誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    桐谷美玲

桐谷美玲

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「桐谷美玲」のブログを一覧表示!「桐谷美玲」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「桐谷美玲」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「桐谷美玲」の記事を新着順に表示しています。(4ページ目)

久しぶりにギターを触り始めた藍は、日曜日もずっと曲を練っていた。月曜からは学校が始まるので、夕方まで触れない。そう思うと、初めてギターを手にしたときのように、夢中になって弾いた。「スターさん、お電話よう」いつのまに部 ... » more

陽一郎はしばらくぼう然としていたが、受話器を取り直した。そしてチノパンのポケットから小さなアドレス帳を取り出すと、番号をプッシュした。2コールで女が出た。「もしもし水野です」「各務と申しますが、詩夫さんはいますか ... » more

〔48〕スキャンダル 煙草の吸殻がアルミの灰皿からあふれていた。飲みかけの缶コーヒーは床に置かれたままだ。日曜日も陽一郎は出社していた。正確に言えば、VTR部分のライブを編集するのに、昨日の夜から徹夜だった。藍に電話をしようと ... » more

家につくやいなや、藍はバスタオルよりも先にギターを手にした。チューニングし、コードを探した。近くにあったノートをちぎり、生まれたての詞を書き込む。「Callmynameぼくの名前をCallmyna ... » more

人の波に押し出されるように、藍と詩夫は出口の近くまで来ていた。「ほんとに会っていかなくていいの、あゆみさんに」「ああ。いいんだよ」詩夫は照れくさそうに言った。「オレ、そういうの、苦手なんだ」藍はその横顔をじっ ... » more

三軒茶屋は昔っぽい町だった。商店街や飲食店街がいくつかある。どう見てもさびれた小さなアーケードもある。うなぎ屋。豆腐屋。ケーキ屋。アウトレットショップ。懐かしいものと今っぽいものが混在する。人が人の顔を見ても ... » more

〔44〕恋に似た思い それから数日の間に何度か陽一郎からの電話があった。藍は居留守を使った。「ワダエツが来週Kレコードのプロデューサーとの顔合わせをセッティングしたいと言ってるんですけど」その留守電のメッセージにも、折り返し電話をかけ直さなかった。 ... » more

〔43〕幸枝の願い 藍の新しいギターはだんだんとその形になっていっていた。「早いねー、詩夫ちゃん。いつ作ってんのよ」げた顔のクラスメイトに声をかけられても、詩夫はギターとやすりから目を離さない。今度はいきなり肩に寄りかかられて、詩夫はむ ... » more

〔42〕THEギョーカイの人々 陽一郎は後悔していた。泣いている藍を引き止められなかったことを。恨めしげに、ぎっしり書き込んだ手帳を見た。Fレコードでもらった手帳は朝の9時から夜10時まで書き込める。30分おきのアポイントもある。今日も笠原 ... » more

〔41〕伝えたい歌 二人は高田馬場の駅の早稲田側にある、古いジャズ・バーに入っていった。詩夫はこの店でバイトしているらしい。重たいガラスの扉を開けると、少しカビくさいような匂いと一緒に、曲がこぼれてきた。JBLのスピーカーから低く流れる ... » more

〔40〕たった一つの居場所 藍は走った。泣きながら、走った。いったい自分がどこへ行こうとしているのか、わからないままに走った。人のいないほうへ走ると、六本木の駅と反対の方向だった。タクシーに手を挙げると、藍は行き先を告げた。「高田馬 ... » more

〔39〕同じ煙草 「やな感じだったね」角を曲がるなり、藍は口をとがらせた。「まあ、あんな感じの人が多いよ。プロダクションの女社長さんって」陽一郎も不機嫌を隠しきれずに言った。「Kレコードって…どうなんだろう。考えて ... » more

〔38〕アーティストの条件 WAPは受付嬢がいるようなそこそこ大きな事務所だった。「お世話になります。和田社長と4時15分のお約束で、Fテレビの各務と申します」「うかがっております。社長は前の打ち合わせが少々延びておりますので、お待ちくださいませ」 ... » more

〔37〕ウェディング・ドレス ※映画化を記念して、12月8日より再連載を開始しました。乃木坂は芸能事務所やモデル事務所が多い。陽一郎はあるシンガーのマネージャーとの打ち合わせをカフェ・グレコで終えてから、桂由美ブライダルハウスの前に向かった。遠く ... » more

〔36〕追いかけてきたオーバーオール ※映画化を記念して、12月8日より再連載を開始しました。すっと首を伸ばしてすたすたと歩き始めた藍の後ろを、詩夫はひょこひょこ追いかけた。「びっくりさせちゃったかなあ…まさか怒ってなんか…」「なんで怒るんですかっ」 ... » more

〔35〕詩夫の婚約者 ※映画化を記念して、12月8日より再連載を開始しました。「いいねえ」「たまらないね、可愛い子がギター抱いてるのってさ」「しかももうすぐプロだぜ」ギタークラフトを学ぶ男のコたちは屈託なく言った。「藍さん、歌 ... » more

〔34〕詩夫のいる場所 ※映画化を記念して、12月8日より再連載を開始しました。JR高田馬場駅は、にぎわっていた。そろそろ早稲田の新入生たちが移住してきているのだろう。約束の時間の5分前。藍が改札口に着くと、グレーのトレーナーにオー ... » more

※映画化を記念して、12月8日より再連載を開始しました。月曜の朝、電話が鳴った。藍が受話器をとると1秒間があった。どうやら公衆電話からのようだ。「もしもし野原さんのお宅ですか。あ。藍ちゃん?俺、ウタオウタオ。 ... » more

※映画化を記念して、12月8日より再連載を開始しました。翌日、早朝から詩夫はESP学園に向かった。歩いて学校の工房に通える場所に住んでいるのは、朝から晩までいつでも工房を使いに行けるようにというのが一番の理由だ。それ ... » more

※映画化を記念して、12月8日より再連載を開始しました。記理子は2コールで電話に出た。彼女の家は父親が会社をいくつか経営していて裕福だ。だから家族が一人ずつ部屋に電話をひいていた。「ああ。藍…」「ひさしぶり」 ... » more

※映画化を記念して、12月8日より再連載を開始しました。赤い車はやがて環七に差し掛かった。藍は目を閉じていたが、眠ってはいなかった。いつもなら少しの渋滞で眠ってしまうが、今日は心のどよめきが収まらなかった。陽 ... » more

※映画化を記念して、12月8日より再連載を開始しました。帰り道も藍は1週間ぶりにはしゃいでいた。陽一郎はまだできてもいない詩夫のギターが、ここまで彼女を喜ばせることに驚いていた。「どんなギターなんだろうね。1週間後に ... » more

〔28〕藍色のギターを ※映画化を記念して、12月8日より再連載を開始しました。ほっけの焼いたのが来た段階で、3人は縁台から店内に席を移した。詩夫は藍のことがすっかり気に入った様子だった。桜よりも彼女の顔ばかり見ていた。少しのお酒で ... » more

〔27〕桜の花びら舞う下で ※映画化を記念して、12月8日より再連載を開始しました。中目黒の桜は満開だった。小さな目黒川に、左右から腕を広げるように桜が並ぶ。この当時はまだ穴場でちょうちんも飾られず、地元の人も時折立ち止まるくらいのものだった。 ... » more

※映画化を記念して、12月8日より再連載を開始しました。あれは二人が高校三年生の夏だった。陽一郎と詩夫は世間の受験生とはほど遠い、のどかな夏を送っていた。そのままエスカレーター式に大学へ進学する陽一郎。ギ ... » more

※映画化を記念して、12月8日より再連載を開始しました。詩夫が結婚する。どう考えても陽一郎は先を越された感を拭えなかった。「おまえって…昔からなんか、頼りがいあるもんな」陽一郎はしみじみ言った。 ... » more

〔24〕詩夫のアパート ※映画化を記念して、12月8日より再連載を開始しました。春休みの土曜の午後の高田の馬場は、独特の時間が流れていた。あまりにも緩やかだ。まるで登場人物のいないフォークソングみたいな。「馬場だなあ」改札を出た陽一 ... » more

〔23〕「異常のない」異常 ※映画化を記念して、12月8日より再連載を開始しました。藍はまた表参道にいた。ボイトレのミスター・ジョーが紹介してくれた咽喉科は、彼のマンションのすぐ近くにあった。すべての話はジョーからドクターに伝わっているらしかっ ... » more

※映画化を記念して、12月8日より再連載を開始しました。いつものコーヒーが舌の奥ですっぱく感じて飲めなかった。陽一郎は朝イチから部長に呼ばれていた。というか、昨日の打ち合わせを今朝にしてしまったのは陽一郎だったが。 ... » more

〔21〕ありえない夜 ※映画化を記念して、12月8日より再連載を開始しました。記理子の濡れたシャツが、今にもしなだれかかってきそうだった。陽一郎はそーっと座る位置をずらして、彼女と少しでも距離をとろうとした。そんなことにすら気づかない様子 ... » more

 

最終更新日: 2017/04/10 19:49

「桐谷美玲」のブログ関連商品

» 「桐谷美玲」のブログレビュー をもっと探す

「桐谷美玲」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る