誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    古代

古代

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
親テーマ: 歴史
類似テーマ: 古代 古代史
子テーマ: 古代遺跡 古代文明
テーマ「古代」のブログを一覧表示!「古代」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「古代」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「古代」の記事を新着順に表示しています。(5ページ目)

歴史学16団体の「慰安婦問題」声明ー意義が伝わっているか?−(3) (前項の続き)次に問題点の(2)声明の意義が十分、伝わっていないについて。この声明の意義は16の歴史学関係団体が共同で声明を出した点にあろう。正直な話、団体のなかでは規模の点でどうかと思うものもある。例えば、16 ... » more
テーマ 古代史 歴史 政治

日本の聖なる石を訪ねて(須田郡司) 旅をしていると、時々何か意味のありそうな大きな岩や、明らかに古の人が何かの意図を持って積み上げた石造物によく出会うことがある。その多くは、存在意味は分からないが、しばらく佇むと何かを語りかけてくるのは事実である。 ... » more
テーマ 古代

少しトンデモ説を書きたいと思います。日本をいろいろな場面で守った国魂は、日本文明という人類の至宝を残すために、日本人の歴史に介入してきた地球的存在であろうと思います。古代イスラエル人の先祖が日本から今のイスラエルの地に渡 ... » more
テーマ 古代史 雑記 文化

継体天皇の権力基盤百済が北半分を高句麗に奪われたので、任那の四県の割譲を日本に求め、継体天皇と大伴金村が、これを了承して、西暦512年に、百済に割譲しました。これについては、様々な解釈が存在し得る難問です。読み方によって ... » more
テーマ 古代史 雑記 文化

魏志倭人伝では、女王国(邪馬台国)に服属していない国として狗奴国のことが記述されていますが、この狗奴国というのはクマ国(球磨国)ではないかと思います。南九州の熊襲とは違い、肥後地方です。狗奴国の長はククチヒコと書かれていますが、肥後の菊 ... » more
テーマ 古代史 雑記 文化

大祓の国縄文人とユダヤ人
ずっと以前の記事で、古代イスラエル人が日本に渡来したと書きました。最近の記事では、男系遺伝子であるY染色体の最近の研究成果から、古代イスラエル人の渡来が、あたかもなく、縄文系と江南系の混血が日本人であるかのように書いています。ま ... » more
テーマ 古代史 雑記 文化

ベレー帽通信 WEST古代翡翠をめぐる謎
古代翡翠をめぐる謎 日本古代史で鉱石利用というに、黒曜石に並んで思い浮かぶのは翡翠である。糸魚川へ翡翠の謎を探る旅の前に予備知識として整理する。古代勾玉(まがたま)ストラップ 根付 ヒスイ [翡翠 Jadeite]野津めのう店 Amazon ... » more
テーマ 地学 古代

2015年8月6日追記)【高尾山古墳:撤去方針を沼津市長が撤回】毎日新聞2015年08月06日20時04分↓のコメント欄に毎日Webからのニュースをコピー貼り付けました。・・・・・・・・・・・・・・・・・・夏至の6月22 ... » more
テーマ 志について 古代史 世界認識  コメント(2)

(前項の続き)デモに参加したり、依頼原稿に追われたりで更新が遅くなりがちですが、ご理解ください。さて、「歴史学16団体の『慰安婦問題』声明」であるが、私の立場の大前提は次の点である。幅広い団体で共同声明を出した点を評価するすなわ ... » more
テーマ 古代史 歴史 政治

西暦4世紀頃から九州各地に装飾古墳を残したのは、竹内宿禰系と関わりの深い倭人豪族だと思います。装飾古墳は半島の影響だと主張する、何でも大陸から渡来したという固定観念に固まった人たちもいますが、日本の装飾古墳は、半島の装飾古墳とは ... » more
テーマ 古代史 雑記 文化

継体天皇と磐井の乱(浮かび上がる大陸不介入路線)継体天皇は、高句麗と近い関係にありますが、これは高句麗と敵対していた半島倭人・九州倭人ではない勢力であったため、高句麗が擦り寄ったと考えられます。ただ、以下のことを考えると、関係は ... » more

日本が半島南部を守るために高句麗としばしば戦争していた西暦4世紀末〜5世紀当時、日本の朝廷内でも、半島倭人か、半島倭人と繋がる豪族は、鉄を背景にした圧倒的な経済力で、朝廷内で非常に大きな力を有していたと考えられます。その豪族とは ... » more
テーマ 古代史 雑記 文化

大祓の国新羅の興隆と半島倭人
新羅は、西暦532年に金官加羅国(金海)を征圧したあたりから、急発展しました。その20年後くらいから、高句麗や百済に果敢に攻め込み、領土を獲得しています。少し前には、新羅が高句麗に攻め込むなど考えられなかったことです。これは、洛東江 ... » more
テーマ 古代史 雑記

古代遺跡をめぐる18の旅(関裕二) 古代遺跡はいわゆる旅行書ガイドブックには載っていない。筆者が言うように、近くに行きながら後で見逃していたことを知ってほぞをかむこともなる。見るべき遺跡を紹介してくれている。すでに行った遺跡もあるが、行きたい遺跡もある。 ... » more
テーマ 古代製鉄 古代

大祓の国上古、古代もついていた日本
前漢帝国は、武帝の軍事的拡大路線の末に財政難に陥り、また、あまり版図が広がると帝国維持のための統治コストが馬鹿にならなくなるためだと思いますが、四郡より南へは拡大しませんでした。少し突っ込んで考えると、これは、四郡周辺には(亡命漢人 ... » more
テーマ 古代史 雑記 文化

私は日本の古代史に興味があって関連の本をよく読みますが、それについて思うことを書きます。自分の中で日本の古代史とは弥生中期以降から古墳時代というイメージですが、この時代は国内では文字文化が殆んどなく記録は中国の国史の一部の記述を頼る ... » more
テーマ 古代史

コリア人の侵略性・略奪性の由来は、主としてY染色体O3グループだと考えられます。ツングース系(Cグループ)も、古代に粛慎(みしはせ)が日本の北陸地方を侵略し、また、11世紀には女真族とされる刀伊の入寇があり、世界史で有名なところでは ... » more
テーマ 古代史 雑記 政治

檀君神話とは、13世紀末、高麗の三国遺事に初出の神話であり、古朝鮮の初代王・王倹は天神桓因の庶子桓雄と熊との間に生まれたと伝えられます。熊は一定の約束を守れたので人になれて、虎は守れなかったので虎のままだったというサブストーリーも興味深 ... » more
テーマ 古代史 雑記 文化

朝鮮半島南部の韓地域(後にそれぞれ百済・新羅となる馬韓・辰韓)は、前漢の流民が流れてきて、社会の中核を形成したと考えられます。この地域を表す漢字について、中華思想のチャイナにはめずらしく、卑字を当てない理由の一つに、彼等が漢民族の流れである ... » more

私の知人で会社を早期退職後、歴史学研究会(以下、「歴研」)に入会したという奇特な人がいる。元企業人であるから、当然、研究者ではないのだが、会費を払って毎月、学術専門誌を購読しようというのである。その上、この人、大会にも参加す ... » more
テーマ 古代史 歴史 政治

いっしょに遊ぼ!古代史のお勉強
古代史のお勉強 先月23日に弥生文化博物館に行ってきたいつもの同級生、ニシダさん、エノモトさん、イカリさんと4人で「近つ飛鳥博物館」へ古代史のお勉強に行ってきました。今回の春季特別展のテーマは「古代出雲とヤマト王権」です。いつものように11時、いつ ... » more

(前項の続き)前項で述べたように、『歴史と民族の発見』と共産党の「武装闘争」との関連は(a)著作集版(b)平凡社ライブラリー版のいずれの「解説」も基本的には触れていない((a)に若干言及があるのみ)。それどころか、(b)平凡社ラ ... » more
テーマ 古代史 歴史 政治

韓国人は、日本人と似た面も少しはあるが、民族的に異なる出自の遺伝子の方が多い。つまり、太古からの文化土壌は違う度合いが大きく、異なる思考形態をとりがち。ミトコンドリアDNAが示唆する母系の縄文人や、水田稲作の伝播ルートから推測できる江南 ... » more
テーマ 古代史 雑記 文化

大祓の国タミル
タミル ≒ 長江文明 ... » more
テーマ 古代史 雑記 文化

大祓の国アジアの連帯なる幻想
アジアの連帯は、幻想に過ぎない。人種差別の華夷思想、柵封主義の幻想に囚われた北方チャイナ(チャイナ政権とコリア)と、それへの抵抗、合従連衡が、モンスーンアジアの歴史の真実。ツボは、日本と長江の両文明。 ... » more
テーマ 古代史 雑記 政治

大祓の国今後のアジア
黄河文明圏と長江文明圏の相克前者 = 北方チャイナ ➕ コリア後者 = 南方チャイナ ➕ 東南アジア ➕ 日本 ➕ 南インド前者と後者の相克に起因して、チャイナ分裂 ... » more
テーマ 古代史 雑記 文化

縄文 ➕ 長江 = 弥生弥生 ➕ イスラエル = 上古日本上古日本 ✖️ 秦(キリスト) = 日本日本基礎型 = (縄文➕長江➕イスラエル) ... » more
テーマ 古代史 雑記 文化

BC10Cの日本最古の水田稲作遺跡である菜畑遺跡には縄文土器しかなく、水田稲作技術を習得した縄文人の集落と考えるのが妥当です。日本最古なわけですから、このことは、縄文人が水田稲作を運んだということを示しています。それでは、当時の縄文 ... » more
テーマ 古代史 雑記 歴史

石母田正『歴史と民族の発見』を読むー用をなさない「解説」−(4) (前項の続き)石母田が『歴史と民族の発見』で先鋭化させた「国民的歴史学運動」と共産党の「武装闘争路線」との関係を考える上で留意すべき点は次の二点である。第一は、「国民的歴史学運動」の参加者全員が共産党の路線に呼応していたわけでは ... » more
テーマ 古代史 歴史 政治

ベレー帽通信 WEST星地名とは何か
星地名とは何か 星の付く地名は、何か意味ありげで気になっていた。星地名は、縄文人が移動する際のコンパスの中心となる地であるという。つまり、ランドマークとなる6つの山を結ぶ対角線3線の交点にあるのが星地名で、縄文人にとって特異な場所として ... » more
テーマ 縄文 古代 地図

 

最終更新日: 2017/02/08 16:21

「古代」のブログ関連商品

» 「古代」のブログレビュー をもっと探す

「古代」ブログの人気商品

このテーマでブログを書く人がよく紹介している商品をチェックしよう!

ローマ人の物語〈24〉賢帝の世紀〈上〉 (新潮文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル ローマ人の物語〈24〉賢帝の世紀〈上〉 (新潮文庫)
新潮社 塩野 七生

Powered by ウェブリブログ商品ポータル

「古代」ブログのユーザランキング

Ban'ya 2 位.
Ban'ya

テーマのトップに戻る