータル

テーマのトップに戻る