誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    チュウヒ

チュウヒ

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「チュウヒ」のブログを一覧表示!「チュウヒ」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「チュウヒ」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「チュウヒ」の記事を新着順に表示しています。(6ページ目)

大陸型チュウヒ。 前方にふわふわ現われた灰色がかった猛禽、あわてて車を止めたのですが、後追いの写真になりました。北海道で繁殖していると聞いたばかり、図鑑にもそれを裏付ける記述がありました。上面の灰色ぽさ、初列風切羽の黒さから、俗にいう大陸型チュウヒではないか ... » more

利根川流域の野鳥―コミミズク対チュウヒ 利根川流域の野鳥―コミミズク対チュウヒ。120228 ... » more

真正面(チュウヒ&ノスリ) 真正面第2弾はチュウヒとノスリ… ... » more

真正面(ハイイロチュウヒ) こっちに近づいてくる猛禽をファインダーで追っていて、対象がどんどん大きくなってくる。興奮しますネ… ... » more

チュウヒ2個体 このところ通っているアシ原では見たチュウヒ2個体。上は、結構頻繁に出会っている個体で、虹彩は黄色みの強い褐色。下は、初めてであった個体で、このカットではわかりませんが、腰は白色(ハイチュウほど全体が白いというわけではありませんが ... » more
テーマ 野鳥 チュウヒ

印旛沼周辺の野鳥―チュウヒ、ツグミ、キジバト、ジョウビタキ、ノスリ 2月22日(水)チュウヒ。ツグミ。キジバト。ジョウビタキ。ノスリ。 ... » more

歌旅鳥利根川流域の猛禽―チュウヒ
利根川流域の猛禽―チュウヒ 2月21日(火)チュウヒ。 ... » more

チュウヒ vs ハイイロチュウヒ こちらに向かってくるチュウヒを狙っていたら、突然、上空からハイチュウのメスが突っかかってきた。チュウヒは一瞬応戦したものの、それ以上に絡み合うことはなく、2羽は離れていった。その後、ハイチュウの方をレンズで追ったんで、このチ ... » more

カケ51のトリ日記チュウヒ
チュウヒ 今日は午後に、チュウヒの塒入り期待でB干潟に行ってみました。チュウヒは姿を見せるもののすぐに草叢に入ってしまい期待した写真は撮れませんでした。この他は大きな魚を重そうにぶら下げて飛んでいたミサゴと上空を行ったり来たりしたノスリです。 ... » more

今シーズン最短チュウヒ 今年になってから初めてのチュウヒ狙いのために、ちょっとゆっくり目に自宅を出て、いつもの農耕地に向かう。現地についてすぐ、近くに降りていたらしいチュウヒがアシの間から突然目の前に飛び出した。露出をあらかじめマニュアルでセットしていたの ... » more
テーマ 野鳥 チュウヒ

カケ51のトリ日記チュウヒ
チュウヒ 今日はチュウヒ期待でB干潟です。何度か姿を見せたものの逆光ばかりで諦めかけた頃やっと順光側を飛んでくれました。この他はズグロカモメとハマシギです。チュウヒ:その2:ズグロカモメ:飛翔姿は撮ることができませんで ... » more

久しぶりにチュウヒ このところ近くをウロウロしている割には、印旛沼のチュウヒとは遊んでいませんでした。これではいけないと、成人の日の午前中1時間ほどいつもの土手で観察してみましたが、あんまり成果は上がりません(チュウヒ自体の数も少ないし、近くを飛んでく ... » more
テーマ 野鳥 チュウヒ

歌旅鳥印旛沼周辺の猛禽―チュウヒ
印旛沼周辺の猛禽―チュウヒ 1月9日(月)印旛沼周辺で見られる猛禽。チュウヒ。葦原に下りたチュウヒ。 ... » more

カケ51のトリ日記チュウヒ
チュウヒ 茨城南部のチョウヒとミサゴです。できたら写真と期待したハイイロチュウヒは、優雅に舞う姿は見せてくれたもの如何せん遠過ぎました。チュウヒ:その2:ミサゴ: ... » more

歌旅鳥印旛沼周辺の猛禽類―チュウヒ
印旛沼周辺の猛禽類―チュウヒ 12月30日(金)印旛沼周辺では、チュウヒがよく見かけられます。チュウヒ飛ぶ。 ... » more

コハクチョウ 今年最後の鳥見。どこに行こうか迷いましたが、まだ様子を見に行っていなかったコハクチョウを見に行くことにしました。最後が撃沈じゃさみしいので、外れなしを選んだとかってことじゃありませんよ(^^;)朝が少し出遅れたのと、途中 ... » more

 チョウゲンボウ(小)・チュウヒ(大) ゆっくりくつろいでいたチュウヒ、突然のいたずら者チョウゲンボウにビックリ!このチョウゲンボウ自分の2〜3倍もあるチュウヒにチョッカイを出しサッサと逃げて云った。このチュウヒこの後カラスにもいじめられていた)(突然のシャッ ... » more

気まぐれな散歩人 チュウヒ
 チュウヒ またまたチュウヒだ。私たちの前でいろいろサービスしてくれる。 ... » more

気まぐれな散歩人 チュウヒ
 チュウヒ どうしたことだろう。MFへの冬鳥の飛来が例年同時期に比べかなり少ない感じだ。公園の都市化?大震災の影響?しかたなくMFを飛び出し友人に情報を聞きながら猛禽類を追いかけた。その表情、様態はなんとも云えない楽しいものだ。長い時間 ... » more

土曜日のチュウヒ(別個体) これも土曜日(12/10)に撮った別個体の3カット。この場所は、車の真後ろから朝日が射してくるため、車の窓からの撮影では順光側の画角が狭いため、いつも歯がゆい思いをしていました。そこで、この朝は車の前に三脚を立てて簡易ブラインドを被 ... » more
テーマ 野鳥 チュウヒ

輝くチュウヒとハシナガチュウヒ イヤ〜、土曜日の朝は寒かった。夜明け直後に到着した農耕地は霜が降りて真っ白、農道の水たまりには氷が張っていました。こんな風景の中でチュウヒが止まっていれば最高と、うろうろしてみましたが、降りている個体を見つけることが出来ません。仕方 ... » more
テーマ 野鳥 チュウヒ

(ハシナガ?)チュウヒ♂ こいつも、毎回会うことが出来る個体で、せいぜい2km四方くらいの範囲をフラフラしている。国内で繁殖する♂成鳥のパターンなんだけど、奇形なのか、ホルモンバランスが悪いのか、上下の嘴が異常に長く伸びているので、個体識別は実に簡単。一人で ... » more
テーマ 野鳥 チュウヒ

チュウヒ♀若鳥 相も変わらずチュウヒを狙ってアシ原と周辺部の農耕地を走り回っている。今日出会った個体は少なく見積もって8個体。このカットは毎回会う個体で、翼角の部分にはまだ少しサビ色が残っていることを考えると2年目くらいの雌若鳥ではないでしょうか? ... » more
テーマ 野鳥 チュウヒ

日曜日のチュウヒ 昨日(11/27)も相変わらずのチュウヒ詣で。日の出少し過ぎに現地に着いたら、まだ暗いのにねぐらから1羽、2羽、3羽とどんどん狩場に飛び立ってゆく。皆んな出ていっちゃうのかと心配しましたが、近くで餌をとる個体を撮ることが出来ました。 ... » more
テーマ 野鳥 チュウヒ

土曜日のチュウヒ 昨日は50m強の距離に降りているチュウヒと2時間ばかり遊ばせてもらった。この個体は珍しくレンズを気にせずに、羽繕いをしたり(カット1)、伸びをしたり(カット2)、ペリットを吐きだしたり(カット3)と、様々なポーズを見せてくれて楽しか ... » more
テーマ 野鳥 チュウヒ

降りているチュウヒ 飛んでいるチュウヒは、ブラインドや車に隠れていれば比較的近くまでやってきてくれるけれど、降りている個体を撮らせてもらう機会はあんまりない。遠くに降りているのを見つけても、こちらが近づく気配を見せただけで気が付かれて飛ばれてしまう。い ... » more
テーマ 野鳥 チュウヒ

カケ51のトリ日記チュウヒ
チュウヒ チュウヒ再挑戦です。2羽見られましたがあまり近くでは飛んでくれませんでした。チュウヒ:その2:その3: ... » more
テーマ チュウヒ

カケ51のトリ日記チュウヒ
チュウヒ 今日はチュウヒ期待でB干潟に出掛けたのですが、運良くチュウヒの他ノスリ、オオタカ成鳥にも出会うことができました。チュウヒとノスリは私にとって今シーズン初認です。チュウヒ:ノスリ:オオタカ: ... » more

今週の撮れたて3(争うチュウヒ) この土日(11/12 & 13)は複数個所で20個体近くのチュウヒを見ることが出来た。最初のカットは、畔に降りていた個体に他の個体がちょっかいを出した瞬間。畔に降りている個体をできるだけでかく撮りたいと、直前に800mmに7Dを付け ... » more
テーマ 野鳥 チュウヒ

今週の撮れたて2(チュウヒ♂ 3個体) 土曜日と日曜日にオスのチュウヒを3個体撮ることが出来た。最初のカットは日曜日に出会った個体で、いわゆるズグロチュウヒといわれるもので、遠くから近づいてきたときには一瞬ハイチュウかと思った。2カット目と3カット目の個体は土曜日の画像で ... » more
テーマ 野鳥 チュウヒ

 

最終更新日: 2016/12/03 04:39

「チュウヒ」のブログ関連商品

» 「チュウヒ」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る