誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. ブログ商品ポータル
  3. Amazon.co.jp 商品検索

ブログ商品ポータル

話題のモノの評判が、ブログを通じて見えてくる! それが「ブログ商品ポータル」です。

ブログ商品ポータルは、商品がブログでどれだけ取り上げられているかを調べることができるトレンドサイトです。

後閑 哲也”でブログの記事とアイテム情報を探す

後閑 哲也 のことをもっと良く知りたいなら、商品に言及したブログを探してみましょう。

  • Amazon.co.jp では 後閑 哲也 に関する商品が 47 件 見つかりました。
  • 楽天市場 では 後閑 哲也 に関する商品が 125 件 見つかりました。
  • 後閑 哲也 に関連する商品に言及しているブログ記事が少なくとも 196 件 以上あります。

ブログ商品ポータル は、ブログで取り上げられた商品の情報を収集・分析するトレンド情報サイトです。

後閑 哲也 の関連商品に言及したブログ記事を探します。

電子工作のためのPIC16F活用ガイドブック
(ASIN: 4774121312)
著者 : 後閑 哲也
レーベル : 技術評論社
ブログ記事 : 44 件

PIC16F1938では、タッチセンサが内蔵されたため、周波数の測定が容易になるようにタイマ0、タイマ1に拡張が加えられています。これは、タイマ0をタイムベースとし、タイマ1でカウントすることが容易に ... (続きを読む)
PIC16F1938には、タイマー0,1,2がありますが、タイマー0,2が8ビット、タイマー1が16ビットであることは変りありません。しかし、タッチセンサなどの周波数計測などに使うために拡張が行なわれ ... (続きを読む)

PIC16Fシリーズは古くからありますが、次々に新しい内蔵周辺機器が内蔵されて展開して来ましたが、ついに基本アーキテクチャが大きく進歩した新PIC16F193Xシリーズが入手できるようになりました。こ ... (続きを読む)
PIC16Fシリーズは古くからあり、安くて高機能のPIC16F88に目をつけ、ずっと使ってきました。最近、秋月電子のホームページを見ると、新PIC16F1000シリーズを扱いだしたようです。その中で、 ... (続きを読む)

今回は、キットでもモジュールでもなく、パーツです。店頭に出ていないマイコンもかなりあるようなので、サイトを見てみたのですが、16F914という使ったことのないPICがあることが分かりました。これは、液 ... (続きを読む)
今まで、比較的最近のPICの書き込みを検討してきたのですが、原点に戻って16F84Aのライタを作ることにしました。初めてプログラムするには余分な機能がなくて分かりやすい16F84Aが良いと思うのですが ... (続きを読む)


» もっと見る : 44 件 電子工作のためのPIC16F活用ガイドブック / ブログ商品ポータル

C言語ではじめる PIC24F活用ガイドブック
(ASIN: 4774132470)
著者 : 後閑 哲也
レーベル : 技術評論社
ブログ記事 : 33 件

USBだけでなく、USB Hostまで使えるPIC24FJ64GB002を使ってUSB Hostの確認をしているのですが、すでに多数あるUSBデバイスを利用して機器が組めるメリットは大きいと思います。 ... (続きを読む)
マイコンで音声を取り込み、PWMなどで出力をするうちに、DSPにも関心がわいてきましたが、PIC24FJ64には、同じ16ビットマイコンですがDSPはありません。DSPなどを使うにはdsPICを使わな ... (続きを読む)

USBはパソコンではインターフェースの基本となっており、デバイス側もホスト側もUSBで動作するように機器を製作するのが便利になっています。デバイス側は従来からマイコンでサポートされていましたが、ホスト ... (続きを読む)
書籍「C言語で作るPIC24F活用ガイドブック」を見ながら、タイマーやADC,PWMの使い方を試し始めた頃は、あまり分かっていなかったのですが、数字の音声読み上げを「素片合成方式」で音声の再生している ... (続きを読む)

USBを製作するというと、パソコンなどに接続するデバイス側となってしまいますが、パソコンのようにUSBデバイスを受け取るほうが出来れば応用が広がります。PIC24FJ64GB002では、USBのHOS ... (続きを読む)
PIC24FJ64GA002には、アウトプットコンペアレジスタが5本内蔵されています。それぞれPWMとすることができますが、それらをカウントするタイマーは、タイマー2と3となっています。しかし、PWM ... (続きを読む)


» もっと見る : 33 件 C言語ではじめる PIC24F活用ガイドブック / ブログ商品ポータル

LCD&タッチセンサ活用の素 (基礎入門)
(ASIN: 477414326X)
著者 : 後閑 哲也
レーベル : 技術評論社
ブログ記事 : 23 件

AQM1248は、小型ながら128x48ドットの解像度があり、文字などを表示するのに便利だとわかりましたがせっかくグラフィック液晶なのでグラフを表示するようにしてみました。描画するためには最低PLOT ... (続きを読む)
dsPIC33FJ32GP202を使うと、40MIPSの速度で実行できるので、時間のかかるグラフィックや浮動小数点の計算も苦にならなくなります。ソフトウェアによるFFTでもかなり速くなることが期待でき ... (続きを読む)

HiTech−Cでプログラムすると、ほかのプログラムで工夫されたアイデアがそのまま利用できる利点があります。グラフィック表示で円を描画することは、簡単に考えると、SIN関数テーブルを用意して表示すれば ... (続きを読む)
320x240カラー液晶モジュール(YHY024006A−PCB)を、今まで使ったPICの中で(PIC32MXを除き)一番高性能のもので実行してみました。dsPIC33FJ256GP506は高性能のd ... (続きを読む)

YHY024006A-PCBを、PIC24FJ64GA002で表示してみたところ、表示だけならそれほどマイコンに高速なものは必要なく、ポートがあれば表示できることがわかりました。元は書籍「LCD&タッ ... (続きを読む)
2.4インチのカラー液晶のYHY024006は在庫切れとなっていましたが、互換品としてキャリーボードつきのYHY024006-PCBはまだ購入できました。この液晶モジュールは、書籍「LCD&タッチセン ... (続きを読む)


» もっと見る : 23 件 LCD&タッチセンサ活用の素 (基礎入門) / ブログ商品ポータル

電子工作のための PIC16F1ファミリ活用ガイドブック
(ASIN: 4774156469)
著者 : 後閑 哲也
レーベル : 技術評論社
ブログ記事 : 15 件

書籍「PIC16F1ファミリ活用ガイドブック」に掲載されている製作記事は、感光基板を製作して組み立ててみましたが、書籍の目的はPIC16F1ファミリのマイコンを使いこなすことにあり、C言語でのプログラ ... (続きを読む)
書籍「PIC16F1ファミリ活用ガイドブック」は、PIC16F1ファミリのマイコンを使いこなすために周辺機器などを解説しているものであり、プリント基板を製作して何かに役立てようというものではありません ... (続きを読む)

PIC16F1ファミリには、LCDドライバを内蔵しているシリーズがあります。多くのセグメントを扱うため40ピン以上でないと使わないだろうと思うのですが、28ピンのマイコンでも内蔵しています。このシリー ... (続きを読む)
書籍「PIC16F1ファミリ活用ガイドブック」では、PIC16Fの1000番台のF1ファミリを使用したプログラムを紹介していますが、第5−6章のRCサーボを使った太陽電池雲台では、マイコンに何を使うか ... (続きを読む)

PIC16F1ファミリは、従来のPIC16Fシリーズとあまり変わらないパッケージでもアーキテクチャは大幅に進歩しており、クロックも内蔵で32MHzが使えます。低機能から高機能まで幅広くそろっていますが ... (続きを読む)
書籍「PIC16F1ファミリ活用ガイドブック」の第6−6章のデータロガーの組み立てに入りました。特殊な部品を使っていないものから組み立てています。パーツはほとんど秋月で手に入り、マイコンのPIC16F ... (続きを読む)


» もっと見る : 15 件 電子工作のための PIC16F1ファミリ活用ガイドブック / ブログ商品ポータル

センサ活用の素 (1)
(ASIN: 4774138088)
著者 : 後閑 哲也
レーベル : 技術評論社
ブログ記事 : 14 件

温度を測るのにサーミスタを良く使いますが、ここで使用する石塚電子の103JT−050は、-50℃〜90℃まで測定できるので、温度が高くなって40℃以上になるとファンを回転させ、温度を下げるという使い方 ... (続きを読む)
これは、PIC16F785を使用した照明制御ユニットなのですが、特長は、制御するための音を拾い上げるマイクがとても小さいことと、内臓のアンプによりゲインが高いことです。マイクは表面実装用で、基板のプリ ... (続きを読む)

物や光の色を正確に測定したいことがありますが、このカラーセンサ(S9706)は、RGB3色に対して、それぞれ12ビットのデータとして読み取ることが出来るセンサです。書籍「センサ活用の素(1)」のカラー ... (続きを読む)
書籍「センサ活用の素(1)」のガスセンサを使用したガス濃度計は、表示に10レベルのLEDを用いることによって視覚的な効果を上げています。検出ありとなしでよいような場合のは、液晶より分かりやすくなります ... (続きを読む)

書籍「センサ活用の素(1)」のガス濃度計は、フィガロ技研の硫黄化合物ガス検知センサ(TGS2450)を使用して、硫化水素、アンモニア、エタノールなどに反応して、10レベルLEDに検知レベルを表示するセ ... (続きを読む)
書籍「センサ活用の素(1)」の温度・湿度計は、湿度計のHS−15Pを使用して計測するのですが、1kHzの1Vrmsの交流を印加し、そのインピーダンスを測るために、回路としての工夫が必要になります。理想 ... (続きを読む)


» もっと見る : 14 件 センサ活用の素 (1) / ブログ商品ポータル

PICで楽しむAndroidアクセサリの自作
(ASIN: 4774150991)
著者 : 後閑 哲也
レーベル : 技術評論社
ブログ記事 : 13 件

書籍「PICで楽しむAndroidアクセサリの自作」の第9章では、アンドロイドタブレットでコントロールするラジコンカーを製作しています。タブレットに315MHzのラジコン送信モジュールを内蔵したボード ... (続きを読む)
アンドロイド端末をUSBホストモードで使うと、マイコン基板側は電源を必要とせず、また、USBホストモードに対応している機種は多いようなので使える場合が多くなります。書籍「PICで楽しむAndroidア ... (続きを読む)

アンドロイドでUSBホスト機能を使えば、デバイス側には電源を別に用意する必要もなくケーブル一本で使うことが出来て便利です。しかし、USBホストモードに対応するのは、アンドロイド3.1以降のタブレットや ... (続きを読む)
これまでアンドロイド携帯のUSBアクセサリモードによってUSBホスト機能を持ったアクセサリに接続したのですが、書籍「PICで楽しむAndroidアクセサリの自作」の第6章以降では、アンドロイドタブレッ ... (続きを読む)

アンドロイド端末とマイコンボードなどが接続できれば、アンドロイド端末を表示や文字入力などに使えると思ったので接続方法を検討したのですが、USBによって接続できれば簡単だと考えました。書籍「PICで楽し ... (続きを読む)
アンドロイド端末とUSBを通してマイコン基板をつなぐためにずいぶんとかかりましたが、ようやくHTC EVO 3Dを入手することが出来て、USBアクセサリーモードによって接続することができるようになりま ... (続きを読む)


» もっと見る : 13 件 PICで楽しむAndroidアクセサリの自作 / ブログ商品ポータル

センサ活用の素 (2)
(ASIN: 4774138711)
著者 : 後閑 哲也
レーベル : 技術評論社
ブログ記事 : 12 件

トップダウンアプローチでは、まだ作ってないモジュールを組み合わせて出来るであろうと先に決めることが難しいので、先に使用すると思うモジュールを用意するのがコツとなっていますが、見通しに慣れていくことも重 ... (続きを読む)
書籍「センサ活用の素(2)」に掲載されているジョイスティック型ラジコン送信機は、ジョイスティックの位置をAD変換器で読み取り、315MHzの無線送信モジュールで送信するという機能を1個の16F785で ... (続きを読む)

書籍「センサ活用の素(2)」に掲載されている16F785のプログラムは、C言語で100ステップ以内で記述されているので、読んで理解するのも容易ですが、アセンブラで書き直すにはすこし手間が掛かります。こ ... (続きを読む)
書籍「センサ活用の素(2)」のラジコン送信機として、加速度センサを使用したものがありました。操作性についてはジョイスティックが勝ると思うのですが、送信機を傾ける向きによって前後左右に操作することができ ... (続きを読む)

書籍「センサ活用の素(2)」の、ライントレーサ車(フォトセンサは作りませんでしたが)は、以前に製作し、テストモードで前進後退するところまで出来ていました。これには、無線受信ユニットや赤外線受光ユニット ... (続きを読む)
PIC16F785の魅力に取り付かれているのですが、うまく使いこなすのも難しく、書籍「センサ活用の素(1)(2)」を参考にプログラムを少しずつ進めています。書籍ではC言語でプログラムされているので、P ... (続きを読む)


» もっと見る : 12 件 センサ活用の素 (2) / ブログ商品ポータル

PICで楽しむネットワーク接続機器の自作
(ASIN: 4774136174)
著者 : 後閑 哲也
レーベル : 技術評論社
ブログ記事 : 11 件

書籍「PICで楽しむネットワーク機器の自作」の中で、アラームメールシステムは、だいぶ前に製作していましたが、プロバイダのメールサーバーにメールを送ることが出来ずにずっと悩んでいました。TCPIPスタッ ... (続きを読む)
書籍「PICで楽しむネットワーク接続機器の自作」の応用例のうち一番作りたかったのが、このインターネットラジオでした。しかし、使用している部品のうち、SPI接続のSRAMが入手できずに見送っていたのです ... (続きを読む)

書籍「PICで楽しむネットワーク接続機器の自作」の第11章のウェブサーバの製作で、HTTPプロトコルで、すでに用意されているページを表示することは前に行なったのですが、ページを自分で作成するために、第 ... (続きを読む)
書籍「PICで楽しむネットワーク接続機器の自作」の応用例をいくつか製作したところで、実際に使えそうな第11章のウェブサーバを製作しました。この中で、ウェブページを自分で作る第11章ー4は後に残して、マ ... (続きを読む)

書籍「PICで楽しむネットワーク接続機器の自作」に出ている、第8章「リモートカメラ制御システムの製作」のカメラの方向を制御する機器を製作しました。これは、すでに製作した汎用ユニットを使用し、ラジコンで ... (続きを読む)
書籍「PICで楽しむネットワーク接続機器の自作」の第5章の汎用ユニットを製作し、動作が確認できました。書籍では、この汎用ユニットを使って、第6章で、各プロトコルを実際に動かして確認しています。応用では ... (続きを読む)


» もっと見る : 11 件 PICで楽しむネットワーク接続機器の自作 / ブログ商品ポータル

改訂版 電子工作のための PIC18F本格活用ガイド
(ASIN: 477413449X)
著者 : 後閑 哲也
レーベル : 技術評論社
ブログ記事 : 9 件

PIC18Fシリーズは、8ビットですが、整然としたアーキテクチャにより高速に処理ができるマイコンです。もっと利用して行きたいマイコンですが、PIC18F2320などではメモリが8kしかありません。Cコ ... (続きを読む)
マイコンには、256バイトほどのEEPROMメモリが内蔵されており、電源を切っても保存しておきたいデータなどを書き込んでおくことが出来ますが、データの量が大きいときなどの時には、外部にI2Cアクセスの ... (続きを読む)

マイコンボードに表示をつけるときには、16x2液晶モジュールなどをつけるのが普通ですが、基板の空きスペースを見ると、ちょうど7セグLED2桁分残っていましたので、余り省電力にはならないのですが、7セグ ... (続きを読む)
PIC18F24J10は、リモコンなどの携帯機器に向いているように思ったので、そのような使い方で必要になる、マトリクスキー入力を作りました。少ない入出力端子で最も多くスイッチを入力するには、一部を入力 ... (続きを読む)

16ビットのPICは、ほとんどC言語でプログラムしますが、8ビットのPIC16Fは、ほとんどアセンブラでプログラムしています。最近では、HITECH−Cが使えるため、C言語も増えています。PIC18F ... (続きを読む)
PICでプログラムするとき、プログラムが複雑なときにはC言語でプログラムしたほうが分かりやすくなりますが、マイコンのハードウェアの理解を高めるために、個々の機能を確かめていきたい場合、アセンブラでプロ ... (続きを読む)


» もっと見る : 9 件 改訂版 電子工作のための PIC18F本格活用ガイド / ブログ商品ポータル

PICで楽しむBluetooth・Wi-Fi機器の自作
(ASIN: 4774160059)
著者 : 後閑 哲也
レーベル : 技術評論社
ブログ記事 : 7 件

32ビットアーキテクチャを8ピンのパッケージに収めたLPC810は、トラ技2014年2月号、3月号で特集が組まれ、サンプル品が1つ付録で付いていますが、3月号にこれのデバッグや書き込みが出来るトラ技A ... (続きを読む)
書籍「Bluetooth・WiFi機器自作のすすめ」の中のWifiを応用した製作で実用的に使えそうな気がするのがこのTwitterボードです。時刻を合わせておくと一定時間ごとに、仮の水温と室温を測定し ... (続きを読む)

書籍「Bluetooth・Wifi機器自作のすすめ」の前半はブルートゥースでしたが、後半はWifiモジュールRN-134を使用します。すでにモジュールにケーブルをつないでパソコンで動作を確認しました。 ... (続きを読む)
書籍「Bluetooth・Wifi機器自作のすすめ」では、マイクロチップの無線モジュールを使って自作機器とネットワークなどを接続できるようにしているのですが、前章ではBluetoothモジュールRN- ... (続きを読む)

アンドロイドタブレットと自作機器を接続するには、ブルートゥースによる接続が簡単です。ブルートゥースを使用するためにはモジュールが必要でしたが、最近マイクロチップが販売を始めたモジュールを使用しています ... (続きを読む)
ブルートゥースやWifiなどを使用すると、アンドロイドなどのタブレット・携帯との連携がうまくいくようになります。特にブルートゥースを使うとペアリングだけでシリアル通信が出来てしまいます。MP3プレーヤ ... (続きを読む)


» もっと見る : 7 件 PICで楽しむBluetooth・Wi-Fi機器の自作 / ブログ商品ポータル

高速・多機能を実現する PIC32MX活用ガイドブック
(ASIN: 4774142158)
著者 : 後閑 哲也
レーベル : 技術評論社
ブログ記事 : 7 件

PICには、8ビット、16ビットとある中、32ビットのRISCを使用したものがあります。従来はピン数が多いので表面実装パッケージのものしかなかったのですが、秋月のサイトを見ると、28ピンDIPのPIC ... (続きを読む)
PIC32MXは、80MIPSという高性能でありながら、普通と変わらない組み立てで使うことが出来ます。書籍「PIC32MX活用ガイドブック」を見て、製作したところでは、高性能さが良く分かりませんでした ... (続きを読む)

前に製作したことのあるPIC32MX340F256Hを使ったMP3プレイヤですが、感光基板の予備が残っており、PIC32MXも残っていたので再度製作してみました。製作の目的は、64ピンのPICをピッチ ... (続きを読む)
書籍「PIC32MX活用ガイドブック」のPIC32MX汎用ユニットで内蔵周辺機器の確認が出来ましたが、それらを使ってMP3プレーヤを作ることが出来ます。書籍の9章では、FreeRTOSなども利用して、 ... (続きを読む)

組み込みマイコンで32ビットができるということで、PIC32MXが使えるように努力してきました。マイコンの0.5mmピッチのはんだ付けが一番心配で、そこを確認することばかり気にかかっていました。しかし ... (続きを読む)
CPUのビット数によって適切なアプリケーションはあり、32ビットともなると、高速で複雑な計算も可能になると思います。しかし、基本はマイコンの周辺機器を動作させることから始まると思うので、汎用ユニットの ... (続きを読む)


» もっと見る : 7 件 高速・多機能を実現する PIC32MX活用ガイドブック / ブログ商品ポータル

8ピンPICマイコンの使い方がよくわかる本 (基礎入門)
(ASIN: 4774144649)
著者 : 後閑 哲也
レーベル : 技術評論社
ブログ記事 : 5 件

秋月では、新PIC16F1000シリーズを扱っていますが、14ピンや18ピンの置き換えのPICはありました。これらを使えば、従来のPICを置き換えることで高速、高性能化できます。8ピンPICとして、1 ... (続きを読む)
内蔵周辺機器の少ないマイコンでも、ソフトウェアで周辺機器を作ればそれなりの機能を持たせることができるのですが、外付けする周辺機器の機能が大きいほど魅力的なシステムを作ることが出来ます。そのためには、I ... (続きを読む)

PIC12F683は8ピンという小さなパッケージであるのですが、内蔵周辺機器が少なくなっています。うまく使うコツは、内蔵周辺機器をソフトで作ることと思ったのですが、他にも高性能な周辺機器を外付けで追加 ... (続きを読む)
機能の小さいマイコンをうまく使いこなすコツは、周辺機器をソフトで作ることではないかと思います。前に、PIC16F88を使うときにも、I2Cマスタの機能がないのでソフトウェアで作りI2Cメモリなどをアク ... (続きを読む)

マイクロチップ社のPICのランナップには、低機能であるがパッケージが小さいというものがあります。PIC12F683はその中でも高機能なほうですが、周辺機器は最小限しか内蔵していません。その利点は一言で ... (続きを読む)

» もっと見る : 5 件 8ピンPICマイコンの使い方がよくわかる本 (基礎入門) / ブログ商品ポータル

電子工作のためのPIC 16F活用ガイドブック [ 後閑哲也 ]
(商品コード: book:11295817)
ショップ: 楽天ブックス
ブログ記事 : 1 件


» もっと見る : 1 件  / ブログ商品ポータル

作る・できる/基礎入門 電子工作の素
(ASIN: 4774130788)
著者 : 後閑 哲也
レーベル : 技術評論社
ブログ記事 : 1 件

大人になってから楽器の手入れから電子工作に興味を持ちましたが、文系脳の悲しさゆえ、簡単な回路図すらなかなか理解できません。それでもあきらめずに図書館から借りてくる参考書籍のわかる部分をツマミ読みしてい ... (続きを読む)

» もっと見る : 1 件 作る・できる/基礎入門 電子工作の素 / ブログ商品ポータル

電子工作のためのPIC18本格活用ガイド―さらに進化したPIC18を骨の髄まで使い倒す!
(ASIN: 4774120170)
著者 : 後閑 哲也
レーベル : 技術評論社
ブログ記事 : 1 件

書籍「電子工作のためのPIC18本格活用ガイド」では、PIC18Fシリーズの18F2320について紹介され、内臓周辺機器について一つ一つ丁寧に解説されています。書籍に従ってプログラムを実行してみるうち ... (続きを読む)

» もっと見る : 1 件 電子工作のためのPIC18本格活用ガイド―さらに進化したPIC18を骨の髄まで使い倒す! / ブログ商品ポータル


ログイン 「ログイン」をクリック