誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    社会時評

社会時評

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「社会時評」のブログを一覧表示!「社会時評」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「社会時評」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「社会時評」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

【社会時評】 豊洲問題が映す病理  部署で孤立、全体を見ず   吉見 俊哉 (東京大学教授) 【社会時評】豊洲問題が映す病理部署で孤立、全体を見ず吉見俊哉(東京大学教授)東京新聞2016年10月25日夕刊「サイロ・エフェクト高度専門化社会の罠」 ジリアン・テット著(文藝春秋1,792円税込) ... » more
テーマ 東京新聞 吉見 俊哉 社会時評

以前にもここで書いた、入れ墨とtat tooの違いは?大阪市が入れ墨調査をしたところ、それに応じなかった人に裁判所は適法という判決を。所で、最近、世界的に女性のtat tooがものすごいことをご存知かな?南の島に行く ... » more
テーマ 社会時評

へそだんごハルキストには悪いが?
今年もハルキストが待ちかまていたノーベル文学賞はハルキストの目の前には来なかった。ある時、ハワイに住んでいる友人からこんな話を聞いた。偶然、村上春樹さんと食事をしたのです。お話をしていたら、1年の間の三分の二はハ ... » more
テーマ 社会時評

ある新聞を読んでいたら、戦争を知らない年代の記者が戦争の事を聞くため戦争体験者から話を聞いたがそれが本当の話かどうか、確認することが大変だった様なことを書いているので、思わず、なんという事かと思ってしまった。敗戦後7 ... » more
テーマ 社会時評

福山・吹石夫妻の誕生を機に、ママさんたちもこれを機に子供を産んでほしいという発言は、安倍首相の強引な安保法案成立させたことと類似した、人の心を顧みない不埒な発言だ。当初から菅官房長官の官邸での記者会見の姿を見ていて不快感 ... » more
テーマ 社会時評

鶴竜が優勝したがあれは、素人的に言えば、ずるだ。大横綱が、あんな態度で勝ちを狙うとは、言語道断許せない君はそんなに力もないのにせこい勝ち方で、勝ちたかったのか?君の人柄、人間性がよく理解できた。横綱は堂々 ... » more
テーマ 社会時評

スーパーマーケットで未成年者が20歳と言いタバコを購入、未成年者喫煙法違反で高松地裁は販売者に有罪判決。しかし、二審の高松高裁では、裁判長が、少年は身長が167センチあり成人でもおかしくない。未成年者と判断、認識していたとは ... » more
テーマ 社会時評

ラグビーの世界一を決める、ワールドカップのイングランド大会で日本は強豪の南アフリカを見事に破った。日頃のコーチの素晴らしい指導のもと、得た賜物だろう。これを深夜テレビ中継で見ていて、ラグビーとは、こんな素晴らしい、迫力と ... » more
テーマ 社会時評

国民の60%が理解できない、違憲でおかしい、デモに立つ人たちの姿は、小言幸兵衛が見て取材したかつての革マル、全共闘が前に立て行った姿とは全く違う、国民が本心から立ち上がらなければいけない時代と感じて、立ち上がった姿だ。 ... » more
テーマ 社会時評

豪雨での鬼怒川が氾濫したときのテレビ放送を見ていて民放は現場中継もスタジオアナウンサーも、何でと思うほどに興奮して絶叫して、推測で話を進めて、まるで仲間内でのお喋り見たいと思う局もあった。最高は電信柱にしがみつく男性を見 ... » more
テーマ 社会時評

劇団員女性が何者かに絞殺された事件は1975年8月23日に大阪寝屋川で起こって新婚夫婦殺人事件のケースと似ている感じがする。あくまでも勘であるが。寝屋川の新婚夫婦殺人事件は夫が鉞で殺され妻が犯人の凶器を左手で防御、親指の ... » more
テーマ 社会時評

新国立競技場と五輪エンブレムは霧の中で密かに進行していただけに国民は外野席にいなかった。現代のインターネットの力は、いい加減では済まないことを五輪委員会の方々は押し通せると考えたのか、いかにも官僚の発想と見て取れる。 ... » more
テーマ 社会時評

山口組が分裂の様相を見せてきた今過去において市民に多大な被害影響を与えてきただけに、一般人は心配不安になるのは当然だろう。テレビのワイドニュースでコメンテーターが各々の意見を述べていたが、暴力団取締の法律でしてほしいと真 ... » more
テーマ 社会時評

佐野氏がデザインしたという?五輪エンブレムは、見た瞬間から悪い予感がした。真ん中に真っ黒な太い線が入っている、縁起が悪い、習字に思い出したのがこの前まで使っていた日本航空のJALの真ん中を、アラビアの刀が切り裂いている感じの ... » more
テーマ 社会時評

62年目の劇団四季の9月号劇団会報のラ・アルプをみて変わってきたなあと実感が。コーラスラインの出演者予定キャストが掲載されていることだ。浅利慶太時代には存在しなかっただろう。公演での予定出演者予告も出来なかった時代があっ ... » more
テーマ 社会時評

以前からテレビニュースを見ていて気になることがある。スタジオから現場のだれだれさんと呼びかけると必ず百人中九十人は「ハイ」と言ってから喋りだす。残りの十人は「はい「を言わずに即本文に入り喋りだす。きいていて、この「はい」 ... » more
テーマ 社会時評

倉本聡さんの日経新聞掲載の私の履歴書が最終回を迎えた。モノつくりとはいい相棒が居ないと結局実現しない。倉本さんの相棒が鬼籍へ、そしてフジテレビに建白書を渡したと朝のシルバータイムに良質大人のドラマをと日本人の25%が65 ... » more
テーマ 社会時評

フェイスブックを初めとしたソーシャルメデイア時代何でもかんでもネット上に自分の事を乗せたいのが今の時代の方々だ。昨日は何を食べた。何をした。公の事ならまだいいが大半の内容は個人的なもの、つまり個人情報だ。このおかげで助か ... » more
テーマ 社会時評

大阪寝屋川の中学生2名が殺害された事件で逮捕され黙秘続ける犯人と思われる人間を東京で職務質問していて解放したことだ。任意で警察署まで同行させたのならまたそこで、所持品の中からスタンガン、注射器手錠などが出てきたら、通 ... » more
テーマ 社会時評

今の時代の犯罪捜査は防犯カメラから始まる。大阪の高槻での男女中学生の事件も防犯カメラが無ければ解決は長引いたかもしれない。それにしても犯人逮捕は大阪府警の捜査員の努力のたまものだろう。殺された中学生はかわいそうだが ... » more
テーマ 社会時評

日本に限らず米国でもテレビ界は視聴率という魔物に鵜飼の鵜のように操られている。そのため、過去に真実でないものを真実のごとくに放送してしまった放送局もある。ナイトクローラーは正にテレビ界の病巣にスポットを当てた恐ろしい ... » more
テーマ 社会時評

日航機123便が御巣鷹山に墜落した当時は小言幸兵衛は一番に伊丹空港に到着取材に当たっていた。その頃から、どうして異常事態になった時まだ海上の上を飛行しており、海に不時着しなかったか疑問に思っていた。たまたま、本日 ... » more
テーマ 社会時評

沖縄は返還までパスポートが必要だった 沖縄の翁長知事が菅官房長官と会談したとき魂の飢餓感を解って欲しいと語っていたが何だか理解できる気がする。沖縄返還前にRYUKYU GOVERMENT琉球政府を訪れた。行くにはパスポート代わりの身分証明書を日本政府総理 ... » more
テーマ 社会時評

敗戦記念日<終戦記念日>疎開そして玉音放送 昭和19年小学校1年生の小言幸兵衛は、何もわからないまま親に連れられ新宿駅から中央線の蒸気機関車の煙が窓から入る三等車で長野県の松本に向かった。東京都下第1号の疎開者だったらしい。当時風に言えば、かしこくも天皇陛下のご下命で ... » more
テーマ 社会時評

日経新聞社が英国の有力経済紙フィナンシャル・タイムズを発行する会社を買収した。新聞もデジタル時代へ向けてグローバルな世界へ次代を求めた。今のテレビ界の番組を見るとこれはなんだと言いたいし関係者自体がテレビはつ ... » more
テーマ 社会時評

2015年7月27日の新聞のスポーツ欄を見ると相撲は白鵬<モンゴル>男子ゴルフはマークセン<タイ>女子ゴルフはアン・ソンジュ<韓国>と日本人は一人もいない。松山選手が頑張っていたが。高校野球では清宮選手他が頑張ってい ... » more
テーマ 社会時評

東京調布の住宅地に小型機が墜落炎上した。テレビのワイドニュースのキャスターの解説を聞いていると専門家がいるのに自分の憶測で話を進めていくのが不思議だ。早くから専門家の中には搭乗者が5人で燃料は満タンという条件で単発機 ... » more
テーマ 社会時評

近くのダイエーでいつも買うように、Lと表示されたパジャヤマを購入なんか変だなと思いつつ、家で着てみたらまるで入らないいつもの通り安心して表示を信用していたのにと。クレーマーモンスターにならないように電話すると交換しますと ... » more
テーマ 社会時評

直木賞、芥川賞で又吉さんが目出度く芥川賞を受賞した。他にも二人受賞者は居るが、メデイアはこの二人は全く扱わない何故?先日亡くなった直木賞作家の陳舜臣さんに聞いたことがある。芥川賞とはどんな賞なんですかと。陳舜臣さんの答えは、芥川 ... » more
テーマ 社会時評

へそだんご石阪浩二さんの想い出
石阪浩二さんの想い出 今、日経新聞の私の履歴書で浅丘ルリ子さんが自分の事を書いているが、石阪浩二さんとのなれそめを詳しく綴っている。石阪浩二さんと言えば、小言幸兵衛には、その昔、思い出がある。アルマ・ワインミラージョニイ・ブキャナ ... » more
テーマ 社会時評

 

最終更新日: 2016/11/18 21:08

「社会時評」のブログ関連商品

» 「社会時評」のブログレビュー をもっと探す

「社会時評」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る