誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    メディア

メディア

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「メディア」のブログを一覧表示!「メディア」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「メディア」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「メディア」の記事を新着順に表示しています。(6ページ目)

『2015年磯野家の崩壊』2 <『2015年磯野家の崩壊』2>図書館で『2015年磯野家の崩壊』という本を手にしたのです。パラパラとめくると・・・アベノミクスとは富裕層や中央官僚のための財政政策であることが、明解に説かれているようです。今どきアベノ ... » more
テーマ 経済 メディア

『2015年磯野家の崩壊』 <2015年磯野家の崩壊>図書館で『2015年磯野家の崩壊』という本を手にしたのです。パラパラとめくると・・・アベノミクスとは富裕層や中央官僚のための財政政策であることが、明解に説かれているようです。今どきアベノミクス ... » more
テーマ 経済 メディア

『芸術闘争論』3 <『芸術闘争論』3>図書館で『芸術闘争論』という本を手にしたのです。この本を読んで・・・今では功成った村上さんから、現代芸術という海千山千の世界で戦うノウハウが得られるのではないかと思った次第です。【芸術闘争論】 ... » more

『芸術闘争論』2 <『芸術闘争論』2>図書館で『芸術闘争論』という本を手にしたのです。この本を読んで・・・今では功成った村上さんから、現代芸術という海千山千の世界で戦うノウハウが得られるのではないかと思った次第です。【芸術闘争論】 ... » more

高畑淳子さんを攻撃する報道は全て的外れだ    加害者の親の責任を問うのは間違っている 高畑淳子さんを攻撃する報道は全て的外れだ加害者の親の責任を問うのは間違っている東洋経済ONLINE 2016年08月29日 ミセス・パンプキン http://toyokeizai.net/articles/-/133535?di ... » more
テーマ ミセス・パンプキン 高畑淳子 メディア

随筆あれこれ       B <随筆あれこれ>現代の随筆ということで、週刊誌連載コラムが気になる昨今であるが・・・週刊誌から枠を広げて、古今の随筆についてあれこれ集めてみました。・お友だちからお願いします・『絲的メイソウ』3・ほんの数行・今日 ... » more

『芸術闘争論』 <芸術闘争論>図書館で『芸術闘争論』という本を手にしたのです。この本を読んで・・・今では功成った村上さんから、現代芸術という海千山千の世界で戦うノウハウが得られるのではないかと思った次第です。【芸術闘争論】 ... » more

『街場の読書論』4 <『街場の読書論』4>図書館で内田樹著『街場の読書論』という本を手にしたのです。なんか既視感のある本だけど、まっいいかと借りたのだが・・・帰って調べてみると、今年の5月に借りていることが分かりました(イカンイカン)。 ... » more
テーマ 中国 メディア

シェールガスに期待できるか?3   B <シェールガスに期待できるか?3> 日本の商社が争うように開発権益を取得しているシェールガスであるが・・・・環境破壊を伴うような採掘方法が問題視されています。米国で沸く「シェールガス革命」に期待していいんでしょうか?シ ... » more
テーマ 経済 メディア

水素社会に向けて加速3   B <水素社会に向けて加速3>トヨタがFCVの特許を無償公開するというニュースが、日米メディアで流れていたが…トヨタの自信と覚悟が表れていますね♪ということで、以下のとおり水素社会関連の情報を集めてみます。・『世界中で水素エ ... » more
テーマ 経済 メディア

図書館大好き168 今回借りた6冊です。だいたい支離滅裂に借りているけど、今回の傾向は、強いていえば「怒り」でしょうか♪<市立図書館>・逃亡くそたわけ・天国旅行・街場の読書論・2015年磯野家の崩壊・芸術闘争論・紅茶スパイ ... » more
テーマ メディア

『世界中で水素エネルギー社会が動き出した』2 <『世界中で水素エネルギー社会が動き出した』2>図書館で『世界中で水素エネルギー社会が動き出した』という本を手にしたのです。自民党政権が、なしくずしの原発再稼動を推進する昨今であるが・・・・選択肢として水素エネルギー社会を目指 ... » more
テーマ 経済 メディア

『世界中で水素エネルギー社会が動き出した』 <『世界中で水素エネルギー社会が動き出した』>図書館で『世界中で水素エネルギー社会が動き出した』という本を手にしたのです。自民党政権が、なしくずしの原発再稼動を推進する昨今であるが・・・・選択肢として水素エネルギー社会を目指す ... » more
テーマ 経済 メディア

三浦しをんの世界R2 <三浦しをんの世界R2>先日、DVDで『まほろ駅前多田便利軒』を見たのだが、この際・・・就活作家とも言われる三浦しをんについて集めてみます。・天国旅行(2010年刊)・お友だちからお願いします(2012年刊)・三浦し ... » more

『小村雪岱 物語る意匠』2 <『小村雪岱物語る意匠』2>図書館で『小村雪岱物語る意匠』という本を手にしたのです。小村雪岱の版画と装丁による本は、宝石のように美しいのだが・・・この本の装丁もまあまあでんな♪【小村雪岱物語る意匠】大越久子 ... » more

無頼派女性作家の系譜 <無頼派女性作家の系譜>最近読んでいる女性作家のエッセイに、ある種の傾向があると感じるのだが・・・その傾向とは、美人系とは言いがたいし、無頼派とでもいうものだろうか?♪・・・ということで最近読んだこの種の作品を並べてみます。 ... » more

横尾忠則の世界     B <横尾忠則の世界> 横尾忠則について集めてみました。60年代に、村上隆より早く世界に打って出た横尾忠則はパイオニアとも言えますね♪横尾忠則現代美術館が近くにあるので、顔なじみになるほど、リピーターをやっています。・ ... » more

『絲的メイソウ』3 <『絲的メイソウ』3>図書館で絲山秋子著『絲的メイソウ』という本を手にしたのです。どのページを開いても・・・・へそ曲りの大使にも響くわけで、エッセイストとしてピカイチなのかも♪【絲的メイソウ】絲山秋子著、講 ... » more

『第2図書係補佐』4 <『第2図書係補佐』4>図書館で『第2図書係補佐』という本を手にしたが・・・・なんか既視感のある本だなあ。帰って調べてみると、今年の5月に借りていたことが分かりました(イカンイカン)。【第2図書係補佐】 ... » more

『ウルトラ――ヤノベケンジ』 <ウルトラ―ヤノベケンジ>図書館で『ウルトラ――ヤノベケンジ』という本を手にしたが・・・・ジャンボフェリー甲板のトらやん像、坂手港のアンガー像、茨木駅前のサンチャイルド像など、関西いちえんでモニュメントを展示するヤノベケンジから目 ... » more

『言葉を離れる』 <言葉を離れる>図書館に予約していた『言葉を離れる』という本をゲットしたのです。この本は2015年「講談社エッセイ賞」受賞作とのこと・・・・期待できそうやでぇ♪【言葉を離れる】横尾忠則著、青土社、2015年 ... » more

予約分受取目録 <予約分受取目録>歳のせいか、このところ図書館での2度借りが増えてきたのです。これではいかん!・・・ということで、(注意喚起の意味もあり)予約分受取目録を作った次第でおます。<2015年予約分受取>24−39 ... » more
テーマ メディア

『日本の反知性主義』2 <日本の反知性主義2>図書館で『日本の反知性主義』という本を手にしたが・・・・トランプという反知性主義の出現にアメリカが呻吟している昨今であるが、勝てば官軍の日本も似たようなもんなんだろう。内田先生が言いだしっぺとなって、反知 ... » more

日中EV対決3        B <日中EV対決3> 世界最大の自動車市場である中国で、ハイブリッド車を飛び越えてEVの普及が進んでいます。中国政府は2020年までにEVを累計500万台普及させる計画を打ち出して、やる気充分のようです。。また、コバンザメのよう ... » more

図書館大好き166 今回借りた5冊です。だいたい支離滅裂に借りているけど、今回の傾向は、強いていえば「アート」でしょうか♪<市立図書館>・日本の反知性主義・絲的メイソウ・言葉を離れる<大学図書館>・瀬戸内国際芸術祭2016公 ... » more
テーマ メディア

文章修業のインデックス <文章修業のインデックス>又吉直樹さんが芥川賞を受賞して以来、作家へのハードルが下がったので(それは錯覚です)、「よし俺もいっちょう」と思うのである。…で、これまで集めた文章修業ハウツーのインデックスを作ってみました。・『絲 ... » more

『日本の反知性主義』 <日本の反知性主義>図書館で『日本の反知性主義』という本を手にしたが・・・・トランプという反知性主義の出現にアメリカが呻吟している昨今であるが、勝てば官軍の日本も似たようなもんなんだろう。内田先生が言いだしっぺとなって、反知性 ... » more
テーマ メディア 映画

『絲的メイソウ』2 <『絲的メイソウ』2>図書館で絲山秋子著『絲的メイソウ』という本を手にしたのです。どのページを開いても・・・・へそ曲りの大使にも響くわけで、エッセイストとしてピカイチなのかも♪【絲的メイソウ】絲山秋子著 ... » more

絲的メイソウ <絲的メイソウ>図書館で絲山秋子著『絲的メイソウ』という本を手にしたのです。どのページを開いても・・・・へそ曲りの大使にも響くわけで、エッセイストとしてピカイチなのかも♪【絲的メイソウ】絲山秋子著、講談 ... » more

戦後のメディアは第二次世界大戦での報道姿勢を反省し、本当の、国民のためになるメディアを目指して反省した上で改善すると宣言してきた。当時のメディアは新聞とラジオだけだったが、それを改善するとしてきたわけだ。そう言ったことを書いていた本が図 ... » more

 

最終更新日: 2016/12/08 13:17

「メディア」のブログ関連商品

» 「メディア」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る