誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    下関

下関

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「下関」のブログを一覧表示!「下関」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「下関」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「下関」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

吉母・永田郷地元の人の言い伝え神功皇后の三韓征伐は吉母を本陣としていた。このため大和朝廷の人が吉母に何年間か住んだ。 一の宮の住吉神社よりも吉母の若宮神社の方が格が上だった。老人ホーム梅花園の上に日野大納言の ... » more
テーマ 下関

邪馬台国 下関八俣大蛇  吉母
山口県風土誌吉母P439地蔵堂ツツミ堂と称す。同上(吉見上村観音院持) 云う、往古武田の番匠妻此所にて死去仕に付、右の石仏を立置候哉、右の石仏を番匠手斧作りの印の石と称す。さて又ツツミ堂と申は、堂の後を不門と云、 ... » more
テーマ 下関

山口県風土誌から永田郷八柱神社旧号八王子神社永田郷「名切」祭神田心姫命湍津姫命市杵島姫命天忍穂耳尊天穂日命天津彦根命活津彦根命熊野大隅命誓約(うけひ)気吹の狭霧(いぶきのさぎり) で生まれた八神である。 ... » more
テーマ 下関

万葉集原文では「西」 の字が変わった使い方がされている。神西205立西443夢西いめにし29951620・・・・ 1621 は巫部25693162・・・・ 3164 は室津710・・・ ... » more
テーマ 下関 当ブログの注意書き

邪馬台国 下関日下 くさか
御崎の海岸へは長靴で川の土手を下って行く。小川の河口は汚い。 漂着したゴミの中には韓国のペットボトルもある。河口から岩の海岸を右側へ行くと祠がある。 弁財天を祀る。御崎から室津「椿原」 「山中」 に抜ける山道を「かみ越し ... » more
テーマ 下関

吉母と室津との境草場川の上流に、小字 「山口」 「印内」 「金畠」 がある。山口県風土誌吉母山口・・・・ 仁徳記山代河那良の山口御堂ヶ澤由来書云、往古此所に伽藍有之、已後退転仕、小堂残り観音二尊・不動 ... » more
テーマ 下関

邪馬台国 下関武庫
万葉集1141武庫川の 水脈(みを)を速みと 赤駒の あがく激(たぎち)に 濡れにけるかも武庫河水脈急赤駒足何久激沾祁流鴨岩波書店新日本古典文学大系萬葉集二P129 脚注第2句の原文、非仙覚本は「水尾急」、西 ... » more
テーマ 下関

邪馬台国 下関毘沙ノ鼻 万葉歌碑
毘沙ノ鼻展望台の歌碑長門なる 沖つ借島 奥まへて 吾が思ふ君は 千歳にもがも歌碑の歌は、天平10年(738)、長門守巨曽倍対馬(こそべのつしま) が都で催された橘諸兄(たちばなのもろえ) に詠んだ歌である。「長門の国 ... » more
テーマ 下関

邪馬台国 下関吉母の 漁業
吉母黒嶋観音奥之院に書かれた吉母吉母漁業の起源は北浦で最も古く、且つ進取の気運が漲(みなぎ)っていた嘉永年間頃より4トンから5トンの4・5人乗りの帆船で朝鮮の釜山沿岸で鯛の流し一本釣り漁を行っていたが、食糧や水の補給は言葉が通じ ... » more
テーマ 下関

魏志倭人伝の邪馬台国は梅ヶ峠妙音寺のあたり。考古学に基づく根拠は永田郷の御堂遺跡から出土した縄文時代の木棺墓とガラスに拠る。御堂遺跡の場所は、ラブホテル むらさき の北100メートル 川沿いの林宗像の ... » more
テーマ 下関

邪馬台国 下関淡海の 韓人
記紀・万葉の淡海は古く入り浜式塩田があった永田郷である。入り浜の塩田があって塩の産地、または海水が湾の奥まで入ってきていたので淡海の辛ア。古事記市の辺の押歯の王淡海の佐々紀の山の君が祖 韓帒・・・・ 永 ... » more
テーマ 下関

吉母の漁師は北浦(山口県山陰の海岸) では一番古く、朝鮮の釜山まで漁に出かけていた。吉母の黒島は昔は陸から離れた島で、黒島と付近の浜は松林だった。往時、黒島周辺は松が茂っていたので難波の姫島である。吉母は倭国の難波である ... » more
テーマ 下関

邪馬台国 下関作業用メモ 6
巨曾倍、阿倍は「部」でなく「倍」 の字万葉集1141武庫川の水脈(みを)を速みと赤駒のあがく激(たぎち)に濡れにけるかも武庫河水脈急赤駒足何久激沾祁流鴨兵庫県の武庫川はとても大きな川であり、急流や激(たぎち) ... » more
テーマ 下関

邪馬台国 下関御井
長田王伊勢の斎宮に遣わされた時、山辺の御井で歌を作る万葉集81山辺の 御井を見がてり 神風の伊勢娘子ども 相見つるかも83海の底 沖つ白波 立田山 いつか越えなむ 妹があたり見む長田王は下関の永田の人であろう ... » more
テーマ 下関

邪馬台国 下関淡路の多賀
邪馬台国は環境センター吉母管理場廃校になった梅光学院大学 梅ヶ峠校舎海上自衛隊下関基地がある永田本町・永田郷厚母大仏・・・・ 重要文化財 (旧国宝)豊洋台のあたりにあった。万葉集の長門の浦は、まさに永田本 ... » more
テーマ 下関

川棚の高野には大きな遺跡があるが、川棚川の河口まで距離がある。万葉集の難波は吉母に合致する。仁徳天皇は吉母の若宮神社を都とし、枯野という船で蓋井島の井戸水を朝夕2回汲みに行かせていた。万葉集303、304柿本朝臣人麻 ... » more
テーマ 下関

邪馬台国 下関吉母 相坂
吉母は「汀の里」 と呼ばれていたので、出雲の五十田狭の小汀である。楽浪の志賀の韓アは国つ神の浦なので、吉母だ。淡海の大津宮は吉母だ。漢委奴国は「極南界」 と語られて国土の端にあるので吉母。吉母、石王田は縄文遺跡がある ... » more
テーマ 下関

邪馬台国 下関御堂遺跡 永田郷
下関市で景色が素晴らしい場所は秋根の砂子多川・・・・ 江戸後期に毛利藩が曲水の宴を行う吉見・永田沖の加茂島・・・・ 下関の画家か必ず絵にする角島大橋・・・・ エメラルドグリーン万葉集は景色が凡百でないから成立した。家 ... » more
テーマ 下関

邪馬台国 下関吉備穴門武媛
防衛省自衛隊の戦史研究センターの研究員が白村江の戦いを分析すれば、大船団が行く途中の岡山県などで物資を補給する兵站の記述が日本書紀にないことが疑問である。私の個人的な研究では、日本書紀の播磨国は福岡市の志賀島であり、古事記の針間 ... » more
テーマ 下関

邪馬台国 下関楠葉
参照『 日本書紀索引 』吉川弘文館平成6年第7刷楠葉河内崇神10年9月27日屎褌岩波文庫(一) P290楠葉宮河内継体元年1月12日同(三) P166楠匂宮大和か欽明14年7月4日同(三) P304 ... » more
テーマ 下関

邪馬台国 下関筒木の韓人 奴理能美
「筒木」 とは丸太のこと日本書紀では筒城韓人なので、朝鮮式山城の主か。山代川は菊川・内日の田部川とすると、奈良は楢ア葛城は入野か、または山瀬川の内日ダム入野は「百合野」 だったので、倭の高佐士野入野の川は ... » more
テーマ 下関

古田武彦氏は古代の日本列島では複数の王朝が存在していたと説く。私見では九州内の朝鮮系・中国系のクニ は長門下関の倭国に朝貢していた。岩波文庫日本書紀(二)P242仁徳天皇12年7月3日高麗国、鉄の盾・鉄の的を貢ぐ ... » more
テーマ 福岡市 下関 当ブログの注意書き

邪馬台国 下関下関 地名考
『 下関の地名 』増補改訂版平成13年下関市教育委員会小野小野小町伝説がある青山形山富士勝谷小字に「馬床原」「山ノ奥」形山小字に「蟇畠」・・・・ 文庫書紀4巻P240蝦蟇行宮王司四天王寺の1つ。四王司山は宝鏡 ... » more
テーマ 下関

田倉の小字に「大伴」 がある。 山口県地名明細書に載っている。秋根から砂子多川を上ると2つに分かれる。 田倉の流れと勝谷の流れだ。砂子多川の勝谷側の川筋を上って、長安線のバス停「峠」勝谷から松小田に抜ける昔あった道 ... » more
テーマ 下関

邪馬台国 下関長府  軻遇突智の国
角川の地名辞典山口県巻P547左長府都市的な場であった。この都市的な場において注目すべき点は、鍛冶など金属関係の居住であり、「長府之鍛治」「府中国衙鍛治」「府中鑑(鍛) 冶」 という語句が見られる(櫟木家文書)「 ... » more
テーマ 下関

郷土史本『 ふるさと散歩みち 』川中地区まちつくり協議会P111上『 住吉神社文書 』 の 「一宮神事年中記録注進案写」 (文明13年6月) に 「六月廿八日御祓河御神事とし、社官悉く西海に出仕致し、所々御祓節在之」 とある 「 ... » more
テーマ 下関

吉田松陰や高杉晋作風に国防の見地から国土を見れば、日本列島でまっ先に重要な戦略的要衝は関門海峡の本州側に位置する綾羅木川の秋根である。 ここが日本海側から瀬戸内海に抜ける最短ルートであり、南九州へも行きやすい列島交通の十字路だ。 葦原中 ... » more
テーマ 下関

『 中国正史の古代日本記録 』いき一郎編訳葦書房P48後漢書巻85東夷列伝海の中に女国があり、男はいない。他の者の話では、その国に神の井戸があり、のぞきこむとその度ごとに子供が生まれるということだ。万葉集3234 ... » more
テーマ 下関

岩波文庫古事記P39故、避追はえて、出雲国の肥の河上、名は鳥髪といふ地に降りたまひき。この時箸その河より流れ下りき。ここに須佐之男命、人その河上にありと以為ほして、尋ね覓めて上り往きたまへば、老夫と老女と2人ありて、童女を中 ... » more
テーマ 下関 長門

邪馬台国 下関東方の神仙の国
倭国は「東方の神仙の国」 です。倭国には考古学でいう「国邑」 だの「王墓」 だのはありません。 倭国の都は雪舟の絵のような仙人が住む景色です。人は少ない。 人口が多いとゴミがでて土地が汚れる、と考えています。古代中国 ... » more
テーマ 下関 当ブログの注意書き

 

最終更新日: 2018/04/25 18:57

「下関」のブログ関連商品

» 「下関」のブログレビュー をもっと探す

「下関」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る