誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    古代

古代

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
親テーマ: 歴史
類似テーマ: 古代 古代史
子テーマ: 古代遺跡 古代文明
テーマ「古代」のブログを一覧表示!「古代」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「古代」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「古代」の記事を新着順に表示しています。(8ページ目)

ザックリ 出雲の国譲り―@ スサノヲが高天原から追い出されて地上で放浪する 来月は社内シルバー旅行で、、出雲に行きますので、、少しお勉強します。古事記は、、、40天武天皇の企画された帝紀、旧辞の討覈の事業を、天武没後二十五年(和銅5年、DC712)に完成、、太安万侶が42元明(女)天皇の代に献上したもので、 ... » more
テーマ 古代史 歴史 神話

既に見てきたように、諏訪大社上社の神長官(神官の最高位)である守矢氏は古代イスラエル10部族の流れを汲む支族である可能性が非常に高いです。十間廊の寸法・方角が聖書の幕屋の記述にぴったり一致すること、その十間廊で行われた御頭祭が聖書のアブ ... » more

ミューゼスG岡山の旅
岡山の旅 先日岡山に行ってきました。仕事が月曜朝からで前日泊だったため、朝は早起きして現地入りし観光に充てました。大雨が降って天気は悪かったですが楽しめました。1.作山古墳全長が286mという巨大な前方後円墳で、丘陵を切り崩して整 ... » more
テーマ 古代史 旅行

大祓の国諏訪と古代イスラエル人A
タケミナカタ神が諏訪に逃亡するきっかけとなった国譲りも、古代イスラエル10部族の日本上陸を背景としているという説があります。だとすると、国譲りをさせたのも古代イスラエル人、諏訪の先住部族も古代イスラエル人ということになります。 ... » more
テーマ 古代史 雑記 文化

大祓の国諏訪と古代イスラエル人
諏訪には、縄文文化だけでなく、古代イスラエル文化も色濃く遺っています。例えば、上社前宮には「十間廊」という建物があります。この建物の長辺・短辺の寸法や建っている方角、更には至聖所の位置は、旧約聖書に書かれた「幕屋」(古代イスラエル人 ... » more
テーマ 古代史 雑記 文化

日本各地には、性をモチーフにした道祖神・石仏?が多く遺っており、また縄文の祭祀遺物として石棒があるように、上古、おそらく縄文時代には、素朴でおおらかな性の信仰があったと考えられます。それは、日本の神話にも反映されていて、イザナギ・イザナミ両 ... » more
テーマ 古代史 雑記 文化

Ban'ya明日香に「階段ピラミッド」
奈良県明日香村の都塚古墳が、階段状ピラミッドのような方墳だったことが判明した。奈良・明日香村の都塚古墳はや熱気、ファン続々16日に現地説明会産経新聞 8月15日(金)7時55分配信 http://headlines.yaho ... » more
テーマ 俳句 古代 海外

「終戦(もしくは敗戦)記念日」である。勿論、「玉音放送」が流れた8月15日を「終戦記念日」とすることには異論があるし、「終戦」によって「戦前」が本当に終わったのかも疑問の余地がある。しかし、「終戦」が日本にとっても歴史学にと ... » more

【古代−39】 「徳川の平和」との相違点・共通点を探ろう その5 「守護」と「地頭」はさすがに「古代」ではないかな。右手の「将軍」と左肘の「征夷大将軍」の違いは何だろう。貴族が華やかな王朝文化を受け継いでくれた雰囲気は伝わってきますが,ここで考えたいのは,そういう文 ... » more
テーマ 古代

【古代−38】 「徳川の平和」との相違点・共通点を探ろう その4 「藤原氏」が頭部にくるところが他と異なっている作品です。天皇は体の中心に。征夷大将軍や兵役など,軍事にかかわる内容が入っているのも特徴的ですね。「近世」には,「兵役」のしくみが変わります。百姓たちは, ... » more
テーマ 古代

【古代−37】 「徳川の平和」との相違点・共通点を探ろう その3 国を動かしているのは,貴族や武士,農民のようですね。武士と書物,儒教がつながっているのは,何となく「近世」っぽいですが・・・・。右腕は天平文化,左腕は都で育まれた文化を示したいのでしょうか。「書物」の位置は気 ... » more
テーマ 古代

【古代−36】 「徳川の平和」との相違点・共通点を探ろう その2 天皇が頭に位置している点は「その1」の作品と共通していますが,中心に「文化」があって,その周囲を天皇のほか,「貴族」「寺社」「仮名」がとりまいているというのが特色ですね。右足は「政治を支える」藤原氏, ... » more
テーマ 古代

【古代−35】 「徳川の平和」との相違点・共通点を探ろう その1 「徳川の平和」が長い期間,維持できた理由を,体の各部分を人々なり考え方なりにたとえて自分なりに作ってみてもらいましたが,古代という時代をふり返ってみて,同じように「国のかたち」を作ってみたとき,古代と近世とい ... » more
テーマ 古代

今、万葉集に熱中している。きっかけはいくつかある。例えば、柿本人麻呂の有名な「東の野にかぎろひの」の歌の最後の「月かたぶきぬ」の原文は「月西渡る」である。歌は詠み人の祈りであり、真剣な気持の表現である。その使っている言葉には詠み人の万感 ... » more
テーマ 古代史 万葉集

いっしょに遊ぼ!世界史のお勉強
世界史のお勉強 高校同期の友達4人で府立弥生文化博物館へ行ってきました。同博物館の夏期特別展として【遥かなるメソポタミア-時空を超えたヒトの営み-】というテーマで、いつもの「弥生文化」とは毛色の違ったテーマです。60年ほど前の高校時代、世界史で学ん ... » more

2014年7月26・27・28・29日訂正修正追記)季節は、大暑。大阪は、夏祭りの季節です。大阪平野の古地理変遷@約23000年前〜E約2100年前『大阪遺跡-出土品・遺構は語るなにわ発掘物語』大阪市文化財協会編2008年 ... » more
テーマ 古代史 世界認識 九州王朝  コメント(3)

三柱鳥居と三井 その謎--A 播磨から飛鳥を訪れた普洞王 「播磨」と言えば、、NHK大河ドラマ「黒田官兵衛」の出身地であるが、、、この近くには、、また、、秦氏の秦河勝の墓があり、、、更には聖徳太子の生誕地と言われ、、最初の斑鳩寺(播磨)を建立した地でもある、、、。斑鳩寺(播磨)---W ... » more
テーマ 古代史 歴史 秦氏

前項で述べたように、現在、新論文を全面改稿中である。これも前項で述べたが、前向きな作業なので実り多い。さて、こういう作業をしていると、思うのは次のことである。「こういう研究は大きな学会の報告なんかじゃできないよな。」言い ... » more

「続・読書日記(106)石部正志・藤田友冶・西田孝司共著 続・天皇陵を発掘せよ」 本書のタイトルは「○○せよ」と、アジビラ調になっているが、中身は、穏やかな「です。ます。調。」で、決して、アジビラ調ではない。 最近の考古学の方法は、科学的になっていて、例えば、古墳の中から石や金属、木片などが発見されると、それらの ... » more
テーマ 古代史 古墳

海の人々からの遺産 (ジャック・マイヨール)を読む あのグランブルーのジャック・マイヨールの本。「子供のころから好奇心の塊だった」という彼が海に魅かれたのは当然であったのだろう。確かに海は果てしなく、謎に満ちている。3部からなる。第1部はハバマ諸島の南ビミニ島の浅 ... » more
テーマ 太平洋 古代

井内誠司の学界時評新論文進捗状況
3月の「新論文進捗状況」で新論文の進捗状況をお知らせした。さて、その後、4か月近くが経過して、現状はどうなっているかというと…実はあまり進んでいないという状況である(苦笑)。とはいえ、これは歓迎すべき事態というのが当 ... » more

井内誠司の学界時評「古田問題」補遺
最近は「古田ファン」からも認知を頂いたようで、コメント欄も活況を呈している本ブログである。とは言え、実態は昨日(6/24)、4件のコメントがあったに過ぎないが(笑い)、本ブログでは空前であり、現状では絶後の可能性が高い(笑い)。 ... » more

何と、前項の「『古田史学』と『排外主義』」で「右翼」の人からコメントを頂いた。私にとっては初めての経験である(ドキドキ)。と言うわけで、今回はコメントを頂いた暴走若人氏へ返信を。なお、返信では暴走若人氏が「先生」と呼 ... » more

ミューゼスG古代大和に想う
先日NHKの”歴史ヒストリア”という番組で卑弥呼の特集をやっていました。NHKの番組では近年重要な発掘が相次いでいる奈良県纒向を、”卑弥呼の拠点”として扱うことが多いですが、今回はその卑弥呼の出自を九州とする仮説に基づく内容でした。 ... » more
テーマ 古代史

「古田史学」普及と「排外主義」 今回から、「『古田史学』普及問題」につき、今まで書き漏らしてきたことを2点ほど。今回は「古田史学」普及と「排外主義」について。このキャンペーンでは趣旨説明で「『古田史学』普及が国内外の差別・軋轢の助長につながるという趣旨のこ ... » more

一部〜6月12日+14日追記)今回は、インパクトのある画像から始めます。TV番組ー歴史秘話ヒストリア・『女王・卑弥呼はどこから来た?−−最新研究から読み解く二つの都の物語』参考サイト↓<http://www.nhk.or.jp/ ... » more
テーマ 志について 古代史 世界認識  コメント(4)

三柱鳥居と三井 その謎--@ 大避神社 -------Wiki-------■大避神社(おおさけじんじゃ)大避神社(おおさけじんじゃ)は、兵庫県赤穂市坂越(さこし)にある神社。祭神[編集]大避大神 天照皇大神春日大神秦氏は、6世紀頃に朝 ... » more
テーマ 古代史 歴史 秦氏

「埼玉新聞」2014年6月2日付け記事に「古代漆幻想」 「埼玉新聞」2014年6月2日(月)付けに、さいたま市の南鴻沼遺跡についての夏石番矢署名記事が掲載されたらしい。「埼玉新聞」は購読しているが、妻も私も見逃してしまい、妻が資源ゴミとして出してしまった。2日は、私の腰と足の筋肉痛騒ぎが続き、気 ... » more

(前項の続き)今回は「キャンペーン」に対する「反対意見」について、当方の見解と対応を。(1)「積極的反対意見」、(2)「消極的反対意見」を問わず、「反対意見」の問題として指摘できるのは、「古田史学」普及の弊害を克服するための具体 ... » more

【歴史上の人物−11】 太安万侶 『古事記』がどのような経歴をもつ人物によってかたちになったのか,調べてみたくなったのはなぜでしょう。私が調べてみて「おっ」と思ったのは,1911年(明治44年)に上の位を贈られていることですね。従四位下で死去したのち ... » more
テーマ 古代 調べ学習シート 歴史上の人物

 

最終更新日: 2017/02/08 16:21

「古代」のブログ関連商品

» 「古代」のブログレビュー をもっと探す

「古代」ブログの人気商品

このテーマでブログを書く人がよく紹介している商品をチェックしよう!

ローマ人の物語〈24〉賢帝の世紀〈上〉 (新潮文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル ローマ人の物語〈24〉賢帝の世紀〈上〉 (新潮文庫)
新潮社 塩野 七生

Powered by ウェブリブログ商品ポータル

「古代」ブログのユーザランキング

Ban'ya 2 位.
Ban'ya

テーマのトップに戻る