誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    看護師

看護師

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「看護師」のブログを一覧表示!「看護師」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「看護師」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「看護師」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

この雑誌より。新人指導のための自己学習。この薬とあの薬キケン!混注時&ベッドサイドで注意したい「配合変化」と「相互作用」側管注時に注意したいくすりの例TPN輸液アミノトリパ1号にドルミカム注射 ... » more
テーマ 基礎技術・知識 看護師

この雑誌より。新人指導のための自分の勉強として。この薬とあの薬キケン!混注時&ベッドサイドで注意したい「配合変化」と「相互作用」配合変化の機序による分類物理的変化1.溶解度例チエナ ... » more
テーマ 基礎技術・知識 看護師

使える看護テクニック! ベテランのコツ&必須知識パート2 モニタ管理 この雑誌より。新人指導のために勉強している。使える看護テクニック!ベテランのコツ&必須知識パート2モニタ管理SpO2だけで患者状態の評価をしない高熱がある、全身状態が悪化している患者は、代謝が亢進して ... » more
テーマ 基礎技術・知識 看護師

この雑誌より。新人指導のための学習として。使える看護テクニック!ベテランのコツ&必須知識パート2気管吸引のコツ・吸引カテーテルの挿入は、鼻腔の構造を理解したうえで実施する・挿入直後はやや上向きに、 ... » more
テーマ 基礎技術・知識 看護師

この雑誌より。新人指導のための復習として。バルビツール酸系昔は不眠時にバルビツール酸系睡眠薬が使用されていた。現在はこの系統の睡眠薬は、ほとんど使われていない。抗ヒスタミン系、メラトニン受容体 ... » more
テーマ 基礎技術・知識 看護師

この雑誌より。新人指導のための自分の復習として。今さら聞けない”眠剤”の使い方観察のポイントQ&A初めて睡眠薬を使うときにナースが気を付けておきたいポイントは?ポイント1:特に高齢者での予想以上のふら ... » more
テーマ 基礎技術・知識 看護師

この雑誌より。新人を指導するにあたり、自分の復習として。痰を出す技術痰をだすための体位調整・呼吸介助のポイントp67〜体位ドレナージの基本は患側肺・病変部位を上にとることただし、疾患や病態、あるい ... » more
テーマ 基礎技術・知識 看護師

この雑誌より。痰を出す技術臥床(寝たきり)患者の吸引と注意ポイントp62〜口腔内吸引カテーテルのサイズ(成人)12Fr(嘔吐や吐血など、吸引物が大きい場合や一度に多量に吸引する場合は14Frなどやや太いカテー ... » more
テーマ 基礎技術・知識 看護師

この雑誌より。痰を出す技術挿管患者の吸引・排泄ケア気管吸引の適応1)患者自身の咳嗽やその他の侵襲性の少ない方法を実施したにも関わらず喀出困難であり、以下の所見で気管内に分泌物があると評価された場合@)努力 ... » more
テーマ 基礎技術・知識 看護師

この雑誌より。痰を出す技術、「”本当にそれは痰なの?”見直したい吸引のアセスメン」トp51〜56肺機能障害1.換気障害口元での換気量低下(気道狭窄、呼吸筋麻痺、呼吸中枢障害、神経伝達路障害)死 ... » more
テーマ 基礎技術・知識 看護師

この雑誌より。ネブライザー療法の効果と手技の根拠 ネブライザー療法の本当の効果Q&Ap56〜64A.ネブライザーの施行時の効果的な体位は?Q.ネブライザーの施行時の体位に関する明確な根拠はありません。重要 ... » more
テーマ 基礎技術・知識 知識 看護師

この雑誌より。ネブライザー療法の効果と手技の根拠 ネブライザー療法の本当の効果Q&Ap41〜p53A.水のネブライザー療法で、固い痰がほんとうにやわらかくなるの?Q.やわらかくなります。ただし、ネブライザーの ... » more
テーマ 基礎技術・知識 知識 看護師

この雑誌の特集より。ネブライザー療法の効果と手技の根拠吸入療法にもちいられる装置の種類と特徴p34〜40ジェット加圧型ネブライザーエアロゾル粒子の大きさが1〜10μm超音波型ネブライザー・ ... » more
テーマ 基礎技術・知識 知識 看護師

職場で新人に教える必要性もあり、基礎の復習。参考にした本。「尿道留置カテーテル」抜去の基準とケアp28〜p31基本は、カテーテルを留置した原因を取り除くことができれば抜去する。尿閉を招 ... » more
テーマ 基礎技術・知識 知識 看護師

医師とナースのカンファレンスがないと解決の道はなさそうだね。p24本文から。「このケースはナースだけでは限界があるね。もう少し医師が積極的に長男に話をしてくれるといいのだけども。医師とナースのカンファレンスがない ... » more
テーマ 看護師

5.ケアをしている”ナースの目標”はどこにあるの?本文から。日野原先生は「ケアをしている”ナースの目標はどこにあるの?そこがよくわからないね。このケースは何が本当のプロブレムなのかな。患者さんからの訴えはないし、合併 ... » more
テーマ 看護師

最後の感想です。介護保険が始まり、世界でも群を抜く安定した介護環境ができたことで、少しだけ困った現象が出てきました。それはご家族が、介護はプロに任せたほうがいいと思ってしまったことです。いわゆる三大介護(食事・排泄・入浴 ... » more
テーマ 介護 看護師

この本の感想、その6。自分のこととして考えてみてください。ひとつは自分の身体が動かなくなり、物忘れも激しく、要介護3という介護度をもらって、「あなたは介護が必要な高齢者ですよ」と周囲から言われたとしましょう。子供たちから ... » more
テーマ 介護 看護師

この本の感想、その5。考えさせられる本だったので、感想がまだつづきます。高齢者介護について大切な考え方だと私が確信しているのは、それまでの人生になかったことを彼らの心に今さら導入するのは難しい、ということです ... » more
テーマ 介護 看護師

この本の感想の3回目。人間の生活にはオンもオフも必要です。高齢になったらずっとスイッチオフの生き方をしたほうがいいのでしょうか。現在の高齢者介護で行われているのは、ずっとオフの人生を作ることです。p122あらためて言 ... » more
テーマ 介護 看護師

この本の感想の3回目。今回も、本文を参照しながら見ていきます。回想法の目的回想法の目的をひとことで言ってしまうと、「昔を思い出して、皆で語り合うことで楽しい気分、幸せな気分になる」ということです。そして、 ... » more
テーマ 介護 看護師

この本の感想の続き。家で死ぬということは、最後まで自分が主人公でいられる。過剰医療をさけることができ、苦痛を軽減できる。家族は、看取りをやり遂げた達成感を持つことができる。p23達成感があるのは、やはり大変な ... » more
テーマ 介護 看護師

小さくて薄い本。内容もコンパクトだけど、諸外国における終末期への対応について話は、とても参考になると思った。以下、本書より参考になったと思うところを参照。欧米豪では、高齢者が終末期を迎え、食べられ ... » more
テーマ 介護 看護師

この本の個人的まとめ。これで最後です。正確には本書を参照してください。がん疼痛ケアの実際ペインスケールについて「痛みが出現したとき」「鎮痛薬を使用したとき」「鎮痛薬が効いてくる時間(最高血 ... » more
テーマ 知識 看護師

この本より、個人的まとめ。正確には本書を参照してください。オピオイドの副作用頻度の少ないものせん妄入院患者の10〜20%に認められ、末期では80%以上という報告もあるせん妄の87%は明らかな身体的疾患 ... » more
テーマ 知識 看護師

この本の感想の続きです。感想のその1は、↓なぜ、「回想療法」が認知症に効くのか小山敬子 脳神経外科看護師のブログ/ウェブリブログ本書より抜粋しながら見ていきます。要介護高齢者には褒められる理由があまり ... » more
テーマ 介護 看護師

面白かったです。認知症の人だけでなく、「人」について考えさせらえる本です。本書より抜粋しながら見ていきます。信じることについて認知症のケアで最も大切なこと、それは、愛情が今でもあると信じること ... » more

医療現場におけるインシデント・アクシデント、これらのことは限りなくゼロに近いことが望ましいことは言うまでもありません。 勤務に一定の緊張感を持ち、インシデント・アクシデントが発生することがないように、医療従事者は日々の業務にあた ... » more

この本より。4.家でケアをするのだったら、バイタルサインの見方を家族に教育するのは当たり前なの。本文のところも参照。日野原先生は「死ぬときに何が起こるかは経験しないとわからないから、家族は不安で仕方ないの ... » more
テーマ 看護師

この本より。3.最初からあきらめては工夫の余地はない。問題の解決には発想の転換が必要だね。一人暮らしの高齢者の方で、家で一人で暮らしていくのはもう限界なんじゃないかと思えるような患者さんが退院しようとするとき、 ... » more
テーマ 看護師

 

最終更新日: 2016/05/23 15:20

「看護師」のブログ関連商品

» 「看護師」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る