誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    水彩画

水彩画

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「水彩画」のブログを一覧表示!「水彩画」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「水彩画」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「水彩画」の記事を新着順に表示しています。(3ページ目)

アトリエ・ハートタイム江戸城
江戸城 海老原隆(2014〜)P10/江戸時代の様々な栄枯盛衰ドラマが、この苔むした石垣を見上げると思い浮かびます。講評・・・影は過去の出来事をことごとく呑み込んでいる様ですね。 ... » more
テーマ 水彩画

練習課題(ヤカン) 杉尾昌子(2016〜)F6/レッスン通り手順を踏んで行くと金属が光りました!感激。講評・・・金属の特徴が出せました。 ... » more
テーマ 水彩画

練習課題(布とボトル) 上村ゆかり(2016〜)F6/元色の濃淡のみで表現する布の着色は、安心してぼかしの練習に専念出来ました。黒ラベルのマットなハイライトと、ボトルのクリアなハイライトの手順の違いを楽しく勉強出来ました。講評・・・忙しさの中に丁寧さを ... » more
テーマ 水彩画

ウィーンの市場 會沢幸雄(2015〜)F6/少し複雑でしたが、たらし込みに慣れてきましたので、それなりの時間で描けました。講評・・・通りの雰囲気が伝わってきますね。 ... » more
テーマ 水彩画

原種チューリップ 高橋秀峰(2013〜)F6/野放し球根という事で、今年も咲きました。朝露が光っていました。講評・・・チューリップの唄を思い出しますね。 ... » more
テーマ 水彩画

アトリエ・ハートタイム早春の房総
早春の房総 尾形祥子(2008〜)F6/節分の日の館山はポピーが満開で南国気分でした。講評・・・春の先駆けですね。 ... » more
テーマ 水彩画

思い出のスケッチ105 外灯のある露地 古いフォルダーの中から出てきた昭和40年代のスケッチである。そこにはその20年前の、わたしの子どもの頃の思い出がまだそのまま詰まっていて、今もって懐かしい、私の故郷の露地であった。露地のすぐとなりに小学校があったので、ほかの友達 ... » more

今回は世田谷マダム由美子さんと、下町の自由人六平太さんの川柳です。 由美子さんと六平太さんの素敵な川柳です。先ずは世田谷の恋多きマダム由美子さんから●ベランダの木々も真面目に色づいた●恋花で盛り上がってもいいんじゃない{%日本酒w ... » more
テーマ 川柳 水彩画 文集

水彩画 その140 「霧と雪の冬景色スケッチ」 今冬の八ケ岳山麓エリアは「晴天率」がひと際高い。日本海側に大雪をもたらした寒気は“乾燥した北風”となってこの地域にやって来る。言わば「典型的な冬型の晴天」となる日が続いている。そんな状況の中でも、時には山など全く見えない「悪天候」の ... » more

アトリエ・ハートタイム水面に映える
水面に映える 山口恭子(2010〜)F6/水面に映る影の面白さに惹かれました。描いていて楽しかった!講評・・・時に色が心を代弁する事もあります。 ... » more
テーマ 水彩画  コメント(2)

アトリエ・ハートタイム満ち潮
満ち潮 横内弘信(2011〜)F10/初めて訪れた宮島は干潮の姿から満潮の姿へと変化し、海の上に浮かぶ厳島神社は素晴らしい光景でした。朱色の影の色などを学びました。講評・・・創建から間も無く1500年になる歴史の重みがあります。 ... » more
テーマ 水彩画

アトリエ・ハートタイム穏やかに
穏やかに 渡辺清美(2011〜)F6/海は様々な顔を持っていて見ていて飽きない。子供の頃に遊んだ波でいて欲しい。講評・・・波打ち際の飛沫が飛んで来る様です。 ... » more
テーマ 水彩画

アトリエ・ハートタイム白樺林
白樺林 本多忠俊(2007〜)F6/お日さんが入って綺麗でした。講評・・・すっかり、作者の安らぎの場所になりましたね。 ... » more
テーマ 水彩画

アトリエ・ハートタイム叶わぬ恋
叶わぬ恋 小板橋孝(2012〜)F6/交換日記や文通がはやった青春時代がとても懐かしく思い出されてタイムスリップしました。講評・・・戻ってみたい日々ですね。 ... » more
テーマ 水彩画  コメント(2)

思い出のスケッチ104 雪山惨事 雪山の遭難事故がある度に、雪国で聞いた惨事を思い出す。復員したばかりの炭焼きの一隊が雪崩に巻き込まれた。近隣の村々から駆け付けた捜索隊の、安否を気づかう声が、昼夜を徹して全山に轟いたという。戦地で生死を共にした復員兵同士の厚い友 ... » more

アトリエ・ハートタイムとどけ!
とどけ! 鈴木宏子(2015〜)F6/遠くの島に向かって思いの意志(石)を投げかけています。講評・・・ちょっと寒いけど爽やかな空気の中、溌剌とした元気さが伝わって来ます。 ... » more
テーマ 水彩画

アトリエ・ハートタイム朝の光
朝の光 野口洋子(2011〜)F10/霜で白くなったブロッコリーの葉に朝日が当たり「よかった、よかった」と言う声が聞こえて来るようでした。講評・・・朝日を透かして見える鮮やかな緑に思わず見とれてしまいますね。 ... » more
テーマ 水彩画

永山裕子パッケージデザインチョコ(2017年2月) 水彩画の永山裕子さん(美9期)がデザインしたパッケージです。写真はストロベリーピンクです。永山さんの絵葉書をおまけにもらいました!アトレ目黒で ... » more
テーマ 美9期 水彩画 パッケージデザイン

思い出のスケッチ103 菓子箱の裏に描く 『菓子箱の裏に描く』。われながらじつにみみっちい、せこいタイトルをつけたものである。菓子箱の裏まで使うほどにシミッタレなのか、と。いえ、いえ、そうではありません。ハイ。(画題「村の古い製材所」)冬の日のからっと乾燥した空気のなかで、 ... » more

今回は六平太の写真川柳です。楽しいですよ。 六平太の写真川柳です。(江戸川区小岩)●治療あと茶の宗匠のお手前が●治療中バックに流す琴の音歯医者さんも過当競争あれこれ工夫を凝しています。(六平太) ... » more
テーマ 川柳 写真川柳 水彩画

ゴンドラを待つ 宮城千春(2016〜)F8/少しずつですが、自分の目指す絵になってきました。十年前のベニスの思い出です。講評・・・ベニスの小さな運河の橋を渡る雰囲気がよく出ています。明暗が整い、前作に比べて格段の調和が表現できました。 ... » more
テーマ 水彩画

アトリエ・ハートタイム
花 佐藤昇(2014〜)F6/単調な花の色に対して、葉の色が複雑で、絵を描いてみてこのバランスを発見しました。講評・・・絵に取り組む熱心さの成果が現れます。 ... » more
テーマ 水彩画

アトリエ・ハートタイム筑波山男体峰
筑波山男体峰 白石靖夫(204〜)F6/女体山頂の風に吹かれながら至福の時間を過ごしました。講評・・・広々とした眺望は気分を爽快にしてくれます。 ... » more
テーマ 水彩画

アトリエ・ハートタイム若人
若人 尾形祥子(2008〜)F6/チューリップを眺めると元気がでます。講評・・・素敵な色合いに仕上がりました。 ... » more
テーマ 水彩画

ゴンドラ・セレナータ 阿部ユキ(2009〜)P12相当/ようやく完成に漕ぎ着けて嬉しいです。運河を行く舟の行き交いが生む波の揺らぎは、まるで歌っている様でよく表現出来たと思います。講評・・・ダイナミックな構図とゴンドラを写す波模様が素晴らしいです。 ... » more
テーマ 水彩画

思い出のスケッチ102 降雪風景 雪の降りしきる風景を二枚。仲間とともに冬の津軽へ出かけた折のスケッチである。フード付きのオーバーコートを着込んでいたが、それでも寒くて、ポケットにしのばせたスコッチ入りスキットルでなんとか持ちこたえる。わたしたちの周りを、地元の ... » more

練習課題(風景) 下川原トミ子(2015〜)F6/仕上げにドライブラシを使う事が少し分かって来ました、これからの作品作りに上手く使える様に頑張ります。講評・・・対象を丁寧に見る成果が現れています。 ... » more
テーマ 水彩画

アトリエ・ハートタイム再出発
再出発 高橋昭五(2010〜)F10/大井川鉄道千頭駅です。転写台に機関車が入ると手作業であっと言う間に向きを変え次の旅に向かいました。講評・・・機関車は力強いパワーの象徴です。人生を新たに旅する元気に溢れている様です。 ... » more
テーマ 水彩画

練習課題(風景) 石田貴(2015〜)F6/ぼかし、ドライブラシ、飛沫散布等、様々な技法の総仕上げとなり楽しく学べました。講評・・・着実に進歩しています。 ... » more
テーマ 水彩画

練習課題(風景) 坂本光康(2015〜)F6/初めての風景画でしたが、また新たな技法を学びました。次回からははいよいよ自由課題になります。講評・・・学んだ技法は数を重ねる毎に段々こなれてきます。 ... » more
テーマ 水彩画

 

最終更新日: 2017/03/29 16:34

「水彩画」のブログ関連商品

» 「水彩画」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る