誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    看護師

看護師

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「看護師」のブログを一覧表示!「看護師」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「看護師」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「看護師」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

この雑誌より。自己学習用まとめ。制吐剤の副作用に精神症状!?「アカシジア」(錐体外路障害)を見逃さない!p24@医療用麻薬の副作用対策で使われる制吐薬で、精神症状を伴う「アカシジア」が起こることがある。 ... » more
テーマ 知識 看護師

この雑誌より。自己学習用として。NHCAP患者さんへのケアのポイントp22・適切に合併症を評価して管理する・適切な栄養管理を行う・肺炎の再発・再燃のリスク因子を理解して患者ケアを行う・適切な「誤嚥 ... » more
テーマ 知識 看護師

この雑誌より。自己学習用まとめ。抗菌薬の略号と商品名p20AMPC/CVAオーグメンチンSBTPCユナシン錠CAMクラリスクラリシッドAZMジスロマックGRNXジェニナックMFLXアベ ... » more
テーマ 知識 看護師

この雑誌より。自己学習用のまとめ。肺炎の分類とその定義p18市中肺炎(Community-Acquired Pneumonia:CAP)病院外で日常生活をしていた人に発症した肺炎医療・介護関連 ... » more
テーマ 知識 看護師

この雑誌より。自己学習のまとめとして新たな肺炎治療の考え方p18-192005年の米国のガイドラインにおいて、医療ケア関連肺炎(Health-Care- Associated-Pneumonia:HCAP ... » more
テーマ 基礎技術・知識 知識 看護師

このの本より。8.訪問看護こそ日本のナースを変えるきっかけにになってほしいね。本文よりこれから先の訪問看護をレベルアップするには”診断ができるナース”でないとダメなの。これがないと、訪問看護が”介護”だけになって ... » more
テーマ 看護師

この雑誌より。自己学習としてまとめ。慢性咳嗽の原因疾患に特徴的(特異的)な症状・病歴と治療薬p23咳喘息・夜間〜早朝の悪化(特に眠れないほどの咳や起坐呼吸)・痰が切れると楽になるとの訴え、症状 ... » more
テーマ 知識 看護師

この雑誌より。自己学習としてまとめ。注意したい咳の見分けと治療p18-21咳嗽は、持続する時間により3週間未満の「@急性咳嗽」、3〜8週間の「A遷延性咳嗽」8週間以上の「B慢性咳嗽」の3つに分類される ... » more
テーマ 知識 看護師

この雑誌より。新人指導の自己学習用として。インスリン製剤p74-75超速攻型追加分泌を補うことで食後の高血糖を抑える高くなった血糖の修正にも使われる食直前に注射する。持続時間は、単位を増や ... » more
テーマ 基礎技術・知識 知識 看護師

この雑誌より。新人指導のための自己学習用として。インスリン自己注射における各操作の注意点懸濁性のインスリン(中間型、混合型、二相性型)の振り混ぜ方が不十分だと、懸濁が不均一となり、インスリンが濃い場所 ... » more
テーマ 基礎技術・知識 知識 看護師

この雑誌より。新人指導のための自己学習用として。インスリン製剤/注入器のトラブル「開封したばかりのプレフィルド式インスリンの注入ボタンを押してもインスリンがでない」というときは、落下させるなどの強い衝 ... » more
テーマ 基礎技術・知識 知識 看護師

この雑誌より。新人指導のための自己学習用としてのまとめ起こしちゃいけないインスリ事故!インスリンの濃度は100単位/mlで、1バイアル1000単位に統一されているp60製剤名の ... » more
テーマ 基礎技術・知識 知識 看護師

新人を指導するときの豆知識輸血Ir-RBC-LR(照射赤血球液-LR「日赤」)の一単位の量一単位は約140ml。↓薬価・診療報酬|輸血の実施|医薬品情報|日本赤十字社血液保存液 (CPD液) を28mL又は5 ... » more
テーマ 基礎技術・知識 看護師

新人を指導するときの豆知識。Ir-RBC-LRは、Irradiated Red Blood Cells, Leukocytes Reducedの略irradiated: 照射を受けたLeukocyte:白血球 ... » more
テーマ 基礎技術・知識 看護師

新人指導のための復習。その都度思い出しておかないと、どうだったか忘れてしまうので。HCO3- + H+⇔ H2O + CO2の式のうち、代謝性アシドーシスでは、増加したH+を減らすためにHCO3-が少なくなっ ... » more
テーマ 基礎技術・知識 看護師

この本より。7.上手に人の力を借りてね、ナースはマネジメントすればいいの。本文より訪問看護師は「病院から検査データをいただけないことがありますが、”データは患者さんのものだから”患者さんにも訪問看護師にもデータは ... » more
テーマ 看護師

少し古いですがこの雑誌より。新人指導のための自己学習用として。過信しないで!パルスオキシメータp14-30PaO2がどんなに上昇しても、SpO2は100%が上限PaO2100mmHg以上の高酸素血 ... » more
テーマ 基礎技術・知識 知識 看護師

この雑誌より。新人指導のための自己学習。2種類以上の注射薬を輸液に混注する場合には、まずpHの近い注射薬から順番に混注する(基礎輸液にpHの”低い順”に混注する。ないし、基礎輸液にpHの”高い順”に混注する) ... » more
テーマ 基礎技術・知識 知識 看護師

この雑誌より。新人指導のための自己学習として投与間隔・順番に注意したいくすりp50-51アドリアシン注用投与後5〜30分経ってからパクリタキセル(アブラキサン点滴静注用、タキソール注射液)を投与ア ... » more
テーマ 基礎技術・知識 知識 看護師

この雑誌より。新人指導のための自己学習用として。”薬効が弱く出る”相互作用@CYPの誘導フェノバルビタール注射液と、アドシルカ錠、エジュラント錠、ブイフェンド錠、などを併用すると、CYPの作用が増強さ ... » more
テーマ 基礎技術・知識 知識 看護師

この雑誌より。新人指導のための自分の勉強として。相互作用禁忌薬”薬効が強く出る”相互作用p40-45@CYPの作用を阻害抗真菌薬はCYPを阻害する作用が強く、同じくCYPで代謝される併 ... » more
テーマ 基礎技術・知識 知識 看護師

この雑誌より。新人指導のための自分の勉強として。混注後、投与までの時間が限られくすり抗菌薬キュビシン静注用:12時間メロペン点滴用:6時間(冷所保存時は24時間)チエナム点滴静注用:4時間バク ... » more
テーマ 基礎技術・知識 知識 看護師

この雑誌より。新人指導のための自分の勉強として。混注時に注意したいくすり(溶解液や順番に特殊性があるもの)p33-36生理食塩液で溶解できない注射液注射用水に溶解後、生理食塩水または5%ブドウ ... » more
テーマ 基礎技術・知識 知識 看護師

この雑誌より。新人指導のための自己学習用その他注意が必要な注射薬血液製剤、分子標的薬などの蛋白製剤他剤と混合することで、凝集・凝固・溶血・蛋白変性等を起こす恐れがあるアルブミナー静注献血ア ... » more
テーマ 基礎技術・知識 知識 看護師

この雑誌より。新人指導のための自己学習のために。この薬とあの薬キケン!配合禁忌薬・単独ライン指定薬酸―アルカリ反応に注意が必要な薬酸性イノバン注ペンタジン注射液ソセゴン注射液 ... » more
テーマ 基礎技術・知識 知識 看護師

この雑誌より。新人指導のための自己学習。この薬とあの薬キケン!混注時&ベッドサイドで注意したい「配合変化」と「相互作用」側管注時に注意したいくすりの例TPN輸液アミノトリパ1号にドルミカム注射 ... » more
テーマ 基礎技術・知識 看護師

この雑誌より。新人指導のための自分の勉強として。この薬とあの薬キケン!混注時&ベッドサイドで注意したい「配合変化」と「相互作用」配合変化の機序による分類物理的変化1.溶解度例チエナ ... » more
テーマ 基礎技術・知識 看護師

使える看護テクニック! ベテランのコツ&必須知識パート2 モニタ管理 この雑誌より。新人指導のために勉強している。使える看護テクニック!ベテランのコツ&必須知識パート2モニタ管理SpO2だけで患者状態の評価をしない高熱がある、全身状態が悪化している患者は、代謝が亢進して ... » more
テーマ 基礎技術・知識 看護師

この雑誌より。新人指導のための学習として。使える看護テクニック!ベテランのコツ&必須知識パート2気管吸引のコツ・吸引カテーテルの挿入は、鼻腔の構造を理解したうえで実施する・挿入直後はやや上向きに、 ... » more
テーマ 基礎技術・知識 看護師

この雑誌より。新人指導のための復習として。バルビツール酸系昔は不眠時にバルビツール酸系睡眠薬が使用されていた。現在はこの系統の睡眠薬は、ほとんど使われていない。抗ヒスタミン系、メラトニン受容体 ... » more
テーマ 基礎技術・知識 看護師

 

最終更新日: 2016/12/01 12:22

「看護師」のブログ関連商品

» 「看護師」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る