誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    水彩画

水彩画

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「水彩画」のブログを一覧表示!「水彩画」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「水彩画」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「水彩画」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

水彩画-178 「雪景色スケッチ『清泉寮』」 2月初めのスケッチ会の日は降雪に見舞われた。遠景は全く見えない天候なので、建物系を描こうということで定番の『清泉寮』へ行く。これまで何度も描いている風景ではあるが「何を描くか?どう描くか?を都度意識的に変えてみる」という先生のア ... » more

練習課題(グラス) 石橋真由美(2017〜)F6/初めての事ばかりでした。指示されながら夢中になって描いていたら、きちんと透明感が描けていました。嬉しいです。講評・・・何も心配する事は有りませんでしたね、順調です。 ... » more
テーマ 水彩画

練習課題(ヤカン) 山内映子(2017〜)F6/描き上がってみると、キラリ!と輝くヤカンになっていました、感動です。講評・・・モチーフの輝きは自身の輝きでもあります。 ... » more
テーマ 水彩画

アトリエ・ハートタイム熊野の千枚田
熊野の千枚田 佐藤昇(2014〜)F10/能登の山中に広がる日本有数の棚田です。神秘的な風景を表現するには更なる絵の経験を深めます。講評・・・神秘的な雰囲気は十分出ています。 ... » more
テーマ 水彩画

アトリエ・ハートタイム冬の到来
冬の到来 海老原隆(2014〜)F10/散歩コースを少し外れるとそこは変わった空間が広がっていました。落葉を踏んだ心地よさを久し振りに体感しました。講評・・・絵には肌合いの感覚も蘇らせる力がありますね。 ... » more
テーマ 水彩画

アトリエ・ハートタイム秋田竿灯祭り
秋田竿灯祭り 佐藤友枝(2015〜)F6/大きな竿灯を額や腰や肩で支える男性の力強さと祭りの賑わいを表現しました。段々独り立ちできて嬉しい。講評・・・これまでの作品制作に比べて制作時に於ける気配りが格段に豊かになりました。 ... » more
テーマ 水彩画

アトリエ・ハートタイムノスタルジー
ノスタルジー 清野龍介(2015〜)P25/廃屋となったドックから古い家並みの静かな佇まいを眺めると、何故かほのぼのとした懐かしい気持ちになりました。講評・・・懐かしさが込み上げて来るシーンは、子供の頃の原風景がオーバーラップし ... » more
テーマ 水彩画

アトリエ・ハートタイム路地のポスト
路地のポスト 杉尾昌子(2016〜)F6/有馬温泉の路地で見つけた昭和。通りの赤いポストも可愛い。講評・・・心惹かれるものこそ大切な存在です。 ... » more
テーマ 水彩画

風車のあるガーデン 尾形祥子(2008〜)F6/景色に風車があると心楽しくなります。講評・・・心安らぐ風景が一番ですね。 ... » more
テーマ 水彩画

アトリエ・ハートタイム夏の思い出
夏の思い出 下川原トミ子(2015〜)F6/電車の中も表も可愛い水郡線。青春18切符を使いプチ旅行しました。講評・・・丁寧に描いた成果が出ています。 ... » more
テーマ 水彩画

モルテラッチ氷河 鈴木宏子(2015〜)F6/氷河の先端に向かってハイキング。温暖化で後退が進んでいるが、この時は緑が一杯で爽やかでした。講評・・・山の涼やかな空気が流れて来る様です。 ... » more
テーマ 水彩画

アトリエ・ハートタイム思い出
思い出 野口洋子(2011〜)F10/孫と出掛けた京都の旅を思い出しながら描いていると、今年もまたどこかへ行きたいなあと思う気持ちが湧いてきます。講評・・・日陰の色合いがうまく行きました、ピッタリです。 ... » more
テーマ 水彩画

描いた絵を図書館に展示して頂きました! 今年も昨年と同様、田富図書館に自作の絵を展示して頂きました!●メンバー全員が描いた絵を展示!●今年になって描いたMy 力作4点です!●展示して頂いた図書館です(展示 ... » more
テーマ 水彩画 水墨画

水彩画-177 「冬の八ケ岳スケッチ」 1月後半、数週間ぶりに仲間とのスケッチ会に出かけた。私にとって今年初のスケッチとなる。場所は、昨年冬にも何度か描きに行った野辺山高原。空全般に薄い雲が広がってはいたが、薄日が差して辺りは明るい。高地特有の澄んだ空気を通して、八ヶ岳の ... » more

アトリエ・ハートタイム紅葉狩り
紅葉狩り 山口恭子(2010〜)F6/もみじが滝に映え、より一層美しく輝いていました。講評・・・紅葉に染まりつつ滝飛沫のマイナスイオンを浴びている様です。 ... » more
テーマ 水彩画

アトリエ・ハートタイムヤブラン
ヤブラン 尾高敏治(2008〜)F6/9月の草花、風に吹かれながらしっかり咲いていました。丈夫な草花てぜす。人生こうありたいものです。講評・・・野草の気持ちが汲み取れる様になって来ましたね。 ... » more
テーマ 水彩画

アトリエ・ハートタイム春の訪れ
春の訪れ 尾形祥子(2008〜)F6/洞峰公園に春が来て散策の足取りも軽くなります。講評・・・春めく感じが漂って来ます。 ... » more
テーマ 水彩画

アトリエ・ハートタイム爽やかな秋
爽やかな秋 浜田和男(2016〜)F6/10月のドイツです。黄葉のドイツとはよく言ったものです、旅の思い出を絵にして黄葉をもう一度味わいました。講評・・・水辺に映る森の風情は理由も無く惹き付けられます。 ... » more
テーマ 水彩画

アトリエ・ハートタイム雪のぼたん苑
雪のぼたん苑 鈴木道カ(2016〜)F8/雪が積もりだしたので上野東照宮に駆け付けて雪景色をゲットしました。講評・・・炬燵でぬくぬくとしていたくなる様な空模様が雪の日の雰囲気を出しています。 ... » more
テーマ 水彩画

アトリエ・ハートタイム秋の入り口
秋の入り口 田村一磨(2008〜)P12/長瀞渓谷は石や岩の独特な色合いが印象的でした。中央の大きな岩は年月にさらされ周辺の守り神の様です。紅葉には一歩早かったですが少々アレンジ、小舟に乗って秋へ向かう。講評・・・この辺りの岩 ... » more
テーマ 水彩画

アトリエ・ハートタイム潮騒の煌めき
潮騒の煌めき 原岳(2015〜)F10/丁寧に描けたと思います。海は変化があり興味をそそられます。講評・・・外海から寄せる波の力強さを感じます。 ... » more
テーマ 水彩画

カコのブログチューリップ
チューリップ 寒い毎日チューリップの愛らしさに気持ちが温まります友人宅のキッチンお料理も華やぐでしょうね ... » more

二つの小さな入江 中山さだ子(2010〜)F6/朝日を浴びた静かな小浜、いつまでも佇んでいたい気分でした。講評・・・穏やかな海辺で優しげな雰囲気に満ちています。 ... » more
テーマ 水彩画

アトリエ・ハートタイム湖の秋
湖の秋 高橋秀峰(2013〜)F8/紅葉の候、山深い湖を訪れました。豪雪に覆われる前の美しさを感じました。講評・・・山の湖ならではのエメラルドグリーンの美しさが惹き付けます。 ... » more
テーマ 水彩画

大円舞曲(ショパン) 尾形祥子(2008〜)F6/ショパンの「華麗なる大円舞曲」が聞こえてきました。講評・・・舞踏会の華やかなイメージを彷彿とさせます。 ... » more
テーマ 水彩画

アトリエ・ハートタイム冬晴れ
冬晴れ 高橋昭五(2010〜)F10/厳しい寒さも日中はゆるみ作業もはかどるようです。収穫の喜びが伝わってきます。講評・・・生きている生活感があります。 ... » more
テーマ 水彩画

アトリエ・ハートタイム初冬の公園
初冬の公園 野口洋子(2011〜)P10/ゆったりとすごしている人々をツワブキの花の黄色がやさしく包んでくれている感じがいいなあ!講評・・・小さな感動を日々に感じられる感性は素晴らしいです。 ... » more
テーマ 水彩画

アトリエ・ハートタイム九寨溝
九寨溝 長田和子(2010〜)F8/前回の瀑布の滝に再度挑戦しました。流れの水量、角度、樹木、枝振りなどが違って、またまた感動してしまいました。講評・・・力強い瀑布になりました。 ... » more
テーマ 水彩画

水彩画-176 「雪原の風景」 今週は列島全体が寒気団に覆われ、記録的な寒さに見舞われている。首都圏で20cmもの大雪となった22〜23日、先週まで雪の無かった富士見町界隈も、今季初の本格的積雪となった(意外と少なくて15cmほど)。【自宅周辺の写真−先週】 ... » more

散歩写真と水彩画寒波
寒波 極寒の日々!日が差しても雪が解けない・・・外出を控えています。昨日は草津白根山の噴火など予測不能な出来事が続いています。今日の水彩画(F4)は庭の万両です。コタツで描きましたが細部がうまく表現できませんでした。写真は一昨日の大雪(約 ... » more
テーマ 風景 水彩画

 

最終更新日: 2018/02/16 11:20

「水彩画」のブログ関連商品

» 「水彩画」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る