誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    オリジナル小説

オリジナル小説

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
親テーマ: 小説
類似テーマ: オリジナル小説 自作小説 創作小説
テーマ「オリジナル小説」のブログを一覧表示!「オリジナル小説」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「オリジナル小説」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「オリジナル小説」の記事を新着順に表示しています。(5ページ目)

今日は。 小説の執筆状況と『よろこぶ・よろこび(その2)』の歌謡詞(巨人戦)を下記のgooブログに書き込みましたので、アドレスをクリックしてご覧下さい。 gooブログhttp://blog.goo.ne.jp/tok ... » more

今日は。 小説の執筆状況と『よろこぶ・よろこび』の歌謡詞(巨人戦)を下記のgooブログに書き込みましたので、アドレスをクリックしてご覧下さい。 gooブログhttp://blog.goo.ne.jp/tokuichi ... » more

今日は。 小説の執筆状況と『泣く(その2)』の歌謡詞(巨人戦)を下記のgooブログに書き込みましたので、アドレスをクリックしてご覧下さい。 gooブログhttp://blog.goo.ne.jp/tokuichit/ ... » more

今日は。 小説の執筆状況と『泣く(その2)』の歌謡詞(巨人戦)を下記のgooブログに書き込みましたので、アドレスをクリックしてご覧下さい。 gooブログhttp://blog.goo.ne.jp/tokuichit/ ... » more

今日は。 小説の執筆状況と『泣く』の歌謡詞(巨人戦)を下記のgooブログに書き込みましたので、アドレスをクリックしてご覧下さい。 gooブログhttp://blog.goo.ne.jp/tokuichit/ ... » more

「大長今」私的小説化作品『ジャングム』連載第42回 第六章(2)-Bその後も、ジャングムは秘密を聞き出そうと処士につきまとい続けた。「教えてください。何か秘密があるのでしょう?」「ないですよ!大体、宮廷 ... » more

「大長今」私的小説化作品『ジャングム』連載第41回 第六章(2)-A夕餉の片付けもそこそこに、ドックは、ジャングムとミン従事官を無理やり連れだして、寺の外で焚火を始めた。「寺の中じゃ酒は禁忌だからね。後ろめた ... » more

「大長今」私的小説化作品『ジャングム』連載第40回 第六章(2)-@「ハン尚宮様。」表から、ジャングムはハン尚宮の居室に向かって声を掛けた。だが、部屋の戸はおろか障子さえもぴったりと閉ざされたまま、開かれる気配 ... » more

しあわせは求めよさらば与えられん短大一年の時、近くの喫茶店でアルバイトを始めました。マスターは三十三歳で独身、そのうえハンサムでした。面接の時から、私が期待を抱いたのも無理はありません。チャンスだと思いました。だって、仲のいい友 ... » more
テーマ 大人の手記 愛と恋 創作小説

社内恋愛は危機管理を!高校卒業後、働き始めたS書店は、従業員二十人というから結構大きかった。支店も三つあり、そちらも五人ずつ働いていた。社長が女性のせいか、全店従業員三十五人のうち二十八人が女。それも若い子から勤続二十何年のオバさん ... » more
テーマ 大人の手記 愛と恋 創作小説

神輿を担ぎあげた誇らしげな男衆らの顔、顔、顔。龍悟は、その目撃者だった。(時代は変わってるんや。今やったら、オレはオヤジに会える!)龍悟は口を軽く結んで目を閉じた。「龍悟。お前が何を考えちょるか、お母ちゃんには分かる」母は息 ... » more
テーマ 創作小説 家族 親のこころ

龍悟は子どもらを理香子に任せて、少し早めに家に戻った。縁側に母の姿があった。吊るし柿にする小粒の渋柿を丁寧に剥いている。毎年そうやって吊るし柿を作る母だった。「お母ちゃん」龍悟は子どもの頃と同じ呼び方をした。母と二人きりの時は、 ... » more
テーマ 創作小説 家族 親のこころ

「おう1落とすなー!」その時、境内の指定された位置に屋台を鎮座させた各地区の一人が飛び出した。無言である。釣られて二人、三人、バラバラと駆け出した。東畑崎の神輿の傍らで、終戦と目を合わせた。すかさず周旋が頷いた。彼らは神輿の下がった ... » more
テーマ 創作小説 家族 親のこころ

一番乗りは神社の所在地である清土地区の布団屋台だった。裕福な家が昔から多い地域だけに、この近辺では最も重量感のある豪華絢爛な屋台だった。鋭角に反り上がる布団屋根に取り付けられたカザリ金具(梵天)の黄金色の海老が左右一対に踊っている。高砂の曽 ... » more
テーマ 創作小説 家族 親のこころ

清土団地は数年前に清土地区北端にある一角が開発されて、生まれた新しい分譲団地だった。「どこの誰やら分からんもんが、ようけ越して来よった。清土の家のもんの新宅もあっけど、東畑崎もんも入って来とるわ。もうなんもかんも混じってしもうてからに。 ... » more
テーマ 創作小説 家族 親のこころ

「どこへ行っとったんやいな?」灰皿を出して来た母は訊いた。「うん、ちょっとな。懐かしなって、そこらを歩き回ってた」「ほうか。この辺りもすっかり変わってしもたでな」母がちょっと寂しい顔を作った。「ああ、ビックリしたわ。ちっ ... » more
テーマ 創作小説 家族 親のこころ

帰郷―そして何かが何年ぶりの故郷だろうか?ちょっとした感慨に、沢口龍悟は何尾もとらわれた。千葉の大学を出て、そのまま先輩の伝手で就職先を現地企業に決めたときから、龍悟と生まれ故郷のK市との距離は限りなく広がり始めた。もう20 ... » more
テーマ 創作小説 家族 親のこころ

今日は。 小説の執筆状況と『笑う・笑い(その2)』の歌謡詞(巨人戦)を下記のgooブログに書き込みましたので、アドレスをクリックしてご覧下さい。 gooブログhttp://blog.goo.ne.jp/tokuich ... » more

短冊小説「開封されていない封書」 木彫作家の修二は展覧会場で突然声をかけられた。「お久しぶりです。鈴村分家の方の吟一です。覚えていらっしゃいますか?」自分とほぼ同年齢の老人だった。とっさには思いつかなかったが、目を見ているうちに特徴あるたれ目で思い出 ... » more
テーマ 自作小説 50代以上のblog  コメント(1)

こころの文庫ミニコラム
みずみずしい野菜は誰のおかげ?わが家の家庭菜園は、この春、妻が、「自家製野菜で家計を補うのよ!」とえらく張り切って始めた。が、いつの間にやら、妻はその務めを放棄し、畑を耕し野菜を育てるのは、私の役目になってしまったのだ。そん ... » more
テーマ 創作小説 家族 文芸エッセー

ところどころでくすぼる土堤を取り囲んで待機していたムラの連中は、頃合いを判断した隣保長の合図で、あらかた焼け終わった土堤の斜面に踏み入った。まだ余熱を残した焼け跡を、長靴で踏み固めると、形を残したまま焼けた雑草は灰になって崩れた。畦焼きはフ ... » more
テーマ 創作小説 家族 文芸エッセー

去年の畦焼き中に腹の痛みを堪え切れず、家に慌てて取って返し便所に飛び込んだ慎三は、この池の土堤焼きに結局立ち会えなかった。「こいつは慎重にかからにゃヤバいでのう」慎三の隣にいる初老の男がいった。慎三が見返ると、その気配に誘われでもし ... » more
テーマ 創作小説 家族 親のこころ

「わしらもやるか?」川沿いにある湯口家の田圃は、昨年刈り取ったままに稲藁が散らばっていた。コンバインを導入するまでは、束にした藁を積み上げた坪木の点在した田園風景だった。それがすっかり様変わりして、完全に風情は奪われた。藁が重宝がら ... » more
テーマ 創作小説 家族 親のこころ

二年目の春―そして背丈ぐらいに切った青竹の芯を抜いた。二節は抜かないと駄目なので、鉄筋を突っ込んで少し弾みをつけて押し込むと、スポンと気持ちよく抜けた。それを二度繰り返して、やっと出来上がる。抜いた穴へ灯油を注ぎ入れると、ひとつ ... » more
テーマ 創作小説 家族 文芸エッセー

こころの文庫家族・完結
誠治が三千代を送り届けて、再び家に帰り着いたのは、既に真夜中近かった。散らついていた雪も本降りに変わっていて、家の前は白い絨毯を敷き詰めたように積もっていた。車から出て一歩踏み出すと、ジャクッと鳴った。実に気持ちいい感触が足裏に広がった ... » more
テーマ 創作小説 家族 親のこころ

こころの文庫家族・その3
「ええ具合にたけとるがいな。さすがお父さんや、年季が入っとるで」ヤスエはケラケラと笑った。まさか年季ですき焼きの味が決まるとは思えなかったが、誠治は父親に感謝した。気のつかぬ家族と勘違いし、腹を立てた自分が恥ずかしかった。「さあ、顔 ... » more
テーマ 創作小説 家族 親のこころ

14新たな日常戦いが終わり、数日が過ぎた。ザジャブ城内には、財宝とともに莫大な食糧が溜め込まれていた。領民たちの飢えもしばらくは防げるだろう。ザジャラーク領は正式にローゼンベルク領に併合された。商人や領民たちが、次々とローゼ ... » more
テーマ グランクレストRPG 疑似リプレイ 自作小説  トラックバック(1)

13決戦、“大食い男爵”翌朝。クリスたちは、軍勢を率いてザジャブの城まで進軍した。城の前には並木のように槍が並ぶ。だが、突き刺さっていた白骨の姿はない。城門が開き――その向こうに、武器を構えた白骨たちが並んでいた。邪法により ... » more
テーマ グランクレストRPG 疑似リプレイ 自作小説  トラックバック(1)

11最初の対決そこに、外の警戒をしていた村人が飛び込んできた。イガナ村に、男爵の兵士たちがやってきたのだ。隊の先頭にはゲッサムとバルゴン、中腹あたりにセリア、エルーク、オレンの三人、そして中央には輿に乗った巨体――ザジャブがいる ... » more
テーマ グランクレストRPG 疑似リプレイ 自作小説  トラックバック(1)

9収容所開放翌朝。クリス一行は、収容所を捜索するべく、早朝から周辺を回っていた。ヒヅマは昨晩休んだとは思えないほどげっそりしており、アルベルトは機嫌が悪いのが目に取れ、クリスは鼻歌が聞こえるほど機嫌がいい。あのあと、クリ ... » more
テーマ グランクレストRPG 疑似リプレイ 自作小説  トラックバック(1)

 

最終更新日: 2016/12/04 16:51

「オリジナル小説」のブログ関連商品

» 「オリジナル小説」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る