誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    伝統芸能

伝統芸能

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「伝統芸能」のブログを一覧表示!「伝統芸能」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「伝統芸能」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「伝統芸能」の記事を新着順に表示しています。(3ページ目)

旅の途中 音更(おとふけ) ... » more

舎話§今日は八月納涼歌舞伎第二部 ……という旅立ちを翌日に控えて、呑気に納涼歌舞伎を観に行ったりするもいとをかし。中村屋(勘九郎、七之助)中心の座組に加えて当月は、市川染五郎と市川猿之助が加わるという賑やかさで、そういえばかつてパルコ劇場で三谷脚本の ... » more

旅の途中 青森フェリーターミナル ... » more

旅の途中 青森ねぶた ... » more

旅の途中 魚津駅と山形にて ... » more

旅の途中 海の駅蜃気楼富山県魚津市 ... » more

信じられない美しいコミュニティー! 学童クラブの夕涼み会に伺いました。企画、材料準備のみ、先生方が行い、実際の販売や調理などは、何と!催しを聞きつけたOB達がやって来て、誰に指示されるでもなく、「それは私がやる!」という風に毎年運営されるそうで ... » more

あっという間のひとときでした! 「そーらん節」をまた、教えてもらいましょうね!感動した園長先生の声が響きます。初めて見る芸能に、皆さんもビックリの様子。どれだけ日常的に伝統芸能で楽しめるのか?とても大切な課題です。南京玉すだれひとつで、 ... » more

今年の歌舞伎見物は新春浅草歌舞伎に始まり、コクーン歌舞伎の『四谷怪談』を入れて9回である。毎度毎度初心者状態での観劇だと思っていたら、足繁く通うようになって今年で15年になると気がついた。気がついたからといって鑑賞眼とは ... » more

年に一度の猿まわし! 人は皆、感動を求めていますよね?お金が無くても、優しい心と体、そして、それを一緒につくってくれる仲間がいれば、手作りの感動が生まれるものです!今日は、月に一度の、マンスリーカフェ。年に一度だけ「猿まわし」 ... » more

ありのままの〜♪! 「暑い!屋外!大人数!家族連れ!」、これらのキーワードは、演じ手にとって、正に、公演会場での格闘を意味します!一つ間違って、お客さんの気持ちがひとつにならないと、無残な結果が待ち構えているからです!中々の試練 ... » more

禍を転じて福となす 花こまメンバー1人が体調不良で、残り3人と大介さんとの公演となりました。長い年月のうちには、こういう事だってあります!残された3人の心境はそりゃ大変です。いつも通りに事が運びません。「禍を転じて福となす」とは良く ... » more

この暑い夏を無事乗り切られます事を祈っています! エネルギーが溢れ過ぎている、子ども達の前での公演と、老人施設でのお猿さんとは違います。本当に落ち着いて、日頃練習している成果が、壊れる事なく上演できます ... » more

子どもの頃から生活の中にあればいいんですよ! 邦楽を演奏されている先輩にお聞きした事があります。「近頃、伝統的な音楽文化を創造しにくい環境なんですよね?」「子どもの頃から慣れ親しんでさえすれば、それでいいんじゃないかと思ってるんですよ」やっぱり、子どもの頃から、 ... » more

泣く子は育つ!? まだ、園に通っていない、乳児を育てているお母さん方が、行事をきっかけに、園に訪ねて来られます。今日は「猿まわし」とあって、一段と多くの皆さんが集まりました。何かただならぬ雰囲気を感じたのでしょう、最初の挨拶や太鼓 ... » more

親方が意図する所作とは? 猿舞見習い鉄平君、遂にやりました!何 ... » more

若話§六月大歌舞伎第三部〜狐忠信〜 というわけで先週水曜日に18時15分開演の第三部『狐忠信』を観てきた。恒例のこととして感想をまとめておく。休憩前『道行初音旅』は軽いジャブという感じ。やはりというか、染五郎が静御前というのは、一部から三部まで猿之助とペア ... » more

客席から見守る優しい眼差し 今日の会場は町民が集まる文化センターです。 初めての土地とあって、 私達 ... » more

若話§六月大歌舞伎第一部〜碇知盛〜 歌舞伎座のお客が減るのは“にっぱち”だけではないということだろう。松竹もそのあたりのリサーチはできているようで、今月は三部制で『義経千本桜』通し上演を出してきた。今回はそのうち第一部『碇知盛』と、第三部『狐忠信』を観るこ ... » more

爛話§六月大歌舞伎第一部へ〜碇知盛〜 当月の歌舞伎座は、納涼と同様に三部制で『義経千本桜』を通し上演するが、そのうち二部は見送って、若手が主役を務める一部と三部を観る。今日はまず一部『碇知盛』である。大歌舞伎で染五郎が平知盛を演じるのを見るとは、これ意外だな ... » more

新潟駅 旅の途中! ... » more

風土に似合うということと、伝統芸能 季節の移ろいの中で、数えきれないくらいたくさんの日々を数え、数えきれないくらいたくさんの人々が生まれ変わり、畏れと闘いながら芸能を育 ... » more

「花まつり」と伝統芸能とのコラボは今も続いています! 有志の方々だけなのですが、例年になく多くの皆さんが、お越し下さいました!本堂だけでは入り切れず、縁側は保護者の皆さんで溢れ返っていました!二つの小学校校区の三つの子ども ... » more

第29回福島西子ども劇場っ子まつり(花こま&猿まわし福島公演) いつかは見て見たい!待ちに待った「猿まわし」です!会員交流の場、「福島西子ども劇場っ子まつり ... » more

夢と期待に溢れる雄姿こそ最高!(福島公演) span style=font-size:larger>>何という事でしょう!ラップの芯によるバチ、空き缶の太鼓など、太鼓ワークショ ... » more

幼話§團菊祭五月大歌舞伎〜寺嶋和史〜 今年の団菊祭夜の部のお客さんのほとんどが、当月歌舞伎座で初お目見得となる菊之助長男寺嶋和史が“出演”する『勢獅子音羽花籠』がめあてだと言っても言い過ぎではなかろう。というわけで、おめあては幕が開いて20分ほど経ったと ... » more

洗練された踊りや歌に見入ってしまったー古波蔵峰子さんの独演会 ローゼルの種を蒔いた 5月9日(月)晴れのち曇り最高気温30℃最低気温26℃南風海上風速9m昨日、古波蔵峰子さんの独演会(於:マティダ市民劇場)に知人たちと行ってきた。開演まで時間があったので、館内を散策。花輪 ... » more

週話§日曜些事〜團菊祭五月大歌舞伎〜 お目当ては、夜の部一本目の『勢獅子音羽花籠』だが、菊之助長男で2歳5か月の寺嶋和史が初お目見得という御祝儀舞台である。言うまでもなく父方祖父が七代目菊五郎、母方祖父が二代目吉右衛門という……いわばサラブレッドそのものとい ... » more

 

最終更新日: 2017/01/18 00:37

「伝統芸能」のブログ関連商品

» 「伝統芸能」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る