誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    伝統芸能

伝統芸能

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「伝統芸能」のブログを一覧表示!「伝統芸能」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「伝統芸能」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「伝統芸能」の記事を新着順に表示しています。(8ページ目)

「江戸端唄集」(岩波文庫)倉田喜弘編(岩波書店 777円税込) 「江戸端唄集」(岩波文庫)倉田喜弘編(岩波書店777円税込)江戸端唄集 (岩波文庫)岩波書店 Amazonアソシエイト by 江戸端唄集 [ 倉田喜弘 ]楽天ブックス 岩波文庫 倉田喜弘 岩波書店発行年月:2 ... » more
テーマ 端唄 伝統芸能 江戸端唄集

若話§十月大歌舞伎夜の部〜勘九郎!〜 十月大歌舞伎は、十七世勘三郎二十七回忌、十八世勘三郎三回忌追善ということで、故人ゆかりの演目が昼夜と並んだ。観たかった演目は夜の部に集中していたので、今月の歌舞伎座通いは一回だけである。『菅原伝授手習鑑』の“寺子屋”は、 ... » more

週話§土曜日乗〜十月大歌舞伎夜の部〜 今年の歌舞伎納めとなってしまった。11月と12月の歌舞伎座はパス。十七世勘三郎二十七回忌、十八世勘三郎三回忌追善公演で、先達二人が得意にしていた演目を勘九郎と七之助が演じ、仁左衛門、玉三郎といったゆかりの役者ががっちりフ ... » more

板話§秀山祭九月大歌舞伎〜法界坊〜 三連休最終日の昼の部は二本立て、11時開演して最初の演目は『鬼一法眼三略巻』から“菊畑”が、そして『隅田川続俤』は、吉右衛門の法界坊である。『菊畑』は平家に対して反攻を企てる兄弟が腹の探りあいを……という一時間ほどの ... » more

英話§不破留寿之太夫〜文楽〜国立劇場 先週土曜日の19時開演で、国立劇場小劇場で行われた文楽公演『不破留寿之太夫(ふぁるすのたいふ)』を観てきた。結論から言ってしまえば十分に楽しめた。とてもおもしろく秀逸な公演である。粗筋は、自分にとってなじみのない『ヘンリ ... » more

週話§祝日日乗〜秀山祭九月大歌舞伎〜 初代吉右衛門生誕120年を記念して、二代目吉右衛門が催しを始めた秀山祭は2006年に始まったので、まだ歴史は10年に満たない。初代が死んだ2週間後に生まれた身としては、なかなか遠い存在である。今月は昼の部のみを観ることに ... » more

今日は新作文楽を観に行ってくる。シェークスピア作『ウィンザーの陽気な女房達』を元にした『不破留寿之太夫(ふぁるすのたいふ)』とは、要するに『ファルスタッフ』である。3週間前には松本で、ヴェルディが作曲した『ファルスタッフ』を ... » more

台風一過(私の近所は申し訳ないくらい大したことはなかったのですが)で、突然、夏になりました。。。。いえ、昨日の空はまるで秋のような高さでしたね。庭の紫木蓮が、早春、春(通常)、そして、今、と今年3度目のつぼみをつけて、今、咲いています。 ... » more
テーマ 仲間 伝統芸能

暑くなってきましたね。関東圏もそろそろ梅雨入りでしょうか。今日はゆの実会の6月の講座のご案内です。エントリーしてくださっている方、お待ちしています。ここしばらく、講座にいらしていない方も是非。(自分で言うのもナンですが) ... » more

遣話§五月文楽第一部〜落穂拾い〜 住大夫引退ばかり書いて、5月11日に観た残る2演目のことを省略するのはもったいないので、簡単に書いておく。第一部最初の演目は『増補忠臣蔵』という仮名手本忠臣蔵外伝ものから『本蔵下屋敷の段』が上演され、3本目は『卅三間堂棟 ... » more

文楽義太夫語りの竹本住大夫が90歳を前に引退することで“引退”とは何だろうと考えてみた。そこで思い出したのが王貞治である。現役最多の868本というホームランを叩き出し1980年に引退したが、その年に打ったホームランは30 ... » more

ゆの実会にようこそお能を楽しむ会
お能をご覧になったことはありますか?Yes!と答えた方は、きっととても少なくて、そのYes!の中にも、「テレビで」とか「子供の頃、授業で」という方が案外多いのでは、と思います。以前は私にとってもお能の敷居は高く(と言いますか、ほとんど関 ... » more

浄話§竹本住大夫〜恋女房染分手綱〜 日曜日、皇居前隼町の国立劇場小劇場で行われている、五月文楽公演“七世竹本住大夫引退公演”と銘打たれた第一部に行ってきた。ここで書いたように住大夫は今年90歳になる。幸運にも手に入ったチケットは最後列18列目と、人形を見る ... » more

週話§日曜日乗〜竹本住大夫の義太夫〜 文楽の義太夫語りで今年90歳となる竹本住大夫が引退を表明し、4月の大阪、5月の東京と引退公演を行っているのだ。一般発売を前に売切れてしまうだろうと諦めていたら、何とありがたいことに、チケットを調達してくれる人がいらっしゃ ... » more

心花・十二単 in 阿智神社藤まつり 2014年5月3日(土・祝)県指定天然記念物「阿智の藤」、まだ全然咲いてない二十五絃箏ユニット・心花十二単お服上げ ... » more

越中おわら節 in 倉敷音楽祭 2014年3月23日(日)倉敷音楽祭、水上ステージでの越中おわら節の模様です。 ... » more
テーマ 伝統芸能 倉敷

懸話§三月大歌舞伎〜吉右衛門の弁慶〜 三連休初日の金曜日、三月大歌舞伎夜の部を観てきた。おめあては、もちろん吉右衛門が弁慶を務める『勧進帳』である。終演が21時で遅いことと、同居人の知り合いを伴っての観劇につき、車での往復にしたが、木曜日に起きた首都高3号線 ... » more

竹本住大夫が文楽の義太夫語りから引退するのは、老齢であるにしても、実に残念なことである。たった一度だけ住大夫の語る義太夫を聴いたことがある。もう10年近く前になるだろうか、場所は隼町の国立劇場小ホールの文楽公演。文楽 ... » more

<落語> 「米朝全集」続々刊行 父はきれいに枯れています (東京新聞2014年1月13日) 【伝統芸能】<落語>「米朝全集」続々刊行父はきれいに枯れています東京新聞2014年1月13日http://www.tokyo-np.co.jp/article/entertainment/tradition/CK20140113 ... » more

来年の3月、4月に予定されていた、中村福助の七代目歌右衛門襲名が、本人の体調不良で延期になってしまった。何とも不本意かつ残念なのは、我々以上に本人が感じていることだろう。大看板――富十郎、芝翫、雀右衛門――の死に始まって、勘 ... » more

ブログ【胡波國堂】子供神楽
子供神楽 2013年11月4日(月・休)リニューアルオープンしたハピータウン原尾島店記念イベントの子供神楽の模様ですエビスダイコクスサノオオロチ退治目当てだったHUGプロアイドルは撮影不可でしたが、なかなか ... » more

吉備津彦神社・流鏑馬 2013年10月20日(日)吉備津彦神社の秋季例大祭恒例の流鏑馬神事の模様です。 ... » more

ブログ【胡波國堂】総社宮・浦安の舞
総社宮・浦安の舞 2013年10月20日(日)備中総社宮の秋季大祭。本殿で浦安の舞が奉納されました。 ... » more
テーマ 総社 神社仏閣 伝統芸能

備中神楽 in イオン倉敷 2013年10月19日(土)イオンモール倉敷の周年祭イベントの一つとして、備中神楽がセンターコートで披露されました。サルタヒコの舞スサノオヤマタノオロチ退治酒を飲むオロチ眠るオロチ ... » more
テーマ 伝統芸能 倉敷

宇喜多フェス・樫立踊り 2013年10月13日(日)秋のおかやま桃太郎まつり2日目・第5回戦国の貴公子 宇喜多秀家☆フェス昨年に続いて、宇喜多秀家が流された八丈島の郷土芸能「樫立踊り」が披露されました。 ... » more
テーマ 伝統芸能 岡山

宇喜多フェス・岡山城鉄砲隊 2013年10月13日(日)秋の桃太郎まつり2日目・第5回戦国の貴公子 宇喜多秀家☆フェス備州岡山城鉄砲隊の演武の模様です。午後には表町商店街から岡山城へ行進。 ... » more
テーマ 伝統芸能 岡山

ブログ【胡波國堂】薪狂言ファイナル
薪狂言ファイナル 2013年9月13日(金)第27回 神が辻薪狂言Finalカミガツジプラザ(総社市総合文化センター前広場)での狂言の公演。残念ながら今回で最後になるそうです。総社の小学生による子ども狂言指導し ... » more
テーマ 総社 伝統芸能

思いがけず楽しかった「古典芸能を愉しむ」 5月28日、会津若松市文化センターで、会津若松市公民館連携事業として行われる連続講座「古典芸能を愉しむ」の第1回講座「日本舞踊と三味線・鳴り物を愉しむ」を見ました。お付き合い的にチケットを求めたのですが、日舞の所作や楽器についての解説 ... » more

作品掲載誌のご案内です。『花競姑嫁芸者』その十四「15の感動クライマックス」4月号[宙出版]2月19日発売嫁姑の芸者のお話、その14。このシリーズでは毎回端唄をご紹介していますが今回 ... » more
テーマ 漫画 伝統芸能

音羽屋五代目尾上菊之助が、播磨屋二代目中村吉右衛門の四女と結婚するという、何とも春らしくめでたいニュースが飛び込んできた。4月の歌舞伎座柿落としを前に、勘三郎と團十郎という大看板2枚が急逝し、多くの歌舞伎好きが沈んだ気持ちに ... » more

 

最終更新日: 2016/12/06 12:09

「伝統芸能」のブログ関連商品

» 「伝統芸能」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る