誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    生と死

生と死

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「生と死」のブログを一覧表示!「生と死」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「生と死」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「生と死」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

戦国時代、“どんな堅牢な門でも彼の前では意味をなさない“と一目置かれる無門という名の忍者(大野智)がいた。この時代、織田信長が次々と国を攻略し、勢力を拡大していく中で、なぜか大名のいない伊賀の国を手中に収めることができなかった。無敵の織田軍 ... » more
テーマ 大野くん 生と死 紙一重

そして我々は見て見ぬ振りを続ける 1 カンさんが死んだ。知り合いの民生委員の方から聞いた。今年の2月だったそうだ。カンさんはホームレスだった。彼が我が町にやって来たのは、もう15年も前のこと。(本人は流れ着いたと言っていた)なぜカンさんかと言 ... » more
テーマ 仕事 生と死 訃報

元MotoGPライダーで、現在はSBK(スーパーバイク世界選手権)に参戦してたニッキー・ヘイデン選手が、5月22日に交通事故のため亡くなりました。(享年35)最高速度は時に300km/hを越え、そこから後輪が浮くほど強力に減速し、1 ... » more
テーマ バイク 生と死

今朝は体調を崩してしまい、10時を過ぎてから家を出て会社に向かった。三鷹駅についたら中央線が止まっていると案内されていたので、2番線にいた地下鉄東西線に乗り、ともかく中野まで行くことにした。電車が吉祥寺駅を出るとき、中央線が妙な位置 ... » more

漫画家・須賀原 洋行氏の奥様のよしえサンが、癌とそこから転移した脳腫瘍の為、2013年に亡くなっていたと知った。彼女が実質的な主人公であった「気分は形而上」「よしえサン」といった作品をリアルタイムで読んでいたせいなのか、今は親しい友人を ... » more
テーマ 雑記 生と死

冬の蜂は死に場所を探して歩いているのではない 力のない初冬の陽だまりの中、オオスズメバチが行く当ても無さそうによろよろと右へ左へと歩いていた。秋になるとワイドショーなどで毎年恒例のようにその脅威を喧伝される奴も、いよいよ力尽きるのかと、その動きを目で追っていた。冬蜂 ... » more
テーマ 俳句 昆虫 生と死

昨日(2016-11-26)、キューバの最高指導者だったフィデル・カストロ氏が亡くなったと知った時は、ひどく驚いた。単に「外国の元指導者が亡くなった」というニュース以上の、より大きな衝撃を受けた、と言えばいいだろうか。この先はちっと ... » more
テーマ 雑記 生と死

今日(11/15)はバイク仲間でありサバゲ仲間であった、友人のJoshaさん(Maximさん)の命日である。亡くなったのが2012年だから4周忌になる。「もう4年経った」のか、「まだ4年しか経っていない」のか・・・正直なところ、どちらの ... » more

時雨亭往還女郎蜘蛛の食事
女郎蜘蛛の食事 テレビなどでよく見る光景だが、サバンナで肉食獣が草食獣を捕えて首に噛みつき、息の根を止めようとする傍から、他の仲間たちが腹に牙を喰い込ませて草食獣の内臓を貪り食う場面に出くわすと、残酷だなと思う。それは生きながら己の肉体を喰 ... » more
テーマ 雑感 生と死 食事

時雨亭往還Death Education
Death Education 井の頭公園の象、はな子が死んだ。私なんかよりはるかに年長の、69歳での大往生だった。三度訪ねて、実際に会えたのは二回。それももう10年も前のことだ。さまざまな人がはな子に自分の思いを仮託していたのは充分承知してい ... » more
テーマ 生と死 訃報

始まりと終わり 誕生するのに十月十日かかるのに、死は突然やってくる。大切な人と死別した悲しみは大きい。その悲しみは自分のそばに死別した人を感じているからなのだ。死別というのは、大切な人が消滅したわけではなく、本当は自分のすぐ近くにいるの ... » more
テーマ 随想 会話 生と死

カタルーニャGPのフリープラクティス(練習走行)中に、Moto2クラスに参戦しているルイス・サロム選手が転倒事故により亡くなりました。(享年24歳)ご遺族はレースの実施を希望され、以降の練習走行、予選、決勝はコースを一部変更して実施 ... » more
テーマ バイク 生と死

「ワイルド7」の作者である望月三起也先生が、4/3(日)の朝に亡くなった。(享年77歳)がんを患い、闘病中だと聞いていたが・・・・・ご冥福をお祈りします。 ... » more

ミュージシャンの村田和人さんが、2月22日にがんで亡くなった。(享年62年)初めて村田和人さんの曲を聞いたのは、カセットテープのCMに使われた「一本の音楽」だった。一本の音楽が僕の旅のパスポート昨日までのわずらわしさ破り捨て ... » more

漫画家の小山田いく氏が亡くなった。(享年59歳)小山田いく氏の作品を知ったきっかけは、同級生が貸してくれた「すくらっぷブック」だった。その後「星のローカス」等をリアルタイムで読んだのだが、作品の主人公たちは、私より1つ上の世代だった ... » more
テーマ 雑記 生と死

昨日、母から叔父が亡くなったというメールが届いた。先日自宅で倒れて救急搬送され、危険な状態だとは聞いていたが・・・・叔父に最後に会ったのは数年前、息子さん(=従兄)の葬儀の時だ。既に高齢で、大きな病気をした後だったこともあり ... » more

輪中の里から夕焼けの海
夕焼けの海 夕陽は波の音を残して海と空の混沌に溶けていく松の梢から昼の光が消えるとぼくの中で映像がうずきはじめる時を忘れて遊んでいたぼくらに夕餉を告げる母の声がとどくとき一日の終わったさみしさのむこうに明日がある ... » more

まさひさのBikeHouse喪中葉書(2015-12-5)
今週は、喪中葉書が3日続けて届いた。どれも友人・知人の親御さん(または奥さんの親御さん)が亡くなったという知らせだった。同年代の友人・知人のことを思い返してみると、ご両親のどちらかを亡くしている人の方が多いかもしれない。私の場合 ... » more
テーマ 雑記 生と死

時雨亭往還人間の一生を貫く矛盾
人間の一生を貫く矛盾 政治が良くなれば暮らしも良くなる、などの幻想は誰でも知っている。いくら政治や暮らしが良くなっても、人間、結局は老いるのだ。若い頃に、いずれ現役を離れた時には趣味に生きたいと思っても、読書を楽しもうとすれば視力の衰えに悩み ... » more

輪中の里から夕焼け小焼けで…
夕焼け小焼けで… 夕焼け小焼けはビルの先から降りて来ない都会谷間でうごめく人々は電飾を着飾っていて日暮れがない○○山の△△寺(でら)はビルに飲み込まれ夕暮れの梵鐘は口を閉じて頭の中で鳴ったとしても伸ばす手はスマートホンに絡 ... » more

○少年少女のためのスッタニパータ<902>・・・普通の人の死は終わりではなく、それは新しい生の始まりです。解脱した人は生まれ変わらないので生がなくなり、死もなくなるのです。第4八つの詩句の章13.大集積経8. ... » more
テーマ 怖れ 大集積経 生と死  コメント(5)

デッドリフト:第二週 今日の一枚はこれ。題して「コテンしてるのにーー!」コテンをしても構ってもらえないと、頭だけ向き直って、睨む。左前足がどうなっているのか、不明。よかったらクリックしてください。本 ... » more
テーマ デッドリフト 生と死 うさぎ

2/19に「フェアレディZの生みの親」片山豊さんが亡くなり(享年105歳)、昨日(2/27)には「スタートレック」でミスター・スポックを演じたレナード・ニモイさんが亡くなった。(享年83歳)宮崎駿の妄想ノート「泥まみれの虎」に描かれ ... » more
テーマ 雑記 生と死

まさひさのBikeHouse追悼
追悼 やりきれない思いです。何かしないと何もできないので、自分の心を鎮めようと思って、作りました。 ... » more
テーマ 雑記 生と死

ジョン・クラカワー「荒野へ」 この本は、1992年4月にアラスカの荒野で腐乱死体になって発見されたクリス・マッカンドレスという若者について書かれたドキュメントである。マッカンドレスは裕福な家庭に育った優秀な学生だった。卒業後、アメリカを従横断するような大きな旅に出た ... » more

まさひさのBikeHouse徳大寺有恒氏 死去
「間違いだらけのクルマ選び」等の著者である自動車評論家・徳大寺有恒氏が11/7に亡くなった。(享年74歳)この知らせを聞いて1つの時代が終わったように感じたのは、10代の頃に「NAVI TALK」(*)をリアルタイムで読んだからだろ ... » more
テーマ 生と死

赤瀬川源平「ライカ同盟」 追悼という訳ではではなく、本を切らしていたのでたまたま古本屋で買った。内容は楽しく読めるカメラ小説が3編、ちょっと切なさもある天体観測小説が3編で、個人的にはどれも満足できる作品だった。ところで、カメラ小説を読んでいたら、現 ... » more
テーマ カメラ、写真 生と死

「超芸術トマソン」の命名者である赤瀬川源平さんが、10月26日に亡くなったそうです。(享年77歳)「細く長く、90歳くらいまでは私たちに新しい考え方を見せ続けてくれるものだと思っていましたが、もう聞けなくなるのだと思うと非常に残 ... » more
テーマ 雑記 カメラ、写真 生と死

続・読書日記(160)和田秀樹(精神科医)著『「自尊死」のすすめ』(患者よ!医者を信じるな) アーク出版刊2012年9月1400円+税「尊厳死」という言葉は、よく聞くが、「自尊死」という言葉は、著者のオリジナルらしい。 「今まさに死んでしまう時」に関係する「尊厳死」に対し、「まだ元気なうちから、死ぬまでのタイムラインを ... » more
テーマ 自尊死 生と死 和田秀樹

時雨亭往還寡黙な傍観者
寡黙な傍観者 秋のお彼岸のお中日であった。快晴の空は地上に穏やかな陽を注ぎ、新酒のような透明感で現世を満たしている。そこには数輪の曼珠沙華が、燃えるような深紅の艶やかさで風に揺れていた。こんな時は、中学生のような青臭さで、人生とは ... » more

 

最終更新日: 2017/07/17 17:29

「生と死」のブログ関連商品

» 「生と死」のブログレビュー をもっと探す

「生と死」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る