誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    下関

下関

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「下関」のブログを一覧表示!「下関」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「下関」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「下関」の記事を新着順に表示しています。(8ページ目)

邪馬台国 下関福江の林
万葉集19福江の林林には砂丘があった。 砂丘のスカ⇒須賀⇒清⇒菅⇒菅原道真 と転化した。万葉集20早鞆自動車学校の紫野地形的に獲物を岬に追いこみやすい。安岡漁港の蛭子社は狩りを記念して建てられている。野守がいる。 ... » more
テーマ 下関

邪馬台国 下関景行天皇の遠征 下関
周芳の娑麼― 土井ヶ浜埋葬遺跡。「娑麼」 の字は死者の仏教風だ。豊前国の長峡県京― 倭国の首都は神玉。 斉明紀の長津は矢玉か日向国子湯県丹裳小野― 津波敷温泉筑紫国夷守― 永田本町の海上自衛隊基地藤原広嗣の乱 ... » more
テーマ 下関

邪馬台国 下関日本武尊 農耕指導地
黒井村郷土史の中に谷ヶ浜紺屋善助文書(やつがはま こんやぜんすけ) なるものが発見され、その中に「日本武尊 農耕指導地」 なる一文がある。ヤマトタケルの命の穴戸の神の説伏に関連するものとして紹介する。「長門国名勝記」 に安須 ... » more
テーマ 下関 当ブログの注意書き

邪馬台国 下関土井ヶ浜遺跡 の 鵜飼
Wikipedia土井ヶ浜遺跡より鵜を抱く女1953年の第1次調査で壮年の女性人骨で、胸部から鳥の骨が検出されたことから鳥を抱いて埋葬されたものと考えられている(1号人骨)。 弥生時代の人々は、鳥を神の国と人の世を仲立ちする ... » more
テーマ 下関

邪馬台国 下関豊北町  2
藤原広嗣の乱天平12年 (740)大野東人佐伯常人「常」 の字は常世郷で、土井ヶ浜埋葬遺跡周辺の人阿部虫麻呂「虫」 の字より矢玉の人額田部直広麻呂「広」 の字より土井ヶ浜に近い広田の人藤原広嗣も広田の人か ... » more
テーマ 下関

邪馬台国 下関豊北町 地名
高木山国土地理院地図によれば高(こう)⇒ 高木神直子直入物部神 ?景行12年10月文庫書紀(二)P72※ 大直禰子命 (大田田根子)製塩遺跡志我神?・・・・ 今宮遺跡二見@考三重県の伊勢に同地名がある⇒ 伊勢王不 ... » more
テーマ 下関

邪馬台国 下関豊北町
斉明7年正月6日(四)巻P368※ 「筑紫」 という記述はない ?大伯海※ 倭は呉の太伯の後裔大田姫皇女伊予熟田津の石湯行宮還りて、娜大津※ 「那」 の字ではない。磐瀬行宮 (長津)朝倉橘広庭宮耽羅 (済州島 ... » more
テーマ 下関

邪馬台国 下関御斉祭
近郊の御斉祭(おいみさい) 伝承についてよしみ史誌P541龍王神社の御斉祭は毎年12月9日夕刻より15日正午まで御斉祭を行っている(・・・いた) 地域下関市(鳥越山以南の旧市を除く)勝山 ・ 長府 ・ ... » more
テーマ 下関

邪馬台国 下関ピンピン山
「カンスコロベエ」 と呼ばれる、正体不明のお化けの噺が各地にある。長安線が県道になったのが大正12年である。昔、安岡の漁師の女たちが長府への行商の道は、工業高校の真ん中を通り (当時は砂山に小松の茂った所)、斜め ... » more
テーマ 下関

邪馬台国 下関福江 野地
地主神社(竜王神社)やすおか史誌P606 福江の宮 奥寺811番地 祭神大山祇神 (大山津見)・・・・ 山を受け持つ神 祭礼は福江八幡宮の祭礼の翌日に同じように行われた 「豊浦藩浦明細書」奥の院へ松林 8丁上る とあ ... » more
テーマ 下関

邪馬台国 下関竜王山  鋤先山
竜王山 は安岡・吉見・内日の村境に聳え、西の尾根は竜王神社の上宮にして、南の尾根は影山に至る、又中の尾根は福江・舟越の境をなして、標高614メートルの山である。鋤先山すきア山・男岳 防長地下上申に 男(お ... » more
テーマ 下関 当ブログの注意書き

伊勢、河内、尾張などは複数箇所ある。地名場所は複数ある。讃岐万葉集5讃岐国安益郡軍王安益(あや)綾羅木軍「武」 「建」は素戔嗚尊の綾羅木川の流域とみた。 「軍」も同じ建御名方神社 (綾羅木村の東方 ... » more
テーマ 下関

筑紫日向は永田本町である。笠紗加茂島曲浦小字 「和田」椎根津彦、塩椎神小字 「椎原」吉見本町の町民館・老人憩の家あたり速吸之門は永田川の河口で、入り浜式塩田の満ち引き広島の宮島で海中の鳥居が立つ場所が ... » more
テーマ 下関

邪馬台国 下関洞窟  滝
旧下関市域洞窟老僧岩後ろの山は銅山といわれる垢田 鼻ヅラの岩穴往古住吉神社はお祓い祭事を毎年やっていた大久保吉見古宿の大久保の穴に神功皇后が武器を隠した竜王山中腹の御堂岩の岩陰福江の因幡松伝説吉母御崎の渕ヶ谷 ... » more
テーマ 下関

邪馬台国 下関尾張 清(すが)
尾張は吉見温泉センターではなくて、福江の方向にある。崇神 元年2月16日岩波文庫日本書紀(一)P276尾張大海媛「大海」 より海岸の人吉見の尾崎古墳から福江方面を遠く望んで見える場所が尾張なので、横野八幡宮 か 安岡 ... » more
テーマ 下関

やすおか史誌福江P15竜王山が南西に傾斜して海に入る地域で日照は絶好であり昔から野菜の産地であった「日本の国防」 とは何か日本、日の本、「日」 の場所は福江の大塚でした。大塚の川を神明川という。防長地下上 ... » more
テーマ 下関

やすおか史誌やすおか史誌編輯委員会平成2年久留見瀬 についてP847近年 「久留見瀬」 について、「玄海王」 なる説話が流布されているが、是は伝説でも何でもない。創作である。 作者は佐藤治氏。昭和36年頃であったか ... » more
テーマ 下関

邪馬台国 下関龍宮島物語  1
いまから2千年前の大昔のこと、安岡の 北 福 江 というところの沖合に、龍宮島という島国があり、玄海王という王様が支配していました。玄海王は大変わがままな王様で、なんでも自分の思い通りにならないと、すぐ家来たちの首をはねてしまいます ... » more
テーマ 下関

邪馬台国 下関龍宮島物語  2
このとき、久留見のようすを望楼の上で見ていた男がいました。それは、望楼の築造を玄海王から命ぜられたくらいの高い家来で、久留見の美しさが人なみすぐれているので、王様の奥方にしようと考えました。そこで、悲しみに泣きくずれている久 ... » more
テーマ 下関

広辞苑によれば、神明 (しんめい) は天照大神のこと。神明といえば、崇神天皇 7年2月15日岩波文庫日本書紀(一)P278神明倭迹迹日百襲姫命もいる。同ページ故、天照大神を以ては、豊鍬入姫命に託けまつりて、倭 ... » more
テーマ 下関

旧下関市域で 「赤」 の地名赤間町中世は中国にも知られていた港町紅石公園赤間神宮の裏、宮田町 1丁目「紅紫山」 「赤岸」関後地にある小字垢田赤土地帯である赤田代内日上「明田代」 とも書かれた阿 ... » more
テーマ 下関

邪馬台国 下関梶栗の 三つの池
梶栗集落の周辺に古い三つの井戸がある。地名に因み、三田(さんだ)、サナグチ、久保の池と呼ぶ。三田、久保の池は径 1メートルの円筒形、サナ口の井戸は上辺縦 1メートル、横 1・5メートルで水面まで深さ 1・2メートル、いずれも自然 ... » more
テーマ 下関

邪馬台国 下関安岡八幡宮  メモ
安岡八幡宮はもと、冨任の下関工業高校の敷地内にあり、神田、神田古宮の地名が残る。 安岡浜宮と称した。安岡八幡宮内の住吉社は昔、安岡上げ田渕にあり、「浪寄せ住吉」 と呼ばれていた。境内東側馬場付近には横穴があったといわれて ... » more
テーマ 下関

邪馬台国 下関因幡松
因幡松(大塚にあり)やすおか史誌P783「地下上申」 「安岡郷土誌」文治中 (1185 〜)一山因幡と申す仁当所にて落来り意趣は不存候ヘ共跡より追手掛り右の所にて討たれ申候。その死霊当所に禍ひをなし申候と相伝へ候。そ ... » more
テーマ 下関

邪馬台国 下関福江  2
やすおか史誌よりかつて竜王山御堂岩に慈光寺尊像があったP677御堂岩の岩陰P784⇒ 天の石屋 (天の石窟) か ?細江の日和山は実は月和山で、伊崎の現在海洋無線塔のある山が日和山である。「身投岩」も彦島の小戸と ... » more
テーマ 下関

邪馬台国 下関福江の古社
やすおか史誌平成2年P604 〜 607伊勢神宮福江八幡宮境内祭神天照大神須佐之男尊稲田姫命山王社 (日吉神社)林畔の宮畑代160番地林の迫祭神大山咋命猿田彦命人丸神社福江迫85番地(通称 ... » more
テーマ 下関

邪馬台国 下関福江
福江は全国に多くある地名で、「吹き江」 であろうとする推定が正しいと思う。馬渡り河の末端は深い入江となり、近年迠蘆の立ちこんだ沼地があった。北風の強く当たる北浦海岸の中で福江は特に激しく、響灘の風に吹かれる。今 ... » more
テーマ 下関

邪馬台国 下関柿本人麻呂  吉見説
記紀・万葉の場所は だいたいみな吉見。記紀・万葉にある神様・人名はみな吉見の人である。柿本人麻呂は吉見の 柿ヶ迫堤 の人で、その場所の石見国から見える和多豆は永田の小字 「和田」 である。柿ヶ迫堤の西に小字 「山の神 ... » more
テーマ 下関

邪馬台国 下関隋書倭国伝 の 臣名
裴世清一行を出迎えた倭国の臣阿輩台 (何輩台)― 訓読みで ナニワ哥多田比― 訓読みで ウタオオイ漢字が凝っている。音読みで、淡路、大田、川棚片田 (住吉神社の東) ... » more
テーマ 下関

邪馬台国 下関龍王神社 の 社伝説
日本の古典である記紀・万葉は吉見の龍王神社の社伝ではないか。つまり、だいたい全部が吉見のハナシでしたというワケ。記紀万葉を解明する鍵は吉見温泉だ。万葉集 5 の歌中の 「卜」(うら) の字が気になる。卜占をし ... » more
テーマ 下関

 

最終更新日: 2016/11/19 02:47

「下関」のブログ関連商品

» 「下関」のブログレビュー をもっと探す

「下関」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る