誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    オリジナル小説

オリジナル小説

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
親テーマ: 小説
類似テーマ: オリジナル小説 自作小説 創作小説
テーマ「オリジナル小説」のブログを一覧表示!「オリジナル小説」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「オリジナル小説」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「オリジナル小説」の記事を新着順に表示しています。(8ページ目)

こころの文庫縁あるひとたち・その2
あれからもう四十年も経った。良一は立派に一人親方で仕事をこなしている。妻と娘二人のしあわせな家庭も得た。そんな今も、あの海老の尻尾に涙の味が加わった記憶が時々よみがえる。「もうすぐやったな?」太吉に訊かれて、真一は現実に引き戻された ... » more
テーマ 創作小説 ライフスタイル 文芸エッセー

こころの文庫縁あるひとたち
縁ある人たち 世間は暖冬だ暖冬だと姦しいが、こう朝が早いと結構寒さはきつく感じられる。なによりもたき火が恋しくてたまらない。浅香良一は、かなり暖房をきつく効かせている軽トラックの運転席を出ると、ブルッと身震いした。バ ... » more
テーマ 創作小説 文芸エッセー

今日は。 小説の執筆状況と『恩(その2)』の歌謡詞(巨人戦)を下記のgooブログに書き込みましたので、アドレスをクリックしてご覧下さい。 gooブログhttp://blog.goo.ne.jp/tokuichit/ ... » more

こころの文庫ほんの束の間
ハイウェイバスは快調に走った。名古屋に着いたのは夜の十時過ぎ。まだ時間は充分ある。名鉄の駅に急いだ。目的地は東岡崎駅。定年以来、何とも空しい日々を送っていた私のもとに、一通の手紙が。開けてビックリ!とはこの事だった。「今回のエッセー ... » more
テーマ 創作小説 ライフスタイル 文芸エッセー

こころの文庫誘惑
坂手将太は刺身包丁でマグロの柵をひき続けた。三千台の切り数が必要だった。イカ刺しとサーモンはすでに数を切り終えた。凍えた手は神経がかなり鈍くなっている。ゾクゾクする。足元から厳しい冷気が伝い上がる。生ものを扱う調理場だった。一年の大半は ... » more
テーマ 創作小説 ライフスタイル 文芸エッセー

みんな輝きだした「お母さん、このごろ、えろう優しいなったん違う?」ある日、奈津実がポツンと言った。「なんで?」「ポンポン言わんようになったやん。そいに一緒に勉強してくれるようになったわ」ハッとした。そうだ。すず実 ... » more
テーマ 創作小説 ライフスタイル 文芸エッセー

こころの文庫誕生!家族っ子、すず実
すず実は家族っ子ただいま、わが家の一日はすず実で始まり、すず実で終わる。年齢が離れているだけに、お兄ちゃんお姉ちゃんらにも、それに文句はなさそうだ。どうやらすず実は『家族つ子』になりそうだ。長女はわたしと夫が商売で忙しい時期に生 ... » more
テーマ 創作小説 ライフスタイル 文芸エッセー

こころの文庫誕生!家族っ子、すず実
誕生!家族っ子、すず実きょうだいは多いほうがいいまったく躊躇もせず悩みもせずに、本当に自然体で妊娠と出産に臨んだ4人目の赤ちゃんが、わが家の幸福の使者、すず実である。「男の子が二人屋のに、女の子は奈津実1人じゃかわいそう ... » more
テーマ 創作小説 ライフスタイル 文芸エッセー

こころの文庫根日女昇天・完結
許麻は気配を抑えて根日女の寝顔をそっと窺った。やはり絶望感に襲われる。すべてがあまりにも遅かった。娘は都から来るであろう愛の使者の訪れを、待ち草臥れた果てに明日をも知れぬ病床にあった。「オケノミコさまが、大王さまのお言葉を携えて参られた ... » more
テーマ 歴史 創作小説

ごろ-の寝言短冊小説「鬼の面」
短冊小説「鬼の面」 昨年。青木健三が会社から帰ってみると、テーブルの上にえらく立派な鬼の面が置いてあった。見るからに高そうなお面が無造作にテーブルの上にポツンと置いてある。健三はお面の「赤いより紐」の先の「房」を見て、ますます怪訝そうに ... » more
テーマ 自作小説 50代以上のblog  コメント(2)

こころの文庫根日女昇天・その4
「おとうさまをお残ししては、根日女は気がかりで先にはとうてい行けませぬ」「うん?大和へか?」許麻はわざと問うた。弱弱しい娘の姿を前に、彼女の本音をまともに受け取れなかった。根日女は童女のごとし無邪気な笑顔を作り、目を細めた。まるで絹 ... » more
テーマ 歴史 創作小説

こころの文庫根日女昇天・その3
「ならば、わしらと一緒に大和へ参ろう、根日女。わしも兄者もそなたが身近にいさえしてくれれば、これまで同様、時の流れにわれらが愛の行方を任せられる」「いずれ、そなたがわれら兄弟のどちらを選ぶことになっても、決して泣きも恨みもせぬ。愛が憎悪 ... » more
テーマ 歴史 創作小説

こころの文庫根日女昇天・その2
その月日を根日女は兄弟皇子のどちらとも選べぬままに過ごしてきた。心根が優しいゆえに根日女は、わが身に熱い思いを寄せてくれる彼ら皇子らの心を傷つけることなぞ考えられなかったのである。オケとヲケの兄弟皇子は、先の大王の執拗な追跡の手を逃れる ... » more
テーマ 歴史 創作小説

こころの文庫根日女昇天
播磨風土記3000年記念歴史小説根日女昇天屋形の縁より眺めると、かなり大きい墳墓が築かれつつあるのが一目瞭然だった。墳墓を取り囲むように池が掘られている。賀茂の国の民人が総出で工事に取り組んでいる光景は壮観そのものだった。墳 ... » more

今日は。 小説の執筆状況と『恩』の歌謡詞(巨人戦)を下記のgooブログに書き込みましたので、アドレスをクリックしてご覧下さい。 gooブログhttp://blog.goo.ne.jp/tokuichit/ ... » more

ごろ-の寝言短冊小説「悠々自適」
わたしの名前ですか…?ハッキリした名前はないのですが、「容子ちゃんの砂糖入れ」と呼ばれています。明確にわたしに向かって、そう呼ぶ人はいません。でも、「あれ、どこに行った?」、「あ〜、容子ちゃんの砂糖入れ?」…。 ... » more
テーマ 自作小説 50代以上のblog  コメント(3)

「智子、38歳」について、またありがたくコメントを頂いたので返信をせっせと書いていたのですが・・・なんか本当に、自分の物を見る目が狭いのかな・・・?と悩んだりもしました・・・う〜〜ん・・・(^^;)というか、「智子はまだ ... » more

小説「智子38歳」に批評を頂きました。お話に対してコメントを頂けるとは思っていなかったので、とてもありがたいことだと思いました!ただ・・・え〜〜っと・・・テーマがテーマなので、なんというか・・・女心のおかしな矛盾とか ... » more

こころの文庫明け方の贈り物
明け方の贈り物夕方から明け方にかけての深夜勤務についてから、子どもたちとすれ違いの生活が始まった。出勤するときには子どもたちは遊びに出ているか、まだ学校だったりするし、帰宅したときは夢の中なのだからしかたない。その日も明け方、眠 ... » more
テーマ 創作小説 文芸エッセー

こころの文庫失意の私の前に
失意の私の前に!?私の半生で最も痛烈な打撃だった。当時三十歳、それまでは多少の波はあれこそ、好運に恵まれトントン拍子にきていたせいもあって、失意のどん底を味わう事となった。独立の夢を描き脱サラ、調理師学校を経てレストラン、喫茶店 ... » more
テーマ 創作小説 文芸エッセー

烏兎うとの記守れなかった約束
始章「市民の皆さんを裏切らないように、誠実に対応してください・・・」タカシは常務の年頭のあいさつに頷いている。タカシはあの事を裏切りとは考えていないのか。誠実に対応したというのか。張 ... » more

(よかったら「前置き」を読まれて下さい・・・)私の人生、終わった・・・と思った。久しぶりに会った、高校時代の友人・タエコに衝撃的な一言を浴びせられたのだ。「あはは〜〜!智子〜お互い老けちゃったわねぇ☆そう ... » more

さて。今回は小説を・・・小説、っていうのはおこがましいかな…(汗)主人公の心情と、会話メインのお話なので、ケータイ小説、って感じなのかな・・・?(ケータイ小説も、ほとんど読んだことがないのですが・・・;)その話を、ち ... » more

先生との出会いに感謝してその夜、夜勤に出る支度をしていた私に電話が入った。「遅くに悪いな。どうしても電話したくてね」その声を耳にしただけで、O先生の底抜けの笑顔が私の頭に浮かんだ。数日前に公演した私の舞台を観劇したとのことだ ... » more
テーマ 創作小説 文芸エッセー

今日は。 小説の執筆状況と『尊敬(その2)』の歌謡詞(巨人戦)を下記のgooブログに書き込みましたので、アドレスをクリックしてご覧下さい。 gooブログhttp://blog.goo.ne.jp/tokuichit/ ... » more

こころの文庫親子であることの証明
親子であることの証明前触れもなく父はいきなり勝手口から入って来た。ノソッという感じだった、「おるかっ!」といつものぶっきらぼうな口調で居間に上がり込んで来て、私が寛いでいる炬燵の向かい側に足を入れた。珍しいことだった。別に険 ... » more
テーマ 創作小説 文芸エッセー

前回の更新からまた間が空いてしまいましたが、、「星の剣舞姫」第5話「グラン・ギニョルは炎のようで」5をアップいたしました。書き始めたのは去年からなんですけど、大部分が年末に入ってからで、冬コミの開場前行列での待ち時間や、年が明けてか ... » more

こころの文庫ぼくは泣かないのに
ぼくは泣かないのに夫婦で力を合わせて、八年間やってきたお店を、夫の体調の崩れとともに訪れた営業不振で、万策尽きて遂に店仕舞いとなってしまった時の、辛さと惨めさといったら大変なものでした。ガックリと心身ともに落ち込んでしまった私と ... » more
テーマ 創作小説 文芸エッセー

サイさんの余計なお世話?「あんた、この仕事、やる気あるのん?」いきなりたずねられてドッキリ!本を整理していた私の手は反射的に止まった。そーっと声の主のほうを窺うと、彼女は黙々と納品伝票の数字を帳簿に転記していた。サイさん ... » more
テーマ 創作小説

母を恋うる記(もうお母ちゃんを泣かせへん)十七歳の夏、その事件は起きた。母の悲痛な顔、物心ついてからこっち初めて見る表情だった。小さい頃からおとなしくてかしこい子どもで通ってきた。何の問題もない自慢の息子が、思いもかけない不祥事を起 ... » more
テーマ 創作小説 文芸エッセー

 

最終更新日: 2017/11/15 09:27

「オリジナル小説」のブログ関連商品

» 「オリジナル小説」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る