誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    伝統芸能

伝統芸能

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「伝統芸能」のブログを一覧表示!「伝統芸能」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「伝統芸能」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「伝統芸能」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

幸せをつくる集い 今日は、施設利用者とその家族の皆さん方が一同に集まられ、皆さん全員で食事を楽しみ、芸能を楽しむ会です。なかなか日頃見れない嬉しそうな表情や、満足気な表情がこぼれ、涙まで流しておられると、すぐ横にいるご家族が、何より喜んでおられるのがひしひし ... » more
テーマ 伝統芸能

1回1回の公演を大切にする意味 先日の、「民族芸能のつどい」で頂いたエネルギーからなのでしょうか、今日の表現は違っていました。勿論、お客さんによって変わるのですが、何か今まで足を踏み入れた事の無かった領域に、身を置いた様な感じでした。公演後、主催者の皆さんとの交流会でも、 ... » more
テーマ 伝統芸能

情熱こそ魂 意義では無く、心から込み上げてくる「情熱」の尊さを、何より感じさせて頂いた「民族芸能のつどい」でした。まるで、波紋が広がる様に、人々の心に問いかけ、心動かしていっている「さくら合唱団」「武州民族音楽教室ゆいの会」の皆さんの姿を眩しいばかりに ... » more
テーマ 伝統芸能

もとより、文楽を観た回数など両手の指で数えられる程度でしかなく住大夫が語るのを聴いたのは、たった2回だけである。最初は10年ちょっと前くらいだったかの国立小劇場で、80歳になったかそれくらいだったと思われる。義太夫語りといえ ... » more

江話§團菊祭五月大歌舞伎夜の部 水曜日に團菊祭五月大歌舞伎夜の部を観てきた。まずは菊五郎の弁天小僧で『弁天娘女男白浪』を。これこそまさに、自家薬籠中の舞台という“あれ”である。さすがに菊五郎も、そして左團次の力丸も老いを感じさせるのはやむを得ないことだ ... » more

歴史的な存在に気付くとき 余程有名観光地のお寺だったら境内に立ち入る事もあるでしょう。子ども達が連れ立って、地域にあるお寺を訪れる事など、近年珍しいのじゃないかと思います。毎年、「花まつり」を開催し、地元子ども会の皆さんを招待し続けておられます。この日の子ども達にと ... » more
テーマ 伝統芸能

纒話§書きもらした歌舞伎三本 パソコンが不具合を起こしている間に出かけた歌舞伎は3回である。一気にまとめて簡単に書いてしまおうと思う。3月19日……三月大歌舞伎夜の部。今月も、主役は仁左衛門と玉三郎だった。2演目が二人の共演で『於染久松色読販』と『神田祭 ... » more

歌舞伎座の歌舞伎興行の基本は、月25日間で昼の部と夜の部の2回上演というもの。初日が開くのは1日、2日、3日のどれか。8月の納涼歌舞伎は三部制公演で、初日が開くのは少し遅くなる。25日間を休みなく、毎日同じ演目が上演される。 ... » more

そうは、言われても(泣) 風光明媚な山あいの保育園。学校生活では体験できない、大切に守り続けて来た伝統行事を、園の行事の中で子ども達に伝えたい、園長先生は語ります。毎年、園庭にこのようなシートを引き詰めて下さり、舞台ができあがります。今日は獅子舞の洗礼を受ける日です ... » more
テーマ 伝統芸能

メダルを獲るわけでは無いのですが 保育園、多機能施設、授産施設、老人ホーム、デーサービスなどが一緒になっている施設に毎年伺っています。6個所を、お昼を挟み、1日かけて廻ります。「天王山」という言葉がありますが、別に勝敗を分ける闘いではないのですが、どういう訳か「天王山」とい ... » more
テーマ 伝統芸能

これも「芸能」の役割ですか 「心を許した仲間」との楽しい会話には、気楽に喜怒哀楽を表現します。芸能は、初めて見て下さるお客さんに、「心を許す」という表現は適切ではないかも知れませんが、「信じる」とか、初めてでも、ある意味そういう「心を許した仲間」に向かって上演する、と ... » more
テーマ 伝統芸能

金婚式のご夫妻がターゲットに! 老人クラブの総会にお邪魔しました。儀式の後は、やっぱり文化行事ですよね。お客さんも私達もお互い初めてという事もあって、まるで「お見合い」の様に始まりました。太鼓で、「なるほどこういう人達ね」という感じになり、獅子舞で、全員の頭を噛んで廻りま ... » more
テーマ 伝統芸能

生きている歓びを感じ合いたい 人間誰しも何かに抜きんでるものを持っているようです。施設に伺うと、手作りの作品、習字、画などが、まるで文化祭の様に飾ってあります。芸能がやって来るとなると、音楽を口ずさんだり、好きな歌を歌ったり、リズムに合わせて体を器用に動かしておられます ... » more
テーマ 伝統芸能

まぶしいほどの感謝 利用者の皆さんに見せたい!そういう思いをとても感じながら、毎年伺っています。歳を重ねると、できていた事が色々とできなくなるものです。職員の皆さんの手を借りながら、施設での日々を過ごしておられる訳です。そんな中、少しでも楽しみ、生きがいなどを ... » more
テーマ 伝統芸能

今日の先生、違う! 園児の目は輝きます!「えっ!先生?」日頃接してくれる先生と少し違います。公演先から「体験できますか?」という質問を受けます。見るだけでなく、体験したい、体験させたいという思いからです。ただ体験してもらっている様子を見て頂くより、体験している ... » more
テーマ 伝統芸能

板話§三月大歌舞伎夜の部〜仁左玉最強〜 月曜日に夜の部を観てきた。三本立てで仁左衛門と玉三郎『於染久松色読販』と『神田祭』が、最後に『滝の白糸』である。一番に楽しめたのは『於染久松』で、45分ほどの芝居の中に、仁左衛門の悪の凄みとそれにぴたりと合わせる玉三郎、 ... » more

願うという風物詩 幸せを願う、無事を願う、節目をつくる、たくさん集まられた皆さんから色んな思いを感じます。ひとりひとりのお顔を覚えている訳ではありませんが、きっと毎年お会いする方もいるのでしょう。「獅子舞が来る」のが、毎年の行事となってきたように思います。か ... » more
テーマ 伝統芸能

園長先生の情熱 園の先生が毎年趣向を変えて、餅つきを楽しんでいます!おはやし付きのお餅つきは大好評です!日頃触れる事ができない芸能や文化を少しでも体験させたい、伝えたい!科学の発達で、たくさんの事が今や当たり前のようになりましたが、以前はどれだけ手間と苦労 ... » more
テーマ 伝統芸能

馴染みからくる期待感に負けないように こちらでは、保護者と祖父母を対象として、2回に分けて園児達の演奏発表会を行っています。私達は、祖父母の皆さんの時にお邪魔します。長年お邪魔すると、園児や祖父母の皆さんともどういう訳か馴染みが出てきます。見知らぬ人への不安感より、公演への期待 ... » more
テーマ 伝統芸能

お金で買えない大切なもの お父さんお母さんも含めてコミュニケーションを深める大事な行事となっています。玉すだれ挑戦の担当者、もち米蒸しの担当者、餅つきの担当者、餅を丸める担当者、その他色んな担当に分かれて、先生方と一緒になって進めて行きます。色んな場面で、お父さんお ... » more
テーマ 伝統芸能

青話§菊之助の髪結新三〜国立劇場〜 12時開演の国立劇場歌舞伎公演を観てきた。鴈治郎が桃井若狭之助を務める『増補忠臣蔵―本蔵下屋敷―』と、菊之助が新三を務める『梅雨小袖昔八丈―髪結新三―』の二本立て。『増補忠臣蔵』とは聞き慣れない狂言だが、東京で上演される ... » more

おにぎり、漬物付きですよ!(熊本県益城町仮設住宅での公演から) 震災復興住宅の抽選や、自力で自宅を構える方の新築が始まっています。復興住宅の抽選に当選しても、孫が通う学校からは遠いと、心ならずも遠慮されたり、被災地の新築とあっては、建設ラッシュで2年待という方もおられます。また、地震で揺れた地盤を調査す ... » more
テーマ 伝統芸能

鰹話§今日は国立劇場で菊之助の髪結新三 本日正午開演――昼飯はどうするんだよぉ!――の国立劇場で『増補忠臣蔵―本蔵下屋敷―』と『梅雨小袖昔八丈―髪結新三―』を観る。菊之助初役の新三がどんなものか見ておきたいのだ。女形からスタートした菊之助だが、いずれは父の名跡 ... » more

受け継ぎ、そして伝える(沖縄公演) 小学生の皆さんが、地元に伝わる踊りを伝承しておられ、今日はそれを披露して下さいました。いわゆる発表なのですが、まるで厳かな儀式を体験したような、先祖への畏敬の念を抱かせる踊りの数々でした。それを受けて、私達は「餅つき」を担当しました!最後に ... » more
テーマ 伝統芸能

最初から最後までずっと泣いていたね!(沖縄公演) 保育園じゃありませんよ、デイサービスですよ!ひとつひとつの演目に声をあげながら涙を流して喜んで下さいました!職員の方も、日頃見せない利用者の方の反応にビックリ!ここにお集りの皆さんは、一体どんな人生を歩んで来られたのでしょう!私達とは先輩後 ... » more
テーマ 伝統芸能

隼話§梅笑會〜中村芝のぶと市川笑野〜 一昨日の昼、中村芝のぶと市川笑野による歌舞伎舞踊の梅笑會を観てきた。一、長唄『男舞』市川笑野二、長唄『藤娘』中村芝のぶ三、義太夫『道行恋苧環』お三輪:中村芝のぶ橘姫:市川笑野求女:市川猿之助 ... » more

心晴れやかに、生きる楽しさを(沖縄公演) 近づいてくる獅子に、思わず声を上げ「怖い〜!」。子ども達ならともかく、おじいちゃん、おばあちゃんがこれ程怖がって下さるとは?一番喜んでいるのは、職員の方で、芸能で喜ぶ利用者の姿が何よりです。公演後、「ありがとうね!」「良かったよ!」利用者の ... » more
テーマ 伝統芸能

お互いを理解する楽しさ(花こま30周年・こまの会40周年記念フェスティバルを終えて) 盆踊り良かったですね!何だかんだと小難しい話よりも、参加者の皆さんの出身地盆踊りをみんなで踊れば、身も心も理屈抜きにひとつに!観念ではなく感性の世界ですよね!いや〜良かった!交流フェスティバル最後の締めくくりに、盆踊りを企画された皆さんに感 ... » more
テーマ 伝統芸能

なぜかそういう世界へといざなわれる演奏でした!(花こま30周年・こまの会40周年記念フェスティバルを 豊かな自然に恵まれた日本と、そこに住む人間の愛と尊厳を歌い、語り継いでいこうと人見勇三、広木房枝のお二人で1979年に結成された「邦楽アンサンブル花しょうぶ」の演奏でした。演奏が始まると、遠い故郷で笑顔で待っていてくれる、そんな懐かしい、お ... » more
テーマ 伝統芸能

最新機能にはご用心!(沖縄公演) 最近のガス器具の発達は目を見張るものがあります。長時間ガスが出続けていると、ガス器具自身が不自然だと判断して、自動的にガスを止めてくれる機能が備わっています。事故を未然に防ぐありがたい機能なのですが、「もち米」を蒸している時に作動してしまう ... » more
テーマ 伝統芸能

 

最終更新日: 2018/06/11 14:49

テーマのトップに戻る