誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    生と死

生と死

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「生と死」のブログを一覧表示!「生と死」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「生と死」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「生と死」の記事を新着順に表示しています。(3ページ目)

あの震災から一年。地震と津波と原発事故と・・・・・人間の生と死を考えることが多くなりました。昨年秋から今年にかけて、近しい人が二人相次いで亡くなりました。その亡くなった人と同じ病院に入院(昨年8月から)しており、その二人を見舞ったり ... » more

誰かが読んでも「独り言」ハラキリ。
私はずっと切腹にあこがれていた。赤穂浪士の忠臣蔵をみて憧憬はさらに強くなった。もともと自殺願望があった。生まれてくるのは全く自分の意志ではなく、他人任せである。だからせめて死ぬときぐらいは自分のコントロール下に置きたいと ... » more
テーマ 生と死

前記事を書いた矢先に、こんな事を知るとは・・・・・・日本冒険小説協会会長・内藤 陳さんが亡くなった。私が冒険小説を好んで読むようになったのは、10代の頃に読んだ陳さんのコラムで方向付けされたからだと言っていい。日本冒険小説協 ... » more
テーマ 雑記 生と死

最近、子供の頃から知っている芸能人や作家が、いつの間にか亡くなっていたり、逆に亡くなったと思ったら存命だった(<ヲイ)と言う事が少なくない。そこで、ウィキペディアの情報と自分の記憶から、今年亡くなった(私が知っている)著名人を挙げてみた ... » more
テーマ 雑記 生と死

輪中の里から儀式
1喪失病室に眠る人の腕に滴下する液は機能を失った腎臓をすり抜けて全身を潤し枯れた膚に青く透けるような艶やと張りを取り戻す廊下に出た医師は家族に覚悟を迫る「このまま点滴を続ければ内蔵が溺れてしまう。これからは ... » more

皆さん、最近本を読まれていますか?今日は勝手な独断と大いなる偏見による、大好きな本のご紹介をしてみます。もしよろしければ覗いてみて下さい。批判は遠慮なくです。本気でお待ちしています。「麻雀放浪記」ご存知、阿佐田哲 ... » more

時雨亭往還雨の穴
雨の穴 明け方近くに帰宅して窓を開けると、西の空に金星が輝いている。この季節は、天気さえ良ければいつだって見える。星らしく、ちゃんと夜の間に天空を半周して西へ消えるのだから、模範的でわかりやすい。半月前は、月に寄り添っていた。 ... » more

昨夜ネットを開いて目に飛び込んできたのは、「MotoGPでマルコ・シモンチェリ事故死」という見出し・・・・・こうした「寝耳に水」の事態により詳しい情報を求めるのは人間の性なのか?グーグルで検索するが、出てくる記事はどれも「マレーシア ... » more

私がAに初めてあったのは、中3の時である。IQが高く、早熟なAからはいろんな事を教わった。華厳の滝に「人生とは不可解なり」と言って、投身自殺した一高の生徒、藤村操の話は何度も聞かされた。Aは三島由紀夫が好きだった。将来は外科 ... » more
テーマ 生と死

「御巣鷹 26年目の夏」〜スゲノ沢〜 2011年7月15日写真 文章Dr.イッコー 「スゲノ沢」は尾根に激突した機体後部が滑り落ちた場所です。奇跡的に4名の生存者が発見されたのがここ「スゲノ沢」。TV画面で自衛隊のヘリコ ... » more
テーマ Dr.イッコー 災害 生と死  コメント(4)

時雨亭往還撫子は好きですか
撫子は好きですか 花屋さんで切り花を選んでいたら、今年初めて撫子を見つけた。撫子は一番好きな花。もうそんな季節なのかと、これは私の感慨。色取りどりの花を集め、墓参に向かった。さてしかし、兄は何の花が好きだったか、とんと記憶にない。 ... » more

輪中の里から湖底幻想
かつては地上にあった山里が二十世紀を抱えたまま湖底に沈みとある一軒家には歳経た鯉が住みいろりを囲んで小魚たちに昔話を聞かせている山奥の淵に潜んでいた竜はしだいに狭くなっていく本宅に換えて昔めとった人間の妻と住 ... » more
テーマ 身近な生き物 生と死

まさひさのBikeHouseMotoGP アラゴンGP
このレースでは、前戦サンマリノGPで事故死した富沢祥也への黙祷が行われた。何らかの追悼が行われるとは思ってはいた。でも、富沢祥也への追悼はこれだけでは無かった。Moto2クラスで富沢とポイント争いをしていたT・エリアスは ... » more
テーマ バイク 生と死

パソコンをネットに繋いだら、信じたくないニュースの見出しが目に飛び込んで来た。富沢祥也選手レース中に事故死先ほど録画しておいたサンマリノGPを見たのだが、序盤ではトップに立ち、一旦は順位を落したもののこれから巻き返すぞ・・・ ... » more

時雨亭往還スイッチ
スイッチ お婆ちゃんが亡くなった。入院から四ケ月目のことだった。入院した時点で、当方との関係は終わり、たまにお見舞いに伺う程度だった。目は開かないけれど、声を掛ければこちらに手を伸ばして手を握ってくれるし、片言の会話なら何とか出来 ... » more

「魅惑の吸血鬼」と「根拠のない死」 今日も朝から太陽がギラギラこれは残暑などという生やさしいものではありませんねこの暑さで、行動も内面も非生産的になっている自分に喝を入れようと、午後から ... » more

「セナvsプロスト」を振り返る いま30代後半〜40代の人は80年代後半〜90年代初め(?)のF1ブームをリアルタイムで経験した世代じゃなかろうか。あの頃は日本人初のフルタイムF1ドライバー(中島悟)の誕生や、ウィリアムズやマクラーレンに載ったホンダエンジンの快進撃など色 ... » more

時雨亭往還百か日
百か日 今日が親友の百か日です。早いのか遅いのか、感覚が麻痺していますが、これもまた、ひとつの節目です。少しだけ、前回の続きを綴ってみます。2008年7月12日 19:03昨日は、ありがとう御座居 ... » more

時雨亭往還レクイエム
レクイエム 前回、高校時代のことを書き進めながら、ある事故を思い出していました。三年の秋だったでしょうか。私はガールフレンドと、日曜日に銀座でデートしていました。その途中、山野だったかYAMAHAだったか忘れましたが、モーツァルトの ... » more

時雨亭往還四十九日
四十九日 今日は中陰の追善法要の最後、親友の四十九日です。私などの不信心者は地獄に堕されるのでしょうが、誰からも愛された真面目な彼は、閻魔さまのお裁きでも無条件で極楽浄土に向かうと思います。前回の記事を書いて、しばらくは彼の病気や死に ... » more
テーマ 闘病 生と死 親友

時雨亭往還訃報届く
訃報届く 昨晩遅く、一年九ヶ月間の闘病生活も力尽き、無二の親友が彼岸へと旅立ちました。樋伝う音なき雨や二月尽心配して下さった皆さん、どうもありがとう。 ... » more
テーマ 人生 生と死 親友

入院中の父が、突然人生を終わらせた。その日、見舞いにいき、酸素吸入で呼吸をしていた父となんとか会話。父は、しゃべるのだが、酸素吸入をはめているため、はっきりと聞き取れない。看護士が、自分で吸入器や点滴をぬいてしまうので、 ... » more
テーマ 生と死 高齢者の理解

月曜日の朝、メールで大学の同級生、N君が急性心不全で亡くなったと知らされた。悲しみと同じくらい・・・・或いはそれ以上に、大きな驚きを受けた。遠方に住む友達から「通夜に行くなら香典を立て替えて欲しい」との電話を貰った。しかし葬儀は ... » more
テーマ 雑記 生と死

普通、人は死を正の対極として見なし、恐れ、忌み嫌っている。そして普段の生活の中でも、意識的か無意識かに関わらず、死なないように行動していると思う。昔読んだ村上春樹の小説の中に「死は生の対極としてではなく、その一部として存在す ... » more
テーマ 雑記 生と死

時雨亭往還タミコ追悼
タミコ追悼 タミコの訃報が届いた。数ヶ月前から、そろそろあぶないとの知らせは貰っていた。最近は歩くこともままならず、よろよろ腰砕けの状態だった。友人が仕事から戻ると、留守を預かっていたタミコが必死に出迎える。仕事から帰ってみ ... » more
テーマ 生と死 もっきりや

生きテク、ふたたび 番組にも何度かゲストできてくれていたオキタリュウイチさんが、自殺防止サイトをひらいてから1年経つ。10000人ものひとが、具体的な生きていくためのヒントをえて、死ぬのを思いとどまっているという。http://ikiteku.net/ik ... » more
テーマ 生と死 3Bの鉛筆  コメント(1)

犬と猫と人間とわたし ペットショップで犬猫を買い、あきると、捨てたり、愛護センターへもっていって殺処分をする飼い主がどうもおおいらしい。昨今のこどもの虐待や殺人の多発をみてみると、犬猫にも人間にも「いのち」にたいする感覚が狂っているとしかおもえない。徳島 ... » more
テーマ 生と死 3Bの鉛筆  トラックバック(3)

ダンマパダ第26章バラモン419、420生きものの死と再生をすべて知り執着なく幸せな悟った人彼を私はバラモンと呼ぶ神々も音楽神も人間にも死後の行方がわからない煩悩の消えた阿羅漢彼を私はバラモンと呼 ... » more
テーマ 仏教 バラモン 生と死  コメント(4)

Change & Challengeカマスの死
「カマスの法則」という残酷な実験がある。とてもショッキングで、哀しい実験だ一つの大きな水槽に大量のカマスを入れて、まず決まった時間、決まった場所に餌をやり続ける。暫く続けると彼らは、決まった時間に決まっ ... » more

コリンズの介護と旅行のブログ訃報
「Mさん、いかがお過ごしですか? 昨日、沖縄久米島町の要介護・高齢のお客様誘致担当の人と会いました。12月頃、モニターの方に来島をしていただく計画で、予算を組んでいる最中とのこと。 Mさん+母上+(同行介助者必要なら)で ... » more
テーマ 生と死 訃報

 

最終更新日: 2016/11/29 21:39

「生と死」のブログ関連商品

» 「生と死」のブログレビュー をもっと探す

「生と死」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る