誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    看護師

看護師

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「看護師」のブログを一覧表示!「看護師」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「看護師」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「看護師」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

この本より。私がひとりの女性と一緒にいるとしましょう。その女性が10歳で、わたしと手をつないでいたら「あらっ!イヴはお嬢さんと散歩しているのね」と一目瞭然ですね。もしふたりが腕を組んでいたら、「奥さんと一緒に散歩している」と思う ... » more
テーマ 知識 看護師

この本より。ユマニチュードの3つ目の柱「触れる」ことについて考えてみましょう。「見る」「話す」と同様に、「触れる」ことにもポジティブな触れ方とネガティブな触れ方があります。ポジティブな触れ方には、「優しさ」「喜び」「慈愛」、 ... » more
テーマ 知識 看護師

この本より。ケアには、どんな形であれ、その場で行っている行為が必ず存在します。その行為そのものを言葉にしてみたらどうか。ユマニチュードでは「オート(自己)フィードバック」という技法を開発しました。自分たちがいま実践しているケアの ... » more
テーマ 知識 看護師

この本より。認知機能が低下している場合には、外部からの情報を受け取れる範囲が狭くなっています。情報の入口としての視野も狭くなっている可能性があります。その結果、ケアをする人が近づいていることに気がつかず、不意をつかれて驚いて ... » more
テーマ 知識 看護師

この本より。人は生まれながらのごく自然な反応として、嫌なもの、怖いものを見ようとはしません。ですから、もしあなたが後天的に「見る」ことについて学んだことがなければ、無意識のうちに、苦手な、攻撃的な相手からは視線をそらているはずで ... » more
テーマ 看護師

この本より。水平な高さで、正面の位置から、近い距離で、時間的に長く相手を見たときに相手に伝わるのは、ポジティブな意味です。具体的には、水平に目を合わせることで「平等」を、正面から見ることで「正直・信頼」を、顔を近づけることで「優 ... » more
テーマ 看護師

この本より。ケアを職業とする人の多くは、自分の仕事は人の役に立つよいことだと思って毎日働いています。でも一日の仕事が終わって家に帰るときに、どこか罪悪感を抱くときもあります。点滴を抜きそうなので手を拘束したとき、ベッドから転落し ... » more
テーマ 看護師

週刊ポスト 2018年 1月1日・5日号”あの薬とその薬飲んだら危ない組み合わせ”よりうつ病治療薬のルボックス、デブロメールはカフェインの作用を強くしすぎることがある。市販の解熱鎮痛剤の中にはカフェインがふくまれているものも多いので ... » more
テーマ 知識 看護師

週刊ポスト 2018年 1月1日・5日号”あの薬とその薬飲んだら危ない組み合わせ”より抗うつ薬の中には抗コリン作用を持つ薬剤がある。胃腸鎮痛鎮痙薬のブスコパンなどとの併用はブスコパンの副作用である「口の渇き」「動悸」などをさらに ... » more
テーマ 知識 看護師

週刊ポスト 2018年 1月1日・5日号”あの薬とその薬飲んだら危ない組み合わせ”よりニューキノロン系抗菌薬などは出血の副作用を引き起こすことがある。ワーファリンなどと併用することで作用が増強してしまう可能性があるアルミニウ ... » more
テーマ 知識 看護師

週刊ポスト 2018年 1月1日・5日号あの薬とその薬飲んだら危ない組み合わせロキソプロフェンやイブプロフェンなどの非ステロイド性解熱・鎮痛薬は、血圧を上げる作用がある。降圧薬を併用すると血圧を下げる効果が弱められることがあ ... » more
テーマ 知識 看護師

週刊ポスト 2018年 1月1日・5日号”あの薬とその薬飲んだら危ない組み合わせ”より。看護師としても、薬の飲み合わせについては知っている必要があると思うけど、一つの薬の併用注意に記載されている薬剤はとても多くて、とても ... » more
テーマ 知識 看護師

週刊女性自身 2017年 12/26 号「未病の日」に病気のサイン40を総点検!足下肢静脈瘤:立ち仕事をしている人、多産の女性に多い傾向。肺動脈血栓の原因になることもあるアキレス腱が太い:アキレス腱の太さは通常1 ... » more
テーマ 健康 看護師

週刊女性自身 2017年 12/26 号「未病の日」に病気のサイン40を総点検!手のひら赤い手のひら:小指側の部分が赤い人は、慢性肝炎、アルコール多飲など肝臓に障害のある人に多くみられる。女性ホルモンと関係があるともいわ ... » more
テーマ 健康 看護師

週刊女性自身 2017年 12/26 号「未病の日」に病気のサイン40を総点検!より鼻鼻の頭が赤い:糖尿病やアルコール性肝臓病の人に現れる耳耳たぶにしわがある:動脈硬化の可能性が考えられる。狭 ... » more
テーマ 健康 看護師

週刊女性自身 2017年 12/26 号”「未病の日」に病気のサイン40を総点検!”より目眉毛の外側約3分の1が薄くなっている:甲状腺機能低下症が考えられる。眉毛の外側3分の1は甲状腺ホルモンの影響を受けているた ... » more
テーマ 健康 看護師

週刊ポスト 2017年 12/15「患者を子供扱いする看護師になんだか”モヤモヤ”しませんか?」より「40代くらいの看護師さんで、明るくテキパキとしていて感じはよかったのですが、採血のときに、『ハイ、チックっとするけど我慢してね ... » more
テーマ 看護師

この本で勉強。5回目。学生のモチベーションを上げるには、指導者と学生が同じ目標に向かって、現状を評価して進むことが大切です。p119まずは「そう思ったんだね」「そうしてあげたいんだね」と、学生の想いをYE ... » more
テーマ 知識 看護師

この本で勉強。4回目。Iさんはスポーツの世界で叱られることに慣れているため、叱る=期待と感じることができたのです。Iさんのような経験がない人は、自分が叱る立場に立って初めて、叱るということが愛情なしにはできないものだとい ... » more
テーマ 知識 看護師

この本で勉強。3回目。仕事でうれしかったことや感動したことを仲間と一緒に共感し合い、ともに考え、行動する風土が大切です。p39病棟でも朝の申し送りの前に一言ずつ、昨日患者さんと接してうれしかったことや感動 ... » more
テーマ 知識 看護師

この本で勉強。二日目。よく「相手の立場に立つ」などと言いますが、本当にそこに立つこと(理解)ができたなら、その相手と葛藤することはありません。相手を理解することは、相手の行動を評価しながらはできないのです。p33 ... » more
テーマ 知識 看護師

この本より。最近、新人や若手と接する機会があるので、勉強してみた。そしてこういう勉強は、自分の子供と接するときにも、参考になる部分があったりする。表面上のやり取りは、リスクも負わない代わりに深い信頼関 ... » more
テーマ 知識 看護師

ナースマネジャー2016年12月”会議は時間管理の視点が大切充実した会議にする9つのルール”より会議進行のルールルール1:必ず定刻にスタートする・時間どおり始まる習慣を定着させよう・「時間になりましたので ... » more
テーマ 知識 看護師

ナースマネジャー2016年12月号”コンクリフトを解消する多職種カンファレンス・部署ミーティングの進め方”より最終的に「患者によりよい医療・ケアを提供したい」という目的は同じであったにもかかわらず、師長であった著者は、紛糾を ... » more
テーマ 知識 看護師

ナースマネジャー2016年12月号より師長のファシリテーションに必須!「話し合いの場」を活性化させる“とっておきのスキル”まず、多くの組織では、管理者が過去の成功体験に基づく自分なりの結論に向けて会議を引っ張っていき ... » more
テーマ 知識 看護師

週刊女性セブン 2017年 11/23 号”便秘薬を飲み続けると大腸がんも!”より慢性便秘症診療ガイドラインに触れながら、便秘薬や便秘になりにくい生活習慣について簡単に解説されている。便秘とは ... » more
テーマ 知識 看護師

この本を読んでいる。内容のまとめ6回目5.蘇生と終末期に備えた話:アドバイスケアプランニングと意思決定エビデンスの要所・転移のあるがん患者の蘇生の成功率は5%前後である・(英語圏の研究で)話し合いを促進す ... » more
テーマ 知識 看護師

この本より、5回目。4.鎮静(セデーション):苦痛緩和の最後の手段p58〜(last resort)エビデンスの要所・症状緩和のための鎮静は30%の患者に必要である・ドルミカムを用いた鎮静は80〜90 ... » more
テーマ 知識 看護師

この本より。4回目。輸液:する?しない?と輸液の価値p41エビデンスの要所終末期の水分動態の本態は、膠質浸透圧の低下と細胞膜透過性の亢進による血管内脱水である(静水圧=輸液量だけで規定されるのではない) ... » more
テーマ 知識 看護師

家にある資料を整理していたら、むかし定期購読していたブレインナーシングという雑誌がでてきたので、思い出しながら勉強。塩酸ニカルジピンン(注射液)ペルジピン脳血管拡張作用、冠血管拡張作用、血圧効果作用を示すとし ... » more
テーマ 知識 看護師

 

最終更新日: 2018/02/17 03:49

「看護師」のブログ関連商品

» 「看護師」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る