誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    下関

下関

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「下関」のブログを一覧表示!「下関」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「下関」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「下関」の記事を新着順に表示しています。(6ページ目)

邪馬台国 下関越の角鹿は 油谷町 説
越の遠の朝廷万葉集4011万葉集4113久富の小字 「太宰ヶ浴」・・・・ 越国の遠の朝廷の場所 !!!!場所は荒人の近く。荒人には遺跡がある。サイト 「遺跡ウォーカー」 参照せよ荒人は都努我阿羅斯等の転訛か。 ... » more
テーマ 下関 長門

邪馬台国 下関越の角鹿は 六連島 説
紀国は小倉の木町だから、淡路屯倉は近い。山海経海外東経の 朝陽の谷天呉 「谷」 は関門海峡をさす。 「両水」 は関門海峡を挟んで、響灘と周防灘とみる。 彦島と竹アとの間の小瀬戸は天川とも呼ばれた。 「天呉」 ... » more
テーマ 北九州市 下関

邪馬台国 下関万葉集 耳無の池
万葉集3788耳無の 池し恨めし 我妹子が 来つつ潜かば 水は涸れなむ耳無の池は恨めしい。あの娘が来て身を投げたら、水は涸れてほしかったなあ。この耳無の池は河童伝説がある石原の池である。河童は川や池に近づいた ... » more
テーマ 佐世保 下関

邪馬台国 下関赤田代の 五年神神事
下関市 内日上 赤田代に、五年神神事が伝わる。ゴネンガミの祭り場を「百合野」(ユリノ) という。ゴネンガミの御神木は蔓(つる) が巻きついたトリモチの樹である。ゴネンガミは女の神様で、大変醜い顔立ちであり、そのため、祭り ... » more
テーマ 下関

紀国は南小倉駅の木町木町『おもしろ地名北九州事典』文理閣1997年P75細川忠興が1600(慶長5) 年小倉に入部、同7年、小倉城築城にかかったとき、木材をここに集積、調達した。木挽きや大工が住みつき木町。また一説に、町 ... » more
テーマ 北九州市 下関

邪馬台国 下関難波は 門司の大里
記紀・万葉を読めば、難波に出るには日下の直越えを通らねばならないので、難波津は要害の地である。小倉城周辺の紫川の下流には日下の直越えに該当する地形はない。難波宮は門司の大里(だいり) にあった。理由@門司の大里( ... » more
テーマ 北九州市 下関

邪馬台国 下関神功皇后  難波
神功皇后摂政2年2月岩波文庫日本書紀(二)P158乃ち詳りて天皇の為に陵を作るまねにして、播磨に詣りて山陵を赤石に興つ。仍りて船を編みて淡路島に絚して、其の嶋の石を運びて造る。則ち人毎に兵を取らしめ ... » more
テーマ 北九州市 下関

邪馬台国 下関小倉城 難波説
神功皇后摂政元年2月岩波文庫日本書紀(二)P160横に南海より出でて、紀伊水門に泊らしむ。即ち山背根子が女葉山媛を以て祭はしむ。南紀伊国に詣りまして、太子に日高に会ひぬ。群臣と議及りて、遂に忍熊王を攻めむ ... » more
テーマ 北九州市 下関

邪馬台国 下関穴門 再考
額田部連・葛城直葛城は孔大寺山額田は岡垣町の糠塚か。穴門工匠河内馬飼首押勝工匠鉄製工具類が多く出土する古墳は福津市 津屋崎 の奴山古墳群である。押勝は秦河勝と名前が似ている。宮地嶽神社の祭神は ... » more
テーマ 福岡市周辺 下関

邪馬台国 下関穴門  日本書紀
岩波文庫日本書紀(三)P328欽明天皇22年22年に、新羅、久礼叱及伐干を遣して、調賦貢る。司賓饗遇たまふ礼の数、常に減る。及伐干、忿り恨みて罷りぬ。是歳、復奴氐大舎を遣して、前の調賦を献る。 ... » more
テーマ 下関

蒲生野山田の竹生観音縁起によれば、竹生観音の開祖である奈良東大寺僧の金実中が黒井海岸の松林に小屋を建てて読経していたら、西の海から天女たちが乗った船が来た ・・・・天女たちは蓬莱島である蓋井島から来たのだろう。 ... » more
テーマ 下関

邪馬台国 下関不老不死の島 蓋井島
扶桑の木は蓋井島に群落がある常緑の ヒゼンマユミ だ。Google で検索せよ。【 ヒゼンマユミがん細胞増殖を抑制 】2011年11月15日 のニュース徳島文理大学の生薬学グループによる研究で ヒゼンマユミの実 に、 ... » more
テーマ 下関

邪馬台国 下関秋根遺跡 の スライド
「秋根遺跡の価値は竪穴住居の間に掘られた溝から出た土師器ですよ。 山陰(島根、鳥取) のものと福岡、北九州のものと ここで焼かれた土器が同じ場所から出土していることで、古代史上、出雲と九州が連なっていたことを示します。・・・・」 ... » more
テーマ 下関

邪馬台国 下関野馬台
続日本後紀(下)講談社学術文庫P326嘉祥2年3月26日野馬台下関市吉母御崎 淵ヶ谷 の丸山に野生馬がいた。「野馬」 は野生馬を表す。P327不老不死の仙境である常世島は蓋井島である。 浦島太郎は ... » more
テーマ 下関 豊前

邪馬台国 下関蓋井島 の 八幡宮
祭神応神天皇神功皇后住吉荒魂大神 (境内社)水波能売神 (水ノ明神社 − 俗に若宮社ともいう)創建は後小松天皇の応永2年3月といわれる。創立前は岩戸(住吉荒魂神鎮祭の所) で氏神として、現在の八幡宮の社地に当る所 ... » more
テーマ 下関

邪馬台国 下関吉母御崎 の 野生馬
高天原は綾羅木川上流 説 の欠点綾羅木川の上流には天の真名井に該当する名水がない。高天原には天斑駒(古事記では天斑馬) がいる。高天原は吉母の御崎・蓋井島 説高天原の場所は吉母の御崎である。 淵ヶ谷にある小洞窟が ... » more
テーマ 下関

邪馬台国 下関穴戸 は 吉母の御崎 説
日本後紀にある長門国の外島を蓋井島とみる。長門の場所は蓋井島・吉母の御崎のあたりとみた。下関で 洞窟がある場所 は、@小野の老僧岩A吉母の御崎に銅を掘った跡といわれる洞窟が2か所あるB彦島西山町3丁目の鬼穴(海の ... » more
テーマ 下関

邪馬台国 下関女国
『 扶桑国は関西にあった 』いき一郎著葦書房1995年P157梁書沙門の慧深が言うには、扶桑国の東千余里(東70キロ)に女国がある。P181後漢書東夷伝東沃沮条海中に女国がある。男はいない。あるいは伝える。そ ... » more
テーマ 福岡市周辺 下関

邪馬台国 下関天照大神の 伊勢
講談社学術文庫日本後紀(下)P190集英社日本後紀P879淳和天皇天長元年9月10日天皇のお言葉として、口にするのも憚られる恐れ多い伊勢神宮の御前に言上致します、と申し上げます。多気の斎宮は大神宮から遠く離れていて、 ... » more
テーマ 下関

邪馬台国 下関草壁連醜経 の 「醜」
「醜」 の字は何を表すか@考葦原醜男で、大国主神に通じる。岩波文庫日本書紀(一)P103注釈シコは、善きにも悪しきにも、頑丈で強いこと。従ってシコ男は、強い男の意。A考漢和辞典に載る「醜」の意味手元にある古い ... » more
テーマ 下関 当ブログの注意書き

日本書紀雄略天皇 6年2月4日岩波文庫日本書紀(三)P42天皇、泊瀬の小野に遊びたまふ。山野の体勢を観して、慨然みて感を興して歌して曰はく、隠国の泊瀬の山は出で立ちのよろしき山走り出のよろしき山の 隠国の泊瀬 ... » more
テーマ 下関

邪馬台国 下関穴門
下関の古代地名の穴門は関門海峡に因むという。明治以前の関門海峡は岩礁が多くて今より狭かった。九州の門司側は穴門とはいわない。天石窟がある場所に由来する説、大穴牟遅神の国に由来する説もある。神夏磯媛、熊鰐、五十迹手が天磐戸 ... » more
テーマ 北九州市 下関

邪馬台国 下関備前 邑久郡
続日本紀A427聖武天皇天平15年5月備前国言さく、「邑久郡新羅邑久浦に大魚52隻漂着す。 長さ2丈3尺已下 1丈2尺已上なり。 皮薄きこと紙の如く、眼は米粒に似たり。 声鹿の鳴くが如し。 故老皆云はく、「嘗て聞かず」 といふ」 ... » more
テーマ 下関 岡山

初冬の門司・山口への旅 下関編 巌流島へ上陸後、一度、門司港に戻り、小倉までレンタカーを借りに行きます。帰りも小倉駅から新幹線に乗ることを考慮すると、小倉駅で借りるのが便利だと思いました。小倉でレンタカーを借りて、そのまま下関まで行きました。下関側から見た関門 ... » more

邪馬台国 下関下関市  勝山
記紀・万葉の吉野は奈良県でなく下関市の小野である。日本書紀雄略天皇 6年2月岩波文庫日本書紀(三)P42隠国の泊瀬の山道小野小野という地名はあちこちある。「道の小野」 は下関市の小野だ。万 ... » more
テーマ 下関

邪馬台国 下関続日本後紀  メモ
講談社学術文庫続日本後紀上巻ページ68安芸賀茂郡山口県山陽町の鴨庄か92小野近江国滋賀郡下関市の小野175小野朝臣篁下関市小野に小野妹子の親類が立ち寄った言い伝えがあり、小野八幡宮の南に笹波霊神がある。「篁」 ... » more
テーマ 下関

今までずっとほったらかしだったのに、今年にわかに宮内庁が下関市の豊田湖北岸にある安徳天皇御陵墓参考地に生えた木の一部を伐採し、御陵墓参考地を整備した。 御陵墓参考地は全長100メートルの前方後円墳に見え、前方部は私有地であるため大木がな ... » more
テーマ 下関

邪馬台国 下関豊若権現よりも老僧岩
日本書紀の景行天皇の遠征を読むと、「魏志倭人伝の 伊都国 及び 邪馬台国 は北九州市 小倉南区の 貫・朽網 と 苅田町」 である。しかし朽網 貴船神社の船石は人工的な並べ方である。船の碇に使用された石を並べたものか。北九 ... » more
テーマ 下関

邪馬台国 下関多気
古事記の天孫降臨で、竺紫日向の高千穂の久士布流多気多気は伊勢の地名である。三重県に多気郡がある。竺紫は筑前でなく伊勢国か ?書紀では猿田彦は「伊勢の狭長田の五十鈴の川上」 に行った。五十鈴とは下関市吉見に ... » more
テーマ 下関 伊勢

邪馬台国 下関鈴鹿関 は 千石岩の近く
続日本紀D187天応元年5月16日伊勢国言さく、「鈴鹿関の城の門并せて守屋 4間、14日より始まりて15日に至るまで、自ら響きて止まず。 その声、木を以て衝くが如し」 とまうす。鈴鹿関 は吉見上の農免道路脇 千石岩近くに ... » more
テーマ 下関

 

最終更新日: 2018/04/25 18:57

「下関」のブログ関連商品

» 「下関」のブログレビュー をもっと探す

「下関」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る