誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    古地図

古地図

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「古地図」のブログを一覧表示!「古地図」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「古地図」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「古地図」の記事を新着順に表示しています。(3ページ目)

番町お屋敷さんぽ ちゃらぽこ散歩会 ちゃらぽこ散歩会 、今回は古地図散歩で番町の旧屋敷街を歩いた。本来は四谷出発なのだが遅れて参加したので、市ヶ谷から、三宅坂、永田町と歩き、赤坂見附で終了した。これと言って大きな遺跡があるわけではないが、東京にまだまだ疎い小生には、23区中心 ... » more
テーマ 散歩会 古地図

緒方洪庵の足跡を訪ねて 備中足守藩江戸屋敷 緒方洪庵の父佐伯惟因は備中足守藩士であった。また洪庵自身も大坂で適塾を開いた頃でも士籍をもっていたので身分は侍であった。洪庵が江戸にいた頃にちょうど父も江戸詰めになったようだ。だから江戸屋敷にも時には顔を出したのではないかと思う。備中足 ... » more
テーマ 古地図

緒方洪庵の足跡を訪ねて 江戸深川から川崎まで東海道を上る(その2) 京橋を出てから、品川宿を目指して道なりに東海道を歩いた。今の第一京浜なので、特に迷うことなく歩けた。古地図によると、東海道は海沿いにあり、今の品川駅付近は海の中であった。明治時代に鉄道を引くにあたり、土地を確保できず海を埋め立てて線路を敷い ... » more

緒方洪庵の足跡を訪ねて 江戸深川から川崎まで東海道を上る(その1) 天保6年2月(1835年)江戸で蘭学を学んでいた緒方洪庵は江戸詰めであった備中足守藩士の父とともに帰郷の途についた。江戸へ下ってきたのは、大坂での師匠中天游に勧められて、天游の師匠でもあった坪井信道の元で学ぶためであった。最初は深川上木場三 ... » more

ちゃらぽこ古地図散歩会 藤沢周平「用心棒日月抄」を歩く その1 岡本永義講師 今回の古地図散歩会は藤沢周平の小説「用心棒日月抄」の中から、「犬を飼う女」、「夜鷹斬り」にでてくる浅草、蔵前、両国周辺を歩いた。これまで藤沢周平を読んだことはなかったのだが、今回の散歩会にあわせて初めて読んだ。文章も読みやすく、ストーリーも ... » more
テーマ 散歩会 国内旅行 古地図

緒方洪庵の足跡を尋ねて 思々斎塾、除痘舘、適塾 大阪に帰ったついでに時間を作って思々斎塾、除痘舘、適塾を観に行った。先日洪庵が江戸で学んだ蘭学塾をたずねたので、今度は初めて蘭学を学んだ思々斎塾を 目当てに出かけた。場所は大阪市西区江戸堀中公園。地下鉄阿波座駅から10分足らずの 距離。 ... » more

ちゃらぽこ散歩会 隅田川を歩く その2 今回は、足立小台から吾妻橋まで歩いた。前半の千住汐入橋までは、橋も少なく川から離れて歩くことも多かったので、淡々と歩くだけ。それでも千住大橋からは面白くなってきた。千住大橋は隅田川に初めて架かった橋というだけのことはあり、今の昭和初期のもの ... » more
テーマ 散歩会 国内旅行 古地図

緒方洪庵の足跡を尋ねて 安懐堂、日習堂 緒方洪庵が中天游の思々斎塾を離れて江戸で蘭学の修行をしていたのが坪井信道の安懐堂、日習堂と宇田川玄真の風雲堂。安懐堂、日習堂はともに江東区深川にあった。 安懐堂は今の江東区第6中学校のあたりにあったらしい。江戸時代は三好町だったらしいが、現 ... » more
テーマ 古地図

春日通り周辺古地図散歩 ちゃらぽこ散歩会 蔵前から茗荷谷まで春日通り沿いに歩く散歩会。東京マラソンと日程が重なり、蔵前駅付近では交通整理されていたが、特に散歩には支障なし。強いて言えば、とにかく寒かった。春日通りは徳川家光の乳母春日局に因んで名付けられた通りだが、江戸時代には存 ... » more
テーマ 古地図

メルカトルでJAPEXへ 前回,ベルギー発行の地図学者メルカトル生誕500年記念小型シートを紹介しましたが,今日は同じく生誕500年記念のドイツ発行分の切手です。メルカトルはフランドル(現ベルギー)で生まれて,地球儀や地図の製作に従事しますが,やが ... » more
テーマ 切手 古地図 地図

メルカトルとプトレマイオス 上の画像は前回紹介したメルカトル誕生500年記念の小型シートのシート地に描かれた地図の一部,右上端部に当たります。この地図は前回にも書きましたが,メルカトル家からホンディウス家に譲られた地図原版を基にホンディウスが新たに地図を加えて製作 ... » more
テーマ 切手 古地図

江戸城外堀を歩く 四ッ谷から浅草柳橋 古地図散歩会 水道橋付近から東側を望む散歩会に参加。前回前半として堀留橋から四ッ谷まで歩いた。今回は後半で四ッ谷から浅草柳橋まで歩いた。距離にして8kmほど。しかし、周辺をあちこち寄り道しながらなので昼食時間を除いても6時間ほどかかった。今回 ... » more
テーマ 古地図

メルカトル生誕500年 長い間の放置状態で申し訳ありません。久しぶりの更新で,その間にはロンドンオリンピックや尖閣問題など大きく動きのあった2012年ですが,とくに後者に関しては日中間の交流行事中止などの影響が出ているようです。本年度のJAPEXも日中国交正常 ... » more
テーマ 切手 古地図 地図

江戸城外堀探索 堀留橋から四ッ谷 古地図散歩 散歩会に参加して江戸城外堀を堀留橋から四ッ谷まだ探索。外堀の半分くらいを前編として歩いた。水道橋駅近くの堀留橋出発地点。内堀ほどは頻繁には江戸城の名残に出会えないが、その分だけ城の広さが分かる。内堀は線で残っているが、外堀は点で残ってい ... » more
テーマ 古地図

徳川御三卿 古地図散歩 前回江戸城巡りをしたとき御三卿の内の2つ清水家、田安家はそのぞれ名前のついた門を通ったけれど、一橋は素通りしたので今回は一橋家跡へ行ってみた。今でいうと丸紅本社ビルから気象庁のあたりまでの広大な敷地が屋敷跡。将軍を輩出しなかった、清水家、田 ... » more
テーマ 古地図 書籍

江戸城探索 古地図散歩 江戸時代のなごりを観に行ったので皇居というより江戸城。東京駅丸の内側から出発して、和田倉濠、二重橋、桜田門、半蔵門、田安門、清水門、天守台、など、とりあえず有名どころを観て廻った。右回りに皇居を一周。一周してはじめて知ったのだが、桜田門 ... » more

深川探索 古地図散歩 清澄庭園 明治時代に岩崎家によって作られた庭園。真ん中に池があり非常に絵になる光景。池には大きなスッポンがいた。 ... » more
テーマ 古地図

道標ホームページ 作成日記と取材ノート 上の道標は、最近引っ越した町で見つけたもの。左右右の道を行くと岩屋弁才天を祀っている紅葉寺へ続く。この道標は紅葉寺の門前にある道標と同じ形のものなので、あるいは ... » more
テーマ 歴史 古地図 道標

深川探索 古地図散歩 池波正太郎や築山桂の小説で頻繁に描かれる深川を探索しにいった。小説を読むとき、状景を思い浮かべるのに少しは役立つであろうと思って。白河清澄駅で下車して、江東区深川江戸資料館に立ち寄った。一度落語を聴きにきた場所である。入館する前 ... » more

「古地図で歩く大江戸捕物帳 半七、鬼平の舞台を訪ねる」(別冊太陽) 縄田一男著(平凡社 1,260円 「古地図で歩く大江戸捕物帳半七、鬼平の舞台を訪ねる」(別冊太陽) 縄田一男著(平凡社1,260円)「半七捕物帖」「鬼平犯科帳」「警視庁草紙」。捕物帖文学を代表する3つの作品の舞台を訪ねる、「古地図で歩く」シリーズ第3弾。 ... » more

アニェーゼの地図 前回,前々回とマゼランとエルカノによる世界周航の切手が続きましたが,その世界周航路を描いたルートマップは,現代の地図に航路を描き入れたものでした。ということで,今日はそのマゼラン一行の航路を世界周航達成後の1540年頃に描いた地図を紹 ... » more
テーマ 切手 古地図

日米接近 ミュンスターの地図 前回紹介した1492年製作のベハイム地球儀に描かれた縦長のジパングは,その後しばらく,いくつかの世界地図にも同様の形で描かれベハイム型と呼ばれましたが,前々回に取りあげたトルコのピリー・レイスの地図にも描かれていました。そこで, ... » more
テーマ 切手 古地図

ベハイムの地球儀 先日紹介したピリー・レイスの地図に描かれた縦長のジパングはベハイム型の日本と呼ばれています。「ベハイム」というのは,1492年コロンブスが新大陸を発見したのと同じ年に,現存最古とされる地球儀を製作した人物マルチン・ベハイムのことを指して ... » more
テーマ 切手 古地図

ピリーレイスの地図 前回紹介した北キプロス・トルコ共和国の地図切手に描かれていたキプロス島の古地図は,トルコの海軍提督ピリー・レイスによるものですが,このピリー・レイスについては以前紹介したことのある1515年製作の地図が有名です。上の切手がその地 ... » more
テーマ 切手 中東 古地図

ナイル川の蛇行 今日は先日紹介した切手に続いてもう1枚,ボフタツワナから発行されたアフリカの古地図シリーズの切手を取りあげます。上の切手には,1540年にミュンスターによって製作された地図が描かれていますが,ナイル川の描写をよく見ると先日の切手 ... » more

国際切手展の残像 続き 一昨日紹介したボフタツワナの切手ですが,今日は拡大してもう一度表示しています。この地図は1508年にフラカンツァーノによって製作されたもので,アフリカを描いた最初の印刷地図として知られていますが,このアフリカの地図の中で,ナイル川が月の ... » more

国際切手展の残像 先日閉幕した横浜での国際切手展のテーマティク部門に韓国から出品され,大金賞を受賞した「味覚の歴史」というすばらしい作品は,大型でクラシックなステーショナリーやカバーなどのマテリアルの迫力に圧倒される実に見応えのある作品でした。そ ... » more

石仏・石碑巡り(その18) 堀兼村の馬頭観世音 実に遠い遠ーい現場に打ち合わせで行った帰りに、この石碑が目に入ってきました。車で通り過ぎる時に横目で 馬頭觀世音と刻んであるのを読み取りました。でも、馬頭観世音の“石碑”ってただ字が刻んであるだけのモノが多いから通り ... » more
テーマ 馬頭観世音 石仏 古地図

切手で読む地図の楽しみジャージー島
ジャージー島 今日は先日のマン島に続いて,同じくイギリス領の島で,郵政が独立し独自の切手を発行しているジャージー島の古地図切手です。イギリス海峡に浮かぶジャージー島は,以前紹介したドイツのシュレスヴィヒ・ホルシュタイン州が原産のホルスタイン種 ... » more

切手で読む地図の楽しみマン島(3)
マン島(3) マン島の地図シリーズ切手を2回続けましたが,私にとってもお気に入りのシリーズ切手ということで,最後にもう1枚登場させました。上の切手は,1605年製作の古地図が図案になっています。前回紹介した切手図案の地図が1693年のものです ... » more

 

最終更新日: 2017/07/07 15:49

「古地図」のブログ関連商品

» 「古地図」のブログレビュー をもっと探す

「古地図」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る