誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    看護師

看護師

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「看護師」のブログを一覧表示!「看護師」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「看護師」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「看護師」の記事を新着順に表示しています。(4ページ目)

この本の感想、その5。考えさせられる本だったので、感想がまだつづきます。高齢者介護について大切な考え方だと私が確信しているのは、それまでの人生になかったことを彼らの心に今さら導入するのは難しい、ということです ... » more
テーマ 介護 看護師

この本の感想の3回目。人間の生活にはオンもオフも必要です。高齢になったらずっとスイッチオフの生き方をしたほうがいいのでしょうか。現在の高齢者介護で行われているのは、ずっとオフの人生を作ることです。p122あらためて言 ... » more
テーマ 介護 看護師

この本の感想の3回目。今回も、本文を参照しながら見ていきます。回想法の目的回想法の目的をひとことで言ってしまうと、「昔を思い出して、皆で語り合うことで楽しい気分、幸せな気分になる」ということです。そして、 ... » more
テーマ 介護 看護師

この本の感想の続き。家で死ぬということは、最後まで自分が主人公でいられる。過剰医療をさけることができ、苦痛を軽減できる。家族は、看取りをやり遂げた達成感を持つことができる。p23達成感があるのは、やはり大変な ... » more
テーマ 介護 看護師

小さくて薄い本。内容もコンパクトだけど、諸外国における終末期への対応について話は、とても参考になると思った。以下、本書より参考になったと思うところを参照。欧米豪では、高齢者が終末期を迎え、食べられ ... » more
テーマ 介護 看護師

この本の個人的まとめ。これで最後です。正確には本書を参照してください。がん疼痛ケアの実際ペインスケールについて「痛みが出現したとき」「鎮痛薬を使用したとき」「鎮痛薬が効いてくる時間(最高血 ... » more
テーマ 知識 看護師

この本より、個人的まとめ。正確には本書を参照してください。オピオイドの副作用頻度の少ないものせん妄入院患者の10〜20%に認められ、末期では80%以上という報告もあるせん妄の87%は明らかな身体的疾患 ... » more
テーマ 知識 看護師

この本の感想の続きです。感想のその1は、↓なぜ、「回想療法」が認知症に効くのか小山敬子 脳神経外科看護師のブログ/ウェブリブログ本書より抜粋しながら見ていきます。要介護高齢者には褒められる理由があまり ... » more
テーマ 介護 看護師

面白かったです。認知症の人だけでなく、「人」について考えさせらえる本です。本書より抜粋しながら見ていきます。信じることについて認知症のケアで最も大切なこと、それは、愛情が今でもあると信じること ... » more

医療現場におけるインシデント・アクシデント、これらのことは限りなくゼロに近いことが望ましいことは言うまでもありません。 勤務に一定の緊張感を持ち、インシデント・アクシデントが発生することがないように、医療従事者は日々の業務にあた ... » more

この本より。4.家でケアをするのだったら、バイタルサインの見方を家族に教育するのは当たり前なの。本文のところも参照。日野原先生は「死ぬときに何が起こるかは経験しないとわからないから、家族は不安で仕方ないの ... » more
テーマ 看護師

この本より。3.最初からあきらめては工夫の余地はない。問題の解決には発想の転換が必要だね。一人暮らしの高齢者の方で、家で一人で暮らしていくのはもう限界なんじゃないかと思えるような患者さんが退院しようとするとき、 ... » more
テーマ 看護師

この本のまとめ。待ち時間についての調査より。医療機関での待ち時間の長さは病院で平均59分、診療所で平均41分となっている。一時間以上待っている患者が、病院、診療所でそれぞれ約3割、約2割も存在している。p5が ... » more
テーマ 看護師 医療

この本より。メッセージその2。”看護”は医療の1つで、診断と治療が入る。そこが介護とは違うんです。p12”診断と治療”は医師の仕事の領域だろうけど、治療的なかかわりというのは看護師の仕事でもあると思うし、 ... » more
テーマ 看護師

メッセージの部分を、一つ一つ見ていこうと思います。1.患者さんの生活がどうしたら豊かになるかを考えてケアするのが”看護”ですよ。p9このように考えると、看護という仕事がもっと楽しくなるかもしれないなと思いまし ... » more
テーマ 看護師

この本の個人的まとめ。正確には本書を参照してください。オピオイドの副作用についてオピオイドにはさまざまな副作用があり、患者のみならず医療従事者からも「怖い薬」「(強いから)きつい薬」というイメージが持たれてい ... » more
テーマ 知識 看護師

この本の個人的まとめ。正確には本書を参照してください。オピオイドローテーションの実際フェンタニルクエン酸塩貼付剤、ブプレノルフィン以外のオピオイド間の変更経口薬や坐剤の場合、定時投与時に新しいオピオイ ... » more
テーマ 知識 看護師

看護師さんの仕事というと皆さんはどんなイメージを持っていますか。患者として入院などをしている方にとっては頼りがいのある天使にみえることはよくあります。しかし、横からみれば逆に患者の要求ばかりに従っていれば大変に忙しい ... » more
テーマ 求人 看護師

この本の個人的まとめ。オピオイドの副作用対策嘔気、嘔吐約3割の患者に出現1〜2週間で耐性を獲得フェンタニルクエン酸塩では予防投与の必要なし処方薬プロクロルペラジン(ノバミン)(5mg)3錠分を ... » more
テーマ 知識 看護師

この本の個人的まとめ。その5。正確な情報は、本書を参照してください。タイトレーションとレスキュー・ドーズについてタイトレーション患者の痛みの程度によってオピオイドの投与量を調節し、至適投与量を決定 ... » more
テーマ 知識 看護師

この本のまとめ。その4。各オピオイドの薬物動態パラメータP55商品名・効果発現時間・最大効果発現時間・持続時間モルヒネ水溶液10mg・0.12時間・0.5時間・約4時間オキ ... » more
テーマ 知識 看護師

この本のまとめ、その5。これで最後です。本書の真ん中くらいからは、さまざまな褥瘡が治癒するまでのケース紹介が続きますが、実際に褥瘡が治っていく写真を見るのは、とても勉強になるなと思った。特に本書に、 ... » more
テーマ 知識 看護師

この本のまとめの4回目。今回は、ほとんど商品の紹介です。知っていても、すぐに現場で使えるようになるわけではないでしょうけど。積極的デブリードメント積極的デブリードメントとは、全身麻酔あるいは局 ... » more
テーマ 知識 看護師

この本のまとめの三回目。写真が豊富な本で、写真を見たほうが確実に勉強になると思いますが。オスカー(自動体位変換マットレス)の機能p42〜491)国内最高レベルの体圧分散機能2)優れた除圧機能( ... » more
テーマ 知識 看護師

新しい体位変換ー不適切なケアが褥瘡を悪くする! 大浦 武彦  まとめ3 この本のまとめの三回目。夜間排尿への対策@人手をかけて、創に優しいおむつ交換を行うAおむつ交換をしないですむおむつを使うB尿吸引ロボ「ヒューマニー」を使用するp38Aはについては、おむつを吸収力の ... » more
テーマ 知識 看護師

前に少しだけまとめましたが、↓新しい体位変換褥瘡の創に起きる症状と観察のポイントその続きです。褥瘡の創に起きる症状と観察のポイント裂隙裂隙とは、裂傷のような狭い、深い潰瘍のことである。裂隙は臀裂の ... » more
テーマ 知識 看護師

エキスパートナースの3月号は読むところが多かった。看護記録についての特集の部分も、私が勉強になったところをまとめた。あくまでも個人的なまとめなので、正確には本書を参照してください。看護記録の目的・意義 ... » more
テーマ 知識 看護師

この看護系雑誌の、「褥瘡の状態による薬剤の選択」(p86、p87)の部分の、勉強のための個人的まとめ。正しくは、雑誌を参照してください。褥瘡の薬剤選択につては、医師が決定するものだと思うけど、毎日褥瘡の創 ... » more
テーマ 知識 看護師

この本の感想のその2。人の強さ、やさしさについて。悪意のない、相手を十分に知らないことからくる無礼に対して、人はある程度の抵抗力をもっているものです。過度の思いやりや遠慮は、かえって人間関係をぎこちないものにします。 ... » more
テーマ 看護師

アサーションに関する本を読むのはこれで二冊目。アサーションというのは、簡単にいうと、自分も相手も大切にしてコミュニケーションをすること、ということだと思う。参考↓アサーション(あさーしょん)とは - コト ... » more
テーマ 看護師

 

最終更新日: 2017/03/21 17:03

「看護師」のブログ関連商品

» 「看護師」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る