誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    権威

権威

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「権威」のブログを一覧表示!「権威」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「権威」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「権威」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

つづれ折りの坂道から石蹴り
学校への通路は、すべて舗装されていましたか。私の通っていた学校は、小学校・中学校・高校とも、いかにも金のかかっていない、簡単な舗装道路でした。そのため、道の端のほうは草が勝手に生えるのはうってつけ?の環境を提供していました。 ... » more
テーマ 石蹴り 季節感 権威

本質主義者は、人の世における最高次の権威を、常に全一統合的な完全バランス状態を保ち続けようとするこの世の永遠普遍の本質的法則に認めます。そして、そのような全一連関的かつ全一調和的な法則に従いながら、幸いにしてこの世に生を受けることのでき ... » more
テーマ 資本主義世界 権威 本質的法則

寺岡伸章のブログ小説「演じる男」
眉間に皺を寄せなければ思いだせないくらい昔のことだが、私が北京に駐在していたとき、その男は日本からやってきた。私は男のアテンド役ではなかったけれども、有名な男なので記念にと行動をともにした。そのとき最初に会ったが、再び会いたいという男ではな ... » more
テーマ 中国 権威 小説

些細な出来事美の権威継承者
美とは権威ではない考えても見給え美を権威にさらしめたものは天皇と言う権威である ... » more

私はこのブログで、本当に自分が真実だと思っていること(自分の体験に基づくこと)を、自分自身を守るために、自分と同じ社会的弱者の方を守るために、決死の覚悟で書いています。そうでなければ、私達の人権はないがしろにされ、私達が本当に幸せになれる ... » more

地域社会の真の責任者は誰でしょうか。日本という国の真の責任者は誰でしょうか。国際社会の真の責任者は誰でしょうか。地球世界の真の責任者は一体全体誰なのでしょうか。いかなる集団においても、真の責任者がいないところでは無責任体制が蔓延り、 ... » more
テーマ 権威 政治 社会

本質文明は既成のいかなるイデオロギーにも宗教にも国家にも慣習にも囚われません。また、そうかと言って、『本質』に囚われ過ぎることもなく、ただ自ずからこの世の永遠の内在律である全一調和の法則に遵いながら、偏りのない自然な本質的成長・変化を人類的 ... » more
テーマ 完全調和 本質文明 権威

人類の最も悪いところは、世に過剰のアンバランスをもたらすのみでなく、それを人為的に固定化し、さらには幾重にも累積することである。世界はその拡大する様々な形の不均衡をめぐって対立し、争い、混乱し続ける。本質主義者は、社会に蔓延るあらゆ ... » more
テーマ 完全調和 アンバランス 権威

今や、あらゆる人為的な権威が崩壊過程にあります。これまで様々な歴史的経緯によって打ち立てられてきた、上から支配しようとする一部の傲慢な人間による保守的な権威が自然に崩壊し、急速に絶対平等的な民主化が進行していくのです。しかしながら、その ... » more
テーマ 本質主義者 権威 絶対民主主義

「はげひげ」の脳的メモほえ
ぽえだから、ぷえ、だって。何にしても、あのタイプの学問スタイルをとってくると、結局、ある権威は何を本当は言いたかったかが重要で、またそれで終わりになってしまうのか。権威の言質が最終審級になって何の疑いもない。そもそも、彼 ... » more
テーマ スタイル 権威

本質主義者は人間の持って生まれた能力を自らの本質を高めるためにこそ使われなければならないと考えます。ここで自らの本質を高めるとは、同時に、万人共通の、いえ、さらには地球生命系全体に共通するこの世の本質、そしてまた、いのちの本質を高めることと ... » more
テーマ 本質主義者 公正 権威

この世に神聖な権力などどこにもありません。社会的な権力とは一種の暴力に他ならないのです。今後、社会的な権力者を見るときは半ば図々しい暴力者を見る眼で見ていく必要があります。権力者とは決して敬すべき人などではなく再吟味されなければならない存在 ... » more
テーマ 社会システム 公正 権威

故ナンシー関の著作には、単行本が世界文化社から発行され、時を経て角川文庫に収まった、というルートをたどった一連のエッセイ本があり、それらはタイトルのはじめの文字を「何」でそろえていることから「何シリーズ」と呼ばれている。ナンシー関は ... » more
テーマ 文学 権威 平等

 

最終更新日: 2016/11/18 23:30

「権威」のブログ関連商品

» 「権威」のブログレビュー をもっと探す

「権威」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る