誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    古楽

古楽

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「古楽」のブログを一覧表示!「古楽」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「古楽」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「古楽」の記事を新着順に表示しています。(3ページ目)

年末年始の記録・1〜年の瀬に都市楽師と再会する+イルミ08おまけ+CD紹介予告【顕現節後第1日曜日】 明日(1月11日)は、顕現節後第1日曜日。カンタータは、第1年巻のBWV154、後期のBWV32、の2曲です。過去記事は、こちら。あまりくわしく書いていませんね。2曲ともいい曲なのに。ラ・トゥールの絵 ... » more

鳥の鳴き声を題材にしている曲特集〜ジャヌカン:「鳥の歌」 他 昔から、鳥の鳴き声を題材にして作られた曲は多くあります。身近な鳥の鳴き声は、創作意欲をかき立てるんでしょうね。今回は、私が制作した作品の中から、鳥の鳴き声に因んだ曲を紹介したいと思います。1.ダカン作曲/かっこうダカン(16 ... » more

「夏は来たりぬ」(作曲者不詳)は、1300年頃イギリスで作られた歌ですが、現存する世界最古のカノン形式による曲といわれています。曲は、下2声がお互いの声部の交換を繰り返しながら進行し(オスティナート・バス)、その上に4声が追いかけっこをする ... » more

白日夢のカンティガ!〜音楽と建築、再び。目白バ・ロック音楽祭・その2(祝!東京メトロ副都心線開通) 今年の目白バ・ロック音楽祭で、他にもう一つ、とても気になるプログラムがありました。吟遊詩人 歌物語オーカッサンとニコレット、というプログラムで、わたしの最も愛する中世音楽、しかも、音楽劇の再現上演です。会場の ... » more

ヘンデルの喜び〜音楽と建築、再び。目白バ・ロック音楽祭・その1 目白周辺で、2週間にわたって繰広げられる、音楽と建築のコラボレーション、目白バロック音楽祭。(今年から、「バ・ロック」の間の「・」が、小さなハートマークになったとのこと)毎年行き ... » more

最近出かけた(無料)ライブ・1〜都市楽師プロジェクト・「熙代照覧」の舞台で音楽と建築を楽しむ 東京は、個性的な名建築の宝庫です。3年後のUIA(世界建築家会議)東京大会に向けて、これから4年間にわたって、都心の名建築を一斉に公開し、その魅力を再確認しよう、というイベント、open!architectu ... » more

今月のCD〜カンティカ・シンフォニアのデュファイ、ボッシュのブルックナー他+復活節後第4日曜日 またまたバッハの新曲登場。この前のBWV1127に続く新発見です。すごい!ニュース記事はこちら。今度は、青春時代のオルガン曲。BWV1128!BWV1127の例もあるし、意外と早く聴けるでしょう。楽しみ。 ... » more

聖金曜日+復活節+マリアのお告げの祝日+「チュウリップの幻術」+ごあいさつと旅の道連れCD 今週は、聖週間。3月21日が、聖金曜日です。この時期は、各地で、受難曲等がさかんに演奏されますので、聴きに行かれる方も多いのではないでしょうか。また、感想等、お聞かせくださるとうれしいです。ちなみに、3月21日は、折 ... » more
テーマ ジャズ・ポップス 古楽 宮沢賢治  コメント(2)

マキアージュ・春の口紅のコマーシャル曲、いいなぁと思ってたら何の曲かわかった! ヴィヴァルディのフルート協奏曲を今回のコマーシャル用に編曲制作したものらしい。アレンジャーは北里玲二さんだそうです。 ... » more

今度の日曜日(2月24日)は、復活節前第4日曜日。ライプツィヒのバッハはまだお休み中ですが、ヴァイマール時代を代表する名作中の名作、BWV54、バッハが全生涯にわたって改作・上演を続けた、あのBWV80の原曲、BWV80a、 ... » more
テーマ CD バッハ 古楽

最近聴いたCD〜デュファイ・シャンソン集東西対決、タラフのステキなバルトーク、サントラ、しょこたん 1月から、2月のはじめに聴いたCD。まずは、ひとりで大騒ぎしていた、デュファイ・シャンソン集、東西超強力盤対決の結果から。1、デュファイ・シャンソン集Mille Bonlours!(あなたに千の挨拶を!) ... » more
テーマ CD ジャズ・ポップス 古楽  コメント(12)

東京も、朝からついに雪になってしまいました。あまり積もらないとよいのですが。寒くて凍えそうですが、思わず心が熱くなる、ホットなニュースです。デュファイのシャンソン集、超強力盤、2種類、リリース!!昨年末からお知ら ... » more

バッハ源流への旅・番外編 デュファイ「ス・ラ・ファセ・パル」再び〜中世・ルネッサンス音楽の本のご紹介 週末ですが、アドヴェントなので、カンタータについてはお休み。春のレントの時みたいに、好きな作曲家のことを気ままに書いていきます。と、いうわけで、またまたまた、デュファイ。まずは、何も言わずに、聴いてみてください。500年以上 ... » more

☆随時更新中☆*新しい演奏は、順次下の方に加えていきます。(新しくリンクさせていただいた演奏には、Newマークをつけてあります)↓<今回新しくリンクさせていただいた演奏>↓10年10月7日更新 ... » more

モーツァルト:弦楽四重奏曲第14番K.387「春」モザイク四重奏団(1990年録音)今日もハローワークへ行ってみた。ともかく履歴書を送ってみてから面接するということらしい。帰宅して履歴書を書いてみ ... » more

コンバッティメント・コンソート・アムステルダムの演奏会。これは海外の録音を提供してもらったものらしい。ブランデンブルク協奏曲第1番は聴きのがしてしまった!!残念!!バイオリン協奏曲第2番からはほぼ全曲聴けた。すごいノ ... » more

「サン・ジャックへの道」(セロー監督) サンティアゴ巡礼映像体験〜いつか行ってみたいところ・その3 フランス映画 「サン・ジャックへの道」(コリーヌ・セロー監督作品。2005年)何かの映画に行った時に予告編で観て、絶対観にいこうと思っていたのですが、なかなかチャンスがありませんでした。そうこうしているうちに、9月末、早 ... » more

バッハの源流への旅・その12〜巡礼の歌・モンセラートの朱い本 この記事は、こちらの↓道標で、位置を確認しながら、お読みになってください。中世音楽・旅の道標前編・後編アルフォンソ10世。世界史の上では、レコンキスタの嵐が吹き荒れるイベリア半島・カス ... » more

forbiddenお届けもの
お届けもの HMVに大量に注文していたCDの一部が届いた。ぼくの指導教官は、ベルギーから帰ってくるなり青森に行ってしまった。そうしているうちに、いつのまにか卒業論文が書き終わり、数日後に迫った締め切りに向け、いくつか書類をそ ... » more
テーマ 古楽

はやっ” ハイドンのチェロコン(ビルスマ) そんなわけで、今日も大学で書き物でございます。お昼に、カレー食べよと思ってJ'sに行ったら休みだった・・・結局、FMかよ。さて、そうして相変わらずweb radioで古楽を聴いているのであった。なんか、すごい ... » more
テーマ コントラバス ウィーン調弦 古楽  トラックバック(1)

バッハの源流への旅・その10-2〜さらに中世へ・セクエンツィアの名盤でたどる今後の旅の道標(後編) 今後の中世音楽への旅の道標となる、駆け足中世音楽史。(3分でわかる?中世音楽の流れ)中途半端なままになっていて、申し訳ありませんでした。その続き、後半を、おしまいまで一息に書いてしまいましょう。初めての方は、まず、前 ... » more

わたしはこのCDセットは持ってませんが、以前整理したディスコグラフィで、収録曲、演奏家等確認してみました。なかなかすばらしい内容で、もしかしたら、たいへんな掘り出し物かもしれません。しかも、このコメントをつけたオケゲムの ... » more

旅の道連れ〜アンサンブル・ジル・バンショワ、デュファイ・バンショワ・シャンソン集 しつこいようですが、また北海道のこと。つけたしで、極めて個人的な記録を、ちょっとだけ。これまで、旅というと、リゾートや滞在型が多かったので、いつもさまざまな音楽を道連れに、でかけるのが常でした。先日の北海道旅行も、通 ... » more

バッハの源流への旅・番外編〜オケゲム、再び 「オケゲム/ ミサ 『エッチェ・アンチルラ・ドミニ』」についてaostaさんが、オケゲムの、高名な割には実際にはほとんど聴く機会の無いミサ、「エッチェ・アンチルラ・ドミニ」のCDの、すばらしい記事をお書きになりました。よ ... » more

forbidden鳴らない・・・
チェコの楽器で、初の合奏をしてきたわけですが。自分の音の雰囲気がやっぱり前の楽器とは全然違うのでとまどうとまどう・・・きっとこれからなのでしょうが・・・実は、結構どつぼにはまった状態になってしまってもうどうに ... » more

forbiddenその先にあるもの。
三連休をさくっと休んでみた。今日は、みんなに”久しぶり〜”言われまくった・・・一応、昨日ちょっとは顔出したんだけどな・・・ほんとちょっとだったけど。そういうわけで、大きい楽器を習いに行っ ... » more
テーマ 古楽

forbidden楽譜を書きかえるな〜!
やれやれ。東京へやってまいりました。この時期、東京は亜熱帯とても楽器を弾けそうな雰囲気じゃないんだけど数日の辛抱なので、楽器持ってまいりました。少し早めについたので某有名楽譜屋へ行きましたよ。 ... » more
テーマ コントラバス ウィーン調弦 古楽

札幌の夜景と惑星音階 *7月4日〜7月7日まで、北海道に行きました。この旅行のことは、できれば旅行記みたいにまとめようと思ってますので、これは、取り急ぎの、ご報告記事です。札幌駅 JR TOWERの展望台、Observatory ... » more

源流への旅11 古すぎて斬新!トロープスレチタティーボ〜三位一体節後第5日曜(BWV93他) この頃、記事の中にリヒターの名前が登場することが多くなってきました。実際、わたしも、リヒターを聴く機会が増えています。リヒター=夏、というイメージがあるのです。今週のカンタータ、BWV93の冒頭合唱も、リヒターの雄大な表現を ... » more
テーマ カンタータ 三位一体節後5 古楽  コメント(4)

バッハの源流への旅・その10〜さらに中世へ・セクエンツィアの名盤でたどる今後の旅の道標 七夕の夜に、再び、天体の音楽=中世の音楽について。星も見えぬ東京に戻ってきました。星が見えなくても、わたしたちは、音楽を聴くことができます!バッハの源流への ... » more

 

最終更新日: 2016/11/18 16:45

「古楽」のブログ関連商品

» 「古楽」のブログレビュー をもっと探す

「古楽」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る