誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    蕪村

蕪村

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「蕪村」のブログを一覧表示!「蕪村」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「蕪村」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「蕪村」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

今日は小春日和で葛生も暖かだった。ここは小規模な美術館だが、今回は蕪村の作品展示と、同時に修理も終えた伊藤若冲の「菜蟲譜」の後半部分の展示である。この2人は享保元年(1716)という同じ年に生まれている。だから今年が生誕300年ということに ... » more
テーマ 若冲 美術 蕪村

Ban'ya新発見の蕪村の「宇宙」俳句
新発見の蕪村の「宇宙」俳句 情報源産経ウエスト2015.10.14 21:36更新 http://www.sankei.com/west/news/151014/wst1510140109-n1.html江戸時代中期の俳人、与謝蕪村(1716〜83年)の俳 ... » more

”ノルウェイの森”(下) 村上春樹:著 20150512(火) 風もそれ程強くなく、穏やかな一日でございました。書類を作っては、提出先に持ち込んだり・・・そんなことで、明け番の日が、過ぎていってしまいました。{%ノートwebr ... » more

◆今日1月16日は『薮入り』です。 『薮入り』とは、丁稚奉公をしている繁華な街から、草深い田舎の実家に里帰りすることを「薮の中に入る」という意味で「薮入り」と言うのだそうです。 「薮入り」は年に二回あったそうです。1月15日 ... » more
テーマ 周易ごよみ 『蕪村句集講義』 蕪村

12月25日『蕪村忌』 「菜の花や月は東に日は西に」  ◆12月25日今日は『蕪村忌』俳人与謝蕪村の命日です きょう12月25日は『蕪村忌』です。蕪村は、天明三年十二月二十五日(1784年1月17日)の明け方、亡くなったそうです。享年68歳でした。亡くなる前日の夜、門弟の月渓〔げ ... » more
テーマ 俳句 周易ごよみ 蕪村

◆「新右衛門じゃ足をさそう冬至かな蕪村」きのう『朔旦冬至』の陽光を浴びながら、こんなことを考えました:『冬至』はいちばん日脚がみじかい日・・・そういえば小学生のときに日時計をつくったことがありました。それで観察すると、日時計の棒の影 ... » more
テーマ 周易ごよみ 冬至 蕪村

徳山詳直(京都造形芸大)前理事長の学校葬が12月12日に催される。昨日はなぜか私が蕪村の「北寿老仙を悼む」をそんな場で朗読しているさまをぼっと思い浮かべていた。「君あしたに去ぬ夕べの心千々に何ぞはるかなる」からはじまる詩だ。多分何も見ず ... » more
テーマ 京都造形芸術大学 蕪村 折口信夫

大輪靖宏著『なぜ芭蕉は至高の俳人なのか』を読んで 大輪先生が表記の著作を上梓された(祥伝社、平成26年8月)。氏は上智大学の名誉教授で日本伝統俳句協会の副会長であられる、が筆者にとっては、鎌倉女子大学の社会人講座『おくのほそ道―鑑賞と研究』の講師の先生として存じ上げている。俳句結社「輪」の ... » more
テーマ 芭蕉 蕪村 大輪靖宏

TAO交心『 緑陰をなんとはなしに歩きおる 』 ★。・。・゜♪゜・。・。★TAO交心★。・。・゜♪゜・。・。★★TAO交心v13s070606――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――緑陰をなんとはなしに歩きおる――★♪♪★ ... » more
テーマ 蕪村 写真俳句

きょうから72候の『牡丹華 ボタン花咲く』 きょうから72候の18番目『牡丹華牡丹花咲く』です。『日光の土にも彫れる牡丹かな蕪村』下の方の写真の右の小さな牡丹の日陰の象が「日光の土にも彫れる牡丹かな」でしょか^L^牡丹の「丹」は、丹頂鶴の頭のテッペンの赤い色です。 ... » more
テーマ 牡丹 周易こよみ 蕪村

序章与謝蕪村は京都金福寺蔵の「芭蕉翁肖像」の上方に、彼自らが選んだ芭蕉の句十五句を書き記している。多少とも金福寺に縁の有りそうな句を優先しているところもあろうが、奥の細道の句もあり、また深川芭蕉庵での句もあるので、まずは彼の好み ... » more

与謝蕪村は京都金福寺蔵の「芭蕉翁肖像」の上方に、彼自らが選んだ芭蕉の句十五句を書き記している。多少とも金福寺に縁の有りそうな句を優先しているところもあろうが、奥の細道の句もあり、また深川芭蕉庵での句もあるので、まずは彼の好みの句を選んで ... » more

羅漢槙 (蕪村筆 芭蕉肖像) 金福寺のつづき。蕪村は芭蕉の何を見、何を知っていたのか?当時の必ずしも豊富ではない資料の中から、何を掴んでいたのか?決して自明のことではない。その基礎資料となるのは、蕪村筆の芭蕉翁肖像画に讃のように引いた芭蕉の句であろう。とりあ ... » more
テーマ 芭蕉 京都金福寺 蕪村  トラックバック(2)

迷って、金福寺に行った 蒲公(たんぽぽ)の黄に薺(なづな)のしろう咲(さき)たるといえば、誰の何か、知る人はすぐに分かる。高校二年の時、担当の先生が何かの理由で休んで、同じ学年担当の別の先生が来て教えてくれた詩の一行だ。次の行は、見る人ぞな ... » more
テーマ 京都金福寺 湘南高校 蕪村  コメント(3)

『しら梅の明る夜ばかりとなりにけり』『時雨音なくて苔にむかしをしのぶ哉』蕪村きょう12月25日は『蕪村忌』です。与謝蕪村は、天明三年十二月二十五日(1784年1月17日)の明け方、亡くなったそうです。享年六十八歳でした。 ... » more
テーマ 俳句 時雨 蕪村

「去年より又さびいしひぞ秋の暮」「父母のことのみおもふ秋の暮」蕪村今日は十月最後の日曜日、朝から小ぬか雨が降っています。秋はひとの心をしんみりとさせるものですね。「去年より」の句は安永五年蕪村61歳のときの句で「老懐」と ... » more
テーマ 俳句 芭蕉 蕪村

おはようございます!今日も快晴!朝日に映える若葉の緑が一段と鮮やかです。「朝日差し緑滴る若葉かな青柿郎」きょうから『穀雨』の末候「牡丹花咲く」です。牡丹といえば、与謝蕪村です。蕪村は豪華絢爛の象徴であるような牡丹 ... » more
テーマ 俳句 周易ごよみ 蕪村

過去と未来の間知りたくなる
今日朝の「日曜美術館」は、与謝蕪村であった。http://www.nhk.or.jp/nichibi/weekly/2009/0712/index.html与謝蕪村、俳句、俳画で有名であることしか知らなかった。彼がどこで生まれて ... » more

今日12月25日は『蕪村忌』です。蕪村は、天明三年十二月二十五日(1784年1月17日)の明け方、亡くなったそうです。享年六十八歳でした。亡くなる前日の夜、門弟の月渓〔げっけい〕を呼んで、病中吟を書き取って欲しい、と ... » more
テーマ 俳句 周易ごよみ 蕪村

『石も木も眼〔まなこ〕にひかる暑さかな』去来ちょっともじって『石も木も銀白にひかる暑さかな』あいかわらず暑い毎日が続きます。冷房も扇風機もない昔のひとはどのように夏の暑さを凌いだのでしょうか?病気のうえ、手足の自 ... » more
テーマ 俳句 芭蕉 蕪村

KAZO-GAMA HATCHMIHO MUSEUM 「蕪村展」
MIHO MUSEUM 「蕪村展」 滋賀県の甲賀市信楽町にある「HIHO MUSEUM」で「蕪村展」(3/15〜6/8)を観に行きました。この陶板は、レストランの入った所の壁に掛けてありました。梅原猛氏の『桃源郷はここ』です。まずは麓のエントランス ... » more

時雨亭往還ひねもすのたり
ひねもすのたり 東京湾に沿って走り続け、一年振りの南房総です。目の前に野島崎を見る白浜海岸に出ると、穏やかな波が迎えてくれました。東京の暮らしは少しせわし過ぎるけれど、人のいない砂浜を歩き海風を胸いっぱいに吸うと、日常の雑事も忘れてしまいます。 ... » more
テーマ 南房総 蕪村 旅行

時雨亭往還今日は立秋
今日は立秋 温泉(ゆ)の底に我足見ゆる今朝の秋蕪村の句です。「今朝の秋」は歳時記では立秋のことですが、秋のさわやかな朝風呂との解釈も成立。人生の秋を想う。長旅の脚を労わる。湯を堪能する開放感。鑑賞は自由です。 ... » more
テーマ 俳句 蕪村

 

最終更新日: 2016/12/08 03:36

「蕪村」のブログ関連商品

» 「蕪村」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る