誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    モーツァルト

モーツァルト

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「モーツァルト」のブログを一覧表示!「モーツァルト」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「モーツァルト」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「モーツァルト」の記事を新着順に表示しています。(8ページ目)

小生のモーツァルトコレクションの今回は、「ディヴェルティメント二長調K205」についてである!この曲は、モーツァルト17歳(1773年ザルツブルクにて)の時の作品であり、第3回イタリア旅行から帰郷したモーツァルトは、ザルツブルク宮廷 ... » more

小生の自家のテレビが今日、ついに壊れた!寿命7年の今のテレビであった。今日、妻と午前中、熊本市内のベスト電器に行き、SHARPの32型のTV(ブルーレイ付き)を思い切ってついに購入した。我が家にとっては、実に思い切った出費であった! ... » more

小生のうちに新しいパソコンSONYVAIOがやってきた!!もうTOSHIBAのDAINABOOKパソコンが5年で寿命であり、思い切ってこの際買い換えた!!!マルチメヂアらしく、実にスムーズにネットやメール、DVD、CDが見れ視聴でき ... » more

小生の日課は、夜10時に寝て、朝の4時に起きるという毎日であり、したがって睡眠時間は6時間ということになる!「朝方人間」に変え、おかげで朝からゆっくりモーツァルトを聴き、ブログを書いている!昔の人は「早起きは3紋の得という」が、言い ... » more

1月27日は 「モーツァルトの誕生日」 1756年のこの日、現在のオーストリア・ザルツブルクでモーツァルトは生まれました。幼いころから神童ぶりを発揮したことはよく知られていますね。彼は5歳で初めて曲を作り、12歳にはすでにオペラ曲を作り上げたそうですよ。1 ... » more

小生は、最近自宅のオーデイオシステムを、初めて入れかえた!!!妻の配慮で、貯蓄のなかから、捻出し購入した!アンプとCDプレーヤーは、アメリカのJBL、スピーカーは、ドイツのエラックである!熊本モーツァルト教会の「アリミズ」さんか ... » more

小生の趣味の一つに食べ歩きがある!!!毎月、妻と給料日に今は、熊本の夜を毎月堪能している。先日は、熊本市内の、下通りの寿司屋「さつき」に行き、その後カラオケに行き、「E]TREや平井堅」のバラードを歌い、締めは3次会、4次会で、ショ ... » more

小生のブログアクセス件数も、既に今日ついに現在、1850件に達した!!!いかに全国にモーツァルト・ファンが老若男女含めて多いかの証明でもあるだろう!!!さて、今回の小生のモーツァルトコレクションは、「ピアノソナタ第8番イ短調 ... » more

14番(ト長調Kv.387)である。ハイドンセットを買ったのは『狩』が聴きたかったからという単純な理由からだが、聴いてみればハイドンセットの中でも一二を争うおもしろさである。なぜかといえばモーツァルト自身が“遊んで”いるから ... » more

小生の、友達は、現在、全国に50人ほどになり、長崎、佐賀、福岡、鹿児島、京都、東京、埼玉、神奈川、大津、神戸、浜松、会津、岩手には、人脈がある!!!全国転勤の銀行員としての特権である。今付き合っている人は、銀行の内外に及び、いま ... » more

ハイドン・セット唯一の短調である。初期にもう一曲だけ短調の曲があるくらい。ではあるが、この15番(ニ短調Kv.421)もまたモーツァルトの短調の表情を余すところなく聴かせてくれる。この曲を初めて聴いたのは、スメタナ弦楽四 ... » more

昨日は、小生は「熊本モーツアルト協会」の例会に、初めて参加させていただいた!!!参加者は、男女約30名であり、ご高齢の方が中心であった。例会後、懇親会出席。世に言う熊本の、モーツァルトオタクの人たちが、一同に会し、話はいつまでも ... » more

551蓬莱という“豚まん屋”があるが“551”という数字は……モーツァルトの交響曲第41番“ジュピター”のケッヘル番号に由来するということらしいが本当だろうか……。《つぶやきのトピックス一覧》 ... » more

小生の、銀行員としての人脈は、日本全国に数は少ないが内外にあり、昨日はその方々と電話し、旧交を暖めた。ブログのアクセス件数も遂に1500件を突破した!ちなみに熊本は、昨日は大雪であり、大変であった。さて、今回(第23回)の、小生 ... » more

昨日、小生は、メガネを5年ぶりに、新調した。初めての遠近両用メガネである。かけてみて、遠近よく見えることといったら、驚くほどで、世界観が変わった!!!さて、今回(第22回)の、小生のモーツァルト・コレクションは、「ディヴェルティ ... » more

モーツァルトの弦楽四重奏曲第20番(ニ長調Kv.499)は献呈した人物から『ホフマイスター』と呼ばれている。モーツァルトが書いた20曲余りの弦楽四重奏曲の中では第一に挙げたい一曲である。多くの人がそうであるように、モーツァル ... » more

今回(第21回)の小生のモーツァルトコレクションは、「ディヴェルティメント第10番へ長調K247」についてだ。この曲は、モーツァルトが20歳(1776年ザルツブルクにて)の時の作品である。数多くの機会音楽が作曲された年、「ハフナ ... » more

3連休もあっという間に過ぎようとしており、小生といえば、あいもかわらず、暇さえあれば、モーツァルトを聴いている。さて、今回(第20回)の小生のモーツァルトコレクションは、「ピアノ協奏曲第27番変ロ長調K595」についてだ。こ ... » more

今回(第19回)の小生のモーツァルトコレクションは、「ピアノ協奏曲第26番二長調K537「戴冠式」」についてである。この曲は、モーツァルト32歳(1788年ウィーンにて)の時の作品である。「戴冠式」というニックネームの由来は、1 ... » more

今回(第18回)の小生のモーツァルトコレクションは、「ピアノ協奏曲第24番ハ短調K491」についてである。この曲は、モーツァルト30歳(1786年ウィーンにて)の時の作品で、作風は、厳しく深刻な情緒に貫かれている。モーツァルトは ... » more

一昨日から、小生の妻がインフルエンザにかかり、小生は現在、その看病におわれている。さて、昨日読んだ本で、「モーツァルトを聴けば病気にならない」(和合治久著)という本があったので、今回はこの本をご紹介したいと思う。一言でいうと、モーツァル ... » more

小生の「モーツァルト名曲選集ピアノ協奏曲第18番変ロ長調K456」についてである。この作品は、モーツァルト28歳(1784年ウィーンにて)の時の作品で、おそらくウィーンの盲目の女性ピアニストマリア・テレジア・フオン・パラディースのた ... » more

小生は、今日、生涯忘れられない大きな買い物をした。先日も小生のブログでご紹介したとおり、15年使用していた愛用のアンプ付スピーカーが突然壊れてしまッた。今日、小生は、熊本モーツァルト協会の方が経営するオーディオショップを訪ね、ついに ... » more

熊本の寒さが、非常に身にしみる季節になってきた。なんせ底冷えがする。ちょうど、以前いたことのある京都の寒さによく似たところがある。(こういうことを言うと、雪国に住んでらっしゃるかたにとっては、まだまだへっちゃらさ!といわれそうだが。。。 ... » more

今年も早いもので、1月6日を迎えた。昨日は、小生15年愛用したソニーのアンプ付きスピーカーが、突如として、音がでなくなり、寿命を迎えた。このスピーカーは、今を去ること15年前に、ちょうど阪神大震災の起こる一ヶ月前に、当時関西勤務だった小生が ... » more

小生のブログのアクセス数も、昨日をもって、記念すべき1000件を突破した!日本全国の、小生のブログを見ていただいている、モーツァルト・ファンの皆様に感謝したい。小生の「モーツァルト名曲選集」〔仮題)のブログも、今回でシリーズ第13回 ... » more

小生の妻は、ピアニストであり、そのレパートリーの一つに、この「幻想曲二短調K397」があり、日頃よく聴かせてもらっているという、小生にとって、思い入れの深い曲だ。今回(第12回)は、このモーツァルト26歳(1782年ウィーンにて)の ... » more

昨日は、NHKの大河ドラマ「龍馬伝」を見た。小生の敬愛する歴史上の人物は、モーツァルトと坂本龍馬であり、小生主演の福山雅治さんとは同郷の長崎出身であり、龍馬ゆかりの地のうち、長崎、鹿児島、京都には、それぞれ転勤で、住んでおり、それぞれの龍馬 ... » more

小生のブログのアクセス数も、ついにおかげさまで、700件を突破した!世の中には、モーツァルトを、お好きな方が、多いということの証明であろう。小生にとっての、正月3が日も今日で最終日。あいもかわらず、モーツァルトを聴きまくっている ... » more

小生によく、人がなぜそんなにモーツァルトが好きなのか?とよく聞かれることがあります。小生は、その質問にこう答えます。「そこ(モーツァルトの音楽)には、「愛があるから」「やさしさがあるから」「慈愛」「あたたかさがあるから」「悲しみ、哀しみ ... » more

 

最終更新日: 2017/07/05 02:40

「モーツァルト」のブログ関連商品

» 「モーツァルト」のブログレビュー をもっと探す

「モーツァルト」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る