誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    生と死

生と死

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「生と死」のブログを一覧表示!「生と死」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「生と死」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「生と死」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

まさひさのBikeHousesas商会設立?
sas商会設立? ここ2年ほど、国連軍のベレー等を着用した怪しいサープラス屋がサバイバルゲームフィールドに出没し、主に英軍の迷彩服や装備品、サバゲ用品等を販売している。これについて国連は一切の関与を否定している。(写真:合同ユニット)最近では9/21 ... » more

時雨亭往還終日閉門
終日閉門 友人の日記に「とんでもない電話があった。ふざけろ! 」とのタイトルが載った。諸般の事情で経緯は明らかに出来ないが、その「とんでもない電話があった」直後に友人から連絡があり、私も内容を聞いて「ふざけろ!」との思いで同調した。それは ... » more
テーマ 身辺雑記 中年の主張 生と死

時雨亭往還唐人お吉
唐人お吉 子供の頃から家族旅行で下田を訪れるたびに「唐人お吉」の名前は耳にして知っていたが、前回、下田へ来たときに、本格的にお吉のことを知りたくなった。「ラシャメン」という言葉も同様で、知ってはいても、恥ずかしながらその意味も差別意識も曖昧な ... » more

○少年少女のためのスッタニパータ<517>・・・本当に分かる必要のあることは生と死だろうな。あとは大きな問題ではない。第3大きな章6.サビヤ経8.及び<後の散文>○中村元先生訳517 あらゆる ... » more
テーマ サビヤ経 生と死 悟った人  コメント(2)

Hello+dusk生きること死ぬこと
生きること死ぬこと リリウム〜少女純血歌劇〜見てきました。友人に誘われ、舞台に興味があったのでどんなものかとキャストや内容も深く知らず見にいきました。結果アイドルの歌劇だったのですが、凄く良かったです、最後には気持ちが良い意味で ... » more
テーマ 歌劇 生と死 タルパ  コメント(1)

時雨亭往還隣国の事故
隣国の事故 今回のセウォル号沈没事故に関して、思いつくまま、感想を簡略に綴ってみる。海難事故ということで先ず思い出したのは、600名近くの乗員が和歌山県串本町沖で犠牲になったトルコのエルトゥールル号遭難事件、1500人が犠牲になったタイタニ ... » more

輪中の里から冬の薔薇
花は落ち葉は枯れてむき出しになった棘花卉植物となって人に愛され育てられようとも様々な愛に対応した様々な花言葉それら全てが愛の姿態であろうと武装の棘をすてはしない何に抵抗するのか ... » more
テーマ 生と死

2014年3月19日に、イラストレーターの安西水丸さんが亡くなった。水丸さんは、村上春樹さんのエッセイにイラストを描いていた人として記憶に残っている。特に「村上朝日堂」シリーズでの、ハルキさんの文章と水丸さんのイラストの「掛け合 ... » more
テーマ 雑記 生と死

名銃「AK-47」の設計者であるミハエル・カラシニコフ氏が病気の為、12月23日に亡くなった。(享年94歳)ご冥福をお祈りします。 ... » more
テーマ Gun 生と死  コメント(2)

カーグラフィック 2014年1月号は、初代編集長:小林彰太郎さんの追悼特集号になった。過去にも、エンッオ・フェラーリ氏、本田宗一郎さんが亡くなった時に追悼特集が組まれた。今回の追悼特集ではより多くのページを割いているように思えたが、 ... » more
テーマ 雑記 生と死

まさひさのBikeHouse故Joshaさんの一周忌
故Joshaさんの一周忌 今週末、故Joshaさんの一周忌を迎える。突然の訃報からの約1年間は、長かったようにも、短かったようにも感じる。私にとって、1年前と今で確実に違うのは「Joshaさんがいなくなってしまった」という喪失感が小さくなったこと。む ... » more

「CAR GRAPHIC」を創刊し、長年編集長を務められた小林彰太郎さんが、病気で亡くなった。(享年83歳)最近、友人と「高校生の頃からCAR GRAPHICを読んでいると、こんな大人になっちゃうんだよ」と、冗談めかして話すことがあ ... » more
テーマ 生と死

伊豆大島災害に想う とても悲惨で救助活動もままならない様子プロパンガスボンベなども埋まってるらしく人も多く、どこにいるのかもわからない状態タイムリミットの72時間がもうすぐ・・・救助活動をされてる方ほんとうにご苦労様です。そんなこと ... » more

陽だまりの彼女が気になる 早速本を購入。明日には届くでしょう最近、ちょっと気になっています。CMで樹里ちゃんが実は私・・・・これが何だろうかって気になって調べたら実は猫・・・映画見にいきたくなりました。まずは本を読んで ... » more

フラット会長 柳澤勝由さんの「お別れの会」(2013-10-5) 霧雨の土曜日の午後、フラットのオヤジさん・柳澤勝由さん(八月二十九日没)の「お別れの会」が行われた。御葬儀は、御本人と御家族の希望で家族葬が行われていた。その一方で、オヤジさんと縁がある人、お世話になった人達から、お悔やみをした ... » more
テーマ バイク 生と死

輪中の里からウツボカズラ
だまされたのかも知れない甘いにおいに誘われて近づきすぎたのだ人だってグルメな匂いに弱い縁日の土埃の中の醤油の臭いに誘われて埃と一緒に口に入れる焼きとりみたらし団子植物は動物の喰いものだだが ... » more
テーマ 身近な生き物 生と死

8/29に亡くなったフラットのオヤジさんの「お別れの会」が、10/5に行われることになりました。→FLATな日記「弊社会長柳澤お別れの会」フラットのお客さん以外にも、オヤジさんにお別れの挨拶をしたい方がいらっしゃると思います ... » more
テーマ バイク 生と死

バイクハウスフラット(現MotorradFort)の創立者であり、会長であった柳澤勝由さんが8月29日に亡くなりました。3月から入院生活をされていることは知っていましたが、また復帰されて会えると思っていたのですが・・・・・BMW ... » more

昨夜会社の仲間と上司をこき下ろしながらウニやらたこやらたらふく食って今夕下痢嘔吐に脱水症状救急搬送されているのはわたしだけ同僚たちは笑顔で上司に挨拶して今日も飲みに行っただろうに目を閉じたまま搬送車の ... » more
テーマ 闘病記 生と死

輪中の里から七夕
激しい雷雨が通り過ぎたあと生け垣に乗った小魚この山里では見かけない種の魚原始地球に芽生えた生命は宇宙の遙か遠くから運ばれたとも言われるが魚だって飛ぶことはあるのだろう空には水があるのだから空高く流れる ... » more
テーマ 身近な生き物 生と死

輪中の里から病院食堂にて
点滴の管につながれてゆらゆらと入った食堂は明るい夕陽に満たされていた中央のテーブルに男が三人明るく会話していた三人とも老人の域に達しているようだが同じような年格好で同じようにでっぷりした大柄な体格 ... » more
テーマ 闘病記 生と死

レーシングライダーの松下ヨシナリ選手が、マン島TTレースの予選で亡くなった。(享年43歳)松下選手はBMW S1000RRでマン島TTやルマン24時間等のレースに参戦し、その活躍がBMW BIKES誌で掲載されていた。BMWのバイク ... » more
テーマ バイク 生と死

○子供のためのダンマパダ。・・・虫が死んでいるのか、生きているか、調べる時はどうするの?突っついてみる。動いたら、生きている。動かなければ、死んでいるよ。○パーリ語原文と訳語チュティンヨーウェーデ ... » more
テーマ バラモン 生と死 生命  コメント(5)

まさひさのBikeHouse形見分け会@2013-2-24
形見分け会@2013-2-24 昨年11月に急逝した、友人Josha(Maxim)さんの遺品(サバイバルゲームの用品等)を、2/24のビレッジ1戦(主催:合同ユニット)で販売して頂いた。実を言うと、ご家族から遺品整理の相談を受けた時点から、装備品についてはmasaさん ... » more

henokaapa命の架け橋
今の行為は未来のあり方にふさわしいものかどうかが最も正しい価値基準、今が好ければいいは無責任。私達の死は継続の為にある、命に死がなければ今がただ永遠に続く、其処に未来はない。だからこそ死は命にとって未来を齎す飛躍の橋なのだ。自分がこれか ... » more
テーマ 生と死

形見分けの準備(2013-2-3、2013-2-11) 先週、先々週末と2週続けて、昨年の秋に亡くなった友人:Jさんの遺品整理に行った。正確に言えば、彼が遺した趣味の道具の引き取りである。この件については、早い段階にご家族から相談を受けていた。趣味の道具やコレクションというのは、ご家 ... » more
テーマ 雑記 モノ 生と死

輪中の里からクリスマスローズ
夜も光が満ちあふれているというのに何という暗さだ積乱雲の内に潜んでいた狂気が燃え上がり炎となってなだれ落ちた北の空燃え広がる炎は山を飲み込み夜と昼夏と冬が入り交じった都会の華麗な色彩を燻蒸した渦巻く煙 ... » more
テーマ 生と死

下界の日々少数派でも
人質の命を最優先にという考え方は、今の世界では少数派だと、テレビで言っているセンセイがいました。それが現実だとして、それを認識して、今後は人質にならないようにしていくことが肝要だということなのでしょう。でも、人命を大切にするという考 ... » more

齋藤孝「人はなぜ存在するのか」を読みました 2012年12月25日発行の齋藤孝「人はなぜ存在するのか」(実業之日本社)発行日から拝察するに、近年の若い人たちの心について問題意識の高い齋藤先生が、生きづらさを感じている人たちになんとか幸せになってもらいたいという願いをこめ、クリスマ ... » more
テーマ 齋藤孝 人生の意味 生と死

時雨亭往還倶会一処
倶会一処 帰宅すると、この時期になって喪中のハガキが届いていた。それは同じ都内にいながら、遠い親戚からのものだった。遠いとは、年賀状やお歳暮が届く程度の関係で、今年のお歳暮はかなり早く届き、珍しいことだな、と思っていた。こちらも毎年送 ... » more
テーマ 一日 生と死 哲学

 

最終更新日: 2017/07/17 17:29

「生と死」のブログ関連商品

» 「生と死」のブログレビュー をもっと探す

「生と死」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る